000424 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

有限会社Edoccoの店舗内装工事について

2017.06.09
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

飲食店のリフォームの全体像は、以下のようになっており、5番目の電気工事までお伝えしてまいりました。

1.現状回復

2.内装工事

3.外壁塗装

4.電気工事

5.ガス工事

6.水道工事

7.空調工事

本日は、6番目の水道工事についてお伝えをいたします。

水道工事の際、業者に依頼する際は、「水道局指定工事店」に指定されているかどうかを必ずチェックしましょう。

水道は、各自治体の水道局や水道課が管理していますが、その水道課が水道工事会社を指定することが水道法で定められています。よって、きちんと、指定を受けている業者に依頼するということをチェックしましょう。

飲食店の水道工事では、居抜き物件かスケルトン物件かによって、費用が大きく変わってきます。スケルトンの場合は、水道管を室内に施設する給水管引込み工事を行う必要があり、費用が高くなります。

一方で、居抜き物件の場合は、すでに給水管引込み工事は、完了しているので、費用はほとんどかかりません。「グリストラップ」という油やゴミを除去する装置の設置、あとは、配管容量を増やす程度で済んでしまいます。

費用を安く抑えたいなら居抜き物件を選ぶのが賢明です。一方で、室内のデザインや、雰囲気を自由に作り替えたい場合は、費用をかけても、スケルトンでリフォームするのが良いでしょう。







最終更新日  2017.06.09 10:43:34

PR


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.