2021.01.09

『砂糖の世界史』川北稔著を読んで考える

カテゴリ:カテゴリ未分類


娘が読んでいた本を、
借りました。

川北稔さんの著『砂糖の歴史』です。

当たり前ですが、
今があるのは、
過去があるからです。
そして今があるからこそ、
未来もある。

とすれば、
やはり過去を知ることの重要性が、
自ずと理解できます。

世界中の誰もが欲し、
好きで、必要とされるものを、
「世界商品」と言います。
その代表と言えば、
砂糖です。

そんな砂糖を通じ、
近代世界史を、
実に分かりやすく紐解いてくれる内容でした。

岩波ジュニア新書ということもあるかもしれませんが、
とっても丁寧な描写であり、
説明です。

昨年は、
コロナ禍という大きな病気が、
世界各国の上に暗い幕を張りました。
また一方、
人種間の差別が問題視された年でもありました。

砂糖という一つのキーワードが、
その差別問題にも、
関わっていることに気付きます。
美味しくて、甘くて、綺麗で、、、、
というポジティブなイメージも大事です。
ただ表があれば、裏がある訳です。
その裏もしっかり学ぶことが、
求められますね。
歴史は、
その両面を教えてくれます。

実に気付きが多い本でした。









BLOGランキングに参加しています。
お別れ際に、クリックして頂けると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ





TWITTER

最終更新日  2021.01.09 22:08:37
コメント(0) | コメントを書く