1277564 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

びみょ~にエコロジー

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Category

Archives

May , 2019
April , 2019
March , 2019
February , 2019
January , 2019
December , 2018
November , 2018
October , 2018
September , 2018
August , 2018

Rakuten Ranking

全55件 (55件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

見たもの・展覧会・映画・DVDなど

May 11, 2019
XML
映画の割引券をもらったので,同僚が面白いと言っていた「翔んで埼玉」を見に行ってきた.何かよく分からないが通行手形シール?をもらった.

埼玉県民的には笑えるところが結構あり,確かに面白かった.
大宮と与野と浦和の関係とか.踏み絵?がシラコバトの絵が付いた草加せんべいだったり.その他,群馬県はサボテンが生えてプテラノドン?が飛んでるし,千葉の人に捕まるとピーナッツを鼻に詰められて地引き網をさせられるようだし,いきなりヌーの大群が列車を止めるし.都市伝説の説明をしているラジオ放送を聞いている,結納に行く一家の反応がまたあれだし.娘のBLというツッコミとかも.
くだらないといえばくだらないのだけれど,こういうお笑いも好きかも.
結構人気らしく,前の方の数席以外はほとんど埋まっていた感じ.

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

映画『翔んで埼玉』公式ガイドブック [ 魔夜峰央 ]
価格:1598円(税込、送料無料) (2019/5/12時点)








Last updated  May 12, 2019 09:22:37 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 27, 2018
映画の割引券がまだあったので,今回はグレイテスト・ショーマンを見に行った.

バーナムの半生の話だったが,バーナム効果の話ではなかった.

仕立屋の息子が,裕福な家庭の女性と結婚し,すでに沈没した船舶登録証?を盗んでそれを担保に借金をし,博物館を作るが人気が出ず,小人症?巨人症?犬人間?ひげの女性?などが出演するサーカスを立ち上げ,人気を博す.上流階級に認められるために歌手のアメリカツアーを企画してのめり込み,サーカスや家庭のことは顧みなくなる.歌手との決別,妻が実家に帰ってしまう,サーカスの建物の火災で破産.しかし,サーカスのメンバーに励まされ,妻ともよりを戻し,テントでのサーカス興行を始めるという感じ.

ご都合主義というか,底の浅さがそこここに見られるが,まあなんか前向きな感じ.

ミュージカル映画で結構音がうるさかった.







Last updated  May 28, 2018 12:28:02 AM
コメント(0) | コメントを書く
April 29, 2018
映画の割引券があったのでジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングルを見に行った.

高校生四人組が罰としてガラクタ部屋?を片付けさせられている途中でゲームを見つけて遊び始めたら,その世界に取り込まれてしまって,抜け出すためにはゲームをクリアしないといけないといった話.

ゲーム開始時に選んだキャラになって冒険をするのだが,本来の姿や内面とのギャップがかなりおかしい.地図の専門家役の人が特にいい味を出している.

ボードゲームが一晩でコンピュータゲームに擬態?進化?していたり,ケーキを食べて爆死したり,死んだら真上から次のキャラが降ってきたり,ナンセンスのオンパレード.

基本的には何も考えずに笑えばいい映画なのだけど,何が起こるか分からないという点では前作の方が面白かった気もする.








Last updated  May 28, 2018 12:04:43 AM
コメント(0) | コメントを書く
March 4, 2018
ただ券をもらったのでBunkamura ザ・ミュージアムで開催中のルドルフ2世の驚異の世界展を見に行った.
3/11までだし日曜日なので混雑を覚悟して出かけたが,かなりすいていた.
チケットにも載っていたジュゼッペ・アルチンボルドの『ウェルトゥムヌスとしてのルドルフ2世』(個人的には野菜人間と呼んでいるが)が目玉なのだろうか?お金を払ってまでいきたい企画展であるかは微妙かもしれない.
きちんと認識していなかったけど,ティコ・ブラーエあたりの時代だったのか...






Last updated  March 10, 2018 12:13:53 AM
コメント(0) | コメントを書く
October 16, 2017
コンサートへ招待されたので行ってきた.
いつ行ってもよい演奏なのだけれど,今日の演奏も素晴らしかった.当初ツアーで旅行にでる予定だったのだけれど招待状をもらって即刻キャンセルしたのだけれど,そうするだけの価値はあった(まあ今日は雨だったので旅行に出なくて正解という話もある).

