6190402 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

身軽に暮らす毎日が好き

2018.09.13
XML
カテゴリ:ミニマムでも防災
毎日ご飯を作る暮らし
自炊をする暮らし

こんな暮らしは
災害時
冷蔵庫の中のものを食べて
3日しのいだ


rblog-20180913155258-00.jpg


我が家の場合も
ぼちぼち買い出しに行かなきゃ
なんて言ってたら

夜中に地震が起きて
買い出し出来ず

買い出し前の
中途半端な冷蔵庫
頼みの綱のカセットガスは
使いかけ1本

もなかのためのお湯ぐらいで
(冷たいと食べないしお腹くだす)
煮炊きする程余裕は無い


そのまま食べれるもの
食べて
繋ぐ3日間だった



rblog-20180913155258-01.jpg







冷蔵庫の中
買い物前で
パッと見
肉や魚 野菜やおかずが無くて
食材が無い


でも
あんがいあるものだ






ミニマムに暮らすと言っておきながら

余り過ぎないよう気をつけつつも
食べきる
食べ尽くす前に
買い出しに行っていた


だから
食べかけの常備菜やら
タッパの中には
茹でたチンゲンサイとか
もやしとか
使いかけの食材も残ってた






ドアポケットや
ちいさな引き出しの中には
ちょっとだけ忘れてた食材が…あった

1週間前に
賞味期限が切れてたハムとか
ベビーチーズとか
納豆とか

あー食べなかった
そろそろ捨てようかな

なんて思ってた食材



冷蔵庫の中には
普段なら
食べられるのに
怪しいから
捨ててしまおうかなみたいな
食材が眠っていた

冷蔵庫の中
何も無いじゃん!
どうしよう

そう思っても
毎日ご飯支度する暮らしは
何かしらある

いつものような食卓にならなくても
取り合わせがおかしくても
とにかく お腹が満たされれば
こんな時はそれで良いのだ



我が家の野菜室なんて
甘酒やサイダー
変なとこに入れたばかりに
ちょっぴり
存在を忘れてたものまであった
これを見つけた時は
やったー甘いものだ!っと
飛び上がるぐらい嬉しかった





rblog-20180913155258-02.jpg



冷凍室も大活躍

開封したあんまんとか
冷凍ご飯
枝豆
茹でトウキビなど
調理しなくても
自然解凍で食べられるものが
あった



普段のご飯支度では
使わず 何となく存在を忘れてた食材


今回の大停電では
この忘れてた食材に助けられた

災害時なんて
店舗で買えないのだから
食べられるものは食べる

いざとなったら
そうなるのだ







停電後
1日で冷蔵室が温まり
2日で冷凍室が溶け始め
3日目にはシャーベットぐらい溶けてた

今回は
ここで電気が回復したので

その後もまだ買えないので
冷凍室で溶けた食材で繋いだ

我が家は
常温保存出来る
ジャガイモやニンジン 玉ねぎのストックがあったので
肉なしカレーや
コンソメスープにして
食べた
加熱出来るって有り難い








今回の大停電
災害用食料というものは
最終的に食べるものであって
準備するに越したことは無いが
無くても
食べ繋ぐ事ができた




実際

冷蔵庫の
日持ちしないものから食べ

冷蔵室
冷凍室と食べ進み

小腹が空いたら
菓子もつまんだ




普段使いの
レトルトや缶詰め 菓子(クラッカー類)
こちらは
電気がついてからの活躍だ




こんな風に食べ繋ぐと
3日から1週間は
食べ繋ぐ事が出来ると実感した





まずは
普段の暮らしの中で
非常時にも使える
冷蔵庫であるべきだと
痛感した


(*´꒳`*)








ありがとうございます(*´꒳`*)

にほんブログ村



ーーーーーーーーーーーーーーーー



身軽に暮らす毎日が好き








最終更新日  2018.09.13 16:14:00
コメント(0) | コメントを書く

PR

サイド自由欄

カテゴリ

日記/記事の投稿

カレンダー

プロフィール


**kumiko**

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.