221347 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

PR

カレンダー

プロフィール


gagaga28

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

全79件 (79件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

健康

2009.08.10
XML
テーマ:合気道。(538)
カテゴリ:健康
先月は氣の活用半日研修に行ってきました。
皆驚嘆の声笑い声が絶えず、とても良い雰囲気でした。

会社経営にかかわりある武道の有段者で長くやっておられる方は、「関連のいろんなセミナーにも出ているがここほどわかりやすくすぐ教わったことを体現できたことはない。」というような感想を述べておられました。

人間ブリッジは時間とイスの関係で、今回もありませんでした。

どうしても体験したかったこともあり、一昨日と昨日朝、友人に協力してもらい、挑戦。

イスとイスの間隔をあけそれぞれに肩までと、足を乗せ仰向けに。このときに1点なり、重みなりをチラッと意識しておきます。

結果、70キロと90キロに座られてもつぶれることはありませんでした!。
座られたままでもほとんど重さを感じず、普通に会話できます。

大丈夫だろうとは思っていましたが実際できると楽しいものです。
今度は何人くらいまで平気か試したみたいですね。







最終更新日  2009.08.11 13:41:26
コメント(5) | コメントを書く
2009.04.24
カテゴリ:健康
5/3 誇張法セミナー

5/10 JACO高崎

5/24 はとからだの患者会 シンポジウム

5/31 JACO板橋


※今月はもうセミナー停止状態・・・。

ま○は先生、来月こそよろしくお願いします。
今月の板橋24日休みます。すみません~。






最終更新日  2009.04.24 23:18:14
コメント(14) | コメントを書く
2009.02.19
カテゴリ:健康
日本で英国のアロマテラピーの姉妹校として活動されている Nature Care さんのところで栃木テレビの撮影があり、そこで丁度来日されていたオステオパスのRobert先生が紹介されたそうです。

http://manualtherapyinternational.com/peter.html
ロバート先生のプロフィール(英字)

詳細は Nature Care さんの日記へ!
http://naturecare.exblog.jp/

「とちぎ発! 旅好き!」という番組です。
放送は、3月12日 木曜日 20:00~20:30
再放送 3月14日 土曜日 9:30~10:00

他にも、テレ玉・群馬テレビ・東京MXテレビ・サンテレビ兵庫・チバテレビ・KBS京都でもそれぞれ放送があるそうです。

※ Nature Care さんがTV放送予定を教えてくださいました。
以下のとおりです。

テレ玉      3月13日13:30~
群馬テレビ    3月16日22:00~
東京MXテレビ  3月17日14:00~
サンテレビ兵庫  3月18日18:30~
チバテレビ    3月19日 8:30~
KBS京都    3月19日14:30~






最終更新日  2009.03.13 21:20:49
コメント(3) | コメントを書く
2008.12.28
カテゴリ:健康
痛みの専門医の1人で、心療整形外科(詳しくは先生の日記http://junk2004.exblog.jp/8301981/)を標榜しておられる加茂淳先生が本を出します。

「トリガーポイントブロックで腰痛は治る! 」
加茂整形外科医院院長 加茂 淳 (著) 1,575 (税込)

1月中旬発売予定
アマゾンで予約できます。

加茂先生には、私の父もお世話になりました。

今からン年前、実家で暮らしていた母からの電話で、父が腰痛・下肢痛・痺れに悩まされていることを聞きました。
歩行もままならず、夜就寝するときも痛みに耐え、また痛みで夜に目が覚め・・・。

後から聞いたのですが、家庭崩壊の危機であったようです

私も経験がありますが痛みなどで辛いときはどうしても氣が短くなり周囲のものに当り散らしてしまいます。其のことで反省して落ち込み、症状が辛くなることでまた自分自身に怒り、誰もわからないのかと周囲に怒り悲しみ・・・日々をすごす。
父の其の辛さのはけ口は当然日々一緒にいる母に向かっていました。

