000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

大学職員のススメ

研修制度

*研修制度*

お仕事を始めるとまず最初に研修があります。
これについては大学職員も同じです。

ウエイトレスとかレジ打ちとかならイメージもしやすいってもんです。
でも、大学職員て???って感じですよね

研修制度については
実際に中に入ってみないとわからないこともあるので
ココに書いてあることは、あくまで一例だと思ってください。

さらに注意なのは
毎年、研修メニューが変更になったりするのはザラなので
先輩に話を聞いたからって、その通りの研修を自分も受けるとは限りません。


■新人研修■

新卒で入ろうと、中途で入ろうと
専任職員になると必ず受けるであろう研修です。

☆研修期間
これはですね、わりと変動性です。
うちの大学は毎年違うみたい…

さらに、はっきりと定められているところもあれば
さっさと配属されてしまったのちに、実務で覚えていく…というケースもあります(特に中途)

美桜が受けた研修は、約1.5ヶ月。
はっきりと期間が設けられてました。
前の大学では約2ヶ月でした。

その研修期間を経て、配属になるのです。

大企業(?)みたいに、夏まで…とか
秋まで…といったような
新入職員に長い長ーい研修期間はありません。

ひとつの目安としては
春の人事異動ですね
これに合わせて予定を組んでます。
(必要人員とかの調整もありますしねー)


☆研修内容

具体的なメニューを挙げますと

・大学について(思想的なものからデータ的なものまで)
・パソコン実技(マイクロソフトオフィス、大学独自システムなど)
・マナー研修(電話応対、名刺交換など)
・グループワーク(テーマにそってプレゼン)
・現場研修(実際に部署にいって、業務のお手伝い)


最終的には、実際に配属してから覚えていくのが大前提なので
実はあまり身についていないような気もしないでもない…(爆)
特にパソコン研修系統は、いくら説明を聞いてもできないってもんです。
もちろんパソコンルームで行われているので
実際に触ってはいますけどね。。。

ワードやエクセルに関しては、うちの大学は

できることが大前提

になってたのか、なってなかったのかは知りませんが
ここでは研修時間が設けられていませんでした。
パワーポイントもしかりです。
(あまり使ったことある学生っていないのでは…?)

逆に、ちゃんとやったのは
「アクセス」と「ホームページ作成」です。
あとは大学独自のシステムですね(これは教えてもらわなきゃわかりませんし)

現場研修に関しては
みな人それぞれのメニューでした。
お世話になった部署も違いますし、だいぶ差があったと思います。

パソコン技能を教えてくれるところもあれば
大学のさまざまな部署の見学につれていってくれるところや
電話応対練習や、資料作成の手伝い…

この差が、同期の間では心配の種になったりもしました(笑)
配属になってしまえば、そのときに何をしたかなんて
あまり関係なくなってしまうんですけどね
そのときは心配なものなのです。


■語学研修■

こんなステキな制度があるんですよ!!外資系でもないのに!!!
全員が受けるわけではないんですけどね…

(だって、帰国子女とかうようよいますし…)
大学で働いていて英語を使う機会って、部署によってはまったくないです。
ないんですけども、最近は留学生も増えてますし
誰をどこの部署へでも異動可能にするためには必須なのかと思われます。

現状だと、どうしても語学力ありき…で必要部署へ配属されてるような気がしますし…。
(だから中途組は前の勤務が「話せるだろう」と予想させる会社だったりすると、例え話せなくても英語必須の部署へ配属されることもあります…。大変…)

では、上の方々はみんな英語はなせるの???というと
そういうわけでもないですね(苦笑)
この語学研修も最近(?)始まった制度みたいです。

さらに語学研修には、ブログでも話題にしましたが
海外留学もあります。
大学院だったり、海外で職場体験してきたりなど…
条件が挙げられて募集がかかります。
それに自ら手をあげればよいのです。
(上司が勧めてくれる場合もあるみたいです。もちろん本人にもやる気アリな場合ですが)

とはいえど、海外研修は語学を学びに行くだけが目的ではないですけどね…
(報告書を書いて提出するそうです。)

あまり詳細はわからないのですが(まだ美桜は名乗り出る資格もないので)海外研修に関しては美桜自身も興味があることなので、これから追々お伝えできればと思います。



■研修補助■

大学で用意されている研修ではなく
自分で何かを学ぶ際に補助が出る制度もあります。
(国からの給付金制度のようなもの)

美桜の知っている限りでは
・オープンカレッジ(大学で一般に開催している講座)半額補助
・通信教育半額補助(上限アリ。提携会社以外でもOK)
・資格試験(TOEIC等)受験料補助
・大学入学金免除(大学院等に通っている職員がいます)


そして
それぞれの部署に関する外部で行われている研修や
講演会・講習会等の参加料補助もあります。
(これはたぶん部の予算から出ているはず)


美桜もだいぶお仕事に慣れて余裕ができてきたため
去年から少しずつ自己啓発を始めました。
今は英会話とお料理教室に通っています。
(英会話は補助で。お料理は実費です。)


☆オープンカレッジ

本当にいろいろな講座があって目移りします。
(美桜の場合はもともと習い事などが好きなせいもあります)
まずはムリなく週1回くらいのペースで始められるものに。

オープンカレッジのメリットは
大学の機関なので、暦が同じということです。
夏休みや年末年始、祝日などの休暇が事務所と同じなので
「せっかく連休なのに…」といったようなことはありませんでした(笑)

大学関係者ばかりなのでは…?とも思ったのですが
これも、開催場所がキャンパスから少し離れているところだったせいか
知っている顔はひとりもいませんでした。
(たぶん職員自体がいなかったと思います。主婦が多かった。)
講座にもよると思います。

特に業務に関するものでないとダメ…というような制限はないので
来年あたり、資格関係の講座を新しく始めようか悩み中です。
補助が出ても決して安いというわけではないんですよね…;
(大学の授業料って意外と?高いんです!!)
美桜の大学では
ヨガとか、カラダを動かすプログラムがあるのも嬉しいです。


☆通信教育

昔々、美桜はとある通信教育が大好きで
小学校から高校まで、ぽつぽつ止めている時期はあるものの
ずっと続けていました。
(高校時代にいたっては自分で受講料を払っていた)
だからもうこの制度は興味津々!

いくつかの企業と提携(?)はあるみたいだけど
必ずしもそこから選ばなくてもいいらしいです。
しかも、こちらも業務に関わらなくても大丈夫だそう。
(ペン字とか!タガログ語とかでもOK!)

ちゃんと受講して、終了した証明をすると
半額まで(上限有)は補助してくれるそうです。

…というわけで、来年あたりは
美桜の何か資格取得を目指して始めようかと思ってます。


*****つづく


© Rakuten Group, Inc.