532720 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

~ Only Human ~ 私の腎移植物語

PR

全10件 (10件中 1-10件目)

1

音 楽

2016.08.04
XML
カテゴリ:音 楽
saitama oda.jpg 
 
 

明日から二日間、郡山のビッグパレットふくしまで開催される小田さんのライブ、♬ 君住む街へ ♬ に行ってきますピンクハート


日増しに難聴が進んでいるので、MCはとっくに聞こえませんが、小田さんの大きなツアーに参加できるのも、たぶんこれが最後になりそうです・・・

画像は、ダンナと行った6月の埼玉スーパーアリーナきらきら

楽しんできます

 

それから・・・、satoさん、ミチさん、コメント嬉しかったです。

こんな私を忘れないでいてくださり、感慨無量でした。

ほんとうに、ありがとうございます青ハート 

 

ブログ村 腎臓バナー.gif

ブログ更新のモチベーションアップのため、ランキングに登録してみました。

たくさんの人に見てもらいたいので、一日1クリックをお願いしますm(_ _)m
 







最終更新日  2016.08.05 01:20:02
コメント(2) | コメントを書く


2012.05.20
カテゴリ:音 楽

 CIMG278211.jpg

やっと、待ちに待った赤レンガパークのチケットが届きました。

座席は東西南北のブロックごとに番号順になっていて、チケットを見ただけではわかりませんが、これってけっこう良い席なのかも・・・?って思えるような席でした。

でも、いつも小田さんのライブの座席は複雑だから、当日会場に行ってみるまであまり過度な期待はしないでおこう(笑)

 

そうそう、秋田ってきれいな街ですね。

街の真ん中に運河?が流れていて、碁盤の目のように整備されていました。

道路も広く、バスもひっきりなしに走っていて、アクセスもとてもよく、会場までは秋田からバスに乗って12~13分かな。

私は秋田駅と会場の真ん中くらいに位置する、運河のほとりに建っているグランティア秋田というホテルに泊まりました。

館内にはスパも併設されていて、その日のお昼ごはんと、ライブから帰った夜遅くにも晩酌付きの夕食、次の日の朝食まで付いた三食付きプラン(もちろんスパも入り放題)で、たしか8千円くらいだったような。ベッドもダブルサイズでとてもくつろげて良いホテルでした。

私はすごい方向音痴で、観光するにも現地の人に聞きまくりだったのですが、秋田の人は観光客にもとても優しく、小田さんも東北の人を元気づけるつもりが逆に元気づけられたりしてるかな?なんて思いながら、秋田の街を歩きました。

 

今回の東北ツアーは、明治安田生命Presents KAZUMASA ODA TOUR 2011-2012“どーもどーも”その日がくるまでの中で、昨年の東日本大震災で延期になった公演に青森と福島を加えたツアーなんです。

このどーもというアルバムは、大震災直後に発売されているのに、どうしてこんなにシンクロするんだろうと思うようなアルバムで、東北の人たちには遠く及ばないけれど、私もこの一年を振り返って、いろいろな想いを抱きながら聴かせてもらいました。

耳が悪いので小田さんのMCはほとんど聞こえなかったけれど、もう泣けて泣けてしかたがなかったです。

どーもに収録された曲が、東北の地に一人で来た私を感傷的にさせてたのもあったのかもしれないけど、最近の私の心情と相まって心に沈み込んでゆくような感覚がありました。


最近思うのですが、人って、自分ではどうしようもない悲しみをひとつかふたつは必ず持っていると思うのです。

そうして、その悲しみの意味するものを一生懸命考えたり、誰かのせいにしたりして生きてゆく。

みんなつらい時や苦しいとき、そこにはなにか理由があるんじゃないかって思う。

人より不幸だとか、自分が人より劣る存在だとか、そんなふうに思って苦しみながら人は生きてゆく。

辛いことばかりに目がいって、幸せを見つけられなくて。

そんな私たちにも、小田さんは、いいんだよって言ってくれる。

 

歳を取って、いつか山のてっぺんから下を眺めているように自分の人生を振り返ってみた時、私は何を思うのかな。

日本に生まれた私たちは、今、国や政治家に不信があって、子供達も若さと世の中の理不尽をどこのぶつけたらいいのかわからない。

他人から褒められたい、優しくされたいとみんなが思っているのに、それを人に求めるだけで自ら与えようとしない。

人にやられたらやり返す。

でも、幸せはそういうところにはないんだよ。

幸せの意味も、人生の悲しみも、考えなくていいんだよ。

小田さんの歌を聴いていると、いいんだよ、もう苦しまなくていいんだよって、言ってもらっているような気がするんです。

 

