536139 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

炬燵蜜柑倶楽部。

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

サイド自由欄


2018年12月15日
XML
カテゴリ:北朝鮮かんけい
​​​​​​​​​​​​​金日成主席と金正日総書記の銅像に日本の人士から花籠 (2018.12.14)
【平壌12月14日発朝鮮中央通信】平壌の万寿台の丘に立つ​金日成主席と金正日総書記の銅像に、総書記の逝去7周忌に際して日本の元副首相である金丸信氏の家族と日朝友好連帯群馬県民会議代表の角田儀一氏から花籠が寄せられた。​

主席と総書記の銅像に14日、花籠が献じられた。---



​金正日同志回顧マジャル(ハンガリー)委員会結成(2018.12.15)​
(平壌12月15日発朝鮮中央通信)/機械翻訳

"金正日同志会考·マジャル委員会"が10日,ブダペシュトで結成された。

回顧委員会委員長にマジャルロ同党委員長のチュラ氏が選出された。

回顧委員会は偉大な領導者金正日同志の逝去7号に当たり,朝鮮における社会主義建設と世界自主化偉業遂行に貢献した絶世偉人の業績を称える政治文化行事を組織することにした。(終わり)



​金正日(キム·ジョンイル)同志の業績を称える文章を多くの国の新聞掲載(2018.12.15)​
(平壌12月15日発朝鮮中央通信)/機械翻訳

偉大な領導者金正日同志の逝去7に当たり,多くの国の新聞が文章を掲載した。

エジプト新聞'アル·アフバル·アルマサイ'6日付けは,'自主政治の巨匠'と題する文で次のように述べている。

金正日領導者は,自主政治の巨匠である。

彼は主体思想を朝鮮革命と建設に徹底させた.

過去の世紀末ごろ,数カ国で聯合社会主義が挫折した時,朝鮮がびくともしなかったのは彼の徹底した自主路線があったからだ。

彼が展開した先軍政治は,国際舞台で自主性を確固に堅持できるようにした威力な政治方式だった。

人類は自主政治の巨匠である彼の功績を末永く伝える。

ナイジェリア新聞'ナイジェリアン·オブザーバー'7日付は,'人民の領導者金正日'という題名で編集した文で,金正日閣下は人民をいつまでも愛したと明らかにした。

彼は人民を世界で最も貴重だと考え,人民のために絶えず献身したとし,以下のように指摘した。

人民のリ益をすべての思索と活動の出発点としていらっしゃった彼氏は,"人民の幸せのためなら,その何も惜しまなかった。

金正日閣下は,限りなく素朴で謙遜し,素朴な人民的品性を持った。

金正日閣下は,卓越した領導力で,朝鮮を人民大衆心の真の社会主義国家と転変させた。

バングラデシュ新聞の'デイリーフォーク'9日付は,'献身の最後の年'というタイトルで,生涯の最後の時期まで人民愛の道を歩み,またかけた偉大な将軍様を高く称賛する文を掲載した。(終わり)



​ネパール団体による連合会の進行(2018.12.15)​
(平壌12月15日発朝鮮中央通信)/機械翻訳

金日成主席と金正日同志回顧ネパール全国委員会,ネパール朝鮮親善協会,主体思想および先軍政治研究ネパール記者協会,主体思想研究ネパール社会主義記者演壇,先軍政治研究ネパール文学演壇,ネパール自力更生研究会連合会が7日行われた。

会合では,偉大な領導者金正日同志の逝去7号と敬愛する最高齢者金正恩同志を朝鮮人民軍最高司令官に高く祀る7号,抗日の子·聖英雄金正淑同志の誕生101号に当たり,天出偉人の革命生愛と業績を出版報道物を通じて広く紹介·宣伝し,回顧会,討論会,映画鑑賞会,図書および写真展示会など政治文化行事を組織するための問題となった。

元ネパール政府の土地改革及び管理上,ネパール共産党中央委員会の総秘書をはじめとして朝鮮人民との親善及び連対性団体,主体思想研究組織の人々がこれに参加した。(終わり)



