eigadojo

フリーページ

全579件 (579件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 58 >

2006年05月06日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんな映画を観た。

2004年の映画版第1作、そして2005年のTVドラマ版「海猿 UMIZARU EVOLUTION」に続く、「海猿」シリーズの映画版完結篇。
1作目では、まだ訓練生だった主人公・仙崎大輔(伊藤英明)が、今回は最前線の潜水士として沈没大型フェリー船での救出活動に挑む。
監督は前作に引続き羽住英一郎。

初日の劇場に出かけましたが、ほぼ満席の大ヒット。
映画は多くの人と盛り上がりたいので、基本的に劇場に人が多いのは嬉しいことですが、この映画のヒットに関しては「複雑な思い」もよぎります。
要は、亀山千広(フジテレビジョン映画事業局長)いうやり手プロデューサーがつくったテレビとシネコンを結びつける邦画ヒットの「方程式」が定着してきたってこと。
テレビ・シリーズで認知度をアップして、劇場版を作るという手法は、「踊る大走査線」あたりからフジテレビが本格的にやってきたビジネスのやり方。
今回の「海猿」プロジェクトは、当初から2本の劇場版の間にテレビ・シリーズを挟み込むという「踊る」では出来なかったリアルタイム連動型の盛り上げ手法を徹底してやっています。
(『踊る』の場合、テレビシリーズからすぐ映画化に直結したわけでなく、ネットとスペシャルでの盛り上げが、数年かけて映画化へつながるという形になってます。)

慈善事業じゃないんだから、映画がヒットするのは誠にめでたいことなんですが・・・・・・
大ヒット映画だからこそ、この映画だけにはひとこと苦言を呈しておきたい!
この作品は・・・・・・・・・・・・

脚本が「安い」。
登場人物のキャラが「安い」。
演技が「安い」。
CGなどのクオリティが「安い」。
演出のレベルが「安い」。
とにかく、あまりにも映画全体のつくりが「安い」。
違和感を感じるのは、亀山Pたちが、それを意識してやっているって事です。
「お前ら日本人は、こういうストーリーでこういう音楽がかかれば泣くんだよな!だよね!」ってスクリーンの後ろでしたり顔をしてるのが見える気がします。
これまでの邦画プロデューサーの場合、意気込みはあっても能力が伴わなくて、変な映画ができてしまうことが多かったのですが、亀山氏の場合、高度な計算のもと、自分の狙いどおりに「安い」映画を作っている・・・・・・いわば「確信犯」だと思います。
言わば、この映画に詰まっている「安さ」は、いまの俺たち日本人自身が持っている「安さ」そのものなのです。
だから余計腹が立つ!
ハリウッドのジェリー・ブラッカイマーは、脚本、キャラが安くても、ビジュアルにだけはお金をかける「爆発大魔王」ですが、亀山Pの場合、その爆発すら安いCGと旋回するヘリコプターでお茶を濁すという「お安いブラッカイマー」なのですよ。

以前、師範代は、「踊る大走査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」の公開時、かなりあの作品の違和感を感じて、不満を書きました。
当時は、あまり支持してくれる人もいなかったのですが、その違和感は「ローレライ」「交渉人真下正義」「容疑者室井慎次」「県庁の星」「有頂天ホテル」と続いて、この作品で極まった感があります。
師範代が言いたいのは、「娯楽映画を作るんなら、それ相応の覚悟を持って作れ!」ってことなのです。
娯楽ってものは、その国のモラルの礎になる大事なものだと思うのです。(師範代がモラルなんて言葉使うのも違和感ありありなんだが・・・・・・)
黒澤映画や深作アクションや宮崎駿アニメは、多くの人が観る娯楽映画だからこそ、日本人にとって重要な「なにか」を描けたし残せたと師範代は思うのであります。
それは、監督やプロデューサーたちが「覚悟」をもって作品と対峙していたからに違いありません。
残念ながら亀山氏の作る映画にその「覚悟」はまったく感じられません。残念です。
お隣の韓国映画や中国映画にはやれているのに、何故日本映画では、こんなものしか作れないのかなぁ・・・・。
しかも、こんなのが大ヒットする国って・・・・あまりに情けないじゃないかなぁ・・・!

人の命を扱う職業の主人公が、人命救助をそっちのけでベタベタな「愛の告白」するような映画。
そんな映画を喜ぶ国の民なんですよ我々は・・・・・・。嗚呼!


