eigadojo

フリーページ

全579件 (579件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 58 >

2009年02月08日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
熊本では2週間のみの限定公開。

初日に観に行ったけど、かなりいいですね。(でもお客は3人!)
いじめにより自殺未遂事件が起きたある中学校を舞台にした
「リアル中学生日記」って感じのストーリーですが、
初監督とは思えない中西健二監督の演出が丁寧でかなり好感が持てます。


阿部寛演じる臨時教師がやってきたことで、少しずつ露呈してゆくクラスの歪み・・・・。
阿部ちゃんも、いつもの「くせ者」演技を封印して、真摯に役に取り組んでいます。
安易な結末にもっていかないとこもリアルでよい!
「映画を観た!」って充実感を持てる作品です。
「キネマ旬報」や「映画芸術」のベスト10(の上位)に入ってもおかしくないと思う完成度なんですが・・・・・。
いまの映画批評家たちは、こういう新人監督をもっと発見すべきだと思うけどね!
こういう作品や「ひゃくはち」のような地味だけど面白い映画が
空虚なシネコン大作の中に埋もれてしまうのは、相当に惜しいことです。
かなりオススメ!見逃したら損です。

http://www.aoitori-movie.com/

エイガドージョー・ドットコム






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2009年02月11日 19時02分44秒
2008年10月04日
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんな映画を観た。

またしても「テレビ屋さんの作った画面が大きいだけのテレビ番組」が劇場公開です。


ヤフーの掲示板とかみると

「感動した!」って声の嵐ですけど・・・・・・。

これって相当のヤラセが横行しているんじゃ・・・・・。

もしくは、この人たちは、映画を初めて観たのか?

または、師範代が気がつかないこの映画の魅力を

多くの人は感じているのでしょうか?(だったら教えてほしい!)


原作未読ですが、本当にこんな軽薄なドラマが「傑作ミステリー」として

評判になってるんですか?

ミステリーってジャンルは、

人の命を殺人というエンターテイメントとして扱うからこそ

面白いとは思うのですが、この映画を作った人たちには

「命」の本当の意味がわかっていないとしか思えません。

訳知り顔で説教たれるオッサンのような非常に不快な映画でした。


あのストーリー展開だったら、石神の役を堤真一がやるのは絶対におかしい。

堤に石神をやらせるのが、会社の方針ならば、映画のテイストは

ああであってはならない。

現場が出資者たちと戦っていないから、こういう安易な映画ができてしまうのだ!


世界はもう「ダークナイト」を作る時代になっているというのに・・・・・。

日本の映画のレベルがこれじゃ恥ずかしいじゃないか?

まだテレビ版「ガリレオ」の薄っぺらいドラマの方が

気軽に楽しめるだけに罪がなかった気がします。


この映画にお金を払うくらいなら「アイアンマン」を観よう!

と強く警鐘をならしておきます。


http://yougisha-x.com/

エイガドージョー・ドットコム






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2008年10月05日 21時23分21秒
2008年09月01日
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんな映画を観た。


正直全然期待していませんでしたが、大収穫の1本でした。

これまでの高校野球映画に胡散臭さを感じていた師範代のような非スポーツ系人間にも納得の野球青春映画。

タバコを吸う高校球児をフツーに登場させるだけでも制作時には、かなり大変だったと予想されますが、そういう「いまの高校生像」に嘘をつかない映画作りにものすごく好感が持てます。

(yahooの映画評などでは、そのあたりで賛否分かれているようです。もちろん師範代はこの映画を支持しますぞ!!!!)


レギュラーでなく補欠の球児のリアルな日常。

ちゃんと野球をさせて、ちゃんと撮影してるとこが、当たり前だけどすごい。

監督役の竹内力はプロデューサーとしてもこの映画に参画しています。やるねー兄貴!

熊本出身の高良健吾くんも出てます!


