493851 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ヘーゼル☆ナッツ・シネマBOOK

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

フリーページ

カテゴリ

コメント新着

 http://viagrayosale.com/@ Re:丸の内TOEI2(11/05) convenience store viagra <a href=&q…
 white-cross@ Re:謹賀新年(01/02) お元気ですか?また飲みに行きたいですね、
 Super源さん@ どうも、ご無沙汰です。m(__)m へーゼルナッツ さん、こんばんは。( ^-^)…
 zebra@ 幼児性愛の前科者ロニーと元警官のラリーのやりとり  続きです。この作品のもうひとつの肝にな…
 zebra@ ケイトは 実生活でも お子さんがいる お母さん女優です。 こんばんは 去年DVDでみました。 …

お気に入りブログ

映画好き集れ!! 映画バカなウサコレさん
*モナミ* SMAP・映… v_のん_vさん
マッキーの部屋 マッキー4603さん
ロミ~♪の部屋 romy♪さん
英語はダジャレで覚… Super源さんさん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2006年06月19日
XML
カテゴリ:映画
『ポセイドン』

原題;The Poseidon 制作データ;2006米/WB  ジャンル;パニック 上映時間;98 
監督;ウォルフガング・ペーターゼン
出演;ジョシュ・ルーカス/カート・ラッセル/エミー・ロッサム/マイク・ヴォーゲル

観賞劇場:6/14(水)ピカデリー1

◆STORY◆
大晦日の夜。北大西洋を航海中の超豪華客船・ポセイドン号では、華やかなパーティーが開催されていた。人々は、思い思いに豪華な船上パーティーを楽しんでいる。しかし、その時超巨大津波がポセイドン号を飲み込んだ!船は完全に転覆し、乗客たちは上下反転した船の中に閉じ込められた…。


***********************************

これは、1972年の『ポセイドン・アドベンチャー』のリメイクです。レビューはこちらへ

最近のパニックムービーとしては、いい線いってると思う。
CGも時代の流れか素晴らしい、船も立派で大きい、どきどきはらはらする場面もきちんとある。

んで、沸々と怒りわくのが、人の迷惑も考えず「私にはできない!死ぬのよ!!というバカ女(失礼)
自分が上へ登らなければ下の人が死んでしまう場面。もうすでに下の人は、溺れかかってる。
にも関わらず下の人は、「大丈夫、君はできる。上へあがるんだ」と言ってはげましているきらきら
なのに、「できない!私はできない!死ぬのよ!」なんて。。。なんて迷惑な女なのかしらどくろ
まぁね、映画的にしょうがないんでしょうけど・・

あと、必ずチョロチョロといなくなる子供。。。
こちらも例に漏れずに、大事なところで子供どっかいっちゃうんですが、そのあと母親と鉄柵をはさんで「愛してるわ。必ず助けるから」なんて言ってるのですが、かわいそうでもないし、なんだかひきますな。子供から目離すなって。

とまあ、お約束の"私、死ぬんだわ女""窮地に迷子になる子供"を含めそれなりのパニックムービーです。

リメイク版は、逃げる人々に若々しいエネルギーが溢れているため、
「あ~、大丈夫ねきっと」と安心して見れました。

なんていったって皆の先導者は、
元海兵隊のジョシュ・ルーカスと、元市長であり元消防士のカート・ラッセルのお二人さま。
う~ん、なんて心強いんだきらきら

***********************************
<総評>★★★☆・
個人的に、何回も観れる!というならば7:3の割合で旧作です。

この作中で、一番賢いのは【誰についていけば自分が助かるか見極めた子供】だろうな。。
人生毎日が選択の連続です、、、
この子のように、間違いのない選択をして進んで生きたいものです。



楽天ブログランキング
クリックしてくださいウィンクハート(手書き)






最終更新日  2006年06月19日 11時14分22秒
コメント(22) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.