000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

環境・平和・山・世相 コジローのあれこれ風信帖

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


コジネンコ

フリーページ

カレンダー

お気に入りブログ

美ヶ原のスノートレ… kiki2406さん

しょうのページのア… shchan_3さん

ぼたんの花 ぼたんの花さん
福山医療生協九条の会 や~っぴょんさん
ゆうこと5にゃんの… ゆうこ8838さん
2009年09月29日
XML
テーマ:ニュース(74298)
カテゴリ:政治

 昨日28日、先の総選挙で歴史的な大敗を喫した自民党の再建を担う総裁選が開票され、谷垣禎一元財務相が24代目の総裁に選出された。

 谷垣新総裁の手腕に来年参院選での捲土重来が懸かるが、その前途は非常に厳しいと言わざるを得ない。そう熱心にウオッチングしていたわけではないが、ニュース等から垣間見た総裁選での論戦を見る限り、候補者となった3人もさらには当の自民党全体も、今回の敗北の意味が分かっているとは思えないからだ。瀕死の重病人を前に、病因を取り違えて手術したって蘇生するわけはない。まあ、政治の世界は一寸先は闇だから何が起こるか分からないが、現状で推移すれば来たる参院選で自民党は再び惨敗、破産的な解党の危機に直面する可能性が高い。

 自民党の政治的DNAは要するに資本家階級の利益を代弁することにある。ごくごく単純化して言えば、世の中には金持ちと貧乏人という、利害が真正面から衝突する2種類の人間しか存在しないのであって、もちろん金持ちが権力を握って世の中を支配しているわけだが数では貧乏人が圧倒的に多いから、金持ちの利益ばかり露骨に代弁していたのでは普通選挙で多数派になれるわけはない。

 そこで政治的経済的な仮想敵国をでっち上げて成立する利益主体不明の「国益」とか、「大企業が儲かればシモジモにもおこぼれが廻る」という怪しげな経済理論とか、要するにマスコミやら御用学者やらを総動員した共同幻想と多少のバラマキ分配で貧乏人を騙して票をかすめ取り、こうして築いた虚構の上に多数を維持するしか統治権を掌握する手段はないのだ。ともあれ結党以来の自民党は長年、財界の強力なバックアップも得て、こうした役割を相当程度うまく演じてきたと評して良いだろう。

 ところが、小泉竹中路線はこうした伝統的な虚構を支えてきた「おこぼれ分配」の仕組みを構造改革の名の下に破壊する。小泉竹中路線つまりは新自由主義の政治的淵源はサッチャーにあり、レーガンや中曽根がその真似をしやがて世界を席巻するのだが、そのサッチャリズムの登場を導いた事件こそ社会主義世界体制の崩壊だった。対立する体制が消滅し社会主義革命の恐怖から解放された資本主義の側は、もう貧乏人にサービスする必要はなくなったと判断したのだ。

 詳しく論ずる余裕はないが、カール・マルクスの簡潔にして完璧な定義によれば資本とは「自己増殖する価値」である。つまり自らが増殖することのみを目的とする存在であり、その増殖のための栄養源は自動車であろうが高利貸しであろうが戦争であろうが何だっていい。要するに資本の凶暴な自己増殖過程に倫理など介在する余地はなく、貧乏人の過労死もリストラ自殺も、さらには地球環境の危機も将来世代の運命も知ったコトじゃないのだ。だが、この本質をむき出しにしては貧乏人に社会主義革命を起こされてしまうから、様々な社会的規制の網で資本の凶暴さを抑制してきたのがケインズ流のいわゆる「修正資本主義」だった。

 小泉竹中路線はこの規制の網を乱暴に切り裂いてしまったのだから、そうなれば当然、凶暴な資本が解き放たれて貧乏人に襲いかかる道理だ。それが現代日本の構図であり、おかげで大企業は内部留保を巨大に膨張させた(まさに自己増殖だ)のだったが、貧乏人の切り捨ては凶暴な資本の政治的代理人という自民党の本質を誰にも見える形でくっきりと浮かび上がらせ、共同幻想から覚醒した貧乏人有権者の巨大な離反を招いたのだ。この本質が理解できない限り、自民党が再び貧乏人の支持を得て政権に復活することなどあり得ない。

 実のところコジローは、差し迫る地球温暖化の破局的な危機に直面した現在、「自己増殖する価値」という凶暴な本質を内に抱いたこの資本主義というシステムと、人類を初めとする地球上の生命が共存できる可能性について、非常に懐疑的なのだ。このシステムを一刻も早く転換しない限り、人類にも生態系にも未来はないのではないか。もしかしたら、今回の総選挙結果は、将来から振り返ってその第一歩に位置づけられる政変になるかもしれないが…

 ひとつだけ確かなことがある。金持ちは貧乏人がいなくなっては干上がってしまうが、貧乏人の側は金持ちがいなくなっても、ち~っとも困らないということだ。マルクスはこのことを指して労働者に革命への決起を呼びかけている、「失うものは鉄鎖のみ、得るものは全世界!」と。我々貧乏人による共同幻想からの覚醒が、これから先どこまで深まり広がるか、その速度にこそ人類の存亡はかけられているのだと思う。

Z.gif ←ランキングに参加してます、ワンクリックでご協力を







最終更新日  2009年09月29日 20時53分21秒
コメント(5) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.