532024 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

~ Only Human ~ 私の腎移植物語

PR

プロフィール


☆えいちょん☆

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12
2019.11
2019.10

お気に入りブログ

夫の誕生祝い🎂 New! むっこchanさん

減薬失敗 *♪kun♪*さん

深夜ぶろぐ便 長七7614さん
welcome to BOW♪'s … BOW♪さん
モモの気まぐれ日記 ★★まゅ★★さん

コメント新着

sae@ Re:★ 糖尿病と移植医療 公開講座のご案内 ★(10/11) わたしも長く透析生活をしていたのですが…
sae@ Re:★ 糖尿病と移植医療 公開講座のご案内 ★(10/11) はじめまして、突然のメッセージ失礼しま…
☆えいちょん☆@ Re[1]:旅立ち(07/16) はじめましてさんへ そうですか! ではど…
はじめまして@ Re:旅立ち(07/16) 私は千葉東病院で膵腎同時移植手術を受け…
さちこ@ 難しい問題ですよね お優しいから、色々悩まれるのですよね。 …
栢野克己@ Re:罪の意識(05/11) 私は1年前に弟へ腎移植しましたが、大変良…
えいちょん@ ミチさんへ これから、郡山まで行ってきます。 最後か…
2007.06.04
XML
カテゴリ:趣味など

入院した次の日の5/27、もうすぐ消灯だという時間にTVガイドを見ていたら、ふと新日曜美術館の欄に「菊池伶司」の文字を発見。

それは若干22歳の若さで、腎臓病で夭逝した版画作家「菊池怜司」を取り上げたものでした。

「銅板に刻まれた生 伝説の版画家・菊池伶司」

 

最初私は、自分と同じ腎臓病で早くに亡くなった、大昔カルテの中に見たような幾何学的な人体解剖図や、論文の中で見る意味のわからない文字式の羅列が印象に残るだけの「菊池伶司」の版画をちょっと見てみたいというだけでチャンネルをつけました。

そして今風に言えば、自殺なんかで突然亡くなった芸能人なんかが、いきなりチャートに出てきたりする現象と同じように、夭逝した版画家が今ブームなんだな、と醒めた目で見ていました。

でも、その版画がソラマメ型(腎臓の象徴)をした形の周辺に、悪性腫瘍が増殖するように見えたり、

なにかをつかもうと中天に伸ばす無数の手に、この菊池伶司という若い版画家は何を見ていたのかなぁ・・・と気になって仕方がなくなっていました。

 

昨日、主人も休みで家にいたので、この菊池伶司の版画展が、東京都町田市の「国際版画美術館」で6/24まで開催されているのを知って、車で高速を1時間ちょっとかけて見に行って来ました。

「国際版画美術館」はとても大きく、緑に囲まれた素敵な場所に建っていました。

着いたとたんに具合が悪くなって、血圧は80台まで下がるは脳貧血で美術館のソファに寝てた私はいったいなんなんだと思われたでしょう(笑)

アクエリアスを一気飲みしてなんとか生き返りましたが、腎臓の痛みには参りました。でも、その分菊池伶司の苦しみが版画から溢れるように感じられたかも知れません(汗)

 

菊池伶司は、生まれつきの腎臓病(奇形か、私のように遺伝性だったのかはわかりません)で、尿毒症のため、1968年10月6日、東京女子医大病院で死去。享年22歳。今生きていれば、ちょうど60歳でした。

最後にどうにもならなくなって、女子医大病院に担ぎ込まれた時にはもう尿毒症末期症状だったと言います。

私は菊池伶司が亡くなったその16日後に、この世に生を受けました。そして私の一度目の腎移植がこの女子医大でした。

夭逝した作家なんかを神のように祭り上げて崇拝しているなんて・・・とそんな風に見ていた自分が、ほとんど侵食されていることに気づきました。

 

クリーム色に塗られ、少し照明を落とした静かな一室に、作品名がほとんど番号化されているように見える版画が並んでいました。

彼がつけていた日記には、作品に題なんか必要ないとありました。なんか私には題名さえつける時間が自分にはもう残されていないとわかっていたのかなと思いました。

 

