055870 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

映像記録

2018年09月03日
XML
カテゴリ:洋画
Huluにて視聴

◆メーカー
アミューズ

◆監督
マイク・ミルズ(初視聴)

◆収録時間
105分

◆原作
オリジナル

◆特典
配信のためなし

◆知ってる出演者
ユアン・マクレガー

◆印象に残った役者
メラニー・ロラン、ゴラン・ヴィシュニック
メラニー・ロランさん。最初黒髪の短髪で登場してそれかもうとっても素敵で一発で心持ってかれた。けどそれかつらで実は金髪で長髪だったのよね。最初のインパクトがあまりに強すぎてずっと見ていたかったけど残念。
ゴラン・ヴィシュニックさん。なんとなく博多華丸さんに似てるかな?。普段はイケメンと称される役のようだけど、この映画ではどちらかというとあまり女の人にはモテなさそうな感じの役だった。でもこれが私のツボにはまって(私の趣味って(笑))なんかすごい気に入ってしまった。

感想。

ユアン・マクレガーさんってなぜか全然印象に残らないの。出られてる作品もこれで2本目なんだけどなんかピンとこなくって。初めて見た作品は『シャロウ・グレイブ』なんだけど、このときに色々検索して初めてスターウォーズに出てることを知ったぐらい(^^;)。名前だけはかろうじて聞いたことあるなぐらいで知ってはいたけれどね。も~なんせ未だに『スターウォーズ』見たこと無いから~。

んで内容はというと主人公の父親と上にも書いたゴラン・ヴィシュニックさんの関係がすごい良い。てかねこれ見て思った。愛にもいろいろ形があるけれど、相手が誰であれやはり美しいなって。

ただね~、『gifted/ギフテッド』のときにも書いたけれど、たとえ先が長くないとしても教えてほしいよ。いきなりいなくなられるより、たとえ伝えられたときは辛くとも心の準備ができる。今回うちの黒様も前兆があったからこそ覚悟ができてた部分がある。

この作品は監督の体験をもとにしてるらしい。すごいお父様だわね。でも残り短い人生を謳歌しちゃったんでしょう。主人公の回想からハッチャケてるのがわかるから抑圧された人生だったんでしょう。けれども奥様が死ぬまで夫としての役目を果たしてるのだから立派ね。たとえ奥様が幸せだったかどうかが不明だったとしても。







Last updated  2018年09月03日 21時41分19秒
コメント(0) | コメントを書く


PR

Calendar

Archives

2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

Shopping List


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.