000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

 ブログ版・一杯のコーヒーから地球が見える

リヤカーマン地球を語る

最新刊・リヤカーマン アジアてくてく記 ポストカードブック


てくてく冒険家リヤカーマン アマゾン踏破!

★12月19日(火)午後7時★

 永瀬忠志さんが歩き旅を始めたのは19歳。50歳となった永瀬さんにとってアマゾンは想像以上に過酷だった。50度を超す気温と体力を奪う太陽。猛烈なスコールと行く手を阻む泥道。群がる昆虫と猛獣ジャガーの恐怖。そして予期しないリヤカーの大破。砂漠以上に厳しいジャングルにどう立ち向かったのか・・・。

 歩いて地球一周4万キロを達成した大阪の冒険家、「リヤカーマン」こと永瀬忠志さん。植村直己冒険賞受賞後初の旅はアマゾン。2003年~2004年にかけての南米縦断の旅では、猛獣ジャガーの出るアマゾン地帯を断念。この夏、その未踏地帯を制覇。南米大陸縦断を2年ぶりに完結させた。植村直己冒険賞


≪永瀬忠志(ナガセタダシ)≫
 1956年2月15日島根県出雲市生まれ。50歳。1974年3月島根県立出雲工業高等学校機械科卒業。1978年3月大阪産業大学工学部機械工学科卒業。
 自転車で日本一周した18歳の時、北海道でリヤカーを見かけた。荷物を積めて便利と2万円で中古を買い歩き旅を始める。70日間で日本縦断後、夢だった海外もリヤカーで果たそうと、オーストラリアへ。その後、アフリカ、アジア、南米などを歩き2004年7月20日、沖縄で、地球一周四万キロを達成。翌年2周目をスタート。2005年6月、第10回植村直己冒険章受賞。2006年夏、南米アマゾン踏破。
 著書に「リヤカーマン地球一周4万キロを歩いた男」毎日新聞社(税込:1,365円)、「リヤカーマンアフリカを行く~歩いてアフリカ大陸□断11000キロの大冒険」学習研究社(税込:1,260円)、「リヤカーマン」遊タイム出版(税込:1,050円)、「アジアてくてく記 足で旅した六二〇〇キロ」山と渓谷社(税込:1,575円)、「サハラてくてく記 リヤカーマン=アフリカ大陸横断11,000キロ」山と渓谷社(税込:1,733円)
 ドキュメンタリー映画「てくてく冒険家 永瀬忠志 アフリカを行く」(共和教育映画社)。
サバンナ、ジャングル、サハラ砂漠と、果てしなく続く遠い旅。一歩一歩、大地を踏みしめて歩く姿は、夢と希望と勇気を与えてくれる。

リヤカーマン47歳の南米縦断07 リヤカーマン47歳の南米縦断08 リヤカーマン47歳の南米縦断11 リヤカーマン47歳の南米縦断06 リヤカーマン47歳の南米縦断03 リヤカーマン47歳の南米縦断12

◇日 時=12月19日(火)午後7時~

◇会 場◇ 大ス樹 〒532-0003大阪市淀川区宮原5-6-10

◇会 費◇会員1000円 一般1500円

◇交 通◇ 地下鉄御堂筋線 新大阪・東三国駅下車徒歩5分
         tel 06-6396-7079 fax 06-6396-7157
-----------------------------------------------------------


永瀬・植村
植村直己冒険賞 リヤカーマン永瀬忠志さんおめでとう!