赤レンガパークのライブが終わると、またしばらく小田さんのライブが観られなくなるかもしれないので、当日は小田さんの声と小田さんの姿をこの目に焼き付けてきたいと思いますきらきら

 

 diet2.gif ブログ村 腎臓バナー.gif

ブログ更新のモチベーションアップのため、ランキングに登録してみました。

たくさんの人に見てもらいたいので、一日1クリックをお願いしますm(_ _)m

 







最終更新日  2012.05.20 20:03:09
コメント(8) | コメントを書く
2008.03.28
カテゴリ:音 楽

  FAKIN' POP

風邪をひいて寝込んでいましたが、やっと全快しました。

やっぱり免疫抑制剤の威力は・・・すごかったです。

今の悩みは風邪薬としてもらった葛根湯でアゲアゲ状態+ちょっと動悸が・・・。

ちょうど今こちらはサクラが一気に咲き出しましたが、今日は花冷えと言われるような陽気で朝から雨がふってます。

少し寒いけど、サクラが散ってしまわないうちに、今日は久しぶりにお散歩に出ようかな・・・さくら

 

さてあっという間に4月ですが、堅ちゃんこと平井堅さんがニューアルバム「FAKIN' POP」を発売して、もうすぐ全国ツアーが始まります。

会場はアリーナクラスですが、全国でたった14ヶ所なんて、一回行ければいいほうなんじゃないかって思っていましたが・・・

とりあえず先行が当選して5/2の武道館に行けることになって、今はまさにルンルン♪って感じです緑ハート

問題は座席なんですが、2F席の3列だからワタシには超Goodってかんじかなぁ☆

1F席は奥まっていて天井が低いので、音質も臨場感もあんまり良いわけじゃないですし、小田さんみたいにアリーナにどーんと花道が張り巡らされていればいいんですが・・・

いくら堅ちゃんの背が高かろうが、身長150cmの私には真っ平なアリーナは・・・人の背中しか見えません(汗)

 

今回の「FAKIN' POP」は約3年半ぶりのニューアルバムなんです。

最初私は「FU●KIN' POP」(自粛w)だとずっと勘違いしてまして・・・

「POP STAR」やら「fake star」っていう曲を歌っているのに、なんでなのかなぁ?ってフシギだったんですよね・・・(核爆)

ダンナちゃんに「なにお前とんでもないこと言ってんだよ」と言われて気づいたんです・・・マジでアホどくろ

まぁ堅ちゃんなら言いそうですが・・・ププッ雫

あ・・・ちなみに最近このアルバムの曲がCMとタイアップでテレビでガンガン流れてますが・・・全曲タイアップです。

 

シングルで発売されたものを除いて、私がすごくいいなぁって思った曲はDocomoの携帯のCMで流れている「UPSET」とJ-WAVE開局20周年ソングの「Twenty!Twenty!Twenty!」という曲です。

この「Twenty!Twenty!Twenty!」はKANさんの作詞作曲なんですが、堅ちゃんこぶし入ってます(笑)

歌詞もメチャクチャすごいんですよね。

♪やっぱアナタは変人 そう思われてもかまわない

 ひたすらに劇的に 君を追いつめる

 その胸の膨らみを思うたび

 僕のふたつのミラーボール キラキラと回り出す

・・・おぃ。

マジでありえねぇ、この歌詞。

KANさん、大丈夫ッスか?(笑)

これってJ-WAVEが開局して20周年という記念の意味を込めてるのでしょう。

J-WAVEっていうラジオ局が誕生した時、私はたぶん人生でいちばん音楽を聴いて過ごした時期なので、その瞬間をリアルで体験した私ですが、J-WAVEってbayFMやNUCK5が誕生するまではDJなんかも最先端だったし、すごく新しいラジオ局としてアツかったと思います。

そんな開局当時の情熱と20周年経った今も変わらないっていう思いを込めたところと、ハタチの血気盛んな男の子の多感な部分がリンクした感じがすごくイイ感じで表現されてて、聴いていてすごく元気をもらえます。

ちょっと元気なかった私が元気になったのは、このフレーズのおかげかもしれません(笑)

J-WAVEが聴ける地域にお住まいなら、たぶん今流れていると思いますので、この度肝を抜く歌詞とちょっと演歌チックな曲調をぜひ聴いてみてほしいなぁって思います。

「UPSET」もすごい歌詞なんですが、CM部分は英語でうまくフェイクされてるんですよね。

これも歌い方が特徴的です、なんか金さんみたいにべらんめぇ調です(笑)

 