リアルに描くだけでなく、エンターテインメントとしてもツボを心得た展開なので、映画を見終わった後のさわやかさが十分残ります。

あえて辛口なことを言えば、音楽があまりよくなかった。もっと淡々とした劇伴でよかった気もします。

そのへんを差し引いても、今年の邦画のベストに入る出来だと思うので、ノーチェックだった方々も食わず嫌いしないで観ておくことをオススメします。

この作品が長編デビューだという森義隆という監督。覚えておいた方がいいと思います。


問題なのは、予告編が全然よくないってことです。本編のイメージと全然違うので、あまり参考になりません。

これじゃ「バッテリー」みたいな映画だとお客は思ってしまうよなぁ・・・・・。

エイガドージョー・ドットコム






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2008年10月05日 21時19分24秒
2008年07月22日
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんな映画を観た。

内容に触れます!未見の方はスルーして下さい。



公開後数日を経て、

ネットでの感想もいろいろと出てきた「崖の上のポニョ」。

大体いくつかのパターンに分かれてます。


その1 手書きのアニメーションがすごい

その2 またしても急に終わる

その3 なんか変な感じ


面白いけど、期待していたものとは違う・・・・

というのが大方の感想のようです。


ここで師範代的な妄想映画分析をやってしまうと

「ポニョ」は、相当に怖い映画だと思う。

なぜなら、この映画はたくさんの「死」を描いているからです。

死人が出るシーンがある訳ではないのですが、

映画全体に「死」のイメージが何度も提示されます。


ポニョを見つけた宗介が無邪気に瓶を割るシーン

ぐったりとしたバケツの中のポニョ

ケアセンターの車椅子の老人たち

大水害で水に浸かる町

ポニョがぐったりとなる謎のトンネル

乗り捨てられたリサの車

竜宮城のごとき水の中のケアセンター


どのシーンにも、直接的ではありませんが

「死」が近くにあることを想起させます。

こういう点は、大人より子供の方が敏感に

感じ取っているのではないでしょうか?


そして、宗介のために魔法を使いまくり

世界を崩壊させたポニョが

唯一、他者への思いやりをみせる赤ちゃんのシーンが、

上記の「死」に対応するシーンとして

ラスト近くに唐突に登場してきます。

ちなみにこのちょっとへんなシーンが、

宮崎駿にとって、最も重要なシーンだと思われます。

「死」に対峙する「未来」「生命」「希望」を

描いたのではないでしょうか?

赤ちゃんの母親の声には、

「千と千尋の神隠し」で千尋を演じた

柊留美がキャスティングされているのも象徴的です。


ここ何年かの宮崎映画は、ハリウッド的(ディスニー的?)な

据わりのいいエンディングを用意しません。

「もののけ姫」しかり、「千と千尋」しかり

「ハウルの動く城」に至っては、

ものすごく唐突に戦争を終結させたりします。

この終わり方こそが、宮崎らしさであり

観客に対して「問い」を発したまま終わるという

制作者としてある意味良心的な作風であるとも言えます。

こういう作り方は実写映画では珍しくないのですが

アニメというジャンルでやった人は少なかったので

終わり方に馴染めない人が多いのかもしれません。

映画は、「世界」は死ぬ!さぁ、おまえはどうする?

という根源的な問いを観客に発して終わります。


宮崎駿はもう死ぬんじゃないかと思う。

いや、自殺するとかそういうことではなくて

表現者として死を覚悟していないと

こういう映画は作らないと思う。

黒澤明が「まあだだよ」で到達した境地に

宮崎も立っているのではないだろうか?


問題は、なぜ宮崎が「死」を語る境地に達したかだが、

師範代的見解は、

息子・宮崎吾郎が「ゲド戦記」を作ったこととに

大いに関係あると思う。

「ポニョ」と「ゲド戦記」はコインの裏表なのだ。

台詞と論理で「世界」と「命」を描こうとした吾郎に対して

動きと感覚で「世界」と「死」を描いてみせた駿。

このあたりを分析しだすと、長くなるので

続きは、また別の日にでも・・・・・・・


ちなみに、世間の皆さん言うほど

『ゲド戦記』を嫌いにはなれない師範代です。

「ポニョ」を観た後は、余計あの映画がわかる気がします。


師範代的な「ポニョ」の位置づけは

星飛雄馬の前に立ちはだかった中日コーチとなった星一徹です。

(これ、わかる人にはわかるよね?)

これは壮絶かつ麗しい親子の姿ではないか?

親父の覚悟を見せつけられた宮崎吾郎は

果たして「大リーグボール3号」を生み出せるだろうか?


http://www.ghibli.jp/ponyo/


eigadojo.com






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2008年07月22日 23時30分43秒
2007年06月09日
カテゴリ:カテゴリ未分類
「リンダリンダリンダ」の山下敦弘監督最新作。
日常描写をまったりと描きながら決して観客を飽きさせない手腕はさすが!

