000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

WAWAは最高☆

神秘な赤ちゃんの成長過程-初期-


小学生の頃、ある生命の本を手にした
それは赤ちゃんが誕生するまでの目では見えない、体内での様子
まだ人間とは遠くかけ離れた生命が、徐々に変わる様は
あの頃の私にとても印象に残っています
そして、本で見た胎児が今、私の中に宿って、日々着々と育っている



   妊 娠 初 期   



 4 週 目 
偉大なる分裂
あなたが妊娠の喜びを噛みしめている頃、
お腹の中の新しい命はとても忙しくしています。
受精卵は子宮内に着床し、そこで急速に発達を続けていきます。
卵子は着床すると、細胞分裂を繰り返し、正式に胎芽となるのです。
これらの細胞は、神経組織、骨格、筋肉、臓器など、
赤ちゃんの体の各部として成長していきます。

支援システム作動
子宮壁の着床した場所に皿状の形をした器官である胎盤が形成されはじめます。
胎盤はお母さんの血液をおなかの赤ちゃんに送り込む器官です。
へその緒が胎盤の片側から出てきます。
羊水は、妊娠期間中、赤ちゃんを衝撃から守る役目を果たすものですが、
羊膜と呼ばれる袋の中で作られ始めています。

赤ちゃんのサイズ
妊娠4週の終わりには、胎芽は約1ミリメートル
ポピーの種ほどの大きさになっています。

 5 週 目 
パイプラインの設置
先週から形成され始めた胎盤、および初期のへその緒は、
あなたの体から胎芽に必要な栄養を運ぶ仕事をしています。
酸素、アミノ酸、脂肪、糖質などすべてが、驚くべき
赤ちゃん製造プロジェクトで、重要な役割を果たしています。

背部の基礎
細胞層の一つは神経管へと発達し、それは後に脊柱および脳になります。
神経管が正常に形成されないと、脊椎被裂(脊髄が完全に
閉鎖しない合併症)、その他の関連障害を引き起こすこともあります。
脊椎被裂は大変まれで、1,000人に1人か2人の発生頻度です。
この確率をもっと引き下げたいと思いますか?
毎日最低400マイクログラムの葉酸を摂取することが、
脊髄に関する先天的障害に対する最大の予防策となります。
理想を言えば、妊娠する以前から葉酸を摂取しておくとよいのです。
葉酸のサプリメントは市販されていますので、妊娠12週くらいまで
摂取するとよいでしょう。

鼓動の開始
心臓は今、不規則な鼓動が少し聞こえる程度の、単一の管です。
週を追うごとに鼓動は規則的になっていきます。

赤ちゃんのサイズ
胎芽は2~3ミリメートル、小さなオレンジの種ほどの大きさです。




 並んだベッド
 二つの卵細胞から発達する二卵性双生児は、
 それぞれが別々の卵膜の中に個別の胎盤を
 持って並んで浮かんでいます。


 6 週 目 
重要な仕事
画期的な出来事がこの週に起きます。先週形成され始めた神経管が、
赤ちゃんの脊髄になるものを囲み始めるのです。

赤ちゃんの顔
胎芽はまだ小さなオタマジャクシのようにしかみえませんが、
細胞上部のひだが発達し、最終的に赤ちゃんのあごやほお、口となります。
目や鼻となる部分も突起し始め、内耳部分は、内側に入り始めます。

鼓動を聞いてみる
先週形成された心管は発達を続け、徐々に心臓の基本的な
四つの部分に分かれ、小さなドラムのように鼓動を打ち始めます。
さらに、腎臓および肝臓などの主要臓器の形成も始まります。
肺はそれぞれ単一の管で、小袋状の構造に形成されていきます。
肺が、外の空気に適応できるようになるには、まだまだ多くの
発達をしなくてはなりません。





赤ちゃんのサイズ
赤ちゃんは2.5ミリメートルほどになっています。


 7 週 目 
知力の創造
あなたの赤ちゃんは先週、神経管が完成するという
大きな仕事をし遂げました。
今週、この天才赤ちゃんは知力の構築に取り組んでいます。
脳は、生後も長い時間をかけて発達を続けますが、
基本的な部分はこの時期に作り上げられます。
今週の発達としては、脳が前脳、中脳、後脳の
三つの部分に分かれます。
前脳は、論理的思考、問題解決、および記憶の形成と
蓄積などを行うところです。
中脳は、交通整理係として、電気的信号を脳の最終目的地に
つなぐ役目をします。
そして後脳は呼吸、心拍、筋肉の動きをつかさどります。
しかし、頭ばかりが成長しているわけではありません。
手足も急速に成長しています。
この時点では、水かきのようにしか見えませんが、腕と足が生えてきました。


赤ちゃんのサイズ
今週の赤ちゃんの身長は、4~8ミリメートル
あなたの小指の爪の幅より少し大きくなりました。

手足の発達
手足が少し現れ、徐々に腕、手、足に形づくられていきます。
写真の黒い点は目です。



 8 週 目 
頭からつま先まで
先週、 脳は三つに分かれて発達しはじめました。
今週、脳以外の体の各部が発達を始めます。
手先、足先には、小さな水かきのような指とつま先が形作られます。
赤ちゃんが誇らしげに見せていたしっぽは消えていきます。