あぁ~、4月は沖縄にリベンジだし、5月は小田さんと堅ちゃんのライブだし・・・なんかカラダ壊さないか、今頃になって心配になってきました(うれしい悲鳴)

 

そういえば・・・つい最近、同じ病院で移植した方から「腎機能がすごい悪くなっているんだけど、えいちょんさん的にはどうなんだろう」みたいなニュアンスの連絡があってちょっとビックリでした。

その方は献腎移植をしたようで、私が以前に献腎移植をしたことを知っていたらしく、どんどんCreの値が上昇していることをけっこう不安がっていました。

その方の主治医は別の先生なのでぜんぜん会わないし、余計なことも言いたくないので「腎生検してもらえば」と言っときましたが、実はCreの値を聞いたところほぼ元に戻ることはないだろうなって感じですごく怖かったです・・・

でも今までが今までだし、私には同じ病院の患者さんじゃなくても仲のいい友達もできたから、もう同じ病院の患者さんには関わらないでおこうって感じもあります。

でもあれからどうなったのかはちょっと気になってます・・・大丈夫かな・・・

移植したからって先生に任せてぼーっとしてたら絶対にダメですよぉ、みなさん。

自分のカラダは自分で管理しましょう。

 

頭の中はサクラ満開、春爛漫なえいちょんでしたさくら







最終更新日  2008.03.28 05:48:04
コメント(26) | コメントを書く
2007.12.10
カテゴリ:音 楽

12/6(木)に横浜の赤レンガ倉庫の3Fにある「Motion Blue YOKOHAMA」で、Kのライブがありました。

ちょっと日にちが経ってしまったんですが、とても素敵なライブでしたのでレポupします*^-^*

今回のライブは12/6,7の6:30と9:30の各2回公演だったのですが、私は2回目の方に参加しました。

入場は8時からということですが、友達が先に並んで整理券を取っておいてくれたので、席はステージの目の前のど真ん中のテーブル席でした*^-^*

 

8時10分過ぎくらいに照明が落ちて、Kくん登場。

真っ赤なジャケットが、ルパンみたいです(笑)

久しぶりのKくんはちょっと顔がオトナっぽくなっていたような・・・。

ステージ真ん中のグランドピアノに座って、まずは「ファースト・クリスマス」から。

この曲は、去年移植入院していた時にいちばん聴いた曲で、無菌室の中で一人ぼっちの私に唯一クリスマスの雰囲気を感じさせ慰めてくれた曲でした。

Kくんが弾くピアノを聴きながら、あれからもう一年経ったんだなぁと思い、こうして友達と一緒に過ごせるようになったことを、感謝せずにはいられません。

次は珍しいかもしれない弾き語りの「抱きしめたい」そして「Only Human」

私の大好きな「Only Human」は会場にスゴイ緊張感が漂っていて、うまく言えないのですが「Only Human」の世界と自分の中のこの曲への思い入れに浸り遅れているうちに終わってしまいました。

次は「memories」 この曲は「抱きしめたい」のカップリング曲で、私も大好きな曲なので、こんな小さな会場で「memories」が聴けたことはすごい嬉しかったし、会場にいるみなさんもきっと感激したんじゃないかな。

そして6月のツアーではサビ部分だけでしたので、私にとってはこれが初めて聴くことになる「Birth of Treasure」です。

 ♪ あの日くれた奇跡も 今ここにある生命も

  全て僕の宝物 いつまでも 守り続ける

なんかこの「宝物」っていうのが、その時いきなり腎臓に思えちゃって・・・。

こうして今元気に生きていられるのは、左のお腹の中で一生懸命にがんばってくれている主人の腎臓なんだなぁって思ったら、涙が止まらなくなってしまっていました。

あの中で、自分の腎臓のことなど考えていたのは私だけじゃないかと思います(笑)

 

後半は客席から見て左側に置かれたキーボードに移って「To Be With You」~「Just the Two of Us」

「Fly Away」はJAZZYなムードが、超オシャレ♪

「Music in My Life」では、Kくん「暑いね~青ハート」とかなんか言って、真っ赤なジャケットを脱ぎ捨て(汗)、客席に飛び降りてました(滝汗)

うが~、こっちに飛び降りて欲しかったかもw

今回はオリビアがいなかったからコーラスなんかもないし、このあとの「I Like It」では、Kくん汗だくになってメチャクチャ気合い入ってました。

モーション・ブルーはちょっと遠いし夜遅いライブだったから体調とか心配していましたが、こんなに素敵なライブを観ることができて、本当に行ってよかったなぁって思いました。(Nさん、Yさんありがとうございました♪)

最後は、キーボードに戻って「Just the Two of Us」(だったと思います、違っていたらごめんなさい)

 

さてアンコールは、なんと、K×ET-KINGの「KI・ZU・NA ~忘れないよ~」

うわっ!聴けるとは思わなかったから、まさに感激でまたちょっとうるうる雫

そして、福原さんとBENさんが戻ってきて、「ママがサンタにキスをした」(題名合ってるかな?)

