470234 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ヘーゼル☆ナッツ・シネマBOOK

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

フリーページ

カテゴリ

コメント新着

 http://viagrayosale.com/@ Re:丸の内TOEI2(11/05) convenience store viagra <a href=&q…
 white-cross@ Re:謹賀新年(01/02) お元気ですか?また飲みに行きたいですね、
 Super源さん@ どうも、ご無沙汰です。m(__)m へーゼルナッツ さん、こんばんは。( ^-^)…
 zebra@ 幼児性愛の前科者ロニーと元警官のラリーのやりとり  続きです。この作品のもうひとつの肝にな…
 zebra@ ケイトは 実生活でも お子さんがいる お母さん女優です。 こんばんは 去年DVDでみました。 …

お気に入りブログ

映画好き集れ!! 映画バカなウサコレさん
*モナミ* SMAP・映… v_のん_vさん
マッキーの部屋 マッキー4603さん
ロミ~♪の部屋 romy♪さん
英語はダジャレで覚… Super源さんさん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2007年03月08日
XML
カテゴリ:映画
観賞後の一言 『なんとも微妙・・・』お化け

『パフューム ~ある人殺しの物語~』公式サイト

制作データ;2006独/GAGA ジャンル;サスペンス 上映時間;147分 指定;PG-12
監督;トム・ティクヴァ
出演;ベン・ウィショー/レイチェル・ハード=ウッド/ダスティン・ホフマン/アラン・リックマン

劇場:3/7(水)TOHOシネマズ川崎

◆STORY◆
18世紀のパリ。驚異的な嗅覚の持ち主グルヌイユは、天才香水調合師となる。時を同じくして、震撼させる連続殺人事件が発生。被害者は若く美しい娘で、髪を刈り落とされた全裸死体で発見されるのだった。


**********************************
【調合師&殺人鬼グルヌイユ】
愛を知らない彼は、嗅覚だけが研ぎ澄まされていく。香りを閉じ込めておきたいがために
殺人を侵し13種(13人)の香りを集め究極の香りを作っていく。

結局は、初めてかいだ香りの女性に恋をしていてその人の香りを閉じ込めたかったのだ。
普通なら、それは「初恋」というものなのだが彼は「恋」やら「愛」を知らずに育ったため
彼なりのどうしようもない感情が香り集めに走ったのだと最後に見て取れる。

ただ、それがわかるまでの彼はただ自分の欲求を追い求めるだけの男
にしか見えないので前半は辛抱辛抱で観賞雫


【画像から伝わる香り 】
悪臭が臭うほどの画像だが、そのような臭いが自分にインプットされてないと思い起こす
元になるものがないので、そこまで「臭ってくる!」というのは人それぞれかな。


【衝撃映像について】
ラストの衝撃映像もただ服を脱いで「あ~あ~」言ってるだけで特に何をしてるわけでもなく
一応モノも見えないように工夫されているところでこの映画の質が保たれているように思う。

あんな人数が裸体になるなんてエキストラはオーディションで
「裸になりますがいいですか?」とか聞かれたんだろうなぁ~とかそんなことを考えてしまうお化け


【俳優】
ベン(グレヌイユ)…ほとんど台詞がないが異様な雰囲気や目での表現など良かった。

レイチェル(ローラ)…「ローラは思い通りにならない未来に失望を感じていて半ば死を受け入れているように
          演技した」
と言っていたが、私にはそこまで思えなかった。
          まだ17歳の彼女。地毛は金髪だが、赤毛もとても似合っていたきらきら

アラン(ローラの父)ローラを犯人が狙っているという嗅覚の鋭さは、グレヌイユ並
        「息子よ」って言うシーンあるが本当に父子だったりしてね(^m^)ちょっと笑ってしまった。

**************************
<総評>★★☆・・
下手すると特定の趣味の人のみが喜びそうになりがちな映画だが、死体を切り刻んだり血がでたりと残虐な映像もなく、露骨な性描写は控えてあるため作品の質がえげつなくならないように保たれている。

前半、自分の欲求だけを追い求めるグレヌイユに共感出来ずつまらない。後半、彼がとうとう自分の思い通りの香りを手にし奇跡をうむところからラストまでは、まるでおとぎの話のよう。

人間ではない何者かが、間違って人間界に生を受けてしまった。

現実的な連続殺人鬼というよりも、ジェークスピアの舞台劇のような感覚が残る。
全体的に脚本などよくできた映画だが、観終わったあと残るものはないように思える

余談・・
レディースディでの観賞。他にも空いてる席あるのに、私は中年のおっさんに挟まれていました。。さすがにこの映画をおっさにんに挟まれて観賞したくない。CMでさえ、鼻息荒かったし・・衝撃のラストもあるし・・・しかも、私の席に座っていたし。。
ねぇ。嫌な時はさっさと席を移ったがいいですね。






最終更新日  2007年03月08日 12時36分24秒
コメント(19) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.