1795489 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

枝郎パビリオン

PR

X

プロフィール


音駒枝郎

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

コメント新着

ミッチーバルボア@ Re:私家版「秋田~青森電波相互乗り入れ」案(01/27) 非常に合理的かつ経済的にも最小費用で最…
大石芽依@ Re:宇都宮・二荒山神社(06/21) 田中あさみ 横田亜美
田中優紀@ Re:宇都宮・二荒山神社(06/21) 伊関亜美 浦部春香
大石芽依@ Re:宇都宮・二荒山神社(06/21) 田中梨乃 浦部春香
田中日奈子@ Re:宇都宮・二荒山神社(06/21) 浦部春香 大石芽依
田中あさみ@ Re[1]:宇都宮・二荒山神社(06/21) 痛快TVスカッとジャパンさんへ
宇都宮二荒山神社@ Re:宇都宮・二荒山神社(06/21) 宇都宮二荒山神社
ヒロミ@ Re:私家版「秋田~青森電波相互乗り入れ」案(01/27) 秋田県青森県のテレビ電波相互乗り入れ凄…

サイド自由欄



キーワードサーチ

▼キーワード検索

2015/01/27
XML
カテゴリ:テレビ
日本のテレビ放送は、三大都市圏以外はひとつの道府県を「ひとつの放送エリア」とするが原則です。
但しこれには例外もありまして、北海道は厳密に7エリア(札幌・旭川・函館・室蘭・帯広・釧路・北見),福岡県は2エリア(福岡・北九州)と分かれています。いずれもNHKの放送局の区分けに基づきます。
民放の場合は、経営的観点からと鳥取・島根両県と岡山・香川両県で電波の相互乗り入れを行い、エリアの統合を図っています。

ですがそれでも、すべての都道府県において民放4系列(NNN・ANN・JNN・FNN)の番組があまねく視聴できるわけではありません。
その問題の解消まではいかなくとも、改善を目指す方法として、規制緩和で「部分的な電波の相互乗り入れ」をすべきだと私は思うのです。
そこで、このモデルケースとして、「秋田テレビと青森テレビの相互乗り入れ」が思いつきました。

秋田・青森両県は民放のテレビ放送のチャンネルが3つしかありません。
秋田県/秋田放送(NNN)・秋田朝日放送(ANN)・秋田テレビ(FNN)
青森県/青森放送(NNN)・青森朝日放送(ANN)・青森テレビ(JNN)
日本テレビとテレビ朝日の系列局は両県そろっていますが、TBS系列とフジテレビ系列が片肺です。その、「片肺状態」の解消のため、秋田テレビの電波を青森県で、青森テレビの電波を秋田県で相互に流すというもの。
送信所は両局の設備を交互に使います。新局をそれぞれに開局させるよりも、コストを大きく抑えることが出来るはずです。
秋田県も青森県も、両局の略称も「A」で始まりますし、秋田地区のテレビ欄で青森テレビを「ATV秋田」,青森地区のテレビ欄で秋田テレビを「AKT青森」と表記させれば問題はありません。

文化格差の是正と、効率的な放送局運営ならびにエリア拡大のためにも、やってみる価値はあるように思います。






最終更新日  2015/01/27 10:58:31 PM
コメント(3) | コメントを書く
[テレビ] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:私家版「秋田~青森電波相互乗り入れ」案(01/27)   まちえ さん
秋田と青森、ですか。青森でも八戸市など東部地方では岩手県のテレビを見ている人が多そうですし、秋田でも地元のケーブルテレビでIBCが再送信されている(IBCはかつては秋田市に支局を、現在も八戸市に支社を置いています)ことを考えると、こういう問題は岩手も交えるのが自然と思われますが、青森側としては岩手には頭を下げたくないという事情もあるでしょうか(笑)。青森の北部地方では北海道のテレビを見ている人が多いそうですから、青森ではむしろuhbやTVhの青森進出もしくはケーブル再送信自由化を望む人も多いかと思われますがいかがなものでしょうか。 (2015/01/30 03:24:43 AM)

Re:私家版「秋田~青森電波相互乗り入れ」案(01/27)   ヒロミ さん
秋田県青森県のテレビ電波相互乗り入れ凄い良い考えです。
自分その考えに賛同いたさします。
なんとかならないのかなあ? (2020/08/21 09:51:43 PM)

Re:私家版「秋田~青森電波相互乗り入れ」案(01/27)   ミッチーバルボア さん
非常に合理的かつ経済的にも最小費用で最大効果を引き出すことが可能だと思います。
青森、秋田両県知事が総務大臣に提案すれば、実現可能なのではないでしょうか。
両県民の盛り上がりも必要かと思います。 (2021/02/13 10:05:06 PM)


© Rakuten Group, Inc.