以上、師範代の勝手な感想を書き散らかしました。
「海猿」ファン、亀山Pファンの皆さんには不快な思いをさせてすんません。
まぁ、今回も、師範代は「呼ばれなかったパーティ」に参加してしまったのでしょうね・・・・・・・ってことで。


http://www.umizaru.jp/


エイガドージョー・ドットコム







最終更新日  2006年05月30日 21時12分02秒
2006年04月29日
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんな映画を観た。

金子修介による「平成ガメラ3部作」は、いったんなかったことにしての仕切り直し「新ガメラ」。
1973年に一度上陸してギャオスと死闘したガメラが自爆死。
それから30年以上巨大生物は出現していないという平和な日本が舞台。
(昭和のガメラシリーズとは、微妙に出現の年代がずれているので、どうも『昭和ガメラ』とはパラレルな世界観らしい。)
平成ゴジラ・シリーズでもそういう「昔出たモンスターが数十年後にまた出現」というフォーマットを毎回やっていましたが、これってもう飽きてないか?
べつに初めてでた巨大怪獣に現代社会がテンテコマイでいいんじゃないかと思うんだが・・・・・。

今回の作品は、「新たなガメラ像を!」というスタッフの意気込みが感じられます。(少し空回りしている感もありますが・・・・。)
金子修介が「この映画の世界には亀はいない!」と規定した平成3部作の設定の巧さに、いまさらながら感心させられる。
「亀がいない世界」ならば、ガメラの造詣は十分怪獣に見えるが、「亀のいる世界」なら、ガメラは滑稽な「巨大な亀」にすぎない。
ゴジラとガメラのビジュアルの違いは、物語の世界観にも大きく影響しているのだ。
今回の映画では、最初主人公の少年が「ガメラ」を「亀」と思って育てるのだから、金子ガメラとは、まったく逆の世界観と言える。

よかったのは、クライマックスの少年少女とガメラとの心の交流シーン。
「小さき勇者たち」というタイトルの本当の意味が、ここで観客に提示される。
ここがよかったので、ここに持ってくるまでの伏線や段取りをもっと密にやってればなぁ・・・・という思いが強く残った。
このテイストであと1作は観てみたいですが、ガメラの造詣はカワイ過ぎ!もう少し怪獣らしい凶暴なガメラを希望します。

監督は「平成仮面ライダーシリーズ」で独特の世界観を成功させた田崎竜太。
少年の父親役の津田寛治をはじめライダー出演者が何人か登場していました。

http://gamera.jp/

エイガドージョー・ドットコム






最終更新日  2006年05月30日 21時18分42秒
2006年04月27日
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんな映画を観た。

アカデミー賞受賞のデンゼル・ワシントンとジョディ・フォスターの共演。
監督は「ドゥ・ザ・ライト・シング」「マルコムX」のスパイク・リー。
ここ数作は小規模な作品が多かったスパイク・リーにとっては、ひさびさのハリウッド・メジャー大作。
ニューヨーク派の彼にとっては、ハリウッドのスター共演映画は、かなりアウェイな企画ではありますが、スパイク・リーらしさが濃厚に漂う1作に仕上がっています。

冒頭、狭い牢獄の中にいるクライヴ・オーウェンから映画がスタート。(ここ重要なシーンなので見逃すなよ!)
クライブ率いる銀行強盗一味とデンゼル率いる警察組織の駆け引き。
それにからんでくるやり手の弁護士ジョディ・フォスター。
演技力がある3人がからんできて俄然映画が面白くなってゆきます。

エンディングのツイストがちょっと不足かなという不満もありますが、音楽がかっこいいので気持ちよく劇場を出られます。
これもまた「9.11」以降のアメリカの人種問題を描いている作品ではありますが、スパイクらしいユーモアが満載されているので、深刻なりすぎずに観られます。
オープニングとエンディングにかかるインド・ダンス・ミュージックが心地よいです。
スパイク・リーって抜群にリズム感のいい監督だと思います。これってかなり映画監督として重要な資質だと思うよ。

追伸:劇中、ニューヨークを舞台にした銀行強盗映画の傑作「狼たちの午後」(シドニー・ルメット監督作品)に言及するシーンもあります。
   テレビ出身のルメットが、アル・パチーノやジョン・カザールなどの実力派を集めて作った1975年の傑作映画です。
   「インサイドマン」をより楽しむためには、事前鑑賞しておくことをオススメします。

http://www.insideman.jp/


エイガドージョー・ドットコム






最終更新日  2006年05月30日 21時09分38秒
2006年04月22日
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんな映画を観た。