そして病院では脊柱管狭窄症による坐骨神経痛とされ、神経根ブロック・硬膜外ブロックによる治療を受けた様ですが、良くならず。

東京に住んでいた私は其の少し前に、このブログをリンクしていただいている、心と体の痛みのお部屋  慢性疼痛海外治療体験記HPの作者エリーさんの主催したオフ会で加茂先生の人柄・治療のことなど聞いていたこともあり、迷わず加茂先生の診療を受けることを勧めました。

電話から数ヶ月。
加茂先生のHPを読み、私の勧めもありながら今1つ納得の行かなかったらしい父は、とうとう辛さに耐えられなくなり受診いたしました。

加茂先生の診断は臀部から下肢にかけての筋筋膜痛症候群。

初回のトリガーポイントブロックによって「痛みや痺れは6割以上なくなった。」とは後から聞いた父の言葉。

一回で完治とは行かず、トリガーポイントブロック、マッサージ、薬の処方によって半年で父は元氣になりました。
そのときはまだ少し痺れがあったそうで歩行時軽く引きずっていました。
しかしもう現在はそれもありません。

自身でも積極的にリハビリに励んだようで、海岸へ石拾いに出かけたり、魚釣りをしたり、散歩を日課にしたり。

現在は以前と変わらず庭の手入れや様々な趣味に没頭している毎日と聞きます。

加茂先生は、保険医として日々大勢の患者さんと接しています。
そのような中にあって、「筋痛症に対してトリガーポイントブロックはなくてはならない手技」、と述べておらます。

また、『慢性痛は「筋肉の硬化gel化」「脳の可塑的変化」との戦いですから、トリガーポイントブロックは戦略カードの一つ』と考えておられ、他の療法を否定してはいません。

この世の中にあって、常に患者様主体で考えて治療を実践し、新しい知識を学び続けておられます。
すばらしい医師のお一人として尊敬しております。











最終更新日  2008.12.28 12:46:33
コメント(2) | コメントを書く
2008.12.14
テーマ:合気道。(538)
カテゴリ:健康
11月22日は、町田のほうにある氣の活用コムの半日研修に参加してきました。
日本の武道・合氣道から投げ技をのぞいた、日常生活に応用できる姿勢・所作等ついて、またその時の意識の持ち方を学びました。

それらは古来より「氣」の付く言葉で表現されていたようです。

またその状態を心身統一、心身一如とも。

氣の活用コムは、代表である岡村先生が自身の会社の社内研修として行ってきた内容を、会社を辞められNPO法人として企業・一般向けに半日の研修で学べるようにしたもの。

その内容は、心身統一合氣道会(旧 財団法人 氣の研究会 )で教えられている心身統一道の教えです。

心身統一の4大原則
臍下の1点に心をしずめ、統一する。
全身の力を抜く
身体すべての重みを、その最下部におく
氣を出す

これらはどれか1つさえできればほかも必然的にできているもので、その場の自分にあわせたものを用いればよいといいます。

この原則を学んだのち、呼吸法や、座位・立位での心身統一状態のとり方、そして日常・職場への活用法を学びました。

創始者である藤平光一先生や奥様の書籍を読んだことがあり非常に関心を持っておりました。
今回参加することができて書籍にはない内容や、こちらの勘違いなどもわかりよかったです。

教職にあり教育の現場で氣の活用を広めておられる栗田和悦先生も来ておられ、手当てにて職場のぎっくり腰の方の痛みを治めてしまった体験などを聞かせてくださいました。

非常に有意義な体験でした。







最終更新日  2008.12.18 19:57:32
コメント(0) | コメントを書く
2008.11.05
カテゴリ:健康
齊藤孝先生の著書、何でも健康法を久しぶりに読み返しました。