​金正日(キム·ジョンイル)同志の業績討論会の多くの国で進行(2018.12.15)​
(平壌12月15日発朝鮮中央通信)/機械翻訳

偉大な領導者金正日同志の業績討論会が彼の死去7年に当たり,ロムニア,エチオピア,アルジェリアで4日から8日までの期間に行われた。

"金正日同志会"のロムニア委員会委員長のバシレ·オレアヌ氏は"精力的な思想理論活動として金日成(キム·イルソン)主席が創始した主体思想を深化·発展させるには,朝鮮革命と世界自主化·偉業遂行に業績を積み上げるだろう"と語った。

朝鮮が帝国主義者の悪辣な策動の中でも軍事強国の地位に堂々と立ち上がり,経済建設と人民生活の向上のための闘争で驚くべき成果が得られたのは金正日同志の偉大な献身があったからだと彼は強調した。

エチオピア金日成-金正日主義研究全国委員会委員長エニガト·ダグナチェウは偉大な領導者金正日同志が祖国と人民,時代と力士の前に業績を積み上げられたことについて,敬愛する最高指導者である金正恩同志が政治思想強国,軍事強国としての朝鮮の威容をさらに世界に振るっていることに対して激賞した。

"アルジェリア-朝鮮親善協会委員長のカマル·ドハ氏は,金正日(キム·ジョンイル)閣の世界が公認する稀勢の政治原理であり,限りなく傷ついた人民的品性を持った人民の領導者であり,卓越した領導力で歴史の冒涜を排し,朝鮮を真の人民の国として強化発展させた不世出の偉人と褒め称えた"。



北南スポーツ分科会談 (2018.12.15)
【平壌12月15日発朝鮮中央通信】歴史的な板門店(パンムンジョム)宣言と「9月平壌共同宣言」履行のための北南スポーツ分科会談が14日、北南共同連絡事務所で行われた。

会談には、体育省の元吉友次官を団長とするわが方(北側)の代表団とロ・テガン文化体育観光部次官を首席代表とする南側代表団が参加した。

会談で双方は、2020年夏季オリンピックの共同進出と2032年夏季オリンピックの北南共同開催誘致をはじめ、スポーツ分野での協力・交流のための実務的問題を協議し、共同報道文を採択した。---



朝鮮でこれまでの7年間数多くの詩歌作品を創作 (2018.12.14)
【平壌12月14日発朝鮮中央通信】朝鮮でこれまでの7年間、金正日総書記への懐かしさと衷情に関する数多くの詩歌作品を創作した。

哀悼の日々、各地の作家と人々が創作した作品である詩「立ち上がれ偉大な将軍の人民よ」、歌詞「兵士たちは将軍を忘れられません」などは、一生、人民を訪ねる列車に乗って超強度強行軍の道を切り抜けた総書記の千万の労苦を伝えている。

総書記への敬慕の念は、100日追悼期間にも多くの詩歌作品を生んだ。

チュチェ101(2012)年の新年の初の朝、歌謡「朝鮮の力」が力強く響き渡ったのに続いて、永遠の懐かしさを抱いて不世出の偉人の遺訓を体していくという人民の心が反映された「将軍は永遠の太陽」「懐かしさは限りがない」などの頌歌が次々と創作された。

各地の出版社で追慕詩集「将軍の歳月は永遠なり」など、多くの詩集が出版された。

金日成総合大学の教師、学生が詩「竜南山の願い」「将軍が見つめる」「総書記はわれらの師である」など、数百編の詩歌作品を出した。

金正日総書記の逝去5周忌に際して、叙事詩「太陽の歴史は永久なり」が発表された。

今年も、総書記をしのぶ全国人民の心を盛り込んだ詩抄「12月の白雪が降る」、詩「千年、万年の歳月が流れても」、歌詞「人民の懐かしさは永遠なり」をはじめとする多くの作品が創作された。-



青年学生の回顧舞台 (2018.12.14)
【平壌12月14日発朝鮮中央通信】金正日総書記の逝去7周忌に際する青年学生の回顧舞台「将軍をしのぶ心」が14日、平壌の青年中央会館で行われた。

