000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

WAWAは最高☆

オススメBOOK


 妊婦さんにオススメBOOK 


 『えらぶお産』・・・産む人は勿論、全ての女性にオススメの一冊。自分が女性であることをいとおしく思える本。 

 『贅沢なお産』・・・漫画とエッセイで軽く読めて、自宅出産がどんなものなのか解っちゃう本。本当の贅沢って何でしょうね? 

 『分娩台よ、さようなら』・・・自分のお産体験に満足出来なかった著者が自ら産科医となり、自然なお産を見つめ続けて書いた本。女性の産む力、赤ちゃんの産まれ出る力を信じ、当たり前のお産の第一歩。妊婦必読!! 

 『いいお産がしたい』・・・これから子供を産む人、産みたい人へ!さまざまなお産を知るだけでも勉強になるはずです。お産についての知識が広がる本。

 『ママのおなかをえらんできたよ。』・・・おなかに入る前のこと、ママとパパを選んだときのこと…子どもたちが話してくれた不思議な「胎内記憶」の世界。

 『おぼえているよ。ママのおなかにいたときのこと』・・・胎内記憶がある子53%、出産時の記憶がある子41%。子どもたちが話してくれた不思議な「記憶」の世界。

 『おなかの中から始める子育て』・・・ママ、おなかの中は、プカプカ・トントン暖かだったよ!生まれる前にしてあげたいこと。生まれた後にしてあげたいこと。

 『お母さんをえらぶ赤ちゃん 』・・・ママ、私はここに来る前にお空にいたの。…そして、ママを選んだの。誕生を記憶する赤ちゃんについて世界中の投稿記事を集めました。育児に追われるママ、事情があって産めなかった女性、親子関係に悩んでいる人…すべての母性に捧げます。

 『母性を育む』・・・ソフロロジー式出産と母乳育児について詳しく説明しています。著者がいつも「母親教室」で言われている内容なども、優しく説明しています。


 『ラヴ・ユー・フォーエバー』・・・お母さんは産まれたばかりの赤ちゃんを抱っこしながら歌います。赤ちゃんはどんどん大きくなって2歳になり、9歳になりティーンエイジャーになりました。でも、夜になり少年がぐっすり眠っているのを確かめるとお母さんは子供を抱っこしながら歌うのでした…。親子の愛情のきずなを静かに語って感動を呼ぶアメリカの超ベストセラー絵本。

 『ペアレンティング・ブック』・・・マタニティ&子育て生活を快適・安心に変える方法33。プレパパも必読。自信をもって父親になれます!30歳からの妊娠にマル必、ミーティング・ノートつき。

 『ワンストローク絵本 ぼく、うまれるよ!』・・・胎児は決して受け身ではない。むしろ積極的に生まれようとするメカ二ズムがあります。「お母さんのおなかの中に、たくさんの星がひろがった」から始まる出産までの物語。陣痛を引き起こすホルモンは胎児によってつくられ、それがへその緒を通ってお母さんに送られます。

 『シアーズ博士夫妻のマタニティブック 』・・・「シアーズ博士夫妻のベビーブック」の著者、小児科医のウイリアム・シアーズと妻マーサ、そして産婦人科医のリンダ・ホルトによる、21世紀の妊娠本。

 『自然派ママの食事と出産・育児』・・・薬にも病院にも頼らないナチュラルな子育てバイブル、若い女性にぜひ読んでいただきたい一冊です。

 『自然なお産献立ブック』・・・自然なお産からスムーズな母乳育児に繋がっていく和のごはんには体のための知恵がいっぱい。楽しい自宅出産を経験した管理栄養士さんがママたちの声に耳を傾けながら育ててきたレシピ。離乳食の参考にもなりそうです。


 『マタニティ・ヨーガ安産BOOK 』・・・安産は自分でつくる-。おなかの赤ちゃんといっしょに、マタニティ・ヨーガで気持ちよく、こころとからだをリラックス。からだを動かすと元気と自信がわいてくる。健康と体力を最大限に活用させ、精神のバランス、リラクゼーション、幸福感をもたらしてくれるヨーガ。本書は妊娠中の各段階に合わせた最良の運動方法から、安定した妊娠とスムースな出産の実現に向け、さらに赤ちゃんと最初の数週間の過ごし方までも豊富な写真で紹介したガイドブック。

 『横森式おしゃれマタニティ 』・・・出産はもう諦めた。「地味めし」のおかげで筋腫を抱えていても元気なんだし…。そう思っていた39歳の春、念願の妊娠兆候があった!食いヅワリに効くレシピを考え、おしゃれなマタニティ・ウエアを探し、アロマテラピー、ホメオパシー、ヨガ、ベリーダンスと、貴重な9か月をエンジョイしてウリちゃん誕生を迎えた横森式マタニティ・ガイド。

