455016 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

炬燵蜜柑倶楽部。

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

サイド自由欄


2019年05月19日
XML
カテゴリ:北朝鮮かんけい
​​​​​​懸念を呼び起こすペルシャ湾の地域情勢

米国が"イラン武力による脅威の兆候"に対処するという美名のもと,イランの周辺地域に武力を集結させている。

この8日《B-52》の核戦略爆撃機がカタルの米空軍基地に到着した。9日には地中海に配備されていた《エイブラハム・リンカーン》号空母打撃集団が、スエズ運河を通過し、紅海に入り、現在、イラン周辺水域に展開された。米国は攻撃用艦船と'パトリオット'米サイイル部隊を中東地域に追加派遣しようとしている。カタルに集結した《B-52》の核戦略爆撃機がイランを目標にして初飛行を行った。

ペルシャマン地域には,怪我をすると爆発するような雰囲気だった。

すればアメリカがリユで突き放したイランの'脅威徴候'はどんなものだろうか。

米国はペルシャ湾にあるイラン船舶が短距離弾もみあいを乗せていられるし,それで彼らの対象物に打撃を与えることもできると推測している。

先日,米国務長官がドイランド訪問計画を一気に取り消してイラクを不意に行なった。専門家らは,ポンフェオの訪問計画取消に関する具体的な説明はなかったが,十中八九のイラン"脅威"説に信憑性を与えることに目的があると評価している。

これまでイランと米国の関係は悪化の一途をたどってきた。最近の時期にはその速度はさらに速くなった。

米国はイランのイスラム教革命の衛兵を《テロ組織》に指定し、先週2日からイランの原油輸出を全面封鎖することに関する決定を発効させた。イランに対する制裁の度数を高め,原油輸出を"領"状態にし,この国の主要収益源泉を遮断するということだ。

イランも米中央軍司令部をテロ組織に指定することで対抗した。イラン大統領は中東にあるすべての米軍をテロ分子と宣言し,米国をテロ支援国に指定する法案に署名した。ホルムズ海峡を封鎖する意思も表明した。

こうした中,米国がイランの周辺地域に武力を集結させたものとして両国の関係は極限点に達している。

外信は,イランと米国間のこのような対決状況が不ピコ原油及びガソリン価格の暴騰を招くことであり,ひいては地域での武力衝突まで可能としていると伝えた。

今,地域に造成された情勢はこのような予評に現実感を与えている。

イランは原油輸出を続けると言いながらも,自国の"米サイイル計画"を絶対に交渉のテーブルにのせず,米国の圧力に対抗する意志を明らかにした。

イランイスラム教革命近衛隊総司令官は国会で行われた非公開会議で米国の動きに対処した計画を提出した。彼は自国の強力な国防力と米空母の脆弱性について説明しながら,"米国が対イラン戦争を起こすことができるほど強くもなく,そのような勇敢性もない"と言及した。

"交渉のために米国に手を出さないということ,米国には圧力の他に選択がない代わりに,自国は多くの選択を持っているということ,米国が経済制裁と軍事的脅威を組み合わせ,自国を屈服させようと考えたなら,誤算だ"というのがイランの陪審だ。

米国はイランの原油輸出を完全に遮断するための"実地行動"に移った。イラン産原油輸入禁止と関連して制裁例外が許されていた国が強く反発したが,それには全く気にもとめなかった。

今,アメリカは他の国にあれこれの方式で対イラン制裁に合流することを強要している。これは多くの国の反発を招いている。築き,同盟国の欧州諸国までも反旗を翻している。

この13日、米国務長官はヨーロッパ外相らと会い、中東で自国のリグォンに対するイランの攻撃がリムパクハだったとし、米国のリプジャンに対するリヘを要求した。しかし,外相はそれに同感を示さなかった。彼らは,緊張拡大による偶発的な衝突危険に大きな憂慮を示し,圧力と制裁を増大させている米国の立場は,相応しくないと主張した。

