1769833 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

枝郎パビリオン

PR

X

全8件 (8件中 1-8件目)

1

空の旅

2017/07/21
XML
カテゴリ:空の旅
福岡からの帰りは、同じLCCであるジェットスタージャパンを利用しました。
IMG_20170721_220459.jpg
同社は、豪州に本社がありオセアニア・東南アジア各地へきめ細かく路線網を拡げているジェットスターグループの日本法人です。カンタス航空・日本航空と協力関係があります。
IMG_20170721_220204.jpg
利用したのは福岡15時15分発の510便。使用機材は出発40分前に到着しました。LCCは少ない機材を効率的に動かすため、折り返し時間を短くしています。その間に清掃と乗客の搭乗を行うのです。手続き締め切りは30分前、搭乗開始は15分前。ターミナルから直接でなく、ランプバスに乗せて搭乗するケースもあるからです。
当てがわれたのは主翼の上にある「非常口座席」。出発前に、乗務員が懇切丁寧に非常口の開け方、誘導の方法などを説明していました。座席に狭さは感じません。
定刻にドアクローズして、離陸。
IMG_20170721_220417.jpg
水平飛行に入ると、機内販売が始まります。内容は軽食・飲料・オリジナルグッズなど。写真は機内販売のメニュー表です。左は飲食物、右は空港アクセスのきっぷ。この便では成田空港からの京成電鉄「スカイライナー」と京成バス「東京シャトル」のきっぷを割引販売していました。
旅の疲れが出たらしく、少し寝ました。
IMG_20170721_220636.jpg
成田には定時に到着、LCC専用の第三ターミナルに横付けされました。
第三ターミナルは配管むき出しの天井など無骨な感じもしますが、非常に機能的な造りです。何より、同じフロアに国際線と国内線が集約され、店舗も充実しているのです。都内から少し遠くても、利用価値はあると感じました。






最終更新日  2017/07/21 11:28:49 PM
コメント(0) | コメントを書く


2017/07/20
カテゴリ:空の旅
今回の福岡への旅では、新東京国際空港(成田空港)からLCC(ローコストキャリア=格安航空会社)を利用しました。
LCCは日本国内で2010年代から登場した航空輸送の業態で、安全対策や事故防止に費用をかける代わりに不必要な部分を削減または別料金化したり、ネット予約・クレジット決済の推進により運賃を既存航空会社より非常に安くしています。
今回は往路にピーチアビエーション、復路にジェットスタージャパンを利用しました。本項では、往路に利用したピーチアビエーションを取り上げます。
IMG_20170720_225037.jpg
ピーチアビエーションは関西国際空港を拠点として全国主要都市と韓国・台湾・香港へ路線を拡げます。成田からは関西・福岡・那覇などへ展開。成田では専用ターミナルである第三ターミナルではなく、第一ターミナルから発着します。
第一ターミナルの国際線部分は狭く、閑散としていました。チェックイン端末から荷物検査場を経て搭乗ロビーまで、距離があります。それでも、搭乗開始時刻までには乗客が集まってきました。
IMG_20170720_225152.jpg
搭乗の便の出発予定は9時ちょうど発ですが、折り返しの遅れがあったのか搭乗開始は8時50分。ドアクローズも15分ほど遅れました。程なくして離陸。
機材はエアバスA320型で、座席は革張りの3人がけ。音声番組・動画番組の設備はありません。座席の間隔は在来線特急の普通車より少し狭いくらい。何かしら飲食をして外を眺めるか眠るだけですから、そんなに問題はないと思います。
IMG_20170720_225248.jpg
軽食や飲料は有料。水平飛行に移ると、ワゴン販売が2往復して、さまざまな飲料水や軽食などを売ります。また、福岡空港から北九州・佐賀・久留米へのバスの片道割引きっぷや西鉄バス福岡市内1日券,九州内の路線バスや高速バスが何度でも利用できる「SUNQパス」も販売。逆に成田へ向かう便では京成スカイライナーの片道割引きっぷも販売しており、非常に便利です。
IMG_20170720_225325.jpg
少し寝ながら、2時間近いフライトは過ぎ、ほぼ定刻に福岡空港に到着しました。到着時のアナウンスの「みなさま、ほんまに、おおきに」が、関西空港を拠点とする会社らしい。
久しぶりの福岡空港は、大規模な工事の最中。少し混乱しました。ここから地下鉄で、博多駅を目指します。
明日は復路に利用したジェットスタージャパンを。






