456154 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

炬燵蜜柑倶楽部。

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

サイド自由欄


2019年05月19日
XML
カテゴリ:北朝鮮かんけい
​​民生'の虚勢をかぶった民心紀行脚



'国会'を飛び出した《慈韓堂》の姿が南朝鮮を回って"民生大長征"の遊びをしている。

党代表黄教安をはじめとする反逆者たちは,現'政権'の《誤った経済政策の実像》を知らせると言いながらも,行く先々で集会と記者会見,現場懇談会,討論会などを開こうとし,'民生苦痛の表面'だの,'左派独裁完成のための無理な疾走'だのと騒いでいる。この人たちは彼らによって"むやみな経済を立て直す"。"民生を生かす政党"になるとか大げさに騒ぎながら,民心を引きつけようと,おどおどしている。後には私たちの正当な火力打撃訓練までかけて現当局のために経済爆弾,民生爆弾だけでなく'本当に爆弾が落ちるようになった。孤児大で対決狂気をしている。

過去,反逆統治を日常的に行い,不正腐敗行為に狂い,経済と民生を台無しにした者が,今になって"民生安定"と"経済回復"などを云々して,民心を誘惑しようとしている。利子の空振りで南朝鮮人民は唾を吐いている。

民衆をバロジのように思う者が,その'民生'に対して大げさであちこちを振っていることこそ笑止千万である。

《慈韓党》のがどのような者たちか。人民を彼らの不純な政治的目的を実現するための道具として,犬,豚としか思わず,彼らが殺すべからず権力欲を満たして外勢の機嫌を取ってきた万古の逆賊がまさに《自漢党》の徒党だ。絶対多数の勤労人民が初歩的な生存権まで奪われたまま,人生の終盤で迷っていた時,この人たちは富貴の享楽を享受して金も赤質に狂い,そうした中で南朝鮮は人権と民生の墓,人間生地獄に転落してしまった。'自ハンナラ党'が,それらによる"福祉"や"経済民主化"などとよく騒いでおり,'国民幸福時代"についてぺちゃくちゃしゃべったが,南の地に満ち溢れたのは最悪の民生破綻で絶望の沼の中でごった返す労働大衆の悲惨な呻きだけだった。

事実上,南朝鮮経済が今のように崩壊し,人民が悲しみに陥って苦しんでいることは,保守輩党が政権期間に犯した反人民的悪行の必然的産物だ。

それにもかかわらず,'自民党'の輩が'民生'について派手に広告し,あちこちで暴れ回ることは,あらゆる反人民的罪悪で汚れた彼らの醜い正体を指して,民心を欺瞞し,再執権野欲を実現しようとする卑劣な策だ。現在,'自ハンナラ党'が民生関連法案を'国会'に縛り,現'政権'の'国政'運営にブレーキをかけているのも,経済危機と民生破綻をさらに深刻化させ,その責任を政権勢力に負わせ,次回'国会'議員選挙と'大統領'選挙をその場にするための凶計の発露である。

しかし,'慈韓党'のものがいくらオグランスを被ってあがいても,その汚い体から漂う罪悪の臭いには隠せない。南朝鮮各界が逆賊党の醜態について,'民生大長征'ではなく,'国会'議員選挙と'大統領'選挙を狙った'民心紀行閣'でロックイン,糾弾するのは当然だ。韓国のマスコミ各社も,"自ハンナラ党"が民心を誤判し,引き続き"国会"の外で騒ぎ立てる場合,むしろ逆風を受けることになるだろうと警告している。

'慈韓党'の徒党による欺瞞的な'民生大長征'の遊びは,反逆党に対する南朝鮮各界の怒りと嫌悪感を増大させるだけだ。

南朝鮮人民は'民生'仮面をかぶって民心を愚弄し,権力野望を実現するために発光する'自漢党'を絶対に許さない。

本社記者ホ·ヨンミン​






最終更新日  2019年05月19日 20時39分50秒
コメント(0) | コメントを書く
[北朝鮮かんけい] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.