263193 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

みんなが幸せになるために・・・・

2006.09.01
XML

おたふく難聴事件,姫誕生日,正月,七草のイベントごとに私たち夫婦仲はどんどん悪化し,氷河期になっていた。

七草のときに私が爆発したのをきっかけに、夫は小言をあまりいわなくなった。
(というか、お互い無口になって、会話がなくなっていた。)

私は体調がなかなかよくならず、家事どころか育児までもつらく感じるようになってきた。

育児ノイローゼの発症だった・・・・

朝起きて、「王子はトイレをさせ,姫はオムツを変えて、着替えさせる。ご飯を作って、食べさせて、歯磨きさせて・・・」などと考えていると、何故か逆に、体が動かなくなり、子供の世話も満足に出来ない状態となった。夫が帰宅しない日には、子供を風呂に入れない日もあった。食事も、朝はパン、夕方は惣菜なんてことも多々あった。

今まで、あんなにかわいいと思って育ててきたのに、育児がつらくなっていた。


王子がおたふく難聴になったとき、しばらく通院をしなければならなかったので、職場に事情を話して出勤を週1回にしてもらい、あとは在宅ワークだったから、仕事の方はそんなに支障はなかった。
つらく苦しいとき


でも、「下の子だけでも、母親が家で育てるべきだ。」

という夫の強行な意見により、11月に姫は保育園を辞めていた。

在宅ワークといえども、育児をしながら、というのはとても困難。

実母もたまには面倒をみてくれたが、まだ働いているので自由がきかないしあまり無理もいえない。

それで、ちょっとお金は高いけど、ベビーシッターさんを頼むことにしたのだった。(支払いはもちろん、私のお給料から・・・。)

このベビーシッターさんには、本当にお世話になった。

私の体調の悪いときには、子供の食事作り、洗濯(たたむまで)、買い物もしてくれた。

このとき、私は思った。

「人に頼ってもいいんだ・・・。」

今まで夫には頼れず、実家も自営業なので気を遣い、義実家には尚更気を遣い、全部自分で抱え込んでいた。だから、不満や疲れがどっとたまっていたのだ・・・と。

掃除も、2週間に一度、グリーンコープの家事支援の方に来てもらうことにした。これは、フルタイムで働いている友人に紹介してもらった。1時間1200円と高いけど、とても助かった。(もちろん、支払いは私の給料から・・。)

こうして、家事、育児を休んでいると、気持ちにも余裕が出てきた。

そして、また、だんだん「子供がかわいい。愛おしい」と心から思えるようになってきたのだった・・・・・

・・・・・続く。(次回最終回)







最終更新日  2006.09.01 08:13:13
コメント(20) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.