1814815 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

枝郎パビリオン

PR

X

プロフィール


音駒枝郎

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

コメント新着

ミッチーバルボア@ Re:私家版「秋田~青森電波相互乗り入れ」案(01/27) 非常に合理的かつ経済的にも最小費用で最…
大石芽依@ Re:宇都宮・二荒山神社(06/21) 田中あさみ 横田亜美
田中優紀@ Re:宇都宮・二荒山神社(06/21) 伊関亜美 浦部春香
大石芽依@ Re:宇都宮・二荒山神社(06/21) 田中梨乃 浦部春香
田中日奈子@ Re:宇都宮・二荒山神社(06/21) 浦部春香 大石芽依
田中あさみ@ Re[1]:宇都宮・二荒山神社(06/21) 痛快TVスカッとジャパンさんへ
宇都宮二荒山神社@ Re:宇都宮・二荒山神社(06/21) 宇都宮二荒山神社
ヒロミ@ Re:私家版「秋田~青森電波相互乗り入れ」案(01/27) 秋田県青森県のテレビ電波相互乗り入れ凄…

サイド自由欄



キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021/07/09
XML
カテゴリ:スポーツあれこれ

「とろくさい病気」により12ヶ月スライドして開催されることになった東京五輪。しかし最初の目論見とは裏腹に終息の出口が見えないまま開幕期日を迎え、ここにきて「非常事態宣言」により、誰もが望まなかった「最悪のシナリオ」で開幕を迎えることとなりました。
これまで、こんな「歓迎されない五輪」「喜びのない五輪」があったでしょうか。
市井は「中止を」と声高に叫んでいるようですが、期日が迫っている以上は、それはできません。やってしまったら、他の興行も巻き添えで取りやめにされてしまいます。その損失は莫大です。
やるやらないいずれにしても、このままだと、1980年のモスクワ大会をしのぐ失敗に終わります。
もう、だったら、開催地が決まっていない2032年または2036年に、東京は「やり直し五輪」として再び立候補すべきです。
2032年はオーストラリアのアデレードが立候補を検討していますが、他国の他都市は立候補に積極的ではありません。だから、「やり直し立候補」のチャンスなのです。
この頃になれば社会的不安・衛生的不安が解消されるはずです。都内の公園緑地や体育施設の再整備もあらかた完成し、それら施設の活用だけで済みます。また、各所で再開発事業が進み、それらにできる集合住宅を選手宿舎として先行使用できます。当初の目論見であった「低予算五輪」が本当に実現できます。
しかし、この「やり直し五輪」の実現には、興行主であるIOCの「激痛を伴う改革」が絶対不可欠となります。
それについては、また明日語ります。






最終更新日  2021/07/09 10:06:11 PM
コメント(0) | コメントを書く
[スポーツあれこれ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.