163168 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

水野なすブログ「等身大」の表現者 ~実感を信じて生きよ!~

PR

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

2013.03.21
XML
カテゴリ:
自分の人生のスピードが、
ゆったりしてきたことに気づいてる。

今までどれほど
自分にプレッシャーをかけて
追い立てながら生きてきたか。

多くのことを一度にやろうとし過ぎてたな、
と思う。

プレッシャーというのは、
私の人生の課題のようだ。

自分にかけているプレッシャーから
いかに自由になるかに、
取り組んできたように思う。

なまけものになってしまうことを
恐れてた。

何かに向かっていないと不安だった。

本当は、夢なんてなかったと思う。

幼いころ、
将来なりたいものは?と聞かれるたびに、
人のまねしたり、それなりのこと言って、
ごまかしてたと思う。

そんなん聞かれても、
今を生きることでいっぱいで、
キラキラした夢なんて見てる場合じゃなかった気がする。

それでもまじめだから(笑)、
目標を持たなきゃいけないんだと思ってきた。

だから、作ったんだと思う。
今思えば。

自然に生まれてきたものじゃなくて。

本当に望んでることなんて言えなかった。
自分にはふさわしくない気がして。

本当に大事な夢は、大事だから、
否定されたくなかったし。

スピードが速い分、
一つ一つのことをていねいには、
やってこなかったなと思う。

自分のことも大切にしてなかった。
「自分を大切にする」が、義務化して、

「自分を大切にするのに忙しくて、
 自分を大切にしている暇なんかない」
という、よくわからん状態だった気がする(笑)。

人生がシンプルになると、
こんなにもスキマができて、
「なんだあ、ゆっくりでいいのか~」って
思えるようになった。

スキマができると、
せっかくだから、あれやってみよっかな?
みたいに思える。

そういうのが、
自然にわいてくる夢や目標なんじゃないかな。






最終更新日  2013.03.21 20:27:47
コメント(0) | コメントを書く


2008.03.22
カテゴリ:
昨夜はオンバトファイナルを見た後、
なぜか4時まで眠れずで。

やっと眠れたと思えば、
悪夢を見るし…。

悪夢と言うのも、
ありえない設定のものではなくて、
すでに現実に起こったことの
ダメ押しのような夢で。

そういうののほうが、
ダメージ強いんだよねえ。

「もうそのことはええって・・・・」
と、起きたらぐったり。

あまりにもリアルな夢で、
起きてからも混乱していました。

「なんだ。夢だったか・・・」

ま、あの悪夢が、私の人生に、
本当の「さよなら」を、
言ってくれたんだったらいいのだけどね。

これからだからさ。
なすの人生はさ。

ありがとう!いままでのなす!
ようこそ!これからのなす!!!






最終更新日  2008.03.23 00:41:06
コメント(2) | コメントを書く
2006.08.05
カテゴリ:
夢の中で、王子様に会いました。
王子様は、私に靴をくれました。
王子様のはいてた靴です。

僕は裸足で帰るよ。
この靴はいつか君がはいておくれよ。
そしたら僕達は一緒に歩けるだろ?

またいつか会えるさ。
念じていれば。

王子様はそういって、笑顔で去っていきました。

私は一番のお礼をもらった気分で、
とても嬉しく思いました。
少し、かかとの高い靴です。

私が、王子様に言った何かに、
王子様が感動してくださったのです。
けれど、夢が覚めて、
私が、王子様に何を言ったかは、
忘れてしまいました。
ただ正直に、感じたままを言っただけだった。
それだけは、覚えているのだけど。

心は、人を救えるんだ。
言葉は、人を救えるんだ。
ちゃんと届けられるんだ。

そんな気持ちになりました。






最終更新日  2006.08.05 07:30:16
コメント(2) | コメントを書く
2006.03.17
カテゴリ:
夢見ました。
寝坊して高校を無断欠席する夢です。