彼の作品を順番に見ていくと、ギリギリの中で精神の昇華が起こった瞬間を垣間見ることができます。

版画に転向した頃は、自分のなかにある病への恐怖が、細胞の増殖のようになって語りかけて来ます。

そして版画家として生きるということやIZUMIという恋人に対して描き続けた夢を、無数の手が必死でつかもうとしている。

そして、判読不明な文字で、ソラマメと尿管と膀胱を解説するかのような彼の代表作「Observer2」

そして意味のない文字を書き殴る「Lecture」自分の病をなんとか受け入れようともがいているように見えます。

TVでやっていた「Door」という4枚セットになっているような不思議な版画は、ここにはありませんでした。

一枚のDoorに、横に伸びる道と木々が透けて見えていました。

次は何も書いていないけど、奥にDoorの影が透けて見える。

そして、次はDoorには何も透けてないけど、こちら側にDoorの影が移動している。誰かが入ってきたのか。この時にDoorに書かれた番号が次第に大きくなっていることに気づきました。

最後はハッキリと「45号室」と題が付けられており、陰もこちら側になっていて、Doorには黒いドクロのような影が鋭いタッチで描かれていました。

これが描かれた時はもう死の2~3ヶ月前です。

 

この作品を境に、作品にはたくさんの真っ黒いドクロや、頭蓋骨から脊髄が伸びるのを横から見た断面図などが多くなります。

ソラマメよりも、彼が何度も日記で語っているところの「イマージュ」の象徴である脳の断面図や解剖図を思わせる作品が多くなります。

そしてIZUMIという恋人に対する恋心を苦しいまでに表現する。女体のイマージュが作品に登場してきます。

このあたりは、彼が生に絶望しながらも、限りなく生に向かって表現する時、魂と版画家としての素質が昇華しているさまが重い。

 

最後の頃の作品は、もう題名不詳となっていて、No.63は魂の叫びみたいに思えます。

ただ真っ黒に塗りつぶしたソラマメのような形の下に、小さな受精卵のようなものが薄く描かれています。

この作品は胸に迫りました。

 

彼が版画家として達成したのはもしかしたら、ソラマメに対する慟哭だったかもしれません。

女性が子を成すように、彼は生きている意味を、版画にさがした軌跡。

でも、最後に彼が夢見たものは、IZUMIとの受精だった。

 

この作家の作品をみる時、人間の哀しいまでの生への回帰を想わざるをえません。

美術館を出ると、真夏のような一日が嘘だったかのような、涼しい風が吹いていました。

ふと、腎臓に痛みが走りました。







最終更新日  2007.06.04 18:59:57
コメント(17) | コメントを書く
[趣味など] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


沢山の事を知って、沢山の事を感じて。   翠緑の貴婦人 さん
えいちょん様は、少しずつ変わり始めましたね。自分の心の痛みだけで手一杯だった頃は、醜さの中から湧き出でる美しさに眼を向ける余裕など無かった。ひたすら弱さに溺れ、依存に溺れて、
「自分は強くなれる、立ち向かえる」
等とは考えも及ばなかった。

そんな貴女様が、今こうして、怯えわななきながらも立ち上がろうとしている。それは本当に美しい姿だと思います。

泥沼より咲き出でて、なお気高き睡蓮であれ。

応援します♪
(2007.06.05 00:09:54)

「菊池伶司とその時代」    sato さん
とってもいいもの見た!って感じがします。僕もみたかったなぁ・・・体調わるいけど行った甲斐があったね☆
えいちょんさんなんか最近いい感じ!
(2007.06.05 06:27:26)

Re:国際版画美術館 「菊池伶司とその時代」(06/04)   胡桃7336 さん
こうして病と闘いながら人生を見つめ直していく今えいちょんさんはしっかりと自分の足で歩いていこうとしてるんだなって感じました。

そして...今も病気と闘ってる他の人たちに言葉を贈ってあげれるのもえいちょんさんの使命(オーバーに聞こえるけど^^;)だと思います。
最近そんな姿が垣間見えるえいちょんさん♪
私は遠くから見守ってるからね☆ (2007.06.05 09:12:55)