最終更新日  2017/07/20 11:50:54 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/05/16
カテゴリ:空の旅
7月18日のSB対西武(福岡ドーム)の観戦旅行ですが、ひとまず往復の飛行機が決まりました。
【往路】7月18日・成田09時00分発ピーチアビエーション(福岡到着は11時05分)
【復路】7月19日・福岡15時15分発ジェットスター(成田到着は17時10分)
今回はLCCというものを初体験します。両方とも6千円台で取れました(後者は別途決済手数料が500円かかります)。
久しぶりの福岡も楽しみですが、LCCがどんなものか体験できるのかも、楽しみです。






最終更新日  2017/05/16 11:19:54 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/08/18
カテゴリ:空の旅
過日、仕事で宮崎まで行きましたが、そのさい羽田06時55分発ソラシドエア0051便を利用しました。その様子を少し写真に収めましたので、ご覧いただきたく。
羽田空港ランプバス
出発30分前にターミナルに到着して搭乗手続きを済ませ、荷物検査場の優先レーンを通過してランプバスに乗ってターミナルから離れた場所にある飛行機へ向かいます。
ソラシドエア0051便
乗った機材はボーイング737-800型。「くまモン」のラッピングがしてありました。
ソラシドエアは熊本県阿蘇山の環境保全活動を支援しており、その一環としてラッピング機を飛ばしています。
定時10分遅れでドアクローズして出発。沖合滑走路から離陸しました。
夏雲1
夏雲2
離陸して約5分で、曇り空から雲を突き破って青空へ。地上からでは見られない様々な形の雲が、目を釘付けにします。
ソラシドエア機内スープ
機内サービスのスープ。コンソメではなく、長崎県特産のアゴ(飛び魚)の出汁を使用しています。アゴ出汁の香ばしい香りのなかにほのかに柚子の香りがして、美味。

飛行機が土佐湾から日向灘の上空に入ると着陸態勢に入ります。雲ひとつない青空になりました。
宮崎空港
宮崎空港に着いたのは08時35分。
同空港は初利用です。
ここからJR宮崎空港線に初乗りして市内へ行きたいところですが30分待ち。急ぎの荷物を抱えていたのでやむなくタクシーで市内へ向かいました。

宮崎空港線は再び仕事でやってくる機会があれば、乗ることになるでしょう。






最終更新日  2014/08/18 10:55:04 PM
コメント(0) | コメントを書く
2012/06/07
カテゴリ:空の旅
日本のLCC(ローコストキャリア=格安航空会社)の草分けであるスカイマークエアラインズ(以下『SKY社』)が打ち出したサービス方針が、大きな社会問題になっているのはご存知の通りと思います。
このサービス方針、分かりやすく言えば、乱暴に言ってしまえば…

安さのためなら親切な態度はとらない、
嫌でも我慢しろ!文句も言うな!

の、一言に尽きます。無表情,無敬語,介助や補助をしない…とんでもない話です。しかも文句も言わせないなんて言語道断です。余りに威圧的で、利用者を人間ではなく、物体としか見ていない。
おまけに、
「客室乗務員は保安要員なので、私語をしても問題ない」と来た。
こんな論法が許されるとは思いません。僕は接客を伴う仕事をしていますが、常日頃「相手がどう思うか考えて対応と行動をせよ」と教えられています。SKY社はいったい、どんな社員教育をしているのでしょうか?
僕も昨年9月、東京羽田~北九州便に搭乗したのですが、接客態度は良いほうでした。JRの在来線特急並みのシートピッチや、ドリンクが有料などは我慢できますが、折り返し便の遅れで出発が深夜になってしまったことや飛行中「ドン・ドン!」と縦揺れがあったのがマイナスイメージとして残っています。
そうして今回のサービス方針の発表ですから、正直言って、憤慨しました。

航空輸送にとって、親切で丁寧な接客は、安全運航と並ぶ生命線であり、安い運賃で利用を増やすために削ることが絶対に許されない部分であります。
親切な接客は安全運航を目指す真剣な姿勢を透視します。乗客ひとりひとりに気を配り、目を配る。それが、「生命を預かる」姿勢なのです。