革命小説朗読と女声独唱「将軍への思い」で始まった回顧舞台で出演者は、主体的青年運動の全盛期を開いた金正日総書記の革命的生涯を顧みた。

全国の生徒・学生の制服と履物問題に至るまで気遣い、肉親の情を施した総書記の温かい愛について激情にかられて述べた。

出演者は、朝鮮青年運動はこんにち、最高指導者金正恩党委員長を高くいただいたので発展の最盛期を迎えていると述べ、不世出の偉人たちの念願をこの地に実現するための闘いで先鋒隊、突撃隊としての栄誉をとどろかしていくことを誓った。

朝鮮労働党中央委員会の崔輝副委員長と青年同盟中央委員会の朴鉄民第1書記、青年同盟の活動家、万景台革命学院、康盤石革命学院の教職員、生徒、市内の青年学生がこれに参加した。---



朝鮮革命博物館を連日参観 (2018.12.14)
【平壌12月14日発朝鮮中央通信】金正日総書記への敬慕の念を抱いて農業省、逓信省、出版指導局、金元均音楽総合大学をはじめ、数多くの単位の活動家と人々、青年学生、人民軍軍人が朝鮮革命博物館を連日参観している。

参観者は、総序館に立つ金日成主席と金正日総書記のカラーの彫刻像を仰いであいさつした。

主席と総書記の業績に関する解説を受け、複数の展示室を見て回った。

労働党時代の全盛期、創造と奇跡の年代を開いた主席と総書記の指導の賢明さを見せる事績物と資料を見た。

参観者は、苦難の行軍・強行軍時期館と社会主義強国建設転換時期館で、社会主義祖国をしっかり守り、先軍革命指導によって富強な祖国建設の活路を開いた総書記の革命業績を伝える展示物も見て回った。---



​6.12シンガポール共同声明への移行に乗り出すことを米国に要求(2018.12.14)。​
(平壌12月14日発朝鮮中央通信)/機械翻訳

南朝鮮インターネット新聞'自主時報'によると,6日に米国,カナダ,欧州,アジア,オセアン州地域の71の海外同胞団体と米国の著名な人士59人,平和団体,民権団体など81の市民社会団体が署名した共同声明が発表された。

声明は,北南首脳会議で合意された板門店宣言と《9月平壌共同宣言》,朝米首脳会合で採択された6.12シンガポール共同声明を積極的に支持すると明らかにした。

北南首脳は,朝米首脳で結ばれた合意は朝鮮半島で戦争の危険を防ぎ,恒久的かつ堅固な平和体制を構築するという基礎になると主張した。

北と南が飛躍的な関係改善を成し遂げたことに対して,遅々として進まないとし,朝鮮半島非核化に向けた北朝鮮の措置に相応し,米国も6·12シンガポール共同声明の履行に乗り出さなければならないと指摘した。

北米間の平和協定締結だけが朝鮮半島と米国本土での核戦争危機はもちろん,すべての戦争可能性と武力衝突の危険を防ぎ,恒久的かつ強固な平和体制を構築できる唯一の道だと強調した。

声明は,米国が"対北制裁"と北朝鮮に対する"テロ支援局"の再指定解除など,米朝関係改善に向けた具体的な行動に乗り出すことを求めた。(終わり)



金永南委員長がイタリアの「サンテジディオ」共同体委員長一行と談話 (2018.12.14)
【平壌12月14日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員で最高人民会議常任委員会の金永南委員長が14日、平壌の万寿台議事堂で表敬訪問したイタリア人道主義協力団体「サンテジディオ」共同体のインパリアッツォ・マルコ委員長と一行に会って談話した。---



「民主朝鮮」紙 南朝鮮軍部の軍事的動きは現北南関係の発展に百害あって一利なしの犯罪行為 (2018.12.14)
【平壌12月14日発朝鮮中央通信】先日、南朝鮮の国防部は防衛事業推進委員会会議なるものを開いて、海外から弾道ミサイル早期警報レーダー、最新対潜機をはじめ先端武装装備を購買することにした。

南朝鮮軍部は、「補完措置」を唱えて単独で空軍戦闘準備態勢総合訓練なるものを行った。

14日付の「民主朝鮮」紙は署名入りの論評で、これは朝鮮半島での実質的な戦争の危険除去と敵対関係の終息を確約した「板門店(パンムンジョム)宣言の軍事分野履行合意書」に背ちする危険な軍事的動きであると暴いた。

