545020 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

~ Only Human ~ 私の腎移植物語

PR

プロフィール


☆えいちょん☆

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2020.07
2020.06
2020.05
2020.04
2020.03
2020.02
2020.01

お気に入りブログ

【B'z OFFICIAL】松… New! つる 2'26さん

ベビー服 *♪kun♪*さん

流し台の排水口の大… むっこchanさん

深夜ぶろぐ便 長七7614さん
welcome to BOW♪'s … BOW♪さん

コメント新着

∞えいちゃん∞@ saeさんへ コメントありがとうございます。 返信の代…
sae@ Re:★ 糖尿病と移植医療 公開講座のご案内 ★(10/11) わたしも長く透析生活をしていたのですが…
sae@ Re:★ 糖尿病と移植医療 公開講座のご案内 ★(10/11) はじめまして、突然のメッセージ失礼しま…
☆えいちょん☆@ Re[1]:旅立ち(07/16) はじめましてさんへ そうですか! ではど…
はじめまして@ Re:旅立ち(07/16) 私は千葉東病院で膵腎同時移植手術を受け…
さちこ@ 難しい問題ですよね お優しいから、色々悩まれるのですよね。 …
栢野克己@ Re:罪の意識(05/11) 私は1年前に弟へ腎移植しましたが、大変良…
2007.06.21
XML
カテゴリ:カテゴリ・その他

たとえ個人ブログでも、素人の私がこんなこと書いていいのかわかりませんが・・・。

 

最近特に、医療問題が、マスコミにも一般の方の話題にも上るようになってきましたね。

それだけ年金問題と相まって、医療制度改革とか、医療崩壊が迫ってきているのでしょうか。

もうすぐ「選挙だから?」かわかりませんが(笑)、医師不足に関する対策案も出されました。

 

この案、本当に医師側と相談して作ったんでしょうか?

「僻地に行けば奨学金免除」とか「研修医を僻地に行かせる」とか・・・。

こんな案が通ったら、これからの世代の医師としての質は低下するでしょう。

医療格差どころではない医師格差も起きてしまいます。

入学した医大の教授の懐いかんで、医師になる前の大事な時期に差が出てしまう。

今、勤務医と開業医との格差も大問題になっているというのに。

 

つい最近、中規模病院が医師不足でどんどんつぶれているという番組が放映されていました。

私が以前の移植でお世話になった先生が、苦渋な表情を浮かべ、医師不足を訴えていました。

先生はもう都内の自宅にはめったに帰れないようです・・・。

そうまでではなくても、開業医が増え続け、勤務医ばかりが休みもなく、難しい症例を診たりオペなどをやっている現状で、勤務医の負担はいかばかりでしょうか。

そして「医療過誤」を気にしながらのオペなどは緊張の連続でしょう。

 

だから、日本の医師を全員勤務医にさせて、開業医も勤務医も、「病院という場」を借りて、医師としての自分の技術を買ってもらう。

こういう構想(オープンシステムというらしい)が出てきているようです。

私たち患者は医師を自ら選び、そして医療費は病院と医師に個別に払う。

このシステム、もうアメリカではとっくに行われているらしいです。

 

個別に払うことで、個人が払う医療費は増えていくのかも知れません。

でも、ここまで医療崩壊が迫っている中、これを本気でやっていかなくてはいけないのかも・・・。

ただ歯科など、地域に密着していて、個人病院でもほとんどの診療ができているといえる診療科は必要ないような気はしないでもないです。

 

私は腎移植を受けて、この目で医療の実際を見てきました。

今のままだと、もうすぐ本当に「金の切れ目が命の切れ目」と言われていた昔に逆戻りしてしまう。

お金がない人でも、満足な医療を受けることが出来ていた、世界に誇れる日本。

その崩壊の時が訪れてからでは、もう遅い。

 

医師不足と医療制度改革。

もう本当に、私たち患者が決意する時ではないでしょうか。










最終更新日  2007.06.21 18:46:37
コメント(19) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.