484722 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ヘーゼル☆ナッツ・シネマBOOK

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

フリーページ

カテゴリ

コメント新着

 http://viagrayosale.com/@ Re:丸の内TOEI2(11/05) convenience store viagra <a href=&q…
 white-cross@ Re:謹賀新年(01/02) お元気ですか?また飲みに行きたいですね、
 Super源さん@ どうも、ご無沙汰です。m(__)m へーゼルナッツ さん、こんばんは。( ^-^)…
 zebra@ 幼児性愛の前科者ロニーと元警官のラリーのやりとり  続きです。この作品のもうひとつの肝にな…
 zebra@ ケイトは 実生活でも お子さんがいる お母さん女優です。 こんばんは 去年DVDでみました。 …

お気に入りブログ

映画好き集れ!! 映画バカなウサコレさん
*モナミ* SMAP・映… v_のん_vさん
マッキーの部屋 マッキー4603さん
ロミ~♪の部屋 romy♪さん
英語はダジャレで覚… Super源さんさん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2006年09月15日
XML
カテゴリ:映画
【まず最初に】
9.11事件について語るのではなく映画としてのできとしての感想を書くので
誤解のないようにお願いします。

『ワールド・トレード・センター』公式サイト

10/7公開
制作データ;2006米/UIP ジャンル;ヒューマン 上映時間;2H9
監督;オリバー・ストーン
出演;ニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ、マギー・ギレンホール、マリア・べロ

試写会場:9/14(木)厚生年金会館

◆STORY◆
2001年9月11日、逃げ惑う人々を懸命に誘導する港湾警察官のジョン・マクローリンとウィル・ヒメノだが、二人は地中深くから出られなくなってしまう。生死の危機が迫る状況の中、二人は互いに励ましあって、愛する家族を思い、最後まで決して生きる望みを捨てずに苦境に立ち向かう。そして彼らの生還を信じて待つ家族。


**********************************

想像以上でも、それ以下でもない作品。。。

この作品は、9.11事件での生存者の生の声で映画化された作品。
話の筋は、ジョンとウィル2人とその家族たち。もちろん、あの映像もふんだんに使ってあり、どれが実写でどれがCGかの区別もつきにくいくらい凄い映像も用意されている

しかし、それを除くとどうだろう。
2人の家族が取り乱すさまがオーバーなくらいに感じるのだ。特にウィルの家族だが。病院にかけつけて他になくなった方とかもいるだろうに騒ぎすぎで、見ていて引いてしまった。。。

それは、最後「MISSING」の写真などを家族が見たときになくなった方もたくさんいるんだとその時その家族はきずくのだ。あ~このシーンがあってよかった

**********************************
<感想>★★・・・
9.11の真実の記録映画というよりは、2人の家族愛の物語のように感じる。
「ワールド・トレード・センター」というよりは「生還NO.18.19/ウィル&ジョン」「ウィルとジョンの生還の奇跡」などというタイトルの方がしっくりはまる気がする。

ユナイテッド93とどうしても比べてしまいがちだが、あちらの方がドキュメント的な記録映画の
要素が強い。それに、こちらはニコラスケイジなど有名俳優が結構でているので動員数もかなり
狙っているんだろうなという感もぬぐえない。

映像としては、見事なできだが、タイトルと内容を比較すると、
「誰かが9.11を映画化する前に早く作らなきゃ」っと言う感じで急いで題材を集め作りましたっという感じもするのだ。







最終更新日  2007年03月20日 17時06分15秒
コメント(11) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.