同紙は、表では北南間の軍事的緊張緩和と戦争の危険除去のための軍事分野合意書に判を押し、裏では同族を狙った軍事的策動に相変わらず執着する南朝鮮軍部の二重的振る舞いは決して看過できない反民族的行為であるとし、次のように強調した。

朝鮮半島で強固な平和的環境を整えるには、戦争の危険要素をひとつでも取り除く実践的措置が必要である。

にもかかわらず、南朝鮮軍部が外部から先端武装装備を引き込み、軍事演習騒動を起こしたのは「北主敵論」と「先制攻撃」を唱えて戦争挑発の火付け棒を振り回していた過去の対決時代の保守「政権」のヒステリックな行為と少しも異なるものがない。

大勢に逆行する南朝鮮軍部の無謀な軍事的動きはいかなる場合にも正当化されず、現北南関係の発展に百害あって一利なしの犯罪行為である。

南朝鮮軍部は、われわれとの軍事的対決にたわいなく執着して北南関係を最悪の戦争の局面に追い込んだ以前の保守「政権」の破滅から教訓をくみ取るべきであり、無分別な軍事的行為を直ちに中止しなければならない。---



​大勢に逆行する軍事的動き(2018.12.14)​
(平壌12月14日発朝鮮中央通信)/機械翻訳

14日付けの'民主朝鮮'に掲載された個人名前が論評'大勢に逆行する軍事的動き'の前文は次の通りである。

南朝鮮軍部が危険な軍事的動きを見せている.

先日,南朝鮮国防部は"防衛事業推進委員会会議"を開き,海外から"弾道弾早期警報"だ,最新半潜機をはじめとする先端武装装備を購入することにした。.

そうかと思えば,南朝鮮軍部は"補完措置"を騒いで単独で空軍戦闘準備態勢総合訓練ということを開けた。南朝鮮軍部が莫大な資金を使い果たして外国産武装装備を大々的に導入することを決め,軍事演習騒動を起こしたのは朝鮮半島での実質的な戦争危険除去と敵対関係の終息を確約した'板門店宣言軍事分野理行合意書'に反する危険な軍事的行為だ。.

これは南朝鮮軍部が同族と力で対決しようとする犯罪的野望を捨てていないことを示している。.

朝鮮半島で戦争の危険を実質的に除去し,強固な平和的環境を構築することは,民族の和解の団合であり,繁栄と統一の活路を切り開こうとする我が民族の一貫した志向であり,念願である。.

歴史的な板門店宣言と'9月平壌共同宣言'が全同胞はもちろん,国際社会の全的な支持歓迎を受けているのは,まさにそれに対決の歴史に終止符を打ち,民族的和解と団結,平和繁栄の新しい歴史を書こうとする全民族志向と念願が反映されているからである。.

北朝鮮と韓国がわが民族と世界の前で誓約した民族共同の合意は,誰も逆らったり否定する権利はない。民族共同の合意に対する観点と態度は,朝鮮半島の平和と安全を望んでいるか望まないかを推し量る尺度であると言える。.

にもかかわらず,表では,北朝鮮と南間の軍事的緊張緩和と戦争危険除去のための軍事分野合意書に印鑑を押して座り,同族を狙った軍事的策動に執着する南朝鮮軍部のダブルスタンダードは,決して見過ごすことができない反民族的行為だ。

朝鮮半島で強固な平和的環境づくりのためには,戦争危険要素を一つでも取り上げる実践的措置が必要だ。南朝鮮軍部もこれに対して知らないだろう。.

それにもかかわらず,南朝鮮軍部が外部から先端武装装備を取り込んで軍事演習騒動を起こしたのは,'北州的論'と'先制攻撃'を叫び,戦争挑発の火の束を振り回した過去の対決時代の保守'政権'の狂乱的行為と少しも違わない。.