忙しくて休むこともママならないしんどい思いをしている方にお勧めの一冊。


以前、紹介した事のある身体技法、続けているのかある方に聞いたら時間がないという。

逆なのだが・・・

時間が無いから、仕事しながら、もしくは合間にちょっと数分でもやっておけばいいものなのだ・・・

歩く間、床について寝るまでの間などにも出来ること。

そんなものでも繰り返さないと上達はしない・・・






最終更新日  2008.11.06 00:29:54
コメント(4) | コメントを書く
2008.10.21
カテゴリ:健康
・・・・・形をみせ、そして感じは伝えることができる。
・・・・・それを下手でも良いから積み重ねていけるか。

下手とダメでは大きな隔たりがある。






最終更新日  2008.10.21 21:42:47
コメント(0) | コメントを書く
2008.10.06
カテゴリ:健康
呼吸とか、心音とか、体液循環とか、・・・ただ、感じるだけ・・・観じるだけ

そうするうちに深い呼吸が起きてくることがある。
ハラの底からわきあがるような・・・

おなかと胸郭が大きくゆったりとたてと横に動いていく呼吸・・・


ヨギなど瞑想状態にて軸を確立して来た人は、そうやって心身の緊張をほどき、日常にかえってきたのかな?

深い呼吸を導く?うーん誘導でもないのだが、全身を触れることでそういう状態になっていく治療やワークがいくつかある。

たとえば天籟で学んだクレニオ・ワークやバイオダイナミクス等がそうだと思うがやってきたことをいまいち説明し切れないところがあった。

大場先生の著作「身体呼吸療法の奥義を語る」、はそんなこれまでの学びを見直す良いきっかけになっている。

呼吸の深くなる、前後のその間で質感が変わっていく・・・そして呼吸が深くなったときに触れていた胸郭が驚くほど大きくやわらく動いていく。

その時の気づき、驚きを口にする方もいればそうでない方もいる。

単に症状の変化を口にする方から

意識がクリアになっていくと表現する方、体が浮き上がっってまたもとの所に戻ってきた、透明になった、

身体感覚の鋭い方は何処の何番あたりがとか、何筋がとか・・・
軸や丹田、チャクラが・・・という方もおられる。

人それぞれ。

1回で劇的変化をおこそうとしているわけではない。

その時のその方の状態によって変わっていく。

無理を強いない、これらの療法やワーク、やはり学ぶ価値の高いものだ。

うちあんまりメジャーでない
身体呼吸療法は

仙台と名古屋と東京、あたりで講習会をやっているようだ(今後行ってみたい、というかいくことになるんだろうと思う)。
マニュアルメディスン研究会 http://www.manual-medicine-jp.org/index.html

よりマイナーかもしれない天籟のワークは
東京、伊豆での講習会

東京と山梨での講習会の時に感覚を育ててもらっている。その時の教えによって今があるようなものだ。
また、先へ進まなくては。
天籟 http://web.mac.com/ten_lie/iWeb/cranio/BE3F8CC3-53E4-4C69-8F16-BE008F1EA190.html






最終更新日  2008.10.07 01:07:37
コメント(2) | コメントを書く
2008.07.25
カテゴリ:健康
この身体を使いこなしていない。

それは、まだまだ可能性があるということだ。







最終更新日  2008.07.26 00:20:27
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:健康
気温が上がってきましたね。

皆様ばててはいないでしょうか。

最近は1日1食、ないし2食の日が続いております。

暑くなりかえって元気です。

食べたい時に食べたいように食べたいものを食う。

それでいいではありませんか。
無理がかえってよくないことだってありますから。

夜、禅を組むのも楽しくなってきました。






最終更新日  2008.07.25 14:39:41
コメント(0) | コメントを書く

全79件 (79件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

お気に入りブログ

川村歯科・かみ合わ… keepsmile-erinさん
Baucafe  … ばう犬さん
ブログのフロク ジェシー17さん
☆虹のわ。。☆。。。… ☆虹のわ。。☆。。。さん
「つだっち」の-15kg… 魔法の手「つだっち」さん

カテゴリ


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.