「マッハ!!!!!!!」に続くプラッチャヤー・ピンゲーオ監督、トニー・ジャー主演によるアクション映画。
前作盗まれた「仏像」を今回は「象」に置き換えた安易なストーリーラインですが、アクションの中身は濃く熱くパワーアップしております。
「どこまで1カットでやるんだー」と驚かされること必至の階段での超長回しのアクションは一見の価値あり。
こういうチャレンジをやるタイ映画の熱さは、もっと見習うべきです。
「なるほどこの手があったか!」と膝をうったのは、「アクション」と「動物愛護」を同じ映画に盛り込むという過剰なコンセプト。
これは、ありそうでなかった切り口です。
日本のプロデューサーは、すぐに三池崇史に「チワワを守って暗黒組織と戦う哀川翔」の映画を撮らせるべし!
「ゼブラーマン2:守れ!クーちゃん!」であります。

http://www.tyg-movie.jp/


エイガドージョー・ドットコム






最終更新日  2006年05月30日 21時08分28秒
2006年04月19日
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんな映画を観た。

若年性アルツハイマーにかかった主人公を渡辺謙が演じている。
意外なことに映画初主演。
要は、韓国映画「私の頭の中のの消しゴム」の二番煎じ企画。
「消しゴム」が永作博美ドラマのリメイクだったことを考えると三番煎じ企画とも言える。

ところが、ところが、ところが、これがいいんだよ!
前2作が甘~く仕上げて逃げていた部分にもキチン落とし前をつけており、企画の貧困さを補ってあまりある良作に仕上げてます。
多分、堤幸彦作品の中では一番評価が高い作品になるんではないだろうか・・・・・・。
「トリック」や「ケイゾク」の独特のタッチも大好きですが、この監督はそれだけでないという懐の深さを見せてくれる作品です。
「コメディの方が難しいよ。このくらいの作品なら簡単に撮れるんだ俺は!」という堤監督の声が聞こえてきそうな気もします。
「トリック劇場版2」(6月公開)と同時期公開なので、コメディ演出はあちらに集中したのかもしれません。

渡辺謙演じる病気と戦う主人公にも感動しますが、それを支える家族や周りの人間がまた素晴らしい!
中でもIT企業の宣伝課長役香川照之とクライマックスに登場する御大・大滝秀治先生がグレート!
「生きてりゃいいんだよ!」と秀治節に号泣であります。

5月13日(土)公開です。

http://www.ashitanokioku.jp/


エイガドージョー・ドットコム






最終更新日  2006年05月30日 21時18分00秒
2006年04月08日
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんな映画を観た。

ピーター・ハイアムズ監督の最新作です。
約30年間に渡ってコンスタントに作品を発表し続けるハイアムズ監督。
よく言えば「職人監督」。悪く言うと「そこそこ監督」。
どんなジャンルの作品を撮っても、そこそこ見せる映画に仕上げてしまう。
ただし、大傑作になることは決してなく「そこそこの映画」にしかならない。それがハイアムズ節!
そのフィルモグラフィがその作家性を一番あらわしています。


サウンド・オブ・サンダー(2004) 監督/撮影
ヤング・ブラッド(2001) 監督/撮影
エンド・オブ・デイズ(1999) 監督/撮影
レリック(1997) 監督/撮影
サドン・デス(1995) 監督/撮影
タイムコップ(1994) 監督/撮影
カウチポテト・アドベンチャー(1992) 監督/撮影
カナディアン・エクスプレス(1990) 監督/脚本/撮影
プレシディオの男たち(1988) 監督/撮影
ドラキュリアン(1987) 製作総指揮
シカゴ・コネクション/夢みて走れ(1986) 監督/製作総指揮/撮影
世にも不思議なアメージング・ストーリー2<TV>(1986) 監督
2010年(1984) 監督/製作/脚本/撮影
密殺集団(1983) 監督/脚本
アウトランド(1981) 監督/脚本
ハンター(1980) 脚本
ハノーバー・ストリート/哀愁の街かど(1979) 監督/脚本
カプリコン・1(1977) 監督/脚本
テレフォン(1977) 脚本
さらばハイスクール<未>(1974) 監督
破壊!(1973) 監督/脚本
愛はひとり(1971) 製作/脚本


ほとんどの作品で撮影も兼任しているので、映像や特殊撮影のジャンルに関しては、高い見識を持つ監督なはずなのですが、作家的な過剰さやメッセージ性とは無縁。
本人に会ったことはないが、けっこう人のいいオッサンなのではないかと思ってしまいます。
いい人っぽく見せているけど、その実「狂気の世界」に住んでいるスピルバーグとは、真逆の人。