ちょっと早いクリスマス気分を満喫してしまいました。

 

今年のクリスマスは、Kの苗場と、25日には高円寺JIROKICHIで盛り上がるつもりなんですが・・・クリスマスツリー

今気付いたんですが(笑)その日は移植外来になってました・・・。今更ですが、どうしよう?(激寒)

そして最後の曲は「Beyond the sea」

これもサンバ風にアレンジされていて、でもちょっと哀愁を帯びていてボサノヴァに近かったかな?

「Beyond the sea」の、seaがコパカバーナのようでした。

 

今回のMotion Blue YOKOHAMAというライブハウスは、キャパは100人前後で小さいものの、海外や国内の一流ミュージシャンの公演も多く、お店の雰囲気が良かったのでまた行ってみたいなぁと思いました。

レジで精算をしている時、懐かしいシャーデーの「Smooth Operator」が流れていて、思わず「シャーデー懐かしいですね」と言ってしまったら、レジの店員さんが「お気に入りましたら、またいらっしゃってください」と言葉をかけてくださいました。

横浜には、こんなライブハウスがたくさんあるようで、ちょっと羨ましいです。

私の住んでるとこなんか、へたっぴのストリートミュージシャンはわんさかいますが、オトナが安心して入れるライブハウスなんかないですもん。

 

お店を出ると、見馴れた車がライトを点滅させて待ってました。

車の中はめちゃくちゃ暖かくて、ちょっとほっとした私です。

こうして主人が迎えに来ていてくれるから、無茶できるのかな・・・。

横浜みなとみらいのイルミネーションと観覧車の真下を通り抜け、首都高横羽線に乗ってすぐ主人がぽつりと言いました。

「楽しかったかい?」

なんか、涙がとまりませんでした。

 

【K style in Motion Blue YOKOHAMA 2nd セットリスト】 

 1. ファースト・クリスマス
 2. 抱きしめたい
 3. Only Human
 4. memories
 5. Birth of Treasure
 6. To Be With You
 7. Fly Away
 8. Music in My Life
 9. I Like It
10. Just the Two of Us

 1. KI・ZU・NA ~忘れないよ~
 2. ママがサンタにキスをした
 3. Beyond the sea

 

※ 画像は、店内です♪ お友達がお化粧直しに行ってる隙を狙って・・・色とりどりのカクテルがちょっとキレイかもw







最終更新日  2007.12.10 18:44:10
コメント(18) | コメントを書く
2007.06.15
カテゴリ:音 楽

昨日は夕方から雨でした。

体調も良かったし、涼しくて脱水は心配いらず、安心して行くことが出来ました。

渋谷駅が苦手な私は、千代田線「明治神宮前駅」で地下鉄を降りNHKホールまで歩いたのですが、都内は土砂降りで会場に着くまでには足元が濡れてしまいちょっと寒かったです。

 

さて会場に着きますと、もう熱気ムンムン。

あちらこちらに関係者からの花、花、花。

Kと同じく、ジェムケリーでコラボラインを販売した倖田來未さんからも花が届いていました。

 

ほぼ開演時間ぴったりに会場が暗くなり、シェルブールの雨傘ばりのレインコート(色は黒)姿のKが登場。「Music in My Life」からスタートです。

この時点で1Fは総立ち状態。

その後黒いラメのシャツになり、Kくんちょっとオトナな感じw

「Thirsty」~「I Like It」では真っ赤なライトの中、ジャジーなムードの演奏が会場をヒートアップさせますが、このグルーヴ感ある流れの中、みなさん立てノリ系が多かったような・・・(汗)

そして間に軽いMCをはさんで、「True Colors」~「Bridge Over Troubled Water」と、Kのボーカルが会場に響きわたります。

「over...」ではイントロが始まった瞬間、拍手がわき起こりちょっとびっくり。Kのデビュー曲になるこの曲には、みなさん思い入れがあるのでしょうね。

そして「The Day」

♪幸せは途切れながらつづくもの 

 古い舗道の敷石みたいに・・・

つらいことばかりあっても、この曲はそんな私にまた立ち上がる勇気をくれました。

 

後半戦は「Sunshine」から。

あの「Layla」はイントロのアコギ部分がなく、転調してドラムのリズムからエキサイトする部分がカットされちょっとショック!足踏み楽しみにしてたのにぃ~!