SKY社は安い運賃のために社員教育に対するコストを削ろうと考えたのでしょうか?社員教育は親切な接客を身につけさせるだけでなく、緊急時の脱出の方法も教えさせなければいけません。それを削るということは、「危険運航の容認」につながります。そのような認識につながるのは、当然です。
SKY社はこれまで、運行トラブルの多発や乗務員の超過勤務や拘束など、様々な問題を起こしてきました。そのなかでこのようなサービス方針を打ち出したことは、狂気です。
先日、度重なる運行トラブルを受け先ごろ国土交通省に「業務改善計画」を提出したのですが、サービス方針のことを考えると「国の命令にそむくことができないから仕方なく適当な言葉を並べて文章を作って提出した」という姿勢が見え見えです。
「安ければ、たくさん乗ってくれれば万々歳」という考えに傾倒しているかのようです。そうとしか思えません。
事故が起きたら、「勝手にしろ」と言い放って介助もせず、乗務員が一目散にトンズラするでしょう。そうに決まっています。

こんな、利用者と安全を無視した傲慢経営を強行する会社は、近いうちに社会的制裁を受けます。
客離れを起こし、赤字が膨らみ、経営が行き詰って、つぶれるでしょう。
これだけは、言っておきます!!

格安航空&LCC完全ガイド 格安航空辛口 (100%ムックシリーズ) (単行本・ムック) / 晋遊舎税込み580円

LCCの使いかた 得する格安航空旅行【RCPsuper1206】税込み1,500円
↑お求めは楽天市場へ↑







最終更新日  2012/06/07 11:27:01 PM
コメント(0) | コメントを書く
2011/11/06
カテゴリ:空の旅
金曜日夕方に、急きょ大分への発送依頼がありました。
そこでソラシドエアと大分空港を初体験しましたので、そのご報告を。

会社から大分行きの依頼を受けたのは15時過ぎ。そこで指定されたのが羽田17時40分発・ソラシドエア95便でした。
15時50分発の全日空197便では間に合わず。ソラシドエアの15分前に日本航空1791便も飛んでいるのですが、正規運賃が割安だから…という理由で指定されたのでしょうか。預金を下ろして携帯で予約を取り、京浜急行で羽田空港へ。運賃は空港で支払いました。
ソラシドエアは地域型のLCC(格安航空会社)のひとつ。宮崎を拠点に九州南部の空港から東京と那覇へ路線を飛ばしています。今夏より、これまでの「スカイネットアジア航空」から改称されました。この会社を利用するのは「スカイネットアジア」時代から数えてもはじめてです。
111104_1708~01.jpg
95便は第二ターミナルの北側にある51番ゲートから出発します。全日空との共同運航便です。
111104_1724~01.jpg
機材はボーイング737-400型。塗装はスカイネットアジアのものでした。
なおこの先、機内で撮影した写真がありますが、すべて携帯電話内蔵のカメラで撮影したものです。使用規制があるため電話機を「電波オフモード」にして、水平飛行のさいに撮影しました。

定刻の17時40分に出発。ビデオもオーディオもないため非常設備の説明はすべて「CAの実演」です。新しくできた沖合滑走路から離陸、大きく旋回して明りが輝く横浜市街地や相模原市,甲府盆地・諏訪盆地・伊那谷・濃尾平野・琵琶湖の上空を飛行します。
座席のリクライニング角度も小さく、まるで在来線特急の普通車のようです。以前北九州へ行くときに乗ったスカイマークエアラインズのボーイング737-800型も同じでした。実利一辺倒な印象です。
111104_1807~01.jpg
それでもしっかりした機内誌を発行し、サービスドリンクも充実していました。
111104_1815~01.jpg
サービスドリンクはコンソメスープをチョイス。飛行機に乗ると必ずスープを選んでしまいます。
岡山市上空で少し眠り、広島県西能美島上空で目覚め下降を始めます。高度を下げるにつれ厚い雲にぶつかりました。その中を突っ切ると国東半島の海岸沿いの集落の明りが見え、海岸を埋め立てて造られた大分空港に着陸しました。飛行機がスポットで停止しドアが開放されたのは19時25分。定時より早着でした。
111104_1928~01.jpg
ここで預けていた荷物を受け取ります。荷物が運ばれるベルトコンベアには、なんとお寿司のハリボテがランダムに置かれていました。お届け先へ急ぐため、ターミナルを見ずに大分駅前行きのバスに乗ります。