今回の作品も、スピルバーグやキャメロンなどの過剰さをもった監督ならものすごく面白くしてしまうところですが、さすがハイアムズ!そこそこです。
ある意味、シネコンで時間を潰すには最適な映画かもしれません。
こういう映画嫌いじゃありません。

http://www.sot-movie.jp/


エイガドージョー・ドットコム






最終更新日  2006年05月30日 21時17分26秒
2006年04月06日
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんな映画を観た。

「下妻物語」で日本映画界のド肝を抜いたCMディレクター中島哲也監督の最新作。
役者の気持ちなど考えず、自分のビジュアル・イメージを構築するために鬼のような演出をするという中島演出は、保守本流の映画業界の人からはあまり評判よろしくありませんでが、そんな強引さがなければ、こんな映画はつくれないだろうなぁとも思える怪作です。
現場で監督とかなりもめたという中谷美紀にとっては、結果的に最高の映画になったし、演技賞受賞の可能性も高いと言えます。
逆に言えば、役者の自意識に振り回される日本映画が多いのかもしれません。撮影の時間があまりに少ないので、演出が細かい演技にまで踏み込む余裕がないのが、現在の製作環境なのです。
最初から役者の演技に期待せず、細かいカット割りでキャラを造詣してゆくというテクニックは、日本のリミテッド・アニメで培われた伝統的手法。最近はこの手法で実写映画をつくる人が増えてきたような気がします。

原作では、松子の甥にあたる川尻笙(瑛太)が調べた松子の生涯が綴られていきますが、そこを強引にもミュージカル仕立てで見せてくれます。
ある意味、日本版「シカゴ」とでも言うべき作品。ダークなストーリーをポップに語るという中島監督らしい語り口です。
ハリウッド・ミュージカルへのオマージュは、映像のそこかしこに挿入されていますが、「オズの魔法使」を思わせるシーンが多かったのが印象的。

劇中では、昭和から平成の「歌」が重要なアイテムとして使用されていまして、ほとんどの曲がテレビの画面を通じて流されています。
テレビのCMを作ってきた中島監督らしい演出です。
「下妻」を観ていない人は、まず「下妻」を観てから劇場へ!

http://kiraware-matsuko.com/


エイガドージョー・ドットコム






最終更新日  2006年05月30日 21時04分19秒
2006年04月04日
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんな映画を観た。

世間的には、CMの「あなぁぁぁたぁぁぁがしゅきぃぃぃぃだからぁぁぁっぁ」のチャン・ドンゴン主演最新作ですが、師範代的には、男の熱き友情を描いた「チング 友へ」のクァク・キョンテク監督野の最新アクション大作ということで期待高まります!
「北」から「南」への亡命を認められず不幸な生い立ちをたどった主人公シン(チャン・ドンゴン)。
半島を核兵器で攻撃しようとするシンの計画を阻止しようとする韓国のエリート将校カン・セジョン(イ・ジョンジェ)の男と男の激突!

チャン・ドンゴンの目力の強さが全編を覆って暑苦しいことおびただしいですが、この暑苦しさがよいです。
日本映画が失ってしまった「暑苦しさ」がそこにあります。
追いかける側のエリート将校(イ・ジョンジェ好演!!)が次第にシンの行動に共感してゆくつくりも「暑苦しさ」炸裂です。
この作品が東映配給というのは、まったく正しい!
「美しき野獣」の時も書きましたが、もはや東映映画の魂は、韓国映画の方に暑苦しく受け継がれているのであります。

例によって今回も勝手に邦題つけておきます。
「仁義なき爆弾野郎 半島壊滅1分前!」

「亡国のイージス」などの日本製男組アクション大作に不満だった方々にはオススメしておきます。

http://www.typhoon-movie.jp/


エイガドージョー・ドットコム






最終更新日  2006年05月30日 21時03分05秒
2006年03月18日
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんな映画を観た。

「スキャナーズ」で出会って以来ずっと追いかけている作家であるデビット・クローネンバーグ監督の最新作。
ここ数作は、あまりに「あっちの世界」へ行ってしまった感があって一般的理解が及ばない孤高の作家というイメージがありましたが、今回の作品は、グラフィック・ノベルに題材を求めただけあって、わかりやすい切り口になっています。


現代劇ですが、一種の「西部劇」とも言えるストーリーです。
過去に「闇」を持つ男は、平凡な暮らしに満足しているが、ある日自分の店を襲った暴漢を撃退したことで、もう一度「闇」の世界と向き合うことになる・・・・・・・。
イーストウッドの「許されざる者」ととても物語構造が似ています。
「ミュンヘン」と同じく「暴力の連鎖」が大きなテーマになっていますが、スピルバーグより人間を観る目が醒めているクローネンバーグは、「暴力が持つ闇の魅力」といったものまで描き出してゆきます。