おなかの仕事
からだの末梢だけが発達しているわけではありません。
真ん中部分の発達も着々と進んでいます。
腹部に充分な余裕がないため、腸が形成されるときには、
腸の中ほどがへその緒の中に移動します。
まだほんの初期段階ですが、腸は老廃物を体外に運ぶために
働いているのです。もう一ヶ月が経過し、赤ちゃんの腹部に
もう少し余裕ができると、腸はへその緒から出て腹部に戻ってきます。

活発な神経
赤ちゃんの体をつつくと、ピクッと動いて反応します。
これは、神経組織が発達して、筋肉と繋がっているからなのです。


赤ちゃんのサイズ
あなたのおなかの小さな住人は、大きなピーナッツくらいの大きさ。
体重は約0.25グラム、身長は7ミリから17ミリです。

写真判定
アルバムを作り始めましょう。超音波検査による、
現時点の白黒画像をもらうことができます。
超音波写真を見れば、この数週間でどれほど赤ちゃんが
成長したかがわかります。
目(1)、顎(2)、足(3)、胎盤(4)です。


 9 週 目 
おめでとう!
今週、あなたのお腹の赤ちゃんは、新しい名前をもらいました。
正式名称は、「胎児」です。胎児は、ただのピンクの塊では
なくなってきました。
しっぽが消え、胴体が伸びてまっすぐになり、体の形が現れて来ました。
胎児は、今週で身長約2.5センチメートルになりました

急成長
今は、腕と足の成長にとって重要な時期です。
足は伸び、最終的につま先になる芽が出てきます。
腕も長くなり、肘の部分で曲がり始めます。
手の基本構造も形成され、親指と他の指がはっきりと分かれています。
腹部もまた発達しています。肝臓、胆嚢、脾臓、副腎となる
組織が、それぞれわかれてきます。

元気一杯
この時期は、ダンスタイムの始まりです。
光や音などあなたの体の外からの刺激に反応して、
赤ちゃんは元気に動きます。しかし、中期に入るまで、
あなたは赤ちゃんの動きを感じることは出来ません。





決定的瞬間
胎児は、手、足、はっきりとしてきた指、つま先を持ち、
人間らしく見えるようになってきました。
耳は、徐々に目の高さまで上がっていきます。


 10 週 目 
耳をすませば
先週のビッグニュースは、腕と足の発達でした。
今週の終わりまでに、耳の外部が発達します。
今、耳は頭部の非常に低い位置にありますが、頭部が
大きくなるにつれ、両側の適当な位置に移動していきます。
やがてあなたの声は赤ちゃんの大好きな音になるでしょう。.

視覚的探求
赤ちゃんの目も発達しています。目の基本的な構造はでき、
まぶたが目を覆い始めますが、目はまだ頭の両サイドにあります。


赤ちゃんの最初の歯が、歯茎から生えてくるのは生後数ヶ月ですが、
すでに小さな歯が、歯の芽として形成されています。
生まれる時にもう、赤ちゃんは人生の最初の数年間にちょこんと
顔を出す20本の乳歯と同時に、歯茎の下には永久歯を持っているのです。


赤ちゃんのサイズ
骨の発達と手足の伸長のおかげで、胎児の体重は約2.5グラム
頭からお尻までの長さは2センチから3センチメートルです。

まずは頭
初期の胎児は、頭と目の構造が早期に発達するため、
大きな頭と大きな目を持っています。
神経組織全体は生後も発達を続けますが、脳、脊髄、神経は
早期に形成されはじめます。


 11 週 目 
鼓動を聞こう
あなたの赤ちゃんの心臓はこの数週間、元気に拍動しています。
しかし、その音は、主治医がドップラーという特別な聴音機を使って、
やっと聞き取れるほどの大きさになったばかりです
(監訳注:最近はほとんど超音波エコーでみられます)。
あなたもこの音を聞くことが出来るでしょう!
胎児の心拍は、あなたの2倍の速さで、1分間に120から140です。
(もし、主治医が心音をキャッチできなくても心配しないで下さい。
おそらく、胎児が音を覆い隠すような姿勢で寝ているのでしょう。)
赤ちゃんの心臓のドクドクという速い音を聞くのが、
妊婦さんにとって定期健診の楽しみのようです。
心拍が完成するとともに、心臓は前月から4つの部屋をもつ
本来の構造になっていますが、生後まで完成しない隔離壁もあります。

皮膚の形成
この数週間で、胎児の体を包むきめ細かな皮膚の層が形成されてきました。
発達して手足の爪になっていく層もあります。


赤ちゃんのサイズ
あなたの赤ちゃんは先週からずいぶん成長し、頭からお尻までの
長さは5センチメートルくらいです。
胎児の頭は、体の半分の長さにもなります。
脳がどれほど急速に発達しているのかがわかりますね。天才の創造中!