それはともかくとして,アンコール曲はバッハの管弦楽組曲第二番 第七曲バディネリだったかとおもうが,これは少し前のまいにちドイツ語,コンパスとかいうタイトルがついていたコースの音楽かな?コンパスはつまらなかったな~

それにしても,まいにちドイツ語はなんか微妙なミステリー風味?のものが多い気がする.謎の女とか,かぐや姫の娘か何かが出てくるのとか,魔女っこが出てくるのとか,黒猫イクラが過去の人物と会話するとか,いまやっている再放送の双子のライオンとか.森鴎外とも会話してたっけ.

他方まいにちスペイン語の方は,登場人物が風邪を引くけど薬が嫌いでハーブティを飲むのと,お店で靴を買うのと,転ぶか転びそうになるのと,登場人物がいきなり結婚するのが定番な気が...「ささいな大事件」はまあ交際していた二人が結婚したのだから自然といえるかもしれない.
語学講座は漫然と聞いているから全然勉強になってないな~







Last updated  October 16, 2017 12:11:36 AM
コメント(0) | コメントを書く
October 15, 2017
Bunkamuraでやっているオットー・ネーベル展の券をもらったので見に行ってきた.いつもは外に設置してあるチケット確認のブースが外に出ていないぐらいにすいていた(単に寒かったから?).
日曜日の夕方のせいなのか,雨天のせいなのか,そもそも注目を浴びていないのか分からないけれどとりあえずほぼ快適に見ることができた.
シャガールの展示はそれほどなかったと思う(ちなみに,解説文を読むまでシャガールがロシア出身だとは認識していなかった.ずっとフランス人だと思っていた).
図版を買いたいと思うほどではなかったけれど,ドットがたくさんついた抽象画が好きならば見に行っても損はないかもしれない.
でもまあ繊細なドットとか層になっているのが特徴というならば,それらを拡大して確認できるような展示方法にしたらいいのにと思わなくもない.川原慶賀の植物図譜展のようにルーペを貸し出すとか,拡大鏡を設置した作品を用意するとかいうのは無理なんだろうか.

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

時空旅人別冊 必ず観たい注目の美術展2017-2018 2017年 10月号 [雑誌]
価格:880円(税込、送料無料) (2017/10/15時点)








Last updated  October 15, 2017 11:51:09 PM
コメント(0) | コメントを書く
September 23, 2017
9/24までBunkamuraで開催されているベルギー奇想の系譜展を見に行った.

エスカレーターを降りたら行列ができていたので,見るのを止めて帰ろうかと一瞬思ったのだがそちらはチケット窓口の行列で,チケットを持っている人は並ばずに入れた.

でも中は大混雑だった.最終日前日かつ祝日のせいか.特に一番目の展示室は人とぶつからずに歩くのも難しいぐらいで,とても絵を鑑賞するどころの騒ぎではない.入場制限をしてもよいのでは?というレベル.普段は黒い線よりも絵に近づかないようにという注意がされるが,それもなしなので,絵のすぐそばに立つ人が後を絶たず,後ろからでは全然見えなかった.

案内係の人が「どの順番で鑑賞してもよい」というようなことを言っていたので,人が途切れているところを飛び飛びに見て歩いてから最初の方の展示室に戻った.『トゥヌグダルスの幻視』の前は凄い人だかりになっていて,見るまでに10分以上かかった.

ルネ・マグリットの『大家族』,ヤン・ファーブルの『フランダースの戦士(絶望の戦士)』,ピーテル・ブリューゲル(父)の絵を版画にしたもの,ボス風の作品などがあった.
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【アートポスター】大家族(70×100cm) -マグリット-
価格:4200円(税込、送料別) (2017/9/24時点)








Last updated  September 24, 2017 06:44:40 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 21, 2017
埼玉県立近代美術館(MOMAS)で開催中のロシア科学アカデミー図書館所蔵 川原慶賀の植物図譜を見に行ってきた(5/21最終日).