そしてなんと私としたことが、本編ラストの「Last Love」で腰と腎臓の痛みに耐えきれずトイレに駆け込む始末・・・。

すぐ会場に戻ったのはいいのですが、私はメチャクチャ方向音痴なんで、今出てきたドアがわからず迷子に・・・(哀)

やっと帰ったら、アンコールになってました・・・(爆)

なんか肝心な時に、ボケまくる☆えいちょん☆です。まぁ生まれながらのアホなんでw

 

アンコール

え?ここで歌っちゃうの?というくらいの名曲「Beyond the Sea」

そして、私の永遠の曲「Only Human」

電飾がきらめく中にKくんがたった一人で、ピアノに向かいます。

「星の想い」

♪夢のカタチが見えずに 不安につぶれそうでも

 君のせいじゃないから 誰も責めはしないから

 いっそ stop and rest your mind・・・

なんか、泣いてしまいました・・・。

 

最後はあの曲でさよなら。

「Bye My Friends」

会場の電気がすべて点き、みんなでLaLaLaLa~♪と大合唱。

この最後の瞬間はいつも幸せな気持ちになります。

Bye-Bye My Friends 会えて良かった・・・きらきら

 

今回のNHKホールでのライブは、ギリギリまで行けるかわからず、本当に悩みました。

でも、今までのライブで、一番素敵なライブでした。

Kくんも会場のファンを先導できるまでに成長できたこと、2F席から見守っていたお父様とお母様もきっと喜んでいらっしゃったことでしょう。

 

このあとサプライズゲストで、韓国から来たKの弟分JUNE(ジューン)くんが飛び入り参加。

「Just Once」を歌ってくれました。

 

会場を出ると、雨はまだ降り続いていました。

雨の中を主人の待つ車に駆け出す私。

こんな私を、こうして支えてくれる主人に感謝きらきら

首都高を自宅に向かってハンドルを握る主人の横顔を、いつまでもながめていました。

 

【 live K tour 2007 ~Music in My Life~ set list 】

 1.Music in My Life
 2.Thirsty
 3.I Like It
 4.True Colors
 5.over...
 6.The Day
 7.Angel
 8.Back At One
 9.Stay Right Here
10.Bridge Over Troubled Water
11.Sunshine
12.朝の光、風の匂い
13.Layla
14.Da Ya Think I'm Sexy ?
15.Blue
16.Last Love

EN1.Beyond the Sea
EN2.Only Human
EN3.星の想い

EN4.Bye My Friends
EN5.Just Once (K & JUNE)







最終更新日  2007.06.15 17:47:12
コメント(16) | コメントを書く
2007.06.14
カテゴリ:音 楽

6/12に外来行ってきました。

外来はいつも車で行きます。

自力通院は、もっと無理・・・甘えてますねぇ。

私の場合、病院までは延々と国道を南下するのですが、朝は太陽が東側にいて私には直射日光が直撃なんですね。

そして帰りは少し遅くなると、今度は家に向かって北上することになるので、またまた私の方に西日が来ていて、助手席ではほぼシートを倒して寝ている状態の私は、直射日光を浴びないように、毛布を頭からかけています。

車の中はガンガンにエアコン利かせていても、寒くなったり、暑くて暑くて頭の中がボーッとしたりします。

国道がメチャクチャ混んでいますと、2時間かかることなんかザラです。

病院着いた時には、余力なんか残っていないほどの仮死状態・・・(泣)

う~ん・・・なんとかならないかな?

本当に病院の近くの○○市に、引っ越しを考えてしまってます・・・。

 

6/12の外来ですが、微妙なデータでした。

Creはまたジワジワと上がっていますが、

「焦らなくてもいいかなぁ」

と、なんとか診察を終えて帰ってきました。

貧血の改善のため、エスポーと、お薬は尿細菌の治療に、

新しく「セフゾン100mg」毎食後1カプセルを二週間服用になりました。

 

外来から帰ってきたその日の夜に、空咳が止まらなくなって軽い呼吸困難が出ましたので、近くの病院に診てもらおうとし、電話をしました。

でも、移植を受けていることがわかると、夜間担当ではない限り、ほぼ診察拒否されてしまいます。

透析の頃から、そういう対応は変わっておらず、たらい回しは日常茶飯事なんです。

もう慣れましたが・・・。

とりあえず消防署に当日救急担当の病院を教えていただき、車で5分の当日担当の病院に行きました。

でも、血液検査とレントゲンも特に異常なしで、帰って来ました。

2日過ぎて、今日は空咳も完全に止まりましたし、昨日までは少しあった胸の苦しさもなくなりました。

あれは何だったのでしょうか?

