217927 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

PR

カレンダー

プロフィール


gagaga28

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >

武術関連

2008.05.01
XML
カテゴリ:武術関連
久しぶりに武友と対面。

いや~半日つぶしてあったかいがあった。

相変わらずキレてる。

本人の言う遅い動きは私にはとてつもなく早い~。

気の運用についても話してくれるが、良く分からん(苦笑)

「前に出しておいて、さっと後ろへやる。 だから相手を見なくても出来る。」

↓こっちは確かにそうなんだけど・・。
「考えちゃうからだめ。考える前に動く。動いたほうが早い云々・・・」

自分よりはるか上の人間と居るとそれだけで良い稽古になるわな。


久しぶりに獰猛な拳法もみせてくれた。相変わらず、こ・こわい。こういうのはカルチャースクールではやんないほうがいいかも、という話になる。

中国武術が好きだが、最終的には上原清吉先生のような舞のような動きをやりたいそうだ。
八卦掌の円の動きの応用など、色々考えているよう。

流れるような、ではなく、彼はパッパパパッという動きが得意。

受けてもどうもイメージが違う。

それらは今後の課題。
次回会うのが楽しみだ。どんな動きを見せてくれるか。








最終更新日  2008.05.02 00:30:20
コメント(2) | コメントを書く
2007.11.18
テーマ:合気道。(537)
カテゴリ:武術関連
某公園で稽古してまいりました。
転勤族で、全国各地の道場に約5年づつみっちり通うといった形で合気道・合気柔術を学んできた方の教えを受けてきました。
いやーすごかったです。
道場を持っててもいい位のレベルです。
実力がない人さえ道場を持ててることを考えると実にもったいないです。
しかも、彼の呼びかけで地方から稽古に来る人もいるというからすごいものです。好きな人は、ホント、好きなんです。

いわゆる合気上げ、下げ、後ろ手捕、胸捕、四方投げ、人差し指での崩し・投げ、小指を持たせてのもの。
また、お互い歩きながら接触した刹那に合気をかける、突で崩す、寝た状態での指合気、等々。

あそこまで自由自在にされると、それを楽しむしかないでしょう。
途中左手が犠牲になりましたが、それをさし引いても参加して良かったと思える幸せな半日でした。


もう1つ、うれしいこと。
久しぶりに電話があり、尊敬する方に近々会えることです。楽しみです。













最終更新日  2007.11.21 09:10:25
コメント(2) | コメントを書く
2006.07.05
テーマ:空手道(635)
カテゴリ:武術関連
カイロプラクティックを学ばれている知人より教えていただきました。

古武術研究家 甲野善紀氏のTV講座が7月10日より始まるそうです。

月~木
午後9時25分から9時半

4週間 計16回

後半は介護関連についても紹介されるらしいとのこと。

テキスト 630円。

紹介していただいた事もあり、私は見ようかと思います。

皆様はいかがですか。







最終更新日  2006.07.07 01:58:04
コメント(10) | コメントを書く
2006.06.08
カテゴリ:武術関連
武友の1人である森田たかしさんが、ミクシィデビューを果たした。
トップページのセミナー案内でも彼のことを紹介しています。
才能の有る方です。

マイミク登録してありますので興味のある方は彼の日記をご参照ください。






最終更新日  2006.06.09 00:33:24
コメント(2) | コメントを書く
2006.05.13
カテゴリ:武術関連
明日(正確には今日の昼)、である。
いつも一人だけ先に行ってしまい、私の成長が追いつかない。
うらやましいとともにうれしいことだ。
彼には(他にも何人かいるけれど)、きちんと世に出てもらいたいと思う。

もう彼のいうことの9割以上の話がわからない。
彼の動きもわからない。まねできん。
ただすごいことだけはわかる。次元が違う。

楽しみというより、どう評価されるかおっかないというのが正直なとこである。

かつて治療系の分野にもかかわろうとしていた彼が、又現在そちらに目を向け始めている。

武術でも手技でも優れた人物についていたこともあり眼も肥えている。

ジム師のプログラムの頃の天籟も知りながらあえてクラニオワークを学ぶことを良しとせずにいた人物だ。もちろんそのころの天籟講師とそのワークに対する印象は非常にいい。

彼は常に変化を求め、急速な成長を遂げた。

私はあえて今の位置にいる。

人間が変化を受け入れさえすれば、その可能性は無限のものともいえそうだ、と思わせてくれる人の1人だ。

でもあうの、こわいな~(自分より年下なんなんだけどね。)









最終更新日  2006.05.14 02:27:42
コメント(7) | コメントを書く
2006.02.19
テーマ:合気道。(537)
カテゴリ:武術関連
有名な流派です。
武田惣角師を中興の祖とし、一方で合気道にも大きな影響を与えたといいます。
さて大学生のとき知人がこの流派をやっておりました。
大東流も弟子や孫弟子の時代となり色々と分かれています。
そのうちの1つで松田師範の系統の方のところへ入門していました。
非常に内面の感覚を重視するやり方で面白かったです。
まだ入門したてといったところで完全に崩されたではありませんが、ほとんど決まっていないかの様に見える腕を一気に下に持っていかれたのは面白かったです。
手首肘肩~をつなげるという表現をします。
しかし別に関節をとられたわけでもなく触れられた感触があるのみです。
繋がりを感じて、それを保ったまま崩します。
相手の手の中に均等に圧をくわえていくといいます。
頑張ろうが頑張るまいがかかわらず、同じ程度で崩されてしまいます。
突然思い出したので書いてみました。