ある分析家は次のように評した。

《ペルシャ湾地域の国々は,ほとんどが原油生産や輸出国だ。もし,地域情勢がこれ以上無防備な状況に至って戦争が起こるようになれば,これらの国の原油に依存している国も混乱する。

その場合,矢が誰を狙うだろうか。

熟考して自重するのが上策だ。

●本社の記者,ソン·ソヨン



​ガザ地帯で反米、反イスラエルデモ​

パレスチナのガザ地帯で15日、反米、反イスラエルのデモが行われた。

イスラエルとの境界線の近くに集まった数千人のデモ参加者たちは、パレスチナの旗を振りながら反米、反イスラエルの救済を叫んだ。

彼らは、イスラエルの強みポリシーを終息させ、パレスチナ人に帰郷の権利を保障しなければならないと主張した。

イスラエル軍がデモ参加者をまくり弾圧して65人にけがを負わせたとする。

 

**

 

パレスチナのガザ地帯で10日反イスラエルデモが行われた。

この日、約6の000人のパレスチナ人がイスラエルとの境界線の近くに集まって行こう地帯の封鎖を終えることを強く求めた。

イスラエル軍がデモ参加者たちに銃射撃を加え、1人を殺害し、30人にけがを負わせた。



イランイスラム革命の指導者、米国との交渉排撃

 

イランイスラム革命の指導者セイェドゥアリカメラネイが14日、米国とそのいくつかの交渉もしていないと述べた。

米国は、イランが国の「防御兵器」に関連して交渉してミサイルの射程距離を減らすことを望む一方、地域戦略について協議するように要求しているとしながら、彼はこのような交渉は、根本的に間違っており、米国と交渉することは百害あって一利なしだと言った。

彼はイラン人の最終的な選択は、米国の圧力に対抗するものであり、この対決で、米国は後退するしかないだろうと強調した。



​ロシア大統領の戦闘航空隊の発展の問題に言及し​

ロシア大統領ウルラかミールプーチンが15日の防衛問題に関する協議会での戦闘航空隊の発展の問題について言及した。

彼は最近、5年の間に1000台の近代化された平面と直昇機が軍部隊に納入なり、結果、今日の飛行機との65%以上を、現代的な記載が占めるようになったと発表した。

彼は今後も戦闘航空隊の発展のために、最新の航空技術の記載及び無機供給から開始して飛行士の養成に至るまで一定のすべての計画を徹底的に実行しなければならないと強調した。



朝鮮人民を支持する連帯活動を積極的に展開していくだろう
コンゴ、ナイジェリア団体の声明を発表

 

朝鮮統一支持ラテンアメリカとかリブ地域委員会アピールを支持してコンゴ、ナイジェリア団体が7日と10日に声明を発表した。

コンゴ第人民の間の親善協会は次のように述べている。

北南間のすべての問題を朝鮮民族の要求と利益に合わせて解いていこうという透徹した民族自主の立場が込められており、団結した力で統一の歴史的偉業を達成しようとする確固たる意志が斜めにある歴史的な板門店宣言を全面的に支持する。板門店宣言こそ朝鮮民族が指向する平和と繁栄、自主統一の最も正確な方法を明らかにしてくれる統一綱領である。

6.12調味共同声明の採択は、平和を愛するすべての人々に希望を抱かせた歴史的な出来事であった。

朝鮮半島の平和と安定のための朝鮮人民の闘争に固い連帯を送る。

ナイジェリア朝鮮親善協会も声明で朝鮮半島に設けられた平和へ向けて雰囲気を恒久的な平和体制へと続いていくことを要求する国際的な行動に参加あろう、また、民族自主の旗の高さの統一を達成するための朝鮮人民の闘争を支持する連帯活動を積極的に展開していくだろうと強調した。

【朝鮮中央通信】
​​​​​






最終更新日  2019年05月19日 20時41分48秒
コメント(0) | コメントを書く
[北朝鮮かんけい] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.