昨日は23時には寝てしまい、夜中に目覚めることもなく、朝までぐっすり月

 

今日は楽しみにしていたのライブが、NHKホールであります青ハート

でも、本当に行っても、大丈夫ですかね・・・?

無事行くことができたら、またここにライブレポを書きたいと思います。

 

では、データ公開です。

【(6/12)の外来検査データ】

※比較用データは5/31退院時のものです

BUN 18.2 → 22.4

Cre 1.24 → 1.43 ↑up

UA 6.2 → 7.9 ↑up

WBC 7700 → 8800

RBC 304 → 348 

Ht 25.4 → 29.1

PLT 26.4 → 32.4

尿細菌 1+ → 1+

 

 







最終更新日  2007.06.14 11:12:36
コメント(13) | コメントを書く
2007.06.06
カテゴリ:音 楽

Kとジェムケリーのコラボが実現。

live K tour 2007 ~Music in My Life~着用モデルの「Kネックレス&Kピンキーリング」が、通販限定販売で各1000本のみの販売が決定。

Kの文字をかたどった中にツタの葉のモチーフ。

さすが、ジェムケリー!

このデザインを見たときには、感動してしまいました。

繊細なイメージの中にも、この存在感。

一年中みずみずしいグリーンの葉をつけるツタの葉は、決して枯れることのないところから、不滅と、愛のシンボルとされ、古代ギリシアの時代から変わらぬ愛を約束する、結婚のお守りとなっているそうです。

 

・・・買ってしまいましたよ。

それもネックレスとピンキーリングをセットで。

今回のlive K tour 2007 ~Music in My Life~には、具合が悪くぜんぜん行けそうもないので、その代わりと言ったらなんですが。

会社にいる主人の携帯に、直接電話して、ジュエリーをねだる私・・・。

悪妻ですかね?

でも、セットで購入すると、私にとって永遠の曲「Only Human」のオルゴールジュエリーボックスもついてくるのです。

届くまで約2週間かかるそうです。

もう楽しみで仕方ありません!

 

今日の神奈川でのLive、行きたかったなぁ・・・

私は6/14のNHKホールに行きます。

どうか体調が良くなっていますように・・・きらきら

 

Gemcerey K-ライン

http://gc55.jp/K/index.html







最終更新日  2007.06.06 19:03:08
コメント(15) | コメントを書く
2007.05.09
カテゴリ:音 楽

昨夜は眠れず、結局、朝4時くらいに寝ました。

・・・家電の音で起きたら、12時過ぎ。

もちろん家には誰もいません。

携帯の目覚ましも聞こえず、携帯には大量の起きろメールが・・・。

朝6時と9時に飲む免疫抑制剤を速攻で飲むも、だるさが治まらず、またベッドの中へ入ったらまたまた寝てしまい、起きたら夕方6時でした。

そして今は21時過ぎ。

水分量は1000ccを超えたものの、尿量たった350mlで3回。

こうしてブログを書きながらも、だるくてだるくて早く眠りたい。

でも、テンパってるアタマを整理するために、こうして書いています。

別に本になるわけでもないし、ブログって不毛だなぁ・・・。

特にだるさが耐えられなくなってから、ブログの更新が苦痛。

多分、ブログ友達がいなかったら、私はこうして書いていなかったのかも。

でも、ブログを続けることで、大勢の同じ病気の人に知り合えて、同じ病気ではなくても大切な仲間を得ることができたし、ブログを越えて相談し合える友達もできた。

だから書いてる。

ツライ時にこそ書いていると思う、きっと。

 

私は昔、小田和正さんのファンとしてブログを書いていた時期があって、このテーマで何回も日記更新しました。

だけど移植が決まってからは、そのブログは新たに「闘病日記」として生まれ変わることになりました。

小田さんが今回「ダイジョウブ」をリリース。

小田さんブログではなくても、またゆっくりペースで小田さんについて書いていこうかな・・・。

今、はっきり言って、またくじけそうな自分を感じます。

Htも下がっていないのに、動くことが苦痛。

精神的にもまた落ちてる。

そんな私を小田さんは「ダイジョウブ」って言ってくれます。

 

♪自信なくさないで 少し 戻るだけ

 君をなくさないで きっと ダイジョウブ・・・

 時は流れている 絶え間なく 出会ってきたことすべてを

 思い出に 置き換えて 今を生きるために

 