整体勉強会のところでも崩されたりしましたが、こちらではあえて相手につなげるというのではなくひたすら力を抜き軟らかく動きます。
こちらが無駄な動きをしていなければ、勝手に相手がつながってしまうわけです。稽古ではひたすら無駄な力の抜き合いとなります。

どちらも面白いものでした。
人の体というのは色んな可能性が広がっているものです。






最終更新日  2006.02.20 14:47:53
コメント(8) | コメントを書く
テーマ:合気道。(537)
カテゴリ:武術関連
友人からの電話。
セミナーの日にちはまだ決まっていない。
今月上京の予定あり。

又進化した姿を見せてくれるそうな。
楽しみである。
見た目はやい異質な動きがどう変わっているのか。
対刃物であることを前提とした動きを学んだ彼は今では、又違うところにある、と本人は言っている。

間合いをするすると詰め、沈みながらあがってくる動き。
どうやりゃ、出来るんだか。

見た目にだまされると痛い目を合うであろう。
若いがとにかく面白い人物だ。






最終更新日  2006.02.20 14:46:49
コメント(0) | コメントを書く
2006.02.08
テーマ:空手道(635)
カテゴリ:武術関連
知人が行う武術関連 講習会の紹介です。
興味のある方は一度行ってみてください。

「武術」を評論・論評・批評する会

無料講習会・出張講習等開催します。

詳しくは下記連絡先までご連絡お願いいたします。

連絡先 090-7228-2065


主催者プロフィール

森田たかし
 柔道、合気道、少林寺拳法、居合道、大東流合気柔術、為我流派勝新流柔術、無比無敵流杖術、柳生心眼流 等を学んでいます。
 
振武館( 駒川改心流剣術・民弥流居合術・椿木小天狗流棒術・誠玉小栗流活殺術を伝承)
 全日本中国拳法連盟(故佐藤金兵衛氏主宰 柳生心眼流、大和道、中国武術、大東流合気柔術等伝承)にても、学んだ経験があります。

連絡先 090-7228-2065






最終更新日  2006.02.13 10:17:29
コメント(2) | コメントを書く
2005.12.24
テーマ:合気道。(537)
カテゴリ:武術関連
肩幅に開き足を平行にそろえた状態でうまくできません。
逆ハの字自然につま先が開いた状態でなら少し動けるのですが。

身体を沈めると両足が浮く、その間自由に動ける状態、までを目指しています。

黒田師範、甲野さん、自成道の時津師範、聖二天一流体術憲法の柳川師範他、有名無名の方々がなしえている体撒き・・・

まだまだ時間がかかります。

・なんば。
私の学ぶ柔術でも同側の手足が出ることを基本としています。
あまり膝は曲げません。
ここでももちろん良い姿勢であることが重視されます。
先代は歩くのが異様に速かったと聞きます。周りが走っても追いつけないくらいだったとのこと。
前傾の姿勢にて転がるように・・という先代からの門人の話でした。

沖縄に伝承される古武術、本部御殿手においては膝を曲げない状態でいわゆるなんば歩き(同側の手足が出る歩法)ををするようです。つま先からの着地と踵からの着地があります。
極意という雑誌にて「所詮なんば歩き、一本足ででていくのだ」というような記事を読んだ記憶があります。







最終更新日  2005.12.24 16:04:08
コメント(5) | コメントを書く
2005.12.16
テーマ:合気道。(537)
カテゴリ:武術関連
秘伝1月号を読んだ。
大東流柔術六方会、岡本正剛師の動きを高速度撮影で捉え解析しようというもの。
岡本師自身による説明、日野武道研究所を主宰する日野晃師による解析、主に野口整体を学び、武術とあわせて「ジパング ボディ システム」による新感覚身体論を唱える河野智聖師による解析がなされており、読み応えのあるものだ。

合気道、合気柔術関係者のみならず、武術を学ぶ人たちすべての上達へのヒントになると思われる。

http://www.bab.co.jp/hiden/(まだ更新されていない)

自称、武術研究者の友人と電話で話をする。
今後のこと。
稽古をどこでやるのか、お金いくらとるのか、宣伝方法など。
細かいことは来年に持ち越し。私が主宰するわけでないので適当なことばかり言ってみる。
彼ぐらい人間を扱えるならボディーワークか手技療法家にも向いていると思う。果たして彼もその道も考えているようだ。
今後が楽しみである。






最終更新日  2005.12.16 21:24:43
コメント(4) | コメントを書く

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >

お気に入りブログ

川村歯科・かみ合わ… keepsmile-erinさん
Baucafe  … ばう犬さん
ブログのフロク ジェシー17さん
☆虹のわ。。☆。。。… ☆虹のわ。。☆。。。さん
 「つだっち」の-15… 魔法の手「つだっち」さん

カテゴリ


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.