475530 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ヘーゼル☆ナッツ・シネマBOOK

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

フリーページ

カテゴリ

コメント新着

 http://viagrayosale.com/@ Re:丸の内TOEI2(11/05) convenience store viagra <a href=&q…
 white-cross@ Re:謹賀新年(01/02) お元気ですか?また飲みに行きたいですね、
 Super源さん@ どうも、ご無沙汰です。m(__)m へーゼルナッツ さん、こんばんは。( ^-^)…
 zebra@ 幼児性愛の前科者ロニーと元警官のラリーのやりとり  続きです。この作品のもうひとつの肝にな…
 zebra@ ケイトは 実生活でも お子さんがいる お母さん女優です。 こんばんは 去年DVDでみました。 …

お気に入りブログ

久しぶりぃ〜 rose_chocolatさん

映画好き集れ!! 映画バカなウサコレさん
*モナミ* SMAP・映… v_のん_vさん
マッキーの部屋 マッキー4603さん
ロミ~♪の部屋 romy♪さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2007年03月22日
XML
カテゴリ:映画
善き人のためのソナタ

原題;DasLebenDerAnderen(訳:他人の生活)制作データ;2006独/アルバトロス・フィルム 
ジャンル;社会派ドラマ 上映時間;138分 
監督;フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
出演;ウルリッヒ・ミューエ/マルティナ・ゲデック/セバスチャン・コッホ

劇場:3/21(水)チネチッタ

◆STORY◆
1984年、東西冷戦下の東ベルリン。国家保安省局員(シュタージ)のヴィースラーは、劇作家のドライマンと舞台女優である恋人のクリスタが反体制的であるという証拠をつかむよう命じられる。国家を信じ忠実に仕えてきた彼だったが、盗聴器を通して知る、自由、愛、音楽、文学に影響を受け、いつの間にか今まで知ることのなかった新しい人生に目覚めていく。


**********************************

う~ん。なんとも秀作きらきらでした

完全なシュタージのヴィースラーが、大臣の命令で劇作家ドライマン宅を24H盗聴&監視目!
しかし、ドライマンと恋人のクリスタの生活を垣間見て、どんどん感化されていく。
西に東の現状の記事を書くドライマン。それを知っていながら上に報告しないヴィースラー。

『最後どうなんの!?ハッピーエンドはありえるのか?ドライマンもウィーズラーも、どちらも丸くおさめ後味のいい作品でおわるのか』などと心配しながら観賞。

しかし、ラストは見事きらきらでした。余韻が残ります

大学で講義をするほどガチガチのシュタージであるヴィースラーが、
いとも簡単に盗聴して心が変わるのか。そこが腑におちない感じはありましたお化け

だけど、観終わってそこのところを考え直してみるとヴィースラーは、もともとインテリ志向が強く文学などにも興味があった。なので、ドライマンの考えに共鳴するものが芽生えた。
それにクリスタのファンでもあった。孤独で家族のいない愛のない生活をしているヴィースラーには、彼らの生活は心に響いたのだろう。

という理由に落ち着きました。

**********************************
<総評>★★★★☆(★…1つ/☆…半分/・…0/★5個で満点)
出だし少々ゆるい感じですが、ドラストマンの誕生パーティくらいからどんどん引き込まれます。
138分もあっただなんて、劇場でて驚いたくらい時間が気になりませんでしたひよこ
ラストも良くて、これは事実をもとに描かれたのではないか?と疑いたくなりますウィンク
上映館は都内でも渋谷だけと全国的に少ないです。チネチッタでも第1週目にして
18:25から2回の上映のみ。入りは8割くらいだったかな。

機会があれば是非観賞下さい四つ葉おすすめの作品ですオーケーきらきら

※なんでもそうですが、あんまり期待するとこけますのでそこそこで・・(^^;)






最終更新日  2007年03月22日 15時31分59秒
コメント(11) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.