そういえばこれ、
何回も似たような夢見てるんです。

多分、目覚ましをかけてて、
次の日起きないといけない日に見てます。

休むなら、学校に連絡しないといけないのに、
面倒で、まあいいかーと思ってしまうのです。
そして、同時に、担任の顔が浮かんで、
申し訳ない気持ちと同時に、
「なんで逆に、聞いてくれないんだろう?」
と、ほっとかれているような、
寂しい気持ちにもなるのです。

これはいわゆる、思い癖の夢ってやつとは思います。
なんとなく、思い当たる。

自分は、ちゃんと生きてないって、
どっかで思ってるんでしょう。
今の自分に罪悪感があるのでしょう。

そして、ちゃんと生きようとしても、
できないんじゃないかっていう不安が
あるのかもしれない。

私の今の状態は、道の途中で、
何かにばっちりはまってるわけじゃない、
ある意味、不安定と言えば不安定。

きっとほんとは、
甘えたい気持ちと、
かまってもらいたい気持ちを、
持っているのだろうと思います。

自分だけが、誰にもかまわれずに、
置いてかれるのでは?という恐さ。

どっかで感じているのかもしれませんね。






最終更新日  2006.03.17 12:40:37
コメント(2) | コメントを書く
2006.02.11
カテゴリ:
さっき、夢見ました。
実家で、犬を預かってるって夢です。

実際の実家では、犬はおろか、
動物はほとんど飼ったことがありません。
亀やインコが一時的に、うちにいたことがありますが、
私はなぜか、事情をあまり知りません。

それはさておき。

それなのに、実家に犬が居るんですわ。
白と黒の、牛かパンダと言った方がいいくらいの
でかい犬。

私は、一時的に預かってるんだと思い込んでました。
それで、犬の苦手なはずの父が、その犬を洗うんです。

私は遠巻きから、
タオルで水が自分にかからないようにしながら、
恐る恐る見てるのだけど、
父が「お前も手伝え」的なことを言ってきて、
「いや、私は苦手ですから」と言ってる。

そして「ずっと居るわけじゃないでしょ?」っていうと、
「何だよ、勝手に捨てるなよ」って言われる。
えー!ひょっとしてずーっといるの?ありえないー!
と思っていたら目が覚めました。

なにこの夢・・・?

動物は、本能をあらわしていますが、
その中でも、犬というのは、
人間に親しみが深い動物ですから、
忠誠心や友情などを、表すこともあります。
しかし、私は犬自体あまり得意でないことから見て、
本能をコントロールしようとしてるって意味と思われます。

白は幸運のシンボルですが、
黒は逆に不吉のサインで、
不安、障害、恐怖などもあらわします。
多分、「禍福はあざなえる縄の如し」ってことでしょう。

「捨てる」は、今一度自分にとって大事なものを、
見直すべきときを告げています。

父親は理性や社会性、権力などを現します。

私の中に、今は理性で押さえ込まれてる部分があって、
その大きさに気づいて、自分でおびえているのでしょう。

今はやっと、そこに目を向けたところで、
それが自分にとって、大事なことなのかどうかを、
ちゃんと見極めなさいと言うことなのでしょう。

もちろん、そこには、不安や障害はあるけれど、
同時にそこには、希望も存在してると言うことでしょう。

しかし、あの犬、めっさ恐かったけど、
あれ結局、自分なんだなあ。






最終更新日  2006.02.11 14:53:20
コメント(4) | コメントを書く
2006.01.03
カテゴリ:
夢を見ました。

私は夕暮れの街角で、
ベンチのいっぱいあるエリアで、
一人で座っています。

周りは、普通に友達同士とかで、
座って話をしてる様子。

「さあ、充分一人でゆっくりできたし、
もう帰れるなあ。」

と思って、歩いて帰り始めます。

気がつくと、私はその間ずっと
パジャマ姿でした。

この夢の意味は多分、こんな感じ。

「私は充分に一人で考え、
 ゆっくりすることができた。
 それによって、
 本来の、あるがままの自分に、
 戻ろうとしている。
 物事は成熟しつつある。」

今の私は、もう何にもしてないことに、
飽きてきてます。
ゆっくりする時間は、もう充分に味わったと、
ちょうど思っていたところです。

やっぱ、夢ってすごい。






最終更新日  2006.01.03 18:28:49
コメント(4) | コメントを書く
2005.11.09
カテゴリ:
このブログの一番の愛読者。
それは、私です。
このブログ、大好きなんです。
ブログだけでなく、なすのホームページも。
自分の手書きの日記も。
自分で何回も読んじゃうんです。
「この子、えーこと言うわ~」とか、
「この子、うまいわ~」って思うんです。