大勢に逆行する南朝鮮軍部の無謀な軍事的動きはいかなる場合であれ正当化することはできず,現在の北南関係の発展には無益な犯罪行為だ。

"南朝鮮軍部は,我々との軍事的対決に何の意味もなくしがみつき,北南関係を最悪の戦争局面に追い込んだ以前の保守"政権"の破滅から教訓を見いだすべきであり,無分別な軍事的行為を直ちにやめなければならない"(終)



積弊共犯勢力を一日も早く取り除くべきだ (2018.12.14)
【平壌12月14日発朝鮮中央通信】最近、南朝鮮で過去の保守「政権」時代に強行された大法院の司法壟断事件が次々と暴かれて各界を憤激させている。

複数の資料によると、大法院院長であった梁承泰とその一党は司法部を掌握し、保守「政権」を維持しようとする朴槿恵逆徒に積極的に追従しながら民主改革勢力に対する不当な判決を下し、進歩的傾向の判事らに対する査察行為を働くなど、あらゆるファッショ的な悪行を数多く働いた。

権力の手先になって不当な判決で全教組(全国教職員労働組合)を不法化し、合法的に活動してきた統合進歩党を強制的に解散させたし、日帝強制徴用被害者訴訟裁判当時、複数の日本戦犯企業と秘密裏に取り引きをするなど、多くの犯罪行為を強行した。

司法権を濫用してあらゆる悪行を弄した司法壟断行為は、政界、財界、文化界など影響を及ぼさなかった領域がなく、それによる被害者は「国会」議員から非正規職労働者、日本軍性奴隷被害者に至るまで広範囲である。

はては、朴槿恵弾劾に対処した「裁判戦略」を立てて保守勢力が政局の主導権を握るようにするための世論工作まで大々的に繰り広げたという。

赤裸々にあらわになっている大法院の司法壟断事件は、司法権を政治的弾圧の道具に悪用した保守「政権」の権力型犯罪行為とえせ法官集団の醜悪な真面目を告発している。

にもかかわらず、「自由韓国党」をはじめとする保守一味は、司法積弊清算のための特別裁判部設置にあくまで反対し、司法壟断事件捜査を現執権当局の「政治的に幼稚な術数」「政治介入を正当化しようとする違法行為」と非難して悪らつに妨げている。

このような中、保守一味の積弊清算反対行為から力付けられた司法壟断事件の主犯である梁承泰のような者がいまだに犯罪を否定しながら図々しく街を闊歩(かっぽ)している。

保守の集結を狙って罪悪を働いた犯罪者らをかばう「自由韓国党」をはじめとする保守一味こそ、限りなく悪臭を放って世を汚している汚らわしい一族である。

積弊の根であり、共犯者の群れである「自由韓国党」一味を放置してはならないというのが、憤激した南朝鮮人民の絶叫である。

民心に挑戦している積弊共犯勢力を一日も早く取り除く方がよい。---



チュチェ107(2018)年12月14日の新聞概観 (2018.12.14)



「労働新聞」金正日総書記を永遠に高く仰ぎ慕う朝鮮人民の風ぼう (2018.12.14)
【平壌12月14日発朝鮮中央通信】14日付の「労働新聞」は署名入りの論説で、金正日総書記を千年、万年高く仰ぎ慕い、代を継いで最後まで衷情を尽くすのは総書記の懐で成長した朝鮮人民の当然な本分であり、最も崇高な徳義であると明らかにし、次のように指摘した。

領袖を心から奉じるわが人民の高潔な風ぼうは民族最大の痛恨事に見舞われた以降、崇高な高さで発揮された。いつも総書記を切々としのび、領袖永生偉業の実現に全てをささげていくわが人民の革命的風ぼうは世人に革命家が自分の領袖をどのように奉じるべきかをはっきりと示した。

総書記を錦繍山太陽宮殿に永生の姿で安置することにしたという激動的な報に接すると、全国の人民は限りない激情にかられてチュチェの最高の聖地をいっそう立派に整備するための事業に至誠の限りを尽くした。全国の各地に総書記の銅像と太陽像モザイク壁画、現地指導教示板、現地指導事績碑を建てる事業にも高潔な信義と真心をささげた。うれしいことがあっても、困難なことがあっても総書記の影像を仰ぐのは、わが活動家と人々の体質化された生活気風である。

同紙は、領袖を絶対的に信頼し、仰ぎ慕う人民の熱い衷情によって総書記と朝鮮人民間の血縁の歴史は今後も永遠に流れるだろうと強調した。---



​「労働新聞」日本はアジア太平洋地域と世界の平和を害する悪性腫瘍 (2018.12.14)​
【平壌12月14日発朝鮮中央通信】先日、スイス紙「ノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥング」は空母を保有しようとする日本の試みと憲法間の矛盾が日々増大しているとの論評を掲載した。

