841379 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

WAWAは最高☆

PR

X

Favorite Blog

ニャのラブ&「いい… nyannnnnさん
Jyo Bon・de ちべっちさん
ハピパピデイズ☆ aroma-roseさん
Jun 19, 2008
XML

授業が始まって2週間が経ちます学校

学童保育

知っているようで全然知らないって事が解り

こんなにも深いものだったなんて、かなりの衝撃を受け

毎日が目からウロコです泣き笑い

 

タイトルにある毎日泣いている涙ぽろりと言うのは

一番始めの授業で、重い話から始まり、この4ヶ月が

苦しいものになるかと泣きがあったのは事実ですが

その翌週から、その泣きは全く違うものに・・・雫

 

3ヶ月の座学では複数の先生から学ぶのですが、

現役の学童保育の指導員からの生の話から

福祉論を教えてくれる先生や一見、全く違うものと思われがちな

コーチングも対人関係を築くのに必要不可欠だったりきらきら

 

大抵、先生それぞれの初めての授業では自己紹介があり

指導員までの経緯、その方の生い立ちなどを話されるのですが

ある福祉論の先生では、戦時真っ只中に農家の8人兄弟で

食べていけないからと生後8日で、養子に出され、

その事実を大学へ進学した際に戸籍から知る事になったとわからん

 

ある指導員の話では、母親が働きに出始めるようになった頃、

周りにカギっ子が増える中、何故かいいなぁ~と思っており

小学4年生の時にそのカギっ子になっては自慢していた少年が

ある日、友達と遊びから帰ってくる時、向こうから手を振り迎えに

きてくれた友達の母親、バイバイをして母親と友達2人一緒に帰る

のを見送って、帰宅しては一人部屋で大の字になって寝ていた所

祖母が来たのに気付き起きると、祖母が「ケンカでもしたのか?」と

聞かれ、何故かと聞き返すと、涙の跡が付いていたと・・・しょんぼり

家に帰って誰も居ない、母親が迎えてくれない事は悲しい、

寂しい事なんだと気付き、その日の事は一生忘れる事が

出来ないと言う事で、学童の子ども達にそんな思いをさせない

ように注意をしているとの事でした雫

 

私自身、カギっ子で色んな感情があったと思い出し

今や母となり、どんな思いで当時母親が働いていたのか

先生から聞かされる子ども達の実体験の話でも

またある絵本からでも、あれこれと自分と重ねて

ほぼ毎日、私は泣いています涙ぽろり

 







Last updated  Jun 20, 2008 07:22:13 AM
[職業訓練・学童保育] カテゴリの最新記事


Profile


えっぐ2795

Freepage List


© Rakuten Group, Inc.