少し戻るだけかぁ・・・。

2週間、がんばりすぎちゃったかな・・・

先生のこと信じること、それだけを目標に、自分のからだの声を聞こうとも思わなかった。

でも、拒絶も起きていないし、ただ体力が落ちただけ。

ただそれだけ。

みんな今を生きてる。

私だけは、過去と未来の中でしか生きられない。

すべてのことが、いつか思い出に変わっちゃうんだろう。

そうして生きてる・・・みんな。







最終更新日  2009.05.27 03:56:47
コメント(20) | コメントを書く
2007.03.06
カテゴリ:音 楽

2007 3/4 苗場プリンスホテル「イベントホール ブリザーディウム」にて

 K Premium Live ~acoustic night in Naeba~ に行って来ました。

当日は、発熱と膀胱炎の諸症状でもう最悪状態でしたが、徹夜で尿量を増やし、なんとか熱を37.1℃まで下げて、ツアー専用バスが止まる東京駅近くの駐車場まで主人に送ってもらいました。

会場がある苗場プリンスホテルには2時半くらいに着き、すぐにシャワーを浴びて、たっぷりの水分を取りながら、ゆったりと過ごしました。6時に下でKファンの友達と集まる予定でしたので、お化粧をして下に降りていきす。

最初に行ったのはカクテルラウンジ「シャトレーヌ」

ここではKの曲にちなんだカクテルが今日限定で飲めるとのこと。

私が飲んだのは「Sunshine晴れです。

オレンジとパインジュースをベースに、レッドチェリーをグラスの縁に飾ったかわいい甘口でした。太陽と称したレッドチェリーからグラスいっぱいにオレンジの太陽光線が降り注ぎなんだかハッピーになれる素敵なカクテルでしたカクテルダブルハート

Liveが始まるのは夜の9:30からですので、そのラウンジを出たあと、軽食を取り、会場の「ブリザーディウム」に行きました。

会場はひし型でそのひとつの角がステージで、あと三方を客席が取り囲む感じでした。私の席はセンターど真ん中でした青ハート

Kくんは全身白の衣装で、シンディーローパーの「True Colors」から歌い出します。グランドピアノに座って歌うその姿に見とれてしまいました。Kくんはバラードと言うイメージがありますが、この人は洋楽のカバーなどを歌うと、もともと声域が広いのですごい迫力なんですね。ビリージョエルの「Honesty」もそうなんですが、本当に鳥肌状態です。

その後盛り上がって立ちあがる人も多くなってきて、「Layla」ではもう会場がダンスフロア状態あっかんべーどきどきハート 私も熱なんかひとまず忘れ、盛り上がって本当に楽しかったですウィンクきらきら

MCもオトナの時間ってコトで、ちょっぴりエッチなお話もあり、みんな大爆笑でした青ハート

Kの2枚目のアルバムのタイトルロールにもなっている「Music in My Life」を歌いきると、最後の曲とKくんは言い、「Only Human」が会場に響きます。

♪苦しみの尽きた場所に 幸せが待つというよ

 僕はまだ探している 季節はずれの向日葵

 こぶし握りしめ 朝日を待てば 赤い爪あとに 涙 キラリ 落ちる

 孤独にも慣れたなら 月明かり頼りに 羽根なき翼で飛び立とう

 もっと 前へ 進め・・・

私の心の中には、去年の苦しみと微笑みに満ちた日々が走馬燈のように駆け巡り、涙があとからあとから出てきてとまりませんでした・・・

そして、アンコール

「Honesty」「星の想い」さっきの盛り上がりが幻だったかのように、会場にはKの澄んだ歌声だけが降り積もります。

2度目のアンコール

「Beyond the Sea」

彼が海を越えてやってきた時の、不安と希望が現された曲で、ファーストアルバムのタイトル曲です。

私が入院している時、手術室でも、クリーンルームでも、いつもこの曲が流れていて、いちばんなぐさめてくれた、私にとって、とっても大切な曲です。

♪過去から逃げるよりも 現在(いま)を見つめていたいだけ

Kくんはまたひとつ、私に何か大切なものを、そっと置いていきました。

過去からも、そして未来さえも信じられなくなっている今の私には、Kくんの歌詞が心に深く染みこんでいきました。

終わって部屋に帰る途中、ガラスごしに雨が降っていました雨 苗場も初夏のような天気だったけど、また何日か後には雪が降るそうです雪 

KくんのLiveが夢の中の出来事だったかのように、また雪が苗場を包んでいくのでしょうか・・・きらきら

K Premium Live セットリスト

1.True Colors
2.大切な人
3.One Last Cry
4.Together Forever ~Album version~
5.明日に架ける橋
6.Back At One
7.I LIKE IT
8.Just the Two of us
9.Layla
10.Music in My Life
11.Only Human
EN1
1.Honesty
2.星の想い
EN2
1.Beyond the Sea