 探検などで優れた業績を挙げた個人、団体に贈られる「植村直己冒険賞」の2005年
の受賞者に、リヤカーを引いてアフリカ大陸などを縦、横断し地球1周分4万キロを超えた
永瀬忠志さんが選ばれた。

☆「植村直己冒険賞」受賞記念報告会
 ◆日 時 3月22日(水)午後7時~9時
 ◆場 所 ◇大ス樹◇〒532-0003大阪市淀川区宮原5-6-10
 ◇地下鉄御堂筋線 新大阪・東三国駅下車徒歩5分
   tel 06-6396-7079 fax 06-6396-7157
 ◆参加費 ◇会員1000円 ◇一般1500円

-------------------------------------------------------------------
「リヤカーマン、30年ぶりの日本縦断を語る」
ありがとうございました。
素晴らしいお話を聞くことができました。

 歩いて地球一周4万キロを達成した大阪の冒険家、「リヤカーマン」こと永瀬忠志さん。
6月22日に北海道宗谷岬から2周目をスタート。無事、9月8日、鹿児島県の佐多岬に到
着しました。1周目を始めた19歳とは肉体も精神も違う。30年ぶりに同じルートをたど
り、79日かけての日本縦断となった。行く先々での感動的な再会。そして、大きく変わ
った環境。49歳の目に日本はどう映ったのか。熱く語っていただきます。

 ◆日 時 10月13日(木)午後7時~9時
 ◆場 所 大ス樹  http://www.daisuki.co.jp/
      〒532-0003大阪市淀川区宮原5-6-10
 ◇地下鉄御堂筋線 新大阪・東三国駅下車徒歩5分
   tel 06-6396-7079 fax 06-6396-7157
 ◆参加費 ◇会員 1000円
      ◇一般 1500円

 *終了後、永瀬さんを囲み懇親会を開きます。

リヤカーマン49ゴール
鹿児島・佐多岬 9月8日

■リヤカーマン語録
ゆっくり歩いて行こう。
ゆっくり歩いていれば
それだけ多くのことが心に刻まれる。
ゆっくり生きて行こう。
ゆっくり生きていれば
それだけ生きていることを
より感じながら生きていける。
だから・・・。
ゆっくり歩いて行こう。

■リヤカーマン語録
まだ会ったことのない人と出会い、
まだ見たことのない自然と出会い、
そして、自分でも知らなかった自分と出会う。

 ドキュメンタリー映画「てくてく冒険家 永瀬忠志 アフリカを行く」の上映と講演会を開催します。
 
 歩いて地球一周4万キロを達成し「植村直己冒険賞」を受賞した大阪の冒険家・永瀬忠志さん。その冒険がドキュメンタリー映画となった完成した。永瀬さんは1989年~90年にかけて、リヤカーを引いてアフリカ大陸横断につづきサハラ砂漠を縦断した。その376日にかけて歩いて撮影した秘蔵映像を、共和教育映画社が映画として完成させた。

 サバンナ、ジャングル、サハラ砂漠と、果てしなく続く遠い旅。一歩一歩、大地を踏みしめて歩く姿は、夢と希望と勇気を与えてくれる。上映会後、永瀬さんの講演と南米・アマゾンの旅に出発する永瀬さんの壮行会を行います。

 ◇日 時◇ 6月12日(月)午後7時~9時
 ◇場 所◇ 大ス樹 大阪市淀川区宮原5-6-10
         地下鉄「東三国駅」下車徒歩5分、「新大阪駅」徒歩8分
 ◇会 費◇ 会員500円 一般1000円(ドリンク付)

 ※終了後、永瀬さんの壮行会を開きます

リヤカーマン

≪リヤカーマンの旅≫
 自転車で日本一周した18歳の時、北海道でリヤカーを見かけた。荷物を積めて便利と2万円で中古を買い歩き旅を始める。70日間で日本縦断後、夢だった海外もリヤカーで果たそうと、オーストラリアへ。その後、アフリカ、アジア、南米などを歩き2004年7月20日、沖縄で、地球一周四万キロを達成。昨年2周目をスタート。今年6月、第10回植村直己冒険章受賞。

■リヤカーマン語録1
まだ会ったことのない人と出会い、
まだ見たことのない自然と出会い、
そして、自分でも知らなかった自分と出会う。  

■リヤカーマン語録2
ゆっくり歩いて行こう
ゆっくり歩いていれば
それだけ多くのことが心に刻まれる
ゆっくり生きて行こう
ゆっくり生きていれば
それだけ生きていることを 
より感じながら生きていける。
だから・・・。
ゆっくり歩いて行こう 




© Rakuten Group, Inc.