役者としては、主演の新井浩文もよかったが、双子の弟役の山中崇がスゲー!あの不気味なニヤニヤ笑いは演技の域を超えてます。
ダメオヤジ役の三浦友和も相当いい!いま中年の悲哀を演じさせたら、彼が日本で一番かもしれません。日本のウィリアム・H・メイシーになれるかも・・・・・。

http://www.matsugane.jp/

エイガドージョー・ドットコム






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2007年06月28日 08時30分19秒
2007年06月02日
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんな映画を観た。

松本人志の第1回監督作品です。
事前情報をほとんど公開せず、いきなりカンヌでお披露目という派手なデビューを飾った松本監督の手腕やいかに・・・・・・?

松本人志が公開前から言っていた「映画を壊す」という目的は、ある意味大成功し、ある意味大失敗しております。

もし、オフィシャル本に書いてある初稿のまま完成させていたら、かなりの傑作になっていたと思うのですが、あえてそれを放棄して、「映画であることを止める」という飛び道具を出して来た・・・・・という感じのエンディングを迎えます・・・・・。
このラスト10分の展開が、見ようによっては、「映画を壊す」どころか「陳腐な寒いパロディ」にも見えてしまうのが、どうにもツライ。ツライ!ツライぞぉぉぉぉ!

それほど「映画」というものは、なかなか壊れない強固なものなのだなぁ・・・・という思いを強くしました。
「監督、ばんざい」も同じようなアプローチをして、失敗しております。

ここ10年の映像表現で「映画を壊す」ことに僅かながら成功したのは、「メメント」、「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」、「新世紀エヴァンゲリオン最終回」の3つだと師範代は思うのですが、この3つの作品以上には、松本監督も北野監督も映画を壊していない・・・・・・そこがツライ!

北野武監督がデビューに恵まれていたと思うのは、深作欣二と野沢尚が作った「その男凶暴につき」というオリジナル脚本が前提としてあったこと。
深作監督の降板を受けて、あとを引き受けた北野監督は、深作・野沢版を「壊す」ことで自分のオリジナリティを表現できたという「幸運」です。(後に野沢は、『過去に2度、自分の脚本を改悪された。結果的にうち1本は傑作となった』と粋なことを言っておりました。)

松本監督が不運だったのは、オリジナルの「ヒーローもの」を自ら作った上で、壊すことまで自分でやらなければならなかったということ。
「そんな面倒なことしなきゃいいじゃん。」と人は言うかもしれませんが、そこが「天才・松本」の「天才」たるところでしょう。

松本がスタッフをいつものテレビのクルーで組んだのも敗因のひとつだと思う。
「それって全然新しくないよ!」って言ってくれる外部の存在を入れて脚本を練れば、こんな自家中毒なことになならなかったようにも思う。
「あんなゲームみたいなCGじゃ全然ダメだよ。いまどきの観客はもっと目が肥えてるよ!」とか言ってくれる人がスタッフにいなかったんだと思う。
師範代がスタッフだったら、CGまったくなしで『獣』を描くべきだ進言しただろう。

http://www.dainipponjin.com/

エイガドージョー・ドットコム







楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2007年06月05日 21時47分24秒
2007年03月04日
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんな映画を観た。

SEGAの大ヒットゲームを三池崇史が監督して実写映画化。
歌舞伎町ならぬ「神室町」を舞台に、裏の世界にの男と男の抗争が勃発!
主人公・桐生一馬役に北村一輝、因縁の宿敵、真島吾朗役に岸谷五朗。

とにかく堪能しました助演なのに「岸谷五朗劇場」って感じの作品です!
死なない!死なない!死なない!
岸谷の怪演に対して、北村一輝はかなり抑えたテンション。(いつもだったらすぐにキレる北村にこういう役をフルのがまさに三池流!)
そんな北村もクライマックスでスゲー展開をやらかします。(詳しく書くとネタバレになるので書きませんが、多分これってゲームの設定に忠実なんだろうね。それをこういう展開で持ってくるのもさすが三池監督です。)

余談ですが、先日お会いした清水崇監督は、「ボクもけっこう仕事してますけど、三池監督はスゴイ!実は2人いるんじゃないかという説が業界であるくらいです。」って言ってました。
2人の三池崇史を主人公にした日本版「アダプテーション」みたいな作品撮ったら面白いかも?