 『私たちは繁殖しているイエロー 』・・・『私たちは繁殖している』シリーズの文庫化第1弾。腹帯を嫌がり、母親学校もボイコット。のどの乾きはビールで潤し、授乳後に乳房が垂れてしまわないかを真剣に悩んだり・・・。好奇心旺盛、予備知識なしで出産に挑んだ不良(?)妊婦が、古い常識を覆し、妊娠・出産を取り巻く世間の矛盾や、意外と知らない女性の身体について徹底解説。

 『私たちは繁殖しているピンク 』・・・私は繁殖期を迎えた女。早くも2人目かと思ったら流産、そして子宮外妊娠。つらい日々の間にも1人目の子供は言葉を覚え、コンピュータをあやつり、英語の歌を歌うようになる。痛快妊産婦コミック、文庫化第2弾!

 『私たちは繁殖しているブルー 』・・・子どもが二人になると何が違うのか。毎度お得な妊産婦コミック!4歳男子と逆子娘、二人になって改めてわかるいろいろ。男の子と女の子はどっちが育てやすいのか?

 『私たちは繁殖しているレッド』・・・第三子の妊娠中、精神の健康のため前夫から逃げだし、愛するユーヤのもとに駆け込んだジジ。その甲斐あってか、胎児にして母にハッパをかける凜々しい娘2が無事誕生!子育て上手でよく働くユーヤ、お兄ちゃんぶりを発揮する息子1、妹誕生に大発奮の娘1との愉しい日々が始まった。そしてついに待望の第四子妊娠!ジジの繁殖は、さらに続くのだった―。

 『私たちは繁殖しているグリーン』・・・待望の第四子を妊娠したジジは、切迫流産でセックス禁止に!安静第一、禁欲の日々をのりこえ、息子2を出産したジジの生活は、いよいよにぎやかになった。相変わらず女の子に間違えられる息子1、お出かけ好きの娘1とおしゃべりな娘2、けっこうゴツイ息子2に囲まれて、ユーヤとのラブラブ生活は続けられるのか。






 産後にオススメBOOK 


 『だれでもできる母乳育児』・・・おっぱいで楽しく育てるコツは?母乳不足かしら?おっぱいが痛いときは?離乳食はどうすればいいの?自然卒乳とは?職場復帰後もおっぱいを続けたい…本書は、母乳と母乳育児に関する実用的な情報が満載です。出会えて良かった、そう思える一冊。

 『新米ママのおっぱい学入門』・・・母乳っ子はミルクっ子より丈夫なの?母乳が良く出る食事とはどんなもの?「よいおっぱい」ってなんだ!母乳育児に悩むあなたに。産後に増えるセックスレス、ストレスによる過食・拒食、母乳育児とダイオキシン、舌小帯を切ること、産後の問題点を衝く。

 『おっぱいとだっこ』・・・自分でできるおっぱいの手当法から卒乳まで。赤ちゃんとお母さんのための安心の育児書。巻末情報に、家族の食事といっしょにつくれる離乳食レシピ集、もっと知りたい母乳情報、相談窓口、サイト一覧など。

 『おっぱいでらくらくすくすく育児』・・・本書には、母乳で赤ちゃんを育てたいと考えるお母さん方が、望むとおりに母乳育児を実現し、無理なく続けてゆくための基本の考え方と役に立つノウハウを満載した。新生児をお持ちのお母さんの「もう母乳なんて面倒くさーい!どうしてこんなことしてなきゃいけないの?」「どうしてうまくいかないの?」「どうしたら楽できる?」に答える。

 『シアーズ博士夫妻のベビーブック 』・・・現役の小児科医であり、みずから8人の子育てを体験したウイリアム・シアーズと、看護婦でもある妻マーサによる21世紀の育児書です。

 『じょうぶな子どもをつくる基本食』・・・アトピー性皮膚炎、ゼンソク、体力の低下…欧米化した食生活が子どもの健康をおびやかしている。「バランスのとれた食事を」「1日30品目食べよう」「ごはんはいいからおかずを食べなさい」は、まちがいだらけの栄養学。野菜嫌い、牛乳嫌いを無理に直す必要はない。本当に必要なものは、子どもの体が知っている。粗食ブームをまき起こした著者が説く、子どもの正しい食のあり方。

 『シアーズ博士夫妻のチャイルドブック 』・・・誕生直後から10代後半まで…子育てで大切なことはなんでしょう?子どもたちが心も体もすこやかに育つために、親ができることをアドバイス。






















© Rakuten Group, Inc.