最終更新日  2007.03.06 13:38:33
コメント(5) | コメントを書く
2007.01.28
カテゴリ:音 楽

昨日から、今年初めてのKくんに会えるということで、もうドキドキが収まらず朝を向かえました。

今日は天気予報では雨になるはずでしたが、気持ちよく晴れてKくん日和でした。(Kくんのスタッフさんに雨男がいるらしくて、去年はけっこう野外ライブなどで雨にたたられたことも多かったKくん。今年は良い滑り出しです)

さて、私は「REAL☆G」を3冊買って、入場券が2枚当たったので、ドナーの主人と行くことになりました。

11時頃に高速に乗って11時半ちょっと過ぎには、会場のタワーレコード渋谷店に着いてしまったので、そのちょうど裏の駐車場に車を止めて、とりあえずご飯にすることにしました。

整理番号は119番でした。

会場に入ってみると約50~60席のいす席は満員なので、最前列のいす席の横に立つことにして、Kくんが出てくるのを待ちました。主人は203番なので、Kくんの姿見えるかなぁ?

そして、待つこと10分。

今回の「REAL☆G」の編集長の女性が出てきて、この本の紹介をしていきました。

私も買ったんですが、値段が安いわりに写真集のような作りでオールカラーで、Kくんの写真も素敵なのばっかりでした。この本は「スターダスト・プロモーション」という芸能プロに所属している俳優、女優、またミュージシャンの素顔などを見せちゃえみたいな「REAL」がテーマな雑誌で、これからも2号、3号と出版していくそうです。

Kくんがエンディングテーマで参加したドラマ「1リットルの涙」のヒロイン役をやった「沢尻エリカさん」も、このスターダスト・プロモーションです。今度、特集してくれればいいな。

そして、待ちに待ったKくん登場。

上下おそろいっぽいカーキ色のジャケットとズボンで登場です。

「今日が今年初めてのイベントなので、まだ喋りがイマイチ」みたいなこと言っていましたが、今日歌ってくれた曲はみんなムード満点の弾き語りなので、私にとっては(Kくんのおしゃべりは面白すぎなので)雰囲気がずっと変わらずに、かえってよかったかも・・・きらきら

 歌ってくれた曲は・・・

 1. オネスティ (ビリージョエルのカバー)

 2. トゥルーカラーズ (シンディローパーのカバー)

 3. オンリーヒューマン

 4. 星の想い

 でした。

星の想いは、ファンからのアンコールに応える感じで演ってくれました。

4曲でしたが、どの曲もKくんは全身全霊でうたってくれているように感じました。ビリージョエルと、シンディローパーの曲は、カバーというより完全に自分のものにしていた感じでした。

「オネスティ」は「WANNA BE THE PIANO MAN 」というビリーの曲をこのKや、槇原敬之、ゴスペラーズなどがカバーした「オムニバスアルバム」が年末に発売になっています。

 

そして「Only Human」はKをブレイクさせた曲としても名高い名曲で、私がKくんのファンになった記念すべき曲であると同時に、腎移植を考えるきっかけにもなった曲です。

このブログの名は、この曲名から来ています。

 

この曲をうたわれると、必ず涙が止まらなくなってしまいます・・・涙ぽろり

この曲の歌詞には、私が透析でにっちもさっちもいかなくて悩んでいたときに、希望の光きらきらを与えてくれたワンフレーズがあります。

 ♪ 苦しみの尽きた場所に幸せが待つというよ 僕はまだ探している 季節はずれのひまわり

あの頃は、この歌詞に希望をもらい感動はしても「苦しみの尽きた場所なんて、私にとってはそれは天国でしかない」って思っていました。

でも、今こうして元気になったとき、このワンフレーズが本当の意味で私に問いかけているように思えました。

苦しみばかりの人生の中で、あの2ヶ月は私にとって苦しみの連続でしかなかったけれど、今こうして私の前には無限に思える幸せが待っているような気がするのです。

「星の想い」はKくんのセカンドアルバムの最後の曲です。

この曲もピアノだけでうたう為に作られたんじゃないか・・・と思えるようなすばらしい歌声に、涙で視界が滲んで、歌声だけが空間を満たしていました。

これから、私が不安や涙に暮れるようなことがあったら、数え切れない星の中からきっと私の星をさがせると、そうと思います。

本当に素敵なライブでした。







最終更新日  2009.06.16 20:39:37
コメント(0) | コメントを書く

全10件 (10件中 1-10件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.