プライベート・ビーチ
胎児は、クッションの役割を果たす羊水という液体の中に浮いており、
その液体を飲み、処理して尿として排泄します。
写真に見えるへその緒は胎盤に繋がっており、胎児が必要とする
すべての栄養素が供給されます。


 12 週 目 
爪ができてきた
先週、 赤ちゃんの手足の先に爪床が形成されました。
今週、実際にそれらの爪床から爪が生えて来て、出産時まで伸び続けます。
多くの赤ちゃんは、生まれたとき爪が長くなっており、
分娩直後に切ってやらなくてはなりません。

部品配備
あなたの赤ちゃんの発達にとって、一番重要な時期は
そろそろ終わろうとしています。今週で、新しい体の構造を
作り上げるという偉業は終了するのです。
小指から小さなつま先まで、すべてのパーツは、定位置に配備されました。
赤ちゃんが女の子か男の子かを超音波で識別するには、
もう少し時間がかかりますが、性器も発達しています。

真っ暗闇
今週、まぶたが形成され目が閉じられます。
妊娠6ヶ月頃までそのままです。



赤ちゃんのサイズ
今後28週間、あなたの赤ちゃんのお仕事は、成長し発達し続けることです。
今週の赤ちゃんの体重は約10グラム、丈は約6センチメートルです。

手はお口
この超音波画像で、胎児は、三本の小さな骨として見える手(1)を、
顔と頭(2)の方へ持っていっています。


 13 週 目 
作る人
胎児は体の構造を作り上げるという重要な仕事を完了し、
今度は内臓が機能し始めます。肝臓は胆汁を分泌し、
膵臓はインシュリンを作り出し、腎臓は尿を作って老廃物を運び出します。
尿は、羊水の中に排泄されます。
一部へその緒に入っていた赤ちゃんの腸は、今では充分な余裕が
出来た腹部へと戻っていきます。内臓に形成された筋肉の層によって、
まもなく消化器官に物が通るようになります。

頭でっかち
赤ちゃんは、今、大きなスモモくらいの大きさです。
体重は30グラム弱、そして丈は7から10センチメートルです。
脳が発達しているので、頭が身長の半分ほどを占めています。
次の数ヶ月間、それに追いつくように、体が猛烈なスピードで成長します。
産まれるときには、赤ちゃんの頭は身長の1/4ほどになっているでしょう。




頭蓋骨に接続した背骨
この写真から、うつぶせになっている胎児の、発達している
骨格と頭蓋骨(3)、アーチ型の背骨(2)、足の骨(1)が見えます。
大腿部(足の骨)、頭部、腹部を計測して、
医師は胎児の成長と発達を調べます。


 14 週 目 
口の動き
もし赤ちゃんがあなたのジョークを理解できたら、赤ちゃんの
笑顔を見る事が出来るでしょう。
赤ちゃんは口を開けたり閉じたりすることも出来ますし、
飲み込んだり(嚥下したり)吸ったりする動きも
できるようになりました(親指に注目)。
顔の筋肉が実際に運動し始めたのです。

おしゃべりの準備
食道、気管、喉頭、声帯などの配置もできました。
もちろん、赤ちゃんは水の中に浮いているので、
声帯で音を出すことはまだ出来ません。
しかし、声帯はもう産声をあげる準備をしているのです。

顔の形成
一週ごとに胎児の顔はあなたが出産の日に出会う
赤ちゃんの顔に似てきました。目は顔の上部の定位置に移動し、
耳は首から頭の側面に移動しました。顎も完成し、
口蓋も前面から後方に閉鎖しました。



赤ちゃんのサイズ
赤ちゃんは、体重約55グラム、身長8センチメートルから
11センチメートルになりました。

もぞもぞ動く
筋肉と神経が出来上がり、機能し始めるやいなや、
胎児は手足を活発に運動させています。
現在の動きは不規則ですが、だんだん規則的になっていきます。


 15 週 目 
髪の毛さん、こんにちは!
今週末には、赤ちゃんの一生の毛髪のタイプが決定します。
はっきりとわかるようになるにはもう数週間かかりますが、
毛が一部生えはじめています。
もちろん、あなたの赤ちゃんが髪の毛フサフサで生まれてくるとは限りません。
生後数ヶ月まで、髪が生えてこない赤ちゃんもいます。
また、うぶ毛と呼ばれる非常に細く柔らかい毛が、胎児の体全体に生えてきます。
デリケートな肌を羊水から守る、このフワフワした毛は
出産前後に消えてなくなります。

薄い皮膚
うぶ毛の下の皮膚は非常に薄いので、血管の中を血液が
通っているのが透けて見えます。口の発達も続いており、
赤ちゃんは指しゃぶりをしているところかもしれません。
顔の動きも定期的に起きるようになります。


赤ちゃんのサイズ
子宮の中を覗いて見ることができれば、体重50~70グラム、
頭臀長10~11センチメートルの、小さなグレープフルーツくらいの
胎児が見えるでしょう。

ソフト・タッチ
この横向きの写真では、手が顔の方へ動いているのが見えます。
手しゃぶり、指しゃぶりは胎児期の早いうちから始まります。
お母さんにはわからなくても、胎児はおなかの中を蹴ったりも
しているでしょう。





   妊 娠 中 期 へ   







© Rakuten Group, Inc.