eigadojo

フリーページ

2006年02月25日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんな映画を観た。

第78回アカデミー賞でも、作品賞・監督賞・助演男優賞・編集賞・オリジナル歌曲賞 にもノミネートされている注目作。
「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本で注目を集めたポール・ハギスが監督デビューした作品です。
脚本家が監督になるとどうしても描写がしつこくなり、語りすぎる映画になる傾向があります。(フランク・ダラボンなんかいい例!)
今回のポール・ハギスは例外的に演出がうまい!少ない描写で最大の効果をあげることに成功しています。


舞台はロサンジェルス。
さまざまな「事件~クラッシュ~」によって繋がってゆく人々のドラマを、観客は、すべてを見つめる「神の視点」で目撃することになります。
「差別」「偏見」「貧富」「9.11」などなど・・・・・さまざな今のアメリカが抱える問題を鋭く切り裂きながら、ドラマは意外な収束点に向かっていきます。
このへんはさすが「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本家です、同じような群像劇構成の「有頂天ホテル」とは格段のレベルの違いを見せつけてくれます。
人種問題的な部分は「ドウ・ザ・ライト・シング」的。群像劇的部分は「マグノリア」的です。
どちらもな師範代の大好きな映画。その両方の要素をハイブリットしているのもポイントが高い!

登場する役者はどれもすばらしいのですが、ドン・チードルとマット・ディロン(アカデミー助演男優賞ノミネート)が特にすばらしいです。
エンディング近くのドン・チードルの困ったちゃん顔「俺どうすればいいんだよー」的な絶妙の表情に注目です。(いい企画に出会えば、彼は近いうちに必ずオスカーが獲れるでしょう!)

映画の構成としては、「マグノリア」の先例があるので衝撃作とは言えませんが、とても巧くできた佳作といった印象。
絶望的な描写が多い中で不思議と希望の持てるラストを描いている点が、ポール・ハギスの持ち味かもしれません。
ずっしりと重たいものが残りますが、「映画を観た!」という感動をあたえてくれる良作!!

正直こういう映画を観ると、日本映画界は「有頂天ホテル」大ヒットとかで、浮かれてる場合ではないと思うのです。

サントラが良かったので終映後にタワーレコードで早速購入!

http://www.crash-movie.jp/

エイガドージョー・ドットコム






最終更新日  2006年03月08日 10時19分27秒

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


eigadojo

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.