『梁塵秘抄』 または ”わしふぃーるど”

フリーページ

@憂我なる<J-POP&FOLK>@


━浅川マキの世界『Darkness』


━”狼少年”森田童子


━”飛びます”山崎ハコ


━魂は時に絶叫する!友川かずき


━憂歌団"B級で悪かったな!"


━彼方より聞こえたるもの-林英哲


━劇的なるものをめぐって....美輪明宏


━さよならだけが人生....カルメン・マキ


カルメン・マキLIVE


━【加藤登紀子】


━【金子由香利】


━【ネーネーズ】


━【クミコ】


━【谷川俊太郎】


━【沢知恵】


親爺握手自慢高嶺乃花美女百景X'mas編


【?】


女ディランと呼ばれた女!中山ラビ


木村俊介ライブ ~音象~@幾何楽堂


◎ART<千年の愉楽>◎


━川本喜八郎とイジィ・トルンカの世界


━ヴェルーシュカ 変容(veruschka)


━28歳でこの世を去った男エゴン・シーレ


━バルテュス<Balthus>


━エドワード・ホッパー(Edward Hopper)


━モーリス・ベジャール


━佐伯祐三


━畑中純「まんだら屋の良太」


━畑中純「宮沢賢治の世界」


━奇想と純心の天才!五十嵐大介


━完全版!武満徹の世界


━声のない言葉 村里の猫と二人の女


━『宮沢賢治2006・銀河鉄道の夜』


『幾何楽堂』小坂憲正のDOOR曼荼羅


三遊亭京楽 独演会!


幻想画家の女王Leonor Fini


いい女列伝 伝説の名女優!太地喜和子


滝田ゆう


Satie


ヘンリー・ミラー


ヴァン・ドンゲン


マン・レイ


茂田井武


喜和子RETURNS!


ジャパン・アヴァンギャルド


SAMPLE


喜和子RETURNS 2!


飢餓海峡冬景色


ガブリエル・バンサン


アントニオ・ロペス・ガルシア 


堀江康子in幾何楽堂


幾何楽堂LIVE (夜の部)


高橋竹山


『日本製少年』


福島泰樹


村山槐多


AKIRA


AKIRA オープニングパーティーライブ


AKIRA 祈りプロジェクト 


AKIRA ART


破調 山中節


sansalo


太地喜和子RETURNS!其ノ弐


映画の<伝説的現在形>洋画篇


━ビクトル・エリセ『ミツバチのささやき』


━『ベニスに死す 』


━フランソワ・トリュフォーの世界


━『1900年』


━『ブラザー・サン シスター・ムーン』


━ジョン・カサヴェテスの世界


━『フォロー・ミー』ミア・ファロー


━『バベットの晩餐会』


━『欲望 Blow-Up』


━『ルシアンの青春』


━ジプシー音楽映画『ベンゴ Vengo 』


━『コヤニスカッツィ』


━『ストレンジャー・ザン・パラダイス』


━『トーク・トゥ・ハー』


.━『愛の嵐』から『まぼろし』へ


━『マルキ・ド・サドの演出のもとに・』


━ヴェルナー・ヘルツォークの世界


━『恋するガリア』


━『スモーク』


━アラン・タネール『白い町で』


━『MADREDEUS』


Rene Marie & 宮本貴奈


活動を再開している大西順子


ペンギン・カフェ・オーケストラ


フランソワ・ド・ルーベ


Le Samourai


━ロベール・ブレッソン『やさしい女』


━『灰とダイヤモンド』


トラン・アン・ユン監督作品『夏至』


リチャード・ブルックス


ピロスマニ


アルノー・デプレシャン


エミール・クストリッツァ


ケネス・アンガー


ジャンヌ・モロー


アリエル・ドンバール


パリのめぐり逢い


@憂我なる<MUSIC LIFE> @


━【武満徹の世界】


━【コヤニスカッツィ】フィリップ・グラス


━【セルジュ・ゲンズブール】


━【ペンギン・カフェ・オーケストラ】


━【チェット・ベーカー】


ー【バディ・デフランコ】


━【寺井尚子】


━【木住野佳子】


━【ビル・エヴァンス】


━【スコット・ラファロ】


━【フィリップ・グラス完全版】


━【ザ・ドアーズ】


━【サード・イヤー・バンド】


━【ヴェルヴェット・アンダーグラウンド】


━【ルー・リード】


━【パティ・スミス】


━【ジェームス・テイラー】


━【スティーヴ・ライヒ】


━【つのだたかし】


━【パリ・ミュゼット】


━【秋吉 敏子】


━【加藤登紀子】


━【フランソワーズ・アルディ】


━【タンジェリン・ドリーム】


━【ビル・チャ-ラップ】


━【エディ・ヒギンズ】


━【ジョルジュ・ムスタキ】


━【セルジオ・メンデス】


━親爺握手自慢高嶺乃花美女百景


━【ウテ・レンパー】


━【アンリ・サルヴァドール】


『市川雷蔵』


◇完全版!セルジュ・ゲンズブール◇


ジプシー音楽映画『ベンゴ Vengo 』


ステファン・グラッペリ


Singer & the Song


「トーク・トゥ・ハー」


フィリップ・グラス続編


♪シャーロット・ランプリング♪


グレンダ・ジャクソン


富樫森監督3作品!


