450907 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ヘーゼル☆ナッツ・シネマBOOK

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

フリーページ

カテゴリ

コメント新着

 white-cross@ Re:謹賀新年(01/02) お元気ですか?また飲みに行きたいですね、
 Super源さん@ どうも、ご無沙汰です。m(__)m へーゼルナッツ さん、こんばんは。( ^-^)…
 zebra@ 幼児性愛の前科者ロニーと元警官のラリーのやりとり  続きです。この作品のもうひとつの肝にな…
 zebra@ ケイトは 実生活でも お子さんがいる お母さん女優です。 こんばんは 去年DVDでみました。 …
 xjwkuemjmmf@ PhgABSuSbf lDd8Hi <a href="http://nzcjtci…

お気に入りブログ

自衛隊護衛艦「ゆうだ… 映画バカなウサコレさん

お知らせ Super源さんさん

*モナミ* SMAP・映… v_のん_vさん
マッキーの部屋 マッキー4603さん
ロミ~♪の部屋 romy♪さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2006年01月29日
XML
カテゴリ:映画
『ミュンヘン』公式サイト

 制作年度/国;'05/米 ジャンル;社会派ドラマ              
 配給;アスミック・エース  上映時間;2時間44分  PG-12
 監督;スティーヴン・スピルバーグ
 出演;エリック・バナ/ダニエル・クレイグ/ジェフリー・ラッシュ


観賞劇場:試写会1/28(土)一ツ橋ホール

◆STORY◆
1972年9月5日、開催中だったミュンヘン・オリンピックで、パレスチナゲリラ“ブラック・セプテンバー 黒い九月”によるイスラエル選手団襲撃事件が起こった。イスラエル特殊部隊“モサド”は11人のパレスチナ人ゲリラを暗殺する命令を受けるが―。。


***********************************

まずこれは、史実に基づいた作品で衝撃的であること。
社会派ドラマで、"面白い"などと言う表現は当てはまらない。
スピルバーグの「シンドラーのリスト」に次ぐ傑作で考え深い作品だった。

アスリート11人殺害された報復として、
イスラエル機密情報機関”モサド”は5人の暗殺チームを送り込む。リーダーに任命された
アヴナーは、4人のスペシャリストと共に、アラブの指導者11人を一人一人消していく。
5人はただ、"モサド"から指示をうけるがまま任務を遂行していく。
それこそ最初は、正義のため祖国のためだが、
次第に自分たちのしていることは本当に正しいのか恐怖がおそいかかる。

情報提供者さえも、疑わしく思い仲間も次々に変死を遂げる中、
何が正義で、何が悪なのか、もはやわからなくなる。
お互いに素性も本名もしらないが、あきらかに敵に素性がばれていて自分たちも狙われる恐怖。

"ベッドのマットレス"や"電話機"に爆弾をしかけ暗殺するが、その恐怖は自らに跳ね返る
人を殺しておいて、自分に永遠の安らぎは決して訪れはしない。
PG-12の意味がよくわかる、目を覆いたくなるシーンもある。
が、目を据えて歴史を見つめ、考えなければいけない。

***********************************

<総評>90点
憎しみには憎しみしか生まれない。報復すれば報復される。終わりのない戦い。
そこを改善しなければ、どこかで手を結ばなければ、
真の平和はこれからも訪れはしないのではないか。
今日、私たちが日常生活していくうえで視点を変え、物事を考えることによって
身近な争いや喧嘩を避けることができるように思う。

あと、2回ほど観賞したい。






最終更新日  2006年02月01日 15時05分45秒
コメント(24) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.