『梁塵秘抄』 または ”わしふぃーるど”

Singer & the Song



-------------------------------------------------------------------------------
え!これは凄いぞ!あのニルソン、キャット・スティーブンス、ドノヴァン、ヴァン・モリソン、S・マッケンジー.....
のお宝映像が満載!◇輸入DVD「VA/Singer & the Song」◇
-------------------------------------------------------------------------------





輸入DVD「VA/Singer & the Song」オリジナルTVレコーディング/69分

♪豪華絢爛の顔ぶれをご覧下さいまし♪

1. Harry Nilsson - Everybody's Talking About Me [2:45]
2. Joe South - Games People Play [3:32]
3. Richie Havens - Lady Madonna [2:06]
4. Tim Rose - Hey Joe (Medley) [3:55]
5. Joe Cocker - Delta Lady [2:45]
6. Robin Gibb - Saved by the Bell [3:15]
7. Gene Pitney - Something's Gotten Hold of My Heart [3:19]
8. Cat Stevens - I'm Gonna Get Me a Gun [2:08]
9. Don McLean - Vincent (Starry Starry Night) [3:49]
10. Terry Jacks - Seasons in the Sun [3:23]
11. Donovan - Catch the Wind [2:38]
12. Roger Daltry - Givin' It All Away [3:11]
13. Scott McKenzie - San Francisco [2:52]
14. Albert Hammond - It Never Rains in Southern California [1:56]
15. Van Morrison - Bulbs [3:45]
16. Ray Charles - Your Cheatin' Heart [3:31]
17. Leo Sayer - The Show Must Go On [2:48]
18. David Essex - Rock On [2:37]
19. Kiki Dee - Amoureuse [3:22]
20. Alexis Korner - Get Off of My Cloud [4:52]
21. Grace Jones - La Vie en Rose [3:34]
22. Tina Turner - Acid Queen [2:34]



♪蔵出し、思い出しジャケット集♪



「花のサンフランシスコ/San Francisco」
<スコット・マッケンジー/Scott McKenzie>
*フラワー・ミュージック?の決定盤じゃ!!
花のサンフランシスコ!「ビート」と「ヒッピー」が共存していた街!

『花のサンフランシスコ』

♪If you’re going to San Francisco
Be sure to wear some flowers in your hair
If you’re going to San Francisco
You’re gonna meet some gentle people there♪

♪もしサンフランシスコへ行くなら
必ず花を髪にさしなさい
もしサンフランシスコへ行くなら
きっとやさしい人たちに出会うはず♪



「カリフォルニアの青い空/It Never Rains in Southern California」
<アルバート・ハモンド/Albert Hammond>

『カリフォルニアの青い空』

♪Got on board a westbound seven forty seven
Didn't think before deciding what to do
Ooh, that talk of opportunities, TV breaks and movies
Rang true, sure rang true♪

♪西行きボーイング747に搭乗した。
どうするか決める前に考えるなんてしなかったんで。
あのチャンスがあるって話やらテレビでブレイクして映画に出たりって話,
真実味があったけどね, 本当に。♪



「I'm Gonna Get Me a Gun 」
<キャット・スティーブンス/Cat Stevens>

『雨にぬれた朝』

♪Morning has broken,
like the first morning
Blackbird has spoken,
like the first bird
Praise for the singing,
praise for the morning
Praise for the springing fresh from the word♪

♪夜が明けた 
初めて生まれた朝のように
クロウタドリが鳴く 
初めて生まれた鳥のように
そのさえずりをたたえなさい 
この朝をたたえなさい
新たに言葉から生まれ出ずるものをたたえなさい♪

*写真は「雨にぬれた朝」(詩はエレノア・ファージョン/Eleanor Farjeon:1881~1965)のものです。
本名はスティーブン・デメトレ・ゲオルギウ(Stephen Demetre Georgiou)。 ギリシャ系キプロス人の両親のもと1948年7月21日ロンドンに生まれる。
1977年に兄にもらったコーランを読み感動。その後、1979年にな、なんとイスラム教に改宗し現在の名前ユスフ・イスラム(Yusuf Islam)になってしまいましたァ。現在は音楽活動を全て止め2つのイスラム教学校の経営者であり4児の父親としてロンドンで暮らしているそうです。ア~メンじゃないコーラン?なんちゅうえばいいの?残念です!



「キャッチ・ザ・ウインド/Catch the Wind」
<ドノバン/Donovan>*カラー映像です。

ある意味、「ボブ・ディランに対する英国からの回答」――といわれたドノヴァン!



「うわさの男/Everybody's Talking About Me」
<ニルソン/Harry Nilsson>

映画『真夜中のカウボーイ』のテーマ曲『うわさの男(Everybody's Talkin'』と『ウイザウト・ユー』の名唱で知られる。
ニルソンは1994年1月ロサンジェルス近郊の自宅で心臓発作のため亡くなっています。享年52歳。

『ウイザウト・ユー』

♪No, I can't forget this evening
Or your face as you were leaving
But I guess that's just the way the story goes
You always smile but in your eyes your sorrow shows
Yes, it shows ♪

♪今日の夜は忘れない
去って行く君の顔も。
でもこういう風に事は進むのだと思う。
君はいつも微笑んでいるけど瞳の中には悲しみが見える
そう悲しみが。♪

----------------------------------------------------------------------
★もう止めよう!ジョー・コッカーとヴァン・モリソンのどちらがより偉大かなんてことで争うのは!もう止めよう!写真掲載の順序に多少の意味はないでもないがもう止めようね!



「デルタ・レディ/Delta Lady 」
<ジョー・コッカー/Joe Cocker>



「Van Morrison - Bulbs」
<ヴァン・モリソン/Van Morrison>



★他愛ないことで争わないで、可愛いいナンシーちゃんの写真でも眺めて落ち着こうね!



世の中必ず上には上がいるものでブルー・アイド・ソウルの帝王エリック・バードンがいるもんね!



★まだわかんない奴はこのCAT-Oさんの近影でも喰らえ!あはははは!
ekato
YOKO MY LOVE




マイ・オークションをごらんください



CAT-O



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.