『ベニスに死す(1971) 』


サイモン&ガーファンクル


『1999年の夏休み』


中島丈博『おこげ(OKOGE)』


矢崎仁司『三月のライオン』


寺島しのぶ『ヴァイブレータ』


■モーリス・ベジャール■


アンダグランド


フランソワ・トリュフォー


宮本貴奈トリオ


広島


<水源の森コンサート>


加藤登紀子コンサート 8/15


森田童子


「ソイ・アナ......私はアナ」


『ヴェルーシュカ 変容(veruschka)』


佐伯祐三


友川かずき


MACROBIOTICS CAKE 


『1900年』ベルナルド・ベルトルッチ


木住野佳子


憂歌団


親爺握手自慢高嶺乃花美女十景


林英哲


二胡の姜 建華(ジャン・ジェン・ホワ)


ジョン・カサヴェテス


ミア


シャーロット・ランプリング


有元利夫


DAVID HAMILTON


高峰秀子


坂田甚内先生


リチャード・ブルックス


映画の<伝説的現在形>邦画篇


カレンダー

2004年12月01日
XML



■優しさを砕け、闇に光れ、心の絃が切れるまで・・・・■
━━歌の源流を求めて...”飛びます”山崎ハコ━━


「世界は寒い......。」



「望 郷」作詞作曲:山崎 ハコ 1975

 青い空 白い雲 菜の花の小道を
 かけまわり ちょうちょとり 遊んだふるさと
 真っ白な霧の中 神社の石段を
 かけあがり 手を合わせて 泣いてた 小さな子
 淋しくて 悲しくて 出て来た横浜
 やさしいと思っても みんな他人さ



 いつの間に こうなった 鏡の中には
 知らん人 疲れた顔で 悲しげに 笑ってた
 帰ろうか 帰ろうか 田舎のあの家へ
 青い空 白い雲の 田舎へ 帰ろうか

 あの家へ帰ろうか あの家へ帰ろうか
 あの家はもう ないのに




「この世で最初にできた赤んぼが、はじめて笑った時、その笑いが、
 千ものかけらに割れて、みんなぴょんぴょんとんでったんだ。
 それが妖精のはじまりなんだよ。」

昭和54年(1979年) 5月21日発表の問題作!アルバム「人間まがい」ジャケット写真
噂の名曲「呪い」収録!
そう、山崎ハコの存在は”時代の闇の底”においてキラっと光る”人間まがいの妖精”でした。その光をもう一度確かめたくて、彼女の歌を何度も聴きます。



『飛びます-17才-』
<昭和49年(1974年)に録音されたデモテープからの未発表音源。>

何のために今まで そして今からも
生きているのか 分かったような気がします
いんです報われぬとも 願いは叶わぬとも
この思いは 本当の私だからです

今私は旅立ちます
一つの空に向って
飛び始めるのです

この思いのためなら どんなに苦しいことも
きっとやれるような そんな気がします
そうです歌いたくなくても 言葉に出したくなくても
きっと歌えるのです 心の中で誰かが歌ってるから



今私は旅立ちます
自分の心にに向って
飛び始めるのです

一番大切な かけがえのないものは
おそらく今いきづく この命でしょう
けれどはかない人生 この私の命を
賭けるものがあっても 誰も攻めないで下さい

今私は旅立ちます
信じるために
飛び始めるのです



<山崎 ハコ(やまさき はこ)>

本名(旧姓) 山崎 初子(やまさき はつこ)
昭和32年(1957年)5月18日大分県日田市に生まれる。
昭和50年(1975年)10月1日
ファースト・アルバム「飛・び・ま・す」発売。
衝撃的なレコード デビューを飾る!

山崎ハコ オフィシャルサイト



昭和50年(1975年)11月12日TBSラジオ「水曜パック」(DJ:故 林 美雄)に出演する。


林 美雄(はやし よしお、1943年8月25日生まれ)
2002年7月13日午前5時10分、肝不全のため都内の病院で死去した。58歳だった。慎んでご冥福をお祈りいたします。
「月夜のぶたは恥ずかしい、ぼんやり影が映ってる……」
1970年代にTBSラジオの深夜放送「パックインミュージック」のパーソナリティとして人気を得る。同番組での愛称は「ミドリ豚」。後年は更新の育成に力を入れ、また新しいパーソナリティの発掘に努めた。



