eigadojo

フリーページ

2006年12月23日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんな映画を観た。

「ピンポン」の松本大洋のコミックを「MIND GAME マインド・ゲーム」のスタジオ4℃がアニメ化。
「宝町」を舞台に、二人だけで暮らす少年クロ&シロVS開発計画に暗躍するヤクザたちの抗争が勃発する。
クロは二宮和也、シロ蒼井優が吹き替え。(特に蒼井優は、見事に少年の声を出していて、驚くべき巧さです!)
監督は「アニマトリックス」のプロデューサーもつとめたマイケル・アリアス。

CGとセルアニメを融合させた立体的な映像は、それほど驚くほどではありませんが、少年たちのスピーディな動きと連動させて見せてくれるので、かなり気持ちがいい。
ここ数年メインストリームとなりつつある「フル3DCGアニメ」にはできない質感とスピード感を描くことに成功している点は、高く評価できます。

それよりもなによりも、クライマックスでシロが叫ぶセリフ「クロのネジ、全部シロが持ってる!」に泣いた師範代です。
自分の足りないネジをもっている相棒に出会うことの「奇跡」と「幸福」!
自分がすべてのネジを持っていると思っている人たちには、決してわからないセリフです。
あなたにとってのシロは誰ですか?
あなたはシロに出会っていますか?
そんなことを考えさせてくれる映画でした。

余談ですが、シロとクロの関係性は、「ゲド戦記」のアレンとテルーの関係と相似な気がします。
この時代の空気を宮崎吾朗とマイケル・アリアスは、敏感に感じているということでしょう。
両作品とも「生きる」意味へのアプローチがまだまだ浅い気がしたのは残念ですが・・・・・・。
(思えば、「クレヨンしんちゃんオトナ帝国の逆襲」クライマックスにおけるしんのすけの「大人になって、キレイなお姉さんたちといっぱいおつきあいしたいから!」ってスゴイセリフだよね。)
「生きる」ということを真摯にとらえているクリエーターが、今後、実写の世界でも登場してほしいと思う師範代です。

オフィシャル・サイト↓
http://tekkon.net/

エイガドージョー・ドットコム







最終更新日  2006年12月25日 18時20分33秒

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


eigadojo

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.