21時30分に任務を遂行し、大分市内で1泊。
明くる5日の一番機である7時45分発日本航空1782便で戻ります。
任務を終え日付が変わらないうちに携帯サイトで予約したので、予約割引である「前売り1」が適用され割安で乗れました。
5時半にホテルを出て6時発のバスで駅前を出発。別府北浜や亀川、杵築で乗客を拾い7時に空港に着きました。
111105_0700~01.jpg
111105_0716~01.jpg
空港ターミナルはカマボコ型の屋根が特徴的でした。
1782便の機材は旧日本エアシステムから引き継いだダグラスMD-90型。新幹線0系のような前頭部が特徴的です。残念ながら復活した「鶴のマーク」ではありませんでしたが…

雨が降りしきる大分空港を定刻に出発。あてがわれた座席は「クラスJ」との境目にあり、足元が幅広でした。
2011_11_04_JL.jpg
サービスドリンクも豊富で、最初はコンソメスープ(左)、次は「スカイタイム」(右)を選びました。「スカイタイム」はシークワーサー果汁が入っています。
JALスープ【ビーフコンソメ】お徳用10袋入り税込み480円
↑お求めは楽天市場へ↑

しばらくは白い雲の上を飛び続け、房総半島が見えたところで晴れてきました。
羽田到着は定時よりも早い9時7分。ターミナルには横付けされず、バス移動となりました。
さて、このつぎは、どの街へ飛ぶことができますか…

大分県の名産品は楽天市場へ↓
やせうま税込み580円

NEW! フンドーキン 新和風かぼすドレッシング 190ml税込み370円

大分県へのお出かけは楽天トラベルへ↓






最終更新日  2011/11/06 07:15:14 PM
コメント(0) | コメントを書く
2011/10/25
カテゴリ:空の旅
2008年以来になりますが、飛行機(旅客機)のフライトの話を。

これまで枝郎は「全国のすべての空港の制覇」という途方もない目標に向け、これまでに、
新千歳・函館・東京羽田・伊丹・関西・鳥取・広島・高松・高知・松山・北九州・福岡・熊本・鹿児島の14の空港を利用してきました。
そして昨日、急な出張で金沢へ向かうこととなり、会社の指示で全日空を利用。その結果、金沢に程近い小松空港を初利用することになりました。今回はその土産話をば…

都内で金沢まで運ぶ荷物を引き取り、羽田の第二ターミナルに着いたのは13時近く。空港へ向かう途中に携帯で調べたら13時00分発の日本航空1279便に乗れると思っていたのですが、結局は間に合わず2時間以上あとの全日空755便に乗る羽目になりました。
「これじゃあ列車のほうが早かった」と思いつつチケットを買い、荷物を預け、手荷物検査を受け制限エリアへ入り、搭乗開始を待ちます。
111024_1438~01.jpg
搭乗した機材はボーイング777-200型。この写真は新しい携帯電話で撮影しました。カメラ機能の性能は抜群のようです。
普通席2列目の窓側の中央に座り、ほぼ定時に出発。北西の方向へ向けて飛び立ちます。厚い雲を抜け水平飛行に入ると、南側に富士山が見えました。下界の様子はわかりませんが、おそらく秩父山地・長野県松本・岐阜県高山の上空を通ったようです。

やがて下降を始め、飛行機は一旦日本海に出て右へ旋回。能登半島へつながる海岸線と河北潟,金沢・野々市市街地を眺め小松空港へ着陸しました。
小松空港は自衛隊と兼用ですが、残念ながら自衛隊のエリアは逆方向にあり、見られませんでした。
飛行機は6番スポットで停止し、ほぼ定刻より少し遅れて16時08分頃ドアが開けられました。
お届け先へ急ぐ必要があったので荷物を引き取ってタクシーに乗り、戻りもかなりタイトで日没後だったのでターミナルの外観は撮れませんでしたが、出発ロビーの一部分は撮ることができました。
111024_1907~01.jpg
ターミナルは割と小さめの印象です。地方空港のなかでは発着回数が多い部類に入りますが…
帰りは19時50分発全日空760便。当初はボーイング767-300型を使用する予定でしたが急きょ何と、ボーイング777-200型の国際線仕様に差し替えられていました!
この機材にはシートテレビがあるのですが、残念ながら動画番組の放映はありませんでした。このため出発時に流される「非常設備のご案内」の動画はなく、CAによる「実演」となりました。ボーイング737やエアバスA320ならまだしも、大型機材で「実演」とは、見たことがありません。ただし音声番組は10種類以上(国内線は通常8種類)ありましたが…

