1814953 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

枝郎パビリオン

PR

X

プロフィール


音駒枝郎

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

コメント新着

ミッチーバルボア@ Re:私家版「秋田~青森電波相互乗り入れ」案(01/27) 非常に合理的かつ経済的にも最小費用で最…
大石芽依@ Re:宇都宮・二荒山神社(06/21) 田中あさみ 横田亜美
田中優紀@ Re:宇都宮・二荒山神社(06/21) 伊関亜美 浦部春香
大石芽依@ Re:宇都宮・二荒山神社(06/21) 田中梨乃 浦部春香
田中日奈子@ Re:宇都宮・二荒山神社(06/21) 浦部春香 大石芽依
田中あさみ@ Re[1]:宇都宮・二荒山神社(06/21) 痛快TVスカッとジャパンさんへ
宇都宮二荒山神社@ Re:宇都宮・二荒山神社(06/21) 宇都宮二荒山神社
ヒロミ@ Re:私家版「秋田~青森電波相互乗り入れ」案(01/27) 秋田県青森県のテレビ電波相互乗り入れ凄…

サイド自由欄



キーワードサーチ

▼キーワード検索

2015/01/27
XML
カテゴリ:テレビ
日本のテレビ放送は、三大都市圏以外はひとつの道府県を「ひとつの放送エリア」とするが原則です。
但しこれには例外もありまして、北海道は厳密に7エリア(札幌・旭川・函館・室蘭・帯広・釧路・北見),福岡県は2エリア(福岡・北九州)と分かれています。いずれもNHKの放送局の区分けに基づきます。
民放の場合は、経営的観点からと鳥取・島根両県と岡山・香川両県で電波の相互乗り入れを行い、エリアの統合を図っています。

ですがそれでも、すべての都道府県において民放4系列(NNN・ANN・JNN・FNN)の番組があまねく視聴できるわけではありません。
その問題の解消まではいかなくとも、改善を目指す方法として、規制緩和で「部分的な電波の相互乗り入れ」をすべきだと私は思うのです。
そこで、このモデルケースとして、「秋田テレビと青森テレビの相互乗り入れ」が思いつきました。

秋田・青森両県は民放のテレビ放送のチャンネルが3つしかありません。
秋田県/秋田放送(NNN)・秋田朝日放送(ANN)・秋田テレビ(FNN)
青森県/青森放送(NNN)・青森朝日放送(ANN)・青森テレビ(JNN)
日本テレビとテレビ朝日の系列局は両県そろっていますが、TBS系列とフジテレビ系列が片肺です。その、「片肺状態」の解消のため、秋田テレビの電波を青森県で、青森テレビの電波を秋田県で相互に流すというもの。
送信所は両局の設備を交互に使います。新局をそれぞれに開局させるよりも、コストを大きく抑えることが出来るはずです。
秋田県も青森県も、両局の略称も「A」で始まりますし、秋田地区のテレビ欄で青森テレビを「ATV秋田」,青森地区のテレビ欄で秋田テレビを「AKT青森」と表記させれば問題はありません。

文化格差の是正と、効率的な放送局運営ならびにエリア拡大のためにも、やってみる価値はあるように思います。






最終更新日  2015/01/27 10:58:31 PM
コメント(3) | コメントを書く
[テレビ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.