2022.01.17

巨大火山爆発に備えよ! パート1

カテゴリ:カテゴリ未分類
日本は、火山大国であり、地震大国であり、台風大国であり、、、様々なリスクにさらされている国です。 こんな国 滅多とありません。 

でも、そのぶん、諸外国にはない、、いい点も山ほどあります。 

そのいい点だけをみれば、こんなに素晴らしい国はないと思うし、本当に、、心の底から 日本人に生まれて良かったと思います。 


ただ、、、これは、ここ数百年、数千年、、日本全土を混乱におとしめるほどの 大きな 災害が たまたまなかったからです。 

でも、何万年レベルで 見てみると、、日本人 絶滅に至るようなレベルの 災害に何度も 何度も 見舞われているのです。 


特に、、怖いのが、、実は 火山なんです。 

そして、この火山は、なにも日本国内だけのものにとどまらず、、私が 最近 とくに大警戒しているのが、北朝鮮の 白頭山。 





これ、、めちゃくちゃヤバいです。  映画の話では、おそらく収まらないと思っています。




日本国内では、九州系の火山と、富士山ですわね。。 


そもそも、、九州は、火山灰で ほぼほぼできた島ですから、今まで、何度も 何度も 絶滅にさらされてきた国です。 

もし、九州系の火山が大爆発をおこしたら、九州全土は火の海。 西日本は、50cm以上の火山灰で覆われるそうです。 


白頭山が爆発すると、日本海側、いや、日本全土を覆うほどの 火山灰が降り注ぐことになる。 


富士山が爆発したら、、東日本は、数年間は 人が住めなくなります。 

そもそも、、関東には昔 昔は 人など 住んでいなかったのですから。。 シカや、うさぎ、リス、、こういう動物しか住んでいなかったです。 


いずれにしても、、火山の大爆発は、地震や台風どころではない、、とんでもない大災害、、いや、、日本人が絶滅するレベルの 事態を引き起こすのです。 

経済はもちろん ガタガタ、、、 日本国内の 田畑や、畜産も 全滅。  水道電気ガスなどのライフラインは、完全ストップ、、 



移動手段である、自家用車はもちろん、バイクも 自転車も、、電車も バスも、、当然 飛行機も 完全アウト。  


この国内に、安全地帯など、一切なくなるのです。 



ま、日本人全員絶滅となではいかなくとも、、間違いなく 半数は このせいで命を落とすことになると思います。 

そして その予兆は、最近 そのいろいろあります。




今、、地球の気が ものすごく乱れています。 それを察知して、人々の気も乱れ、、

社会、経済の気も乱れ、、そして、病、病気が蔓延し、、

人々はその不安から カネみたいなものを、どんどん どんどん 貯め込んでいる。



正直、、カネなんて、未曾有の大災害が起きたら、なんの意味も持ちません。 

その価値は、、超大暴落。 


何千万円もっていようが、何億円 持っていようが、なんの意味も持たなくなるでしょう。 



そんなものよりも、水や、食料を筆頭に カセットコンロのガスとか、サランラップ、丈夫なゴミ袋、、

トイレットペーパー、、ま~いうと、、こういうもののほうが、、100倍 価値をもってくるのですから。。 


普段日常は、こんなものは、山ほど売っていますが、、、

ひとたび 災害が起きると、あっという間に、世間から 消えてなくなります。 

いうて 一部地域の阪神大震災レベルでそうだったのですから、日本全土を混乱に貶めるレベルの災害になると、、もう、どうしようもありません。 


当然ですが、AMAZONも、、楽天などの ネットショップも なんの意味も持たなくなります。 




ということで、、一応、、トンガの海底火山爆発を きっかけに 今一度 見つめなおし、、準備物の確認をしておこうと思います。 

あとは、火山爆発対策も まとめておこうと思います。 


例えば、、いざ、大爆発が起きた瞬間から、やるべきことから、、、考えてみたいと思う。。 





とりあえず、、ライフラインは 完全 ストップしますから、、 阪神大震災レベルでも、電気が1週間、水道が1か月間、ガスが半年 かかったのですから、、 

ま、これらのライフラインは、、速攻で絶たれると思うので、とりあえず、止まるまで 水道水だけは バスタブに確保するのがいいかな。

あとは、家庭用蓄電池を持っていれば、止まるまで 充電。 即充電。 

ガスは貯めることができないので、、日ごろから カセットコンロのボンベを 十分(私の場合 1年分) 用意しておいくほうがいい。 



次に、夜間 まっくらになるので、懐中電灯や、LEDランタンは、人数分 準備しておくほうがいいな。 