東映っぽさ濃厚なこの作品、実は東映は配給のみで、SEGAが製作の主体ですが、「こういう東映の遺伝子を正しく受け継ぐ映画を、なぜ東映本体が作らない!」と強く強く思ってしまいました。
三池崇史ファン劇場へ!
見逃すな!

http://www.ryu-movie.com/

エイガドージョー・ドットコム






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2007年03月06日 09時14分02秒
2007年03月03日
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんな映画を観た。

スティーブン・スピルバーグやマーティン・スコセッシ、リドリー・スコットといった大物監督が原作権争奪戦を演じたことでも話題になったパトリック・ジュースキントのベストセラー『香水 ある人殺しの物語』。
この原作を獲得したのは、「ラン・ローラ・ラン」のドイツ出身監督トム・ティクバ。
人類最高の嗅覚を持った主人公ジャン=バティスト・グルヌイユが究極の香水を作るために次々と禁断の行為に手を染めてゆく・・・・・・。
描こうと思えば、どこまでもグロく描ける題材ですが、トム・ティクバはそこにギリギリで抑制をかけてエンターテインメント作品に仕上げております。(そこがまた物足りないという人もいるかもしれないし、その抑制によってハリウッド大作になりえているとも言えます。)

とにかく「最高の嗅覚」をビジュアル化した映像が、壮大でかなり笑えます。
こんな嗅覚があったら、もっと他の用途に使えるよなーとも思うんですが、そこに行かないとこが、この主人公ジャンの「悲劇」でもあるし、ある意味「喜劇」でもあるのですよ。
この映画を観ている間、師範代は、子供のころ読んだ「ウルトラ怪獣図鑑」の内容を思い出しておりました。

「ウルトラセブンは10キロ先の針の落ちた音が聞こえる」ってやつ。

かなりなトンデモ映画ですが、お金かかってるトンデモなので、こういうの好きです!
監督のトム・ティクバって「赤毛」が好きなのかなー。「ラン・ローラ・ラン」にも「ヘブン」にも赤毛が出てたような。
ジョン・ウーの「鳩」みたいなもんか?

究極の感覚を授かった主人公でいろんなバージョンが作れるナーなんて思いながら、劇場を出た師範代でした。
「究極の味覚」を持った主人公が、料理対決で名人を次々打ち負かす様を、CGたっぷりで描いたら実写版「ミスター味っ子」は出来るなー。
あるいは「究極の聴覚」をもったピアニストが・・・・・・・そりゃ「のだめカンタービレ」だ!

http://perfume.gyao.jp/

エイガドージョー・ドットコム





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2007年03月06日 09時10分29秒
2007年01月08日
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんな映画を観た。

この映画には新しい発見はあまりありません。
そういう意味では「武士の一分」と同じタイプの映画でした。
だがしかし、同じ切り口でヒットした日本映画「フラガール」の100倍はよくできている映画だとも言えます。
「フラガール」ファンの皆さんには申し訳ないが、師範代はあの映画をあまり評価できませんでした。
同じ李相日監督の「69sitynine」を2004年の1位に選んだ師範代としては、李監督を応援する気持ちに変わりはないのですが、どうしても「フラガール」を好きにはなれませんでした。
映画の評価において、これまで見たことにない「新しさ」を大きなポイントとして考える師範代としては、どうせ新しくない題材ならもっと「巧く」作ってほしいと思ってしまったのです。(好きな監督に採点が辛くなるのは仕方ありません。)
「フラガール」は、「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」の成功の影響下に作られた映画だということは間違いありません。
この「キンキーブーツ」もイギリスでの同じタイプの映画「フルモンティ」「ブロス」の2匹目のどじょうを狙って作られた映画です。
同じ2匹目のどじょう映画ならば、この「キンキーブーツ」ぐらい巧く「フラガール」も作ってほしかったと切に思ってしまうのです。

要は、「あと出しジャンケンで、負けてどうするよ!勝たなきゃ意味なし!」ということです。

父親の急死で倒産目前の靴工場を相続した主人公が、ひょんなことから女装の男子と工場の再生に挑戦するという物語。
(ほら『フルモンティ』でしょ、『フラガール』でしょ!)

