000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

みんなが幸せになるために・・・・

2006.06.21
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

昨日、山口の母子殺害事件の最高裁判決が出た。

高裁への審理差し戻し。

遺族の方にとって、この判決は一歩前進だとは思うが、これからの長い戦いの始まりを考えると気の毒でならない。

どうして自判しなかったんだろう

裁判所の判例主義には、もううんざりであるしょんぼり

この事件の重大さがわかっていて、遺族の苦しみを理解しているなら、勇気を持って死刑判決を出して欲しかった。

 もし、私が子供とともに理不尽な殺され方をしたならば、その犯人をゼッタイに死刑にして欲しいと思う。

ひょっとして、最高裁は

これからの数年間、被告は死刑になるかもしれない、という恐怖を毎日いだいて生きていくになる。それこそが懲罰だ

 と考えているのだろうか・・・

 死への恐怖

を目の当たりにすることで、初めて被告に贖罪意識が生まれるとしたら、この判決はある意味妥当だったかもしれないが、

遺族にとってみればまだまだ長いトンネルの入り口に立っただけである。

被害者も浮かばれまい。

一刻も早く、死刑判決が確定することを望む。

 

同感やわ~と思ったら、どうかポチっグッドと押してくださいウィンク

blogランキング人気blogランキングへ







最終更新日  2006.06.21 16:19:32
コメント(15) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.