000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

究極の美と健康ブログ

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

2018.07.21
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
もう 悲しくって悲しくってさ。 おじーちゃんから 阪神百貨店の商品券1万円分を もらって、土用の丑の鰻を 家族みんなの分 買ってきてと言われてさ。 


阪神の魚屋さんで買えばよかったのですが、、、百貨店の中に、鰻のかば焼きの特設売り場ができていてさ。 

いろいろ種類があった中で、、、国産の炭火焼の鰻 があったので、それにしたんです。 

1匹 2800円 。 3匹 買ったので、、鰻だけで 8400円ですわ。 これに 500円の鰻の肝焼きも買ったので、9千円近く払いました。 


ところが、ところが、、 

真ん中の鰻以外、、 なんか、、いつも 私が買っている 川繁さんのとは、見た目が 違うな~と 思っていたら、、

ほんと 違った。 

食べ比べても、ぜんぜん 違った。 






この3匹のうち、、真ん中の鰻以外、、、ほぼ 間違いなく 外国産。 中国産ですわ。 

値段は同じで、、、同じ ところから 3匹 つつんでくれたのですが、、あれは、間違いなく 混ざっています。 中国産が。 



大好きな大好きな 鰻です。 間違えることはまず ありません。



まず、丸かった。 (外国産は皮が固いので焼くと 皮が ちじんで身が内に反っちゃうんだよね。)

そして、包丁を入れた瞬間、、ハモの骨切かっていうくらい、ガリガリ。 泣

身も弾力がありすぎて、ゴムを切っている感じ。 泣


私が 普段買っている鰻とは、まったく 別物だったんです。 


案の定、、3匹中、2匹は 悲しいくらい 美味しくなかった。。  みんなも、散々な文句のいいようでした。 



鰻は、、灘の山信さんか、、野田の川繁さんか、明石の黒谷さんと決めているのですが、、、

黒谷さんは ちょっと遠い。 山信さんは、土用のうしの1か月くらい前から予約が必要。

川繁さんは、ありえないことに、土用の丑は 休みなんです。 

https://plaza.rakuten.co.jp/ecosalon/diary/201505180001/




なので、、おじーちゃんに 1万円 いただいて 阪神百貨店で買えて、ちょうどよかったのですが、、

なんせ、、あの2匹は、ほぼ間違いなく 国産ではない。 

私の口は、ごまかせません。 



中国産うなぎの薬品投与は、日本の基準値を大きく上回る使用が多いのです。

成長ホルモンや、抗生物質などですね。 

特に、成長ホルモンを使用すると、どうしても 骨が太く固くなり、皮もどうしても固くなってしまうんだよね。

それに加え、、中国産などの鰻は 露地育ち 露天養殖がほとんどで、、それも養殖池が大きいほど皮が厚く・かたく、骨が太く・かたくなります。 

露地では狭いプールでの水質管理が難しく、プールを広くせざるを得ないからです。故に鰻は運動し放題で皮も厚く骨も太く逞しく育ちます。

   
日本国内で流通している国産養殖鰻のほとんどはビニルハウス等、屋根付きで温度管理された環境で育てます。
 
一定の容積の中に許容範囲の鰻が養殖されていることになります。
この環境で5Pサイズ(200g)から4Pサイズ(約250g)に育った養殖鰻が市場に出回り、各鰻店で使用されています。
 
通常の鰻店、名店で使用される鰻は天然鰻を除き、サイズはこの範囲です。



悲しいかな、、、 残念なことに、、 昨晩の土用の丑、、このお漬物が 1番 美味しかった。







もう、世間に流されて、、土用の丑の 鰻は 絶対に買わないことを 誓ったわね。 





続く・・・・・・






最終更新日  2018.07.21 07:54:23
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.