あとは、、トイレは 一切 使えなくなるので、下手すれば、1か月どころか、1年くらい使えなくなるくらいに思っておくほうがいいので、


簡易トイレと、、丈夫なゴミ袋(365枚 1年分) と、、私の場合、TOTOの携帯浄水器と、脱臭高分子ポリマー




高分子ポリマーの話(AMAZON 口コミ 抜粋)・・・・・


追記.....今日、北海道で大地震があったのと私の住む広島地区が豪雨災害に見舞われた
時にこの商品があったおかげで救われた経験をもとに追記します。
 ここで前回、合計12kg購入したのですが、それ以降も定期的に購入しています。豪雨災害以降も追加で
20kg買いました。累計で92kg購入しました。 9000〜10000個はつくれます。
非常用簡易トイレは5000個作っていたのですが、豪雨災害のときに一瞬でなくなりました。
全然、足りませんでした。今も空いた時間をみつけては予算の範囲内で作り続けて備蓄しています。
私の住んでるところは大丈夫だったのですが、近くで大規模な断水が広範囲で数週間続いたので、
その地区の方に支援物資として配りました。皆さんからとても役にたったと感謝されました。
食料・飲料とちがってトイレ問題は災害に遭ってしまった瞬間からはじまり、解決されないまま最後まで問題を
抱える状況に陥ってしまうという状況は今も変わりません。不衛生・不快な環境が完全復旧までずっと続くのです。
うちの会社にも今回の豪雨災害で断水が続いた方がいます。そういう方たちが休憩時間に率先して作ってくれてます。
すでに数千個ほどまた備蓄ができました。自作非常用トイレの 安さ・便利さ・清潔さ を知った方が今回の災害で
一気に増えたので備蓄数も相当な数が必要になりました。
いまのところ問題点は災害時に使用した場合、使用後はゴミが出るということです。大量に出ます。
消臭剤として もみ殻燻炭を使用しているので悪臭はほとんどでなかったと皆さんおっしゃってましたが
毎日、大量のゴミが出て集荷作業が復旧するまで保管場所を確保しないといけないというのが課題です。
それでもトイレのたびに大量の水を確保して運ぶことを思えば、許容範囲だとおっしゃってくれました。
今夏の猛暑の中でもガスや悪臭がほとんど発生しなかったという結果だけでも大収穫でした。

結論....市販品の簡易トイレと比べて10分の1以下の費用でつくれるし、腐るもんでもないですし。(湿気対策は必要かも)
      災害時にこれほど便利でありがたいものはないです。
      トイレに行けない・我慢しなきゃいけない状況が救われます。 各自、作って備蓄しときましょう。
      

-----------------------------------
今回、追加で8kg購入。合計12kg購入しました。
非常時のトイレ用凝固剤を安価に自作するために活用しています。
一回分10g前後で1100~1200個つくる予定です。そんなにいらないとお思いでしょうが
災害時に一人一日5回トイレにいくとして二週間で70個 5人家族で300個以上必要
兄弟家族や親戚、親しい隣人にも分けてあげることを考えると、やはり相当な数がいるもんです。

参考までに私が自作しているタイプを備忘録もかねて紹介。
・高吸収樹脂は10g前後の使用でどんな状況でも安定(糞尿は水と違って1gで300mlの吸収は困難、自分の排泄物で実験済み)
・脱臭剤として もみ殻くん炭を7gくらい使用。比重が軽いので感じとしては樹脂と同量(活性炭は高いので安価なくん炭がおすすめ)
 くん炭はホームセンターで肥料袋に入って400円~700円でいつでも入手可能
 脱臭効果は尿であれば、排泄直後からほとんど気にならないレベル。大便は試してません。(勇気がなかった...)
・約6cm×8cmのジップロック付き小袋に吸収剤とくん炭を交ぜて小分け(小袋は100均で購入)
・0.02mm~0.03mmのちょっと厚手の45Lゴミ袋(便器に直接被せて、この中に直接排泄)
・排泄後の袋の口をしばるために、1mm径のPPヒモか25cm程度のビニタイを使用
・保管中や移動中に袋が破れたときの悲惨な状況を少しでも軽減するのと混乱でゴミ収集車がなかなか来なくて
 各自で焼却処理をしなければいけない場合を想定して ペットシーツ(犬用)のレギュラーサイズ(薄手)も併せて使用。
 (袋の底に敷いて吸収剤と併用することで、かなり安定)
 ペットシーツは薄型の安いやつレギュラーサイズ200枚入りで1100円~1400円程度だと思います。
・使用後の排泄物入り袋を保管するための消臭機能付き袋 BOSS製がおすすめ 
・能力的には一袋で数人分使用することもできるが、家族とはいえプライバシーのストレス軽減と最悪な場合
 個人で焼却することを考えた場合(環境には悪いことなのでしょうが...)一回使用完結型を想定しています。

