053597 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ペタンコ道場

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


しばた あぎさ

カテゴリ

カテゴリ未分類

(166)

英会話

(5)

物語、童話、詩

(61)

パソコン(家電製品など)

(0)

ペイント

(4)

NHKラジオ

(1)

小説

(1)

本、読書

(1)

エッセイ

(1)

ペタンコ道場

(0)

短編小説

(1)

日々の出来事

(5)

自己啓発

(1)

バックナンバー

カレンダー

お気に入りブログ

【新作】BRIEFING[… こだわる男の「モノ&ファッション」さん

「dream life 」ひろ… hirokoコーチさん
楽得日記 かのん115さん
澄み切った空 ミズの木さん

コメント新着

しばた あぎさ@ hirokoさんへ hirokoさんありがとうございます。ちょっ…
hirokoコーチ@ Re:遅ればせながら新年明けましておめでとうございます。 しばたあぎさ様 新年明けましておめでとう…
しばた あぎさ@ きらりさんありがとうございます。 きらり510さん ありがとうございます。ま…
きらり510@ Re:スープ(08/13) こんばんは タイトルが気になって・・…
しばた あぎさ@ みささん この物語はみささんに励まされて作られま…

フリーページ

ニューストピックス

2018.05.15
XML
カテゴリ:物語、童話、詩
今日は入学式だ

こうぞうは教科書がもらえるのを、凄く楽しみにしていた。

そして朝礼の後、こうぞうは自分の席についた。

先生が自己紹介をして、そして

「教科書を配りまーす。みんな1冊だけ取って後は後ろにまわしてね」

といった。こうぞうはさんすう、おんがく、しゃかいとどんどん取っては後ろにまわしとしていた

そして、最後のこくごの教科書が配られた。

こうぞうがこくごの教科書を開いた。

いきなり開いたページににハエが死んで挟まっていた。

こうぞうは大きな声で泣き出した。

「僕の教科書にハエが死んでいるー」

とみんなが慌ててこうぞうの机の周りに集まった

「ついてないなあ」

「かわいそうに」

「クスクス」

とかいろんな声が飛び交った。

そして三太が

「俺のと交換してやるよ」

と言った。

こうぞうは

「いいの?」

と三太に言った。

「それくらいかまわないよ」

と言った。

しかし、先生が

「ちゃんと1冊こくごの本が残っています」

と言って、新しい教科書が三太に渡された。

こうぞうの最初の友達、三太は学級委員になった

そしていろんな騒動のまとめ役となったとさ






最終更新日  2018.05.31 02:32:20
コメント(0) | コメントを書く
[物語、童話、詩] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.