000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

みんなが幸せになるために・・・・

2007.01.04
XML
カテゴリ:雑感

大晦日に義実家に行くはずだったが、30日の夕方、義実家から電話電話がかかってきました大笑い

今夜はすき焼きにするけど、はよ来んね~ハート

昨夜の忘年会で午前様だった夫は、昼過ぎまで寝ていたのでわりと元気ちょきだったけど、

普段どおりに朝起きて、子供たちの世話をし、通常の家事のほかに台所の掃除までしてしまっていた(今考えれば、余計なことしなきゃよかったよ・・・。)私は、結構疲れておりしょんぼり、昼寝中の姫と一緒にゴロンと横になっていました。

「夕食の準備、メンドクサイな~」と思っていた、ちょうどそのときにかかってきたこの電話。

すき焼き

のあま~い誘惑に抗しきれず、夜も迫る星高速道路をはるばる宮崎の山奥まで向かったのでありましたダッシュ

8時前に到着したころには、もうぐつぐつとおいしそうな匂いがしており、おなかのすいていた私たちは、早速ぱくつきました音符ビールも飲んで、よか気分で就寝・・・・・・赤ハート

しかし、それはワナだったのです・・・・・・どくろ

翌日、朝5時に起こされ、(ま、普段もこのくらいに起きてるんですが。)

もち米を洗ったりして餅つきの準備をし、朝食を作り、片付けと平行して餅つき機で餅をついて、ついた餅を丸める作業をし、(量が多いので大変だった・・・雫

終わったと思ったら、次は年越しそばの準備。(昼ごはんは午前中についた餅のみ!!)。

姫はお餅があまり食べられないので、持参したパンとジュースでお昼を済ませました。

ちょうどこの頃義姉一家が到着!!(義理兄は、仕事で来なかったけど)。

義姉が戦力になるかと思いきや、「大晦日に働くなんて、信じられない!!」と、あっけなく戦線離脱しょんぼり

昨日まで仕事だったから、実家でくらいゆっくりしたい気持ちはわかるけどねぇ・・・・・・・。

子供たちを温泉に連れて行ってもらい、その間、そば作りを続行しました。

義父と夫が作ったそばを義母が茹で、私がそれを水洗いする係りになりました。

宮崎の山奥のそのときの気温は1℃ショック。水洗いする手はゴム手袋をはめても、たちまちシモヤケになってしまいました・・・。

そばは、あちこちに配る予定だったらしく、大量に作ったので、結局作業が全て終わったのは夕方近くでした。

それから休むまもなく、夕食の準備をし、平行して明日のおせち料理の準備もしました。

結局一日中、超~~寒い台所に立ち詰めでした・・・・。

義姉一家は、餅とそばを持って、さっさと義兄実家へ向かいましたブーイング

夕食を食べた後、さすがの私もコタツでうたた寝をしてしまいました。手指と足先には何十年ぶりにシモヤケが出来てしまい、お風呂に入るとき痛痒かったです。

いつもは義実家寄りの夫も、さすがに今回は、「大変だったね。お疲れさま。」と暖かいねぎらいの言葉をかけてくれ、

餅つきやおせち作りくらい、前の日にしとけよ~。ヒマなんだからいつでも出来るだろうムカッ

と、私の言いたいことをズバッと義両親に言ってくれましたピンクハート

こうして、こき使われるだけこき使われ、正月の朝から寝坊をし、またまた「このくらいで疲れるなんて、ダメ嫁ねぇ」の視線を浴びましたブーイングブーイング

しかも義実家には、しっかり「お年賀」として10万円きらきら!!渡してきました。

金を払って働いて。

私、なんのために義実家に行ったんだろう・・・・・!?

もう、しばらくは行きたくないです。

正月そうそう、疲労困憊しているまるきちに、ねぎらいといたわりのポチっグッドをよろしくウィンク

blogランキング人気blogランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







最終更新日  2007.01.04 06:30:17
コメント(31) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.