こちらも定刻19時50分に出発、羽田には定時より早く20時50分に着きました。
ただしターミナルまでバス移動でしたが…

今回のとんぼ帰り出張飛行は、珍しいものを見せていただきました。

全日空のグッズは楽天市場へ↓

 ハセガワ 旅客機シリーズ 1/200 4 全日空 B777-200税込み1,323円

立川志の輔 / 昭和のいる こいる / 三遊亭遊雀 / 笑う全日空寄席1 【CD】
税込み1,801円
全日空を使った旅行なら楽天トラベルへ↓







最終更新日  2011/10/25 10:24:41 PM
コメント(2) | コメントを書く
2008/07/20
カテゴリ:空の旅
7月13日、関西へ小旅行をしました。
実はその帰途に関西空港からスターフライヤーを利用してみました。

スターフライヤーは北九州空港を拠点にする新興航空会社のひとつ。北九州~東京羽田間で早朝から深夜まで多数運行しています。
昨年から東京羽田~大阪関西間でも運行を開始。安さと興味から、利用を考えた次第です。

スターフライヤーには、前日までに予約すれば安くなる「STAR1」という割引運賃があります。
僕が乗った日の関西発最終便・19時25分発の0028便は11,000円でした。
東海道新幹線「のぞみ」の正規運賃+普通車指定席料金が14,050円ですから、市街地~空港間の電車代を含んでも新幹線に比べれば安いものです。

さて、大阪市内から「関空快速」に乗り、18時すぎに関西空港に到着。ターミナルには独自のカウンターが設けられていました。予約&支払いに使ったカードを示し予約情報を確認して荷物を預けると、このような「搭乗案内書」が渡されました。
sfj_annai.jpg
全日空と同じ形状。裏面にはバッチリ「ANA」の文字がありました。
荷物検査場と搭乗口で案内書に刷り込まれた「QRコード」を読み取らせる仕組みで、全日空と同じです。全日空による経営支援の一端が窺えます。

手荷物検査を終え、搭乗待合の軽食売店の「そばめし」で軽い夕食を食べ、0028便の出る17番スポットへ。
sfj_01.jpg

sfj_toujou.jpg
A320型の黒い機体は非常によく目立ちます。搭乗案内があり、いよいよ機内へ。出迎えたCAには、男性のかたもいました。国内線では、見たことも聞いたこともありません。
中に入ると黒い革張りの座席が並びます。シートピッチは他社より広く取られています。また、機内サービス用のシートテレビもついていました。
sfj_02.jpg
全日空もA320型を保有していますが、シートテレビはありません。
定刻より少し遅れてタキシングを開始、シートテレビによる非常設備の説明が終わると離陸、ぐるりと旋回して夕暮れの泉南や和歌山の町並みを見下ろしながら高度を上げます。シートテレビでは飛行機の現在位置も分かるので、重宝します。
ドリンクサービスは数ある中から夏期限定の「IZZEアップル」をチョイス。炭酸が程よく効いていました。ちなみに地元のショッピングモールの酒屋にもありましたが1本315円!けっこう贅沢なドリンクです。
楽しんでいるうち飛行機は下降を始め羽田空港に着陸、ですがターミナルから離れたスポットに定時より4分遅れの20時39分に駐機。そこからバスでターミナルビルへ向かいます。
ターミナルビルが2つになってから、バス輸送は解消されたと思っていました。まだ残っていたんですね。
真っ暗な通路をクネクネ進むこと10分、ようやく第1ターミナルビルに着きました。
羽田でのバス利用というハンデはありますが、コスト・質とも合格だと思います。また、利用したいです。







最終更新日  2008/07/20 09:16:55 PM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全8件 (8件中 1-8件目)

1


© Rakuten Group, Inc.