とにかくドラッグクイーン・ローラを演じるキウェテル・イジョフォー が素晴らしい。(ここんとこ『インサイドマン』『トゥモロー・ワールド』と秀作に連続出演!)
この映画で一番の男気あるキャラというのがこの女装のローラというのも、かなり練られたシナリオだと思います。
おなじアプローチの映画をつくるなら、勝負は「シナリオの練りこみ」にあるということを「キンキーブーツ」のスタッフはわかっています。

それとこの映画で特筆したいのは、登場人物の持つ職人気質の表情です。
いかにも田舎の靴工場にいそうな面構えのキャスト陣を揃えたのが勝因。(特にニック・フロスト演じるドンがいい!)
師範代には、「フラガール」のトヨエツが、どうしても炭鉱夫には見えなかったのですよ!
そろそろ日本映画も、有名か無名かでなく、面構えや演技力でキャストを考えてほしいです。(そのあたりの見た目のキャスティングに一番敏感だった日本の監督は、伊丹十三だったと思う。)
今の映画界に跋扈している数字の獲得のために知った顔を揃えるという手法は、実にテレビ的発想。(『大奥』なんかそういうキャスティングでお客を呼んでいる訳ですが・・・・・)
邦画がヒットしている今だからこそ、そろそろそういう発想から脱却してもいいんじゃなかろうか・・・・・・。
実力のある俳優はもっとたくさんいるのに、どの映画にも竹中直人が出ている日本映画の現状はなんとかしなければなりません。(竹中直人の存在感はたしかに貴重ではあるけれども・・・・・・)

いでよ次の竹中直人!日本のスタンリー・トゥッチよ!


とにかく「キンキーブーツ」は新しくはないが確実に楽しめるいい映画だったということです。
最近テンションがあがらないなーというあなた!是非御覧ください。

オフィシャル・サイト
http://www.movies.co.jp/kinkyboots/


エイガドージョー・ドットコム





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2007年01月10日 09時40分33秒
2006年12月23日
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんな映画を観た。

「ピンポン」の松本大洋のコミックを「MIND GAME マインド・ゲーム」のスタジオ4℃がアニメ化。
「宝町」を舞台に、二人だけで暮らす少年クロ&シロVS開発計画に暗躍するヤクザたちの抗争が勃発する。
クロは二宮和也、シロ蒼井優が吹き替え。(特に蒼井優は、見事に少年の声を出していて、驚くべき巧さです!)
監督は「アニマトリックス」のプロデューサーもつとめたマイケル・アリアス。

CGとセルアニメを融合させた立体的な映像は、それほど驚くほどではありませんが、少年たちのスピーディな動きと連動させて見せてくれるので、かなり気持ちがいい。
ここ数年メインストリームとなりつつある「フル3DCGアニメ」にはできない質感とスピード感を描くことに成功している点は、高く評価できます。

それよりもなによりも、クライマックスでシロが叫ぶセリフ「クロのネジ、全部シロが持ってる!」に泣いた師範代です。
自分の足りないネジをもっている相棒に出会うことの「奇跡」と「幸福」!
自分がすべてのネジを持っていると思っている人たちには、決してわからないセリフです。
あなたにとってのシロは誰ですか?
あなたはシロに出会っていますか?
そんなことを考えさせてくれる映画でした。

余談ですが、シロとクロの関係性は、「ゲド戦記」のアレンとテルーの関係と相似な気がします。
この時代の空気を宮崎吾朗とマイケル・アリアスは、敏感に感じているということでしょう。
両作品とも「生きる」意味へのアプローチがまだまだ浅い気がしたのは残念ですが・・・・・・。
(思えば、「クレヨンしんちゃんオトナ帝国の逆襲」クライマックスにおけるしんのすけの「大人になって、キレイなお姉さんたちといっぱいおつきあいしたいから!」ってスゴイセリフだよね。)
「生きる」ということを真摯にとらえているクリエーターが、今後、実写の世界でも登場してほしいと思う師範代です。

オフィシャル・サイト↓
http://tekkon.net/

エイガドージョー・ドットコム






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2006年12月25日 18時20分33秒

全579件 (579件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 58 >

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

コメントに書き込みはありません。
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.