緑原さま   ☆えいちょん☆ さん
翠緑の貴婦人さん
このブログデザインを選んだ意味がお分かりになってくれていたのですね。

私がJ医大で移植した時、子供の私に、その頃の腎センターの所長O教授は、
「透析がなかった頃は、尿毒症としてみんな死んでいった。僕の病院には作家や政治家などがたくさん押し寄せ、でも治療法も確立されていなくて、たくさん死んでいった。
その後、僕がここに来た頃、透析が始まった。
でもお金を作るために、どこでも田畑を売って透析をしていた。売る田畑がなくなると、金の切れ目が命の切れ目、と言われたように、またいっぱい死んでいった。
先人たちの必死の運動で、今のように透析が受けられたり、こうして腎臓移植という新しい選択が出来たのですよ。
あなたが大人になる頃には、多分もっと良い新薬が出来て、移植の成績も格段にあがるだろう。
昔は本当に若い人が、志半ばにして亡くなっていった。」

そう聞かされました。
今はもうご自分の研究所を持つ、透析と腎移植のパイオニア的存在の大先生です。

私の一度目の腎移植と二度目の腎移植が、それはもう大きな善意の固まりの中から生まれたのは紛れもない事実。

まずあなたがいて、私がいる。

そのことを菊池伶司は気づかせてくれました。
「生かされている」ことの意味を。

緑原さま、本当にありがとうございました。

(2007.06.05 11:20:03)

いろんな大切なことを   ☆えいちょん☆ さん
私はsatoさんから、教えてもらったんだよ。
透析に戻るかも知れない未来もあるっていうこと、私は考えたくもなかったけれど。
それでも、こうして生かされているのだから、今を大切に生きなければと思いました。

satoさん、ありがとう。

菊池伶司の版画作品と、壮絶な日記も載った装丁本が出ています。
平凡社「菊池伶司 版と言葉」堀江敏幸他
(2007.06.05 11:36:51)

遠くから・・・?   ☆えいちょん☆ さん
胡桃7336さん
くるみちゃんには、私の心の一番近くにいて欲しいなぁ・・・。
これもM先生に望んだように、やっぱり私のワガママなのですよね。
やっぱりM先生には、いつもそばにいて欲しい。
難しいです・・・。
(2007.06.05 11:41:31)

えいちょんさんへ★   胡桃7336 さん
遠くから...と言うのは距離的な話だよ><
遠くても近い存在に感じてもらえることはとっても嬉しいことです♪
心は近くにいるからね!
私の力が必要になった時はいつでも甘えていいよ~!!
(2007.06.05 16:02:21)

ありがと♪   ☆えいちょん☆ さん
胡桃7336さん
なかなか外に出られないので、出さなきゃいけない郵便物やら、振り込みやらいろんなことが、デ・キ・ナ・イ・・・(汗)
歩けるようになるまでには、なかなか時間がかかりそうです。
でも、ゆっくり頑張っていくからね^^
胡桃ちゃんのこと、頼りにしてますッ☆
でも、それこそ頼り過ぎないようにしなくちゃ(汗)
いつもいつも、ありがと♪
スリスリ☆(甘w) (2007.06.05 18:04:19)

ssugoi   長七7614 さん
ほんとだ。
かわったんでなく、
消化して、乗り越えようとしている
>>貴婦人さん、

その版画家の生まれ変わりですよ
きっと、
そう感じた。
貴方の感じる文章は、

最高にぼくにも感じた。

すごい。 (2007.06.05 21:18:34)

長七さん   ☆えいちょん☆ さん
長七7614さん
たしかに菊池伶司には、不思議な縁を感じます。

私が20代の半ば頃に一度、この菊池伶司の静かなブームがあって、一度彼の作品に出会っています。
たまたま名前を覚えていて、今回の入院中にTVの特集で版画展を知り、行くことが出来ました。

私は高校の美術部で、油絵と版画(エッチング)をかじっていましたので、名前が頭の中に残っていたのです。

生まれ変わりはおこがましいですが、自分の中に根を下ろし始めたのは偶然ではないと思いました。 (2007.06.05 23:07:45)

はじめまして。   ちゅわこ さん
ご訪問、コメントありがとうございました♪
えいちょん様に関しても、菊池伶司さんに関しても初めて知りました(汗)
えいちょん様、大変なご苦労をされてきたのですね…

私の父も若くして病気で亡くなったんですが、
最後の頃の父は、病の激痛と、
残された時間が無いという焦りもあってか、
私たちに苛立つ事が多かったです。。。
私もきっとそんな‘極限状態’に立たされたら、
絶望しか持てないんじゃないかなって思います。。。
それを考えると、菊池伶司さんの最後の方の作品(受精卵)
これって、夢であり‘希望’だったんじゃないかなって思いました。
極限状態でありながら、ものすごく強い前向きなエネルギーをお持ちだったかなぁって想像しています☆