とにかく非常に精密に描かれた植物画がたくさん.ドクダミ,シャガ,ムベ,ツルリンドウなどの植物画だけでなく人の一生,年中行事などの絵も.2階展示室の入り口で虫眼鏡を貸してくれるので,絶対に借りた方が良い.おしべ,めしべ,種子なども小さく描いてあるし,樹皮の特徴もきちんと分かるように描かれているので.ヒノキはどうだったかな?近縁種と見分けがつくように白いY字がちゃんと書いてあったっけ?
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【お取り寄せ】AZUMAYA(東谷) アートパネル 植物画 | ART-115B
価格:2374円(税込、送料無料) (2017/5/21時点)


イメージ的にはこんな感じのものが大量にあって,真剣に見ていたら2時間以上かかってしまった.
展覧会図録が欲しかったのだけれど売り切れていて買えなかった.

常設展(MOMASコレクション)の入場券もセットになっていたので一応見た.入り口はミュージアムショップの奥側を下ったところで,気づかずに帰るところだった.

第一期の中身は,セレクション:モネとかルオーとか,色を織り、光を綴る—斎藤豊作の絵画,院展の作家たち,建畠晢×MOMASコレクション.草間彌生

こちらは全然魅力を感じなかった.セレクションあたりは著名な画家の作品が並んでいたのだけれど,何か欠けているような感じで,見ていたいという気持ちにならなかった...何でだろう?


外出したついでなので,400ml献血をして,登山用品店でハイキング用の長袖シャツ,デパートで普通のズボンを買った.ちなみに献血をしたら絆創膏をくれた.最近はボールペンじゃないのね.
そして土日のうちに片付けようと思っていた仕事は全く進まないままだ...というか,何でこんなに仕事があるんだ?






Last updated  May 21, 2017 10:00:07 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 26, 2017
券をもらったのでこれぞ暁斎展というのに行ってきた.あの手の絵って江戸時代のものという印象があったのだけれど江戸末期から明治にかけて活躍した人らしい.ちなみにこの間見に行った国芳の弟子だった時期もあるらしい.
意外と混んでいたのと,展示の内容が充実していたので,見て回るのに時間がかかってしまった.春画のコーナーもあってちょっとびっくり.
カラスの絵は勘違いをしている人が結構いるみたいだったけど...

音声ナビゲーションはかなりくだらなかった.520円出して借りる価値はないと思う.

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「画鬼」河鍋暁斎 [ 河鍋楠美 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/4/27時点)








Last updated  April 27, 2017 10:33:06 PM
コメント(0) | コメントを書く
December 30, 2016
映画の割引券をもらったのでローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーを見に行ってきた。
結構混んでいたが、一時間ぐらい前に座席指定をしたら見やすい場所をとれた。

ちなみにその時点で、「君の名は。」は午前は完売、午後の一回目も2席のみになっていた。

それはともかくとして、ローグ・ワンはなかなか面白かったのでおすすめ。エピソード4でデス・スターが破壊されるけれど、何であんな弱点があったのかとか反乱軍がデス・スターの設計図を何で持っているのかというところにつながる話。

ネタバレはこの下。


デス・スターを作らされた科学者がデス・スター全体が吹っ飛ぶような弱点を作っておいたのだけれど、そこをつくためには設計図が必要というわけで、設計図を盗みに行こうとするが議会はOKせず。

科学者の娘と反乱軍の諜報員とそのアンドロイド、帝国軍からメッセージを運んできたパイロット、ジェダの寺院に住んでいた?二人組、反乱軍の有志で設計図を盗みに行くことに。

ローグ・ワンというのはコールサインを聞かれたときに答えた言葉でこれがチーム名?

設計図が保管されている星で戦闘が起こっているとの情報で反乱軍が救援に駆けつけ、宇宙でも地上でも戦闘。

ローグ・ワンのメンバーは次々と倒されるが、なんとか設計図を入手し転送。
しかし、結局地上にいた反乱軍は全滅。デス・スターからの一発でなんとか生き延びた科学者の娘と反乱軍の諜報員もおしまい。

設計図を受け取った宇宙船にダースベイダーが乗り込んで設計図を取り返そうとする(船ごと破壊する方が簡単そうなのに?)が、転送されたメッセージはレイア姫に託された。






Last updated  December 31, 2016 11:30:37 AM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全55件 (55件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.