同紙は論評で、日本の保守勢力が第2次世界大戦後、放棄した空母を再保有することを強く主張している、現在、日本は空母に改造できるヘリ護衛艦2隻を保有している、これらの艦船を空母に改造する問題を秘密に付していると暴露した。

14日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、日本の空母保有は徹頭徹尾、先制攻撃のためだと暴いた。

同紙は、日本の「自衛隊」は全ての軍種、兵種を保有しており、先制攻撃能力を絶えず強化しているとし、次のように強調した。

空母保有の試みは、先制攻撃能力を強化するための策動の中のひとつである。

日本「自衛隊」の軍事作戦範囲は太平洋はもちろん、インド洋にまで拡大された。今後、艦載機を搭載した日本の空母が太平洋とインド洋に現れうるということはほとんど既定事実となった。

空母を保有する場合、日本は第2の真珠湾事件を起こしかねない。現行憲法を戦争憲法に改悪しようと狂奔するのも究極の目的は、アジア太平洋地域をまたもや重大な世界大戦の災難の中に追い込もうとすることにある。

日本は、アジア太平洋地域と世界の平和を害する悪性腫瘍となった。---



歴史文化遺跡―転錦門 (2018.12.14)
【平壌12月14日発朝鮮中央通信】朝鮮の首都である平壌の牡丹峰には、高句麗時代の平壌城北城の南門である転錦門がある。

転錦門は、6世紀中葉に初めて建てられ、その後数回にわたって補修したり、改築したりした。

今の門楼は、1714年に改築したものである。

20世紀の朝鮮戦争(祖国解放戦争)の時、爆撃によって焼失したが、チュチェ48(1959)年に原状通り復旧した。

一般に、城門は城壁と一致したり、それより後ろの方へ少し離れて城壁と平行するように配置するのが通例であるが、転錦門は前からよく見えないところに城壁を前後にすれ違うように築いた後、そのすき間に城壁と直角をなすように配置した。

花崗岩を切り石にして築き上げた築台には、美しくて堅固なアーチ型の門路があり、築台の上には門楼がある。

朝鮮労働党の民族遺産保護政策によって、転錦門はこんにち、朝鮮民族の優れた建築術と外来侵略者に反対して勇敢に戦った愛国闘争精神を見せる貴重な文化遺跡として保存、管理されている。---



不世出の偉人の人民観が映っているスローガン「人民に奉仕する!」 (2018.12.14)
【平壌12月14日発朝鮮中央通信】金正日総書記は一生、心の中に人民を抱いて生きた。

総書記の人民観がそのまま映っている「人民に奉仕する!」というスローガンには、一生、人民は天という持論をもって人民愛の政治を施した総書記の政治信念が集約されている。

総書記は早くから活動家たちが「人民に奉仕する!」という朝鮮労働党のスローガンを心に刻み付けて人民の忠僕に生き、働くように導いた。

ある年の元日、総書記は活動家たちと席を共にして、わが党の全ての路線と政策は人民のためのものに一貫していると述べ、活動家たちはいつも大衆の中に入って大衆から学び、大衆と苦楽を共にすることを習性化しなければならず、人民に奉仕することを最大の栄誉、張り合いと見なさなければならないと教えた。

「われらの」という称号にも、活動家たちが人民の真の奉仕者、忠僕になるように導いた総書記の指導が宿っている。

いつか、総書記は慈江道を現地で指導する道に九峰嶺の峠道を管理する家族小隊員たちが「われらの責任書記」と呼ぶのを聞いて大変満足した。

その時、人が「われらの」という言葉は述べやすいが、「われらの」という言葉と共に呼ばれるのは難しい、大衆は誰にも「われらの」という言葉を付けない、「われらの」という言葉は大衆が活動家たちに与える最も誉れ高い称号、表彰であると胸熱く述べた。

実に、金正日総書記の熱烈な人民愛と人民への崇高な奉仕精神は活動家たちを人民の真の忠僕に育てる原動力となった。--​​​​​​​​​​​​






最終更新日  2018年12月15日 13時50分25秒
コメント(0) | コメントを書く
[北朝鮮かんけい] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.