素敵なお話、ありがとうございます。
応援して行きます♪
(2007.06.06 01:03:53)

ごめんなさい><   ちゅわこ さん
↑ちゅわこのコメント、めちゃ2寝ぼけた事書いてしまって…
初めましてぢゃないのに(汗)
本当にご無礼いたしましたm(_ _;)m
このコメントごと、削除しちゃってくださいな~。
本当にごめんなさい。。。

そして遅くなりましたがリンクしてくださり、
本当にありがとうございますぅ!
もしご迷惑でなければ、ちゅわこもリンクさせていただきたいです♪
本当にごめんなさい…そしてありがとうございます☆
(2007.06.06 12:40:59)

リアルで返信が(喜び)   ☆えいちょん☆ さん
ちゅわこさん
今までお昼寝してましたw
最近「なんとか脊髄症」(適当w)になっちゃって、ちょっと家事やると、腕が痛くなったり、足までしびれてきちゃって、もうやんなっちゃいます。今日好きなアーティストのLiveが神奈川県民ホールであって、行きたかったので、朝からムチャしました。
案の定おかしくなって、2時間ほど安静にしてました。(Liveはムリポ・・・泣)

私の毎日はこんな感じw
今起きて接続したら、リアルでちゅわこさんのコメントが来ましてw
(ブログ開いてる時にコメント入ると画面が一瞬ピカッと光り、揺れました)

ちゅわこさん、ぜっんぜん気にしてませんからね^^
ちゅわこさまは、そんなキャラではないので、ここはちと暗いブログなんで、そのキャラぶちかましてほしいであります!
私はちゅわこさまが、そのままでいてほしいッス☆
ちなみに一度目は、愛しのムーディさまでしたね(笑)
でも、最近ムーディ勝山よりも、アクセルホッパーの方が好きなんですよね☆
あのメチャうまいタップとスタイルの良さに惚れましたwww
これからもマターリよろしくお願いします。

菊池伶司の版画展の感想、嬉しかったです。
ありがとね、でも、書いていてIZUMIじゃなくて、IZAMUだったら、マヌケかもと思う自分がナサケナイ・・・(爆) (2007.06.06 13:00:46)

ありがとうございますぅっ(涙)   ちゅわこ さん
早速お気に入りに入れさせていただきましたぁ☆
でも皆様まぢ引くかと思いますよぉ(汗)
アクセルホッパーさんって、バカテンポの方ですね♪
ちゅわこも動き系が弱いってか、好きなんですよぉ(笑)
エンタ結構好きですし☆
IZUMIさんぢゃなくてIZAMUさんですかぁ(苦笑)
そいえばシャズナも復活なさったですし
…って脱線しまくりでごめんなさいw
取り急ぎありがとうございましたぁ!
でゎ仕事に戻りますぅ(←ちゅわこサボるな自爆w) (2007.06.06 15:18:08)

出会い   *♪kun♪* さん
私も、ある出会いで自分の人生観が変わりつつあります。
偶然のようでいてきっと必然なんだと、どなたかがよく言われている言葉を心から感じました。

きっと、えいちょんさんにとっても菊池伶司さんと作品に出会えたのは必然だったのではないかと感じました。
そして私にも、えいちょんさんから大切なものを教えてもらっている気がします。

今日の体調はどうですか?
LIVEへ行かれたとのことで疲れたでしょう、ゆっくり休んで下さいね。
でもパワーをもらえたのかな?

(2007.06.06 17:24:29)

K-Live   ☆えいちょん☆ さん
*♪kun♪*さん
体調悪くて行けませんでした・・・。
あとはNHKホールだけになりました。
まぁ、仕方ないですね(汗)
今回のLiveは3時間近くの長丁場で、バラードというよりも、ハードなステージになるらしいのでw
NHKホールを、楽しみにしてますよ~(汗) (2007.06.08 12:21:32)

Re:K-Live(06/04)   *♪kun♪* さん
☆えいちょん☆さん

ごめんなさい(> <)
てっきり行って疲れが出られたのかと思って・・・
今回は残念でしたね。
でもまだ次もあるんですね。
それを楽しみに、無理しないで下さいね。 (2007.06.08 19:50:42)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.