・使用方法は
 ①既存のトイレ便器(洋式)に45Lのゴミ袋をかぶせる。(トイレの底に水が残ってる場合はもう一枚、二枚使用)
 ②袋の底にペットシーツを吸収面を表にして二つ折りにし(底面と上面の水分を吸収するため)そこに用を足す。
 ③排泄物のうえに直接、吸収剤と脱臭剤の混ざったものをふりかける。使用したペーパー等をいれる。
 ④袋を取り出し、しっかりと口をヒモかビニタイで縛って、脱臭機能付き袋にいれて保管。
  袋を縛るときには、気持ちゆったりめにしたほうが、ガスが発生した場合、破裂しません。
 ⑤各自治体の指導にならって燃やせるゴミとして捨てる。
 経験上、水分が流動的な状態なときに雑菌が増えて嫌な臭いが増加します。水分を閉じ込めることで、一時的ではあるが
 かなりの嫌な臭いを軽減することができます。
 10回分を1パックにしてA4サイズのビニール袋にいれて保管中。
 ちなみにトイレの部屋自体の瞬間消臭はスプレーエアゾールタイプの消臭剤が一番、即効性があるような気がする。
 以上、長々とすみませんでした。


ということで、私は 1gで 300ml吸収できる 高分子ポリマーを 20kg 

= 水であれば 6000L 吸収できるぶんを 用意しています。 


あとは、消臭もみ殻くんたんを 20kg  (高分子ポリマーと混ぜるのではなく、振りかけ用)

45L ポリエチレン袋 薄手 厚手  両方、数百枚単位で 準備しています。 


とにかく、災害で 1番 困るのは トイレですから。。。 


阪神大震災の時、、、私は、学校に置かれた 仮設トイレの 長蛇の列の前に、、うんこを もらしたことがあります。 

どんな気分だと思いますか?? 


パンツの着替えなんか持っていない、、

それどころか、、とにかく、、動くに動けない、、、、

家に帰っても、、水も、お湯も出ない。 



もうどうしたらいいのか、まったくわからず、、頭 パニックになりました。。 


これは、ほんと 経験しないと 絶対にわかりません。



日常においては、、、朝起きて、、、家から徒歩10分のところに 学校の仮設トイレがあります。  トイレまで 徒歩10分ですわ。 

しかも、着いたら 長蛇の列。 


いざ、自分の番がきて入ったら、、、もう、、満タンで、、便器から 山盛りはみ出てるんですよ。 しゃがむことができないんです。 

中腰で きばれると思いますか?? 

無理なんです。。 


でも、、頑張ってしておかないと、、つぎ いつできるかわからない。。 

でも、、みんな 待っているから、、あまり 長居は、、できない。。 


こんな経験したことありますか???? 


とにかく、、、トレイが 使えないのは、 マジ  地獄なんですわ。。 


災害の 声をきくたびに、、、まず、、この記憶が リアルによみがえってきますから。。 




次に、、衛生面を保つために、、家族 みんなの髪をばっさりと 切ります。 

男はソフトモヒカン、女はベリーショート or  かなり短めのショートボブ。 



衛生面で もっとも汚く、気になる部分は 間違いなく 「髪」 なので、、 

一日でも早く ばっさりと切ったほうがいい。 


ライフラインが止まると シャワーや、お風呂は、入れないのです。 

阪神大震災の時で、、うちの家の お風呂にはいれたのは、ガス管が復旧した 半年後でしたから。。 


当時は、、水のいらないシャンプー みたいなものは なかったので、、めちゃくちゃ 苦労しました。

でも、、今は いい時代。  簡単に 髪の清潔を保てるようなものが、いっぱいあります。 


ま、、、私は、髪のPRO なので、、、


自家製 ドライシャンプーの レシピを 持っているし、、 準備は 万端です。 


っていうか、商品として 売ってもいいくらいの レベルなんです。






ま、、、そのレシピは、このブログ読者に向けて、特別に 公開しようと思います。 



今日は、今から、50cmの 火山灰対策として、、家の屋根に 巨大な傘を造作する 準備を しようと思っています。 


なんせ、、うちの家、フラットな陸屋根なんで、、火山灰がそんだけ積もったら、間違いなく 倒壊しますから、、、

今のうちから、しっかり対策を 練っておかなければなりません。






続く・・・・・





TWITTER

最終更新日  2022.01.21 08:08:51
コメント(0) | コメントを書く