285796 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

SOHO Planner 徒然ブログ

PR

プロフィール


eijitaka

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ニューストピックス

日記/記事の投稿

カテゴリ

サイド自由欄

  Twitterロゴマーク-Twitterロゴマーク-Link to Twitter
____フリー・ページ項目__________
 SmallOfficeHomeOfficePC/ネット/周辺機器  Mobile PC モバイルPC特集
 健康とダイエット健康・ダイエット  ペットと暮らす ペットグッズ商品
 セキュリティソフトウェアセキュリティソフト 本・CD/DVD 本・CD/DVD

【注】『何でもランキング』は廃止しました.
【注】『よく読まれてる記事』はこちらです.
【注】『ブログ記事投稿再開』お知らせです.
【注】『ブログ村』PV-Ranking はこちらです
 クリックお願いクマPVアクセスランキング にほんブログ村

お気に入りブログ

京都アニメーション… New! 七詩さん

見た目は普通なんだ… neko天使さん

四つでひとつ。 Let's happy.さん
パソコン事務仕事効… パソコン事務効率アップ研究所さん
眞弓の庭 楽天眞弓さん
2019年07月10日
XML
 今回の参議院選挙に関して、TBS news23での(参院選どう戦う?)『党首討論』の動画の中から、その中編(約15分)を観てみたいと思います。これを取り上げた理由は、与党・自民党本部が作成して全所属議員に配ったとされる小冊子『フェイク情報が蝕むニッポン! トンデモ野党と非常識なメディア』と題する冊子の内容が紹介されています。先ずは、ご覧下さい。

 この冊子の意図(野党を攻撃・貶め、自論を擁護する)は明確ですが、それにしても酷い内容です。感想を求められても、安倍首相(自民党総裁)は自分は読んでいないとして、感想を述べずに野党共闘を批判するという子供じみた言動・振る舞いを演じました。『私は読んでない』を誰が信じるでしょうか? 他者を貶めて自分の主張を通そうとするのは、安倍首相のいつもの手法です。この冊子には、見事にその手法が表れています。
 

 この冊子の内容と配布された経緯について、元地方創生担当大臣で自民党・元幹事長でもある石破茂氏が文春オンラインの『石破茂が激怒 自民党本部が全議員に“ネトウヨ本”を配布』と題する記事で批判しています。この冊子の中の悪意に満ちた文章やイラストは(いわゆる“ネトウヨ”の人達がインターネットやSNSに投稿したものではなく)6月中旬に自民党本部から全所属議員に(演説などの為の参考資料として)配布されたもの(全142ページ)だということです。また、この冊子の正体は何なのかについて、実は作成者は明らかになっていないということで、「テラスプレス」なるインターネットサイトに掲載された記事に加筆修正したものだという説明書きがされているとのことです、そもそも「テラスプレス」というサイト自体、執筆者・運営元が一切明らかにされておらず、正体不明の存在だということです。おかしいではないか? 出所も明らかでない文書(こういう文書を通常、怪文書という)を全議員に(自民党総裁も知らないうちに?)配布して、誰も責任を取らない、問えないでは、今の自民党はカルト集団のようなものではないか? 誰の責任によるものか不明ということであれば、通常、それは自民党総裁自身に責任があるものと考えます。

 石破茂氏は、『文藝春秋』8月号のインタビューで、この冊子を配布した自民党本部を次のように批判しています。『この冊子の作成者は『保守の立場から論じている』と言いたいのでしょうが、私に言わせれば、内容以前に悪意や中傷が目についてしまいます。このような文章で広く国民の共感を得られるとは到底思えません。そもそも、いくら選挙で議席を争う相手とはいえ、野党の議員に対して挑発、罵倒、冷笑、揶揄などをするのは非常に恐ろしいことです。なぜなら、彼らの後ろにはその議員に一票を投じた国民がいるからです。野党に対するこうした言動は、そのまま野党を支持した国民に向けられたものになる』と述べています。

 まったく石破氏の言う通りです。野党支持者の気持ちを代弁するかのような石破氏の発言ですが、更に、石破氏は次のようにも述べています。『かつての自民党には、多様な意見、多様な考えを大切にする伝統がありました。私はそんな懐の深い自民党を深く愛していましたし、そういう自民党に育てられました』と。自民党の中からも批判の出る代物を全所属議員に配っておいて、自民党総裁が『私は知らない』では済まされません。ツイッターをみても、野党支持者には怒りの炎が付いた感があります。自民党内少数派の石破茂氏が政権中枢を批判したところで体勢に影響なしとみますが、選挙が終わったあと、自民党がこれまでの自民党のままでいられるのかどうか? このような出所不明な怪文書の冊子を所属議員全員に配布して恥じない自民党の姿勢は、自ら壊党行為に及んでいると言わざるを得ません。

 もし『自由』も『民主』も無くした自由民主党ならば、もはや党名を変えて頂くしかあるまいと考えます。下記は、彼らのスピーチに出てくる一節です。
・稲田朋美・元防衛大臣
 ………『国民の生活が大事だなんて政治は間違ってると思います』
・長勢甚遠・元法務大臣
 ………『基本的人権・国民主権・平和主義を無くしてこその自主憲法です』
これらの発言からは、明らかに(国の安全という名の下に)国家・国粋主義に舵を切ったように窺え、同時に壊憲を狙った発言でもあります。
このような思想が、自民党という政党の根底に一貫して存在することは多少なりとも政党を知る者ならば先刻承知ではありますが、従来はこれ程露骨に発言することは控えていたと思います。安倍政権が成立して以来、誰憚ることなく国家・国粋主義に基づく発言を(あえて)するような具合に状況が一変してしまいました。それ故、自民党の選挙後を注視していく必要があると思います。

【注】『テラスプレス』について
   ………真偽の程を特定するものではないことにご注意下さい.
●ネットゲリラ
 『テラスプレスは検索避けのタグが仕込まれている』
●Jcastニュース
 『自民冊子の元ネタ「テラスプレス」、公示後も更新続く 野党批判のトーン
  そのまま...』

●Bacchus(バッカス)
 『自民党発行のネトウヨ冊子情報元、テラスプレスを徹底解析!』
 ……テラスプレスを知れる手段はネット上では「ほぼ存在しない」。
被リンク
   は『0』。従って、冊子にできたのは、テラスプレスの中
の人が「自民党
   本部の中の人」、もしくは「自民党の関係者」以外に考え
にくい。ないし、
   自民党が「依頼を出して作らせた」か?………貴方はどう思いますか?


______________________________________________________________________
 ◆◇◆ 下記のブログランキングに参加しています。クリックして頂ければ幸いです ◆◇◆
  人気ブログ PC・ネット区切り文字ブログ村 政治・世直し・社会変革区切り文字FC2ブログ【ニュース】の中の【政治・経済】区切り文字ブログ王 趣味スポーツ 野球
---------------------------------------------------------------------------------------------------






最終更新日  2019年07月16日 07時09分26秒
コメント(0) | コメントを書く
[主に政治・経済の問題] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.