演出も素晴らしいですが、役者がどれもいい!
主役のビィゴ・モーテンセンや敵役のウィリアム・ハートはもちろんですが、師範代的にはビーゴの妻役を演じたマリア・ベロに二重丸をあげたいです。
知的でセクシーで人間としての深みを演じられる女優さんです。「アサルト13」とはまったく違ったキャラを見事に演じておりました。
「ER緊急救命室」にも出演していたそうでうが、まったくのノーチェックでした。すいません!


「クラッシュ」といい「ミュンヘン」といいこの作品といい、今映画作家は「世界に対して何かを言わなければ!」という強い使命感で映画を作っている気がします。
しっかりとしたテーマを持ちつつも「映画としての面白さ」を捨てていないのがどの作品も凄いです。
やっぱり映画は面白い!

http://www.hov.jp/

エイガドージョー・ドットコム







最終更新日  2006年03月21日 08時10分17秒
2006年03月12日
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんな映画を観た。

1980年に長編映画版第1作として製作された「ドラえもんのび太の恐竜」を新しい声優陣とスタッフでリメイク。
世間的(主に大人)には、新声優陣の評判が悪いようですが、それは大山のぶ代のアニメ「ドラえもん」が「ドラえもん」だと思っている人たちが多いということ。
師範代的には「ドラえもん」は、小学館の学習雑誌に藤子不二雄(当時はFとAは分かれていなかった)によって連載されいた漫画の「ドラえもん」こそが「ドラえもん」。
今回のリニューアルは、スタッフの若返りと、より原作漫画のテイストに近づけるための修正作業だったように思います。
そして、今回あえて長編第1作をリメイクしたということは、「ドラえもん」のプロジェクトを21世紀へ受け継いでゆくための大きな挑戦だったように思います。
監督は、「のび太の結婚前夜」や「がんばれ!ジャイアン!!」などの泣ける短編ドラえもん作品を連作していた渡辺歩。

作品の満足度としては、及第点です。
新しいドラえもんの世界観を丁寧に描いてあるし、なによりのび太、ドラえもん、ジャイアン、しずかちゃん、スネオの主要キャストの関係が、より深く描かれていたのに感動!
ジャイアンの「しっかりしろよ!みんなここまで助け合ってきた仲間だろ!」のセリフに号泣の師範代です!!

ただ、不満な点がないかといえば嘘になります。(このあたりは「ドラえもん」を愛するゆえの愛の鞭。)
まず、作画レベルのバラツキが目立つこと。ジブリレベルの凄い作画のシーンも多数ありますが、「なんじゃこりゃ?」の低レベル作画シーンもあります。
今回の長編ドラえもんは1年以上の期間をかけて準備してきたものなのにこのバラツキは気になります。今後長編は1年毎に発表してゆくでしょうから、これ以上に作画レベルがあがることは考えにくいと思われます。
これぐらいの長編になるとシーンごとに別スタジオに発注するからこういうことが起きるのでしょうが、今後のシリーズが心配です。

さらに映像のクオリティに比べ、音の作りこみがぞんざいな気がしました。
ぴー助(神木隆之介)の小さい頃はかわいい声でいいと思うけど、体が大きくなってからも同じ声を出しているのはちょっと・・・・・。
ガタイが大きくなったぶん声帯も大きくなる訳で、声はもっと低くしないと巨大感が出ません。(巨大だけどかわいさを演出するのが監督の仕事です。)
声優として、神木くん以外に船越栄一郎も出ていましたが、これが意外な好演。今後もシリーズの悪役は、連続して船越さんにお願いしたいところです。
劇団ひとりは何役もやっているみたいでしたが、「劇団」と名乗るのはちょっと恥ずかしいです。演技を舐めるんじゃない!

とにかく、かなりアウェイなところで善戦しているスタッフには、拍手を贈りたいです。
藤子F不二雄さんもきっと誉めてくれる作品になっています。
この作品が基準となって今後大傑作が生まれるであろうことを期待します。

http://dora2006.com/


追伸:ドラえもんといえば、haschikenさんのサイトで愛溢れる映画評が読めます。

http://ashiko.exblog.jp/3626345#3626345_1

エイガドージョー・ドットコム






最終更新日  2006年03月14日 10時15分31秒

全579件 (579件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 58 >

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


eigadojo

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.