自分が言って欲しいことだから、なんでしょうね。
誰かが言ってくれればいいなあってことを、
書いてるだけなんですわ。

それが、ブログやホームページで公開できてて、
もう、私の手元からは、独立してるんです。
だから一読者として、見られるのです。

前書いた自分の言葉に励まされたり、
じーんとしたり、泣いちまったりします。

私だけじゃなくて、
この表現を求めてる人が、
他にもたくさんいるような気がします。
その人たちに会いたいのです。
私はその人たちに、呼ばれてる気がするのです。

「calling」って言葉が、先日のソース勉強会で出てきました。
天職とか、神のお召しとかって意味だそうです。
勉強会では、存在意義って言葉より、callingのほうが、
受け入れやすいっていう意見が出ました。

「calling」 まさに、呼ばれてるって、感じてます。






最終更新日  2005.11.09 00:23:33
コメント(2) | コメントを書く
2005.10.30
カテゴリ:
ソースの車輪を見ていたら、
「流れをつくる」って、書いてあったんです。
流れ。時代の流れ。
私は、「流れ」を作りたいのだった。
そういえば。

作家にしろ、歌手にしろ、心理学の勉強にしろ、
すべてにつながるのは、私というフィルターを通して
表現し、伝えていきたいってとこなんです。
伝えたい中身や、方法って、
結局「流れ」なんだなって思うんです。
私のフィルターを通すから、結局
「わたし流」になるのだけど。
私らしさとか、私の存在意義ってことを考えると、
力を抜いて、そのまんまで、
楽に、簡単に、すっと入るって感じ。
それを、やりたいんだった。
そういうひとつの「流れ」を作っていきたいんだ。
そういう風潮を、作っていきたい。
マイナーでいいので。
こういうのもありだ的な感じでいいので。
いや、むしろ、マイナーがいいのかも。






最終更新日  2005.10.30 00:23:11
コメント(0) | コメントを書く
2005.10.22
カテゴリ:
と、私は夢の中で、叫んでました。
起きたら、のどが痛かったので、
実際に寝言で叫んでたのでしょう。

昨日寝る前に、
「夢からメッセージを受け取りなさい」
という一文を、本で読んでから寝たせいか、
こんな夢を見たのかもしれません。

この一言は、私自身が言いながら、
私自身に言ってるのでしょう。

人にえらそうなことを言う前に、
私は一人前にやれてるのか?
依存するなといってる自分は、
依存してないだろうか?

人に言ったことや言いたくなったことを、
まず自分に言うってだけで、
どれだけたくさんの学びを得られることか。

そんなことに、気づけた夢でした。
ひゃー、スピリチュアルな日常だわ~。






最終更新日  2005.10.22 12:30:53
コメント(0) | コメントを書く
2005.10.04
カテゴリ:
おはようございます。なすです。

ちょっと最近失速気味です。
ブログを立ち上げて、3週あまり、
おもむくままに、突っ走ってきました。
今は、一通り書きたいことを出し切った感があり、
できれば今後は、ゆっくりと、自分のペースで、
書きたいときに、書きたいことを書いていこうと思います。

今週は、久しぶりに実家にも帰るし、
週末は、旅行に行くので、
更新率100%では、なくなるでしょう。
でも、そんなことは小さなことだ。

私は夢をかなえるでしょう。
ごく淡々と、ひとつひとつ、
目の前のことをこなすように。
人生は、私の味方であるはず。
人生は、私を見捨てはしない。
必ず、生きる方に導かれるはず。
そう、「必ず」だよ。






最終更新日  2005.10.04 09:12:56
コメント(0) | コメントを書く

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.