関係者に配られたOPTICAL CARD「林美雄フォエバー」。
パックインミュージック最終回などが収録されている。




昭和50年(1975年)12月14日。TBSラジオ主催「第1回パック祭」に出演する。石川セリ、ユーミンに続いて登場したハコは、まず、「気分を変えて」を唄った。1曲の予定のところ、アンコールに応えて「橋向こうの家」を披露し、さらに「サヨナラの鐘」と合わせて3曲歌う。後半、『さよならの鐘』の時に500人以上の観客の大半が涙を流していたという、伝説の「パック祭」となった。その後『パックインミュージック』の中で、その時の場面のテープがよく流れましたね。



TBS『パック・イン・ミュ-ジック』を中心に、“深夜放送のマドンナ”といわれ始める。1979年4月~80年3月 ニッポン放送『オールナイトニッポン』火曜日のDJを担当した。(火曜日2部。1部は所ジョージ)
「こんばんわ…やまさきはこです」で始まって、ぽつりぽつりを話す。ほんとに朝5:00まで持つのだろうか?毎回そんなことを気にしながらラジオを聴いていましたね。インターネットも無い時代、深夜に一つの仮想の広場が出来ていたんですね。当時は深夜を「解放する」という言い方もよく使われました。今は、NHKの「ラジオ深夜便」でしょうか?ご同輩(爆)



山崎ハコ初エッセイ集『真夜中に太陽が見たい』(1978年)

「飛・び・ま・す」でエレック・レコードから衝撃的なデビューを飾ったハコちゃんは、独自の世界を構築するコンサートが評判を呼び、熱狂的なファンを持っています。
今でも、デビュー時のみずみずしさと頼りなげな繊細さがまったく変わっていないことに驚かされました。25年ぶりの逢瀬でサインをいただきました。本当に小さな小さな手でした。



「気分を変えて」作詞・作曲:山崎 ハコ 1975

ゆううつな毎日をどうしよう 歌を聴いても酒を飲んでも直らない
いつもの彼のぬくみも欲しくない ザーザー雨降る歩道に一人で泣きたいよ

やさしい言葉がほしいわけじゃない どうせ 言葉だけに きまってるもの
今日は一人になりたいの みんなどっかへ行っとくれ バイバイ

満員電車に揺られて何処行くの 虚ろな目をして どうでもいいよな顔をして
昨日一晩遊んでみたけれど ダメだったよとあんたの顔がしゃべってる

みんなそうなんだよあんた一人じゃない うまく気分を晴らした者が勝ちさ
それができないあんたなら それができないあんたなら バイバイ



憂鬱な毎日をどうしよう わかってるけどグズグズしていて直らない
このまま閉じこもっているわけにゃいかないが いくら言葉で言っても ダメなこともあるのさ

なぐさめてもらいたいよな 気もするの グチを こぼしたら笑われるし
そんな弱い私なら そんな弱い私なら バイバイ



「サヨナラの鐘」作詞・作曲:山崎 ハコ 1975

小さな雨がふっている 一人髪をぬらしている
長い坂の上から 鐘がかすかに聞こえる
私の心の中の 貴方が消える
恐かった淋しさが からだを包む

グッバイ貴方 私 先を越されたわ
グッバイ貴方 その顔が目に浮かぶわ

いつだったか笑って 二人別れていった
きれいな思い出にするわ 元気でと別れていった
いつの日か心の中に 貴方が住み込んで
幼い子供のように ひそかにあこがれた

グッバイ貴方 バカね私
グッバイ貴方 小さな声でおめでとう

グッバイ貴方 すてきな鐘の音
グッバイ貴方 サヨナラとなりひびくわ

グッバイ貴方 すてきな鐘の音
グッバイ グッバイ貴方



孤高の女性シンガー・ソングライター、山崎ハコ。
ジーンズ姿にギター1本 長いストレートの髪。Guildのギターに隠れてしまいそうな小柄で華奢なひとが、ギターを弾いて一度唄いはじめるとその力強い歌声に驚かされるかと思います。中島みゆきより、森田童子より暗い...あは!健気にも日本で最も暗い歌をうたい続けるシンガー・ソング・ライターとして知られる山崎ハコちゃん。暗い暗いと馬鹿にされ、頭に来て姿を消したという80年代があり、86年から活動を休止し”伝説のフォーク歌手”でいましたが、90年ロック系のアルバム「SA・SU・GA」で活動を再開しました。
情念の世界ばかりクローズアップされがちな彼女の歌世界ですが、ハコちゃんの歌は深い悲しみの底にありながら、常にかすかな燈りを求め続ける力を持っています。そこには、歌うことへの強い意思が感じられます。その歌は常に、ポジティヴに現実と闘う姿があり、悲しみに甘えないすごさがあります。そこには傷つきやすい魂の持ち主だけが表出でき得る、清廉かつ透明感に満ちた世界が広がっています。
アグレッシヴに自分の生き方をじっと見つめ、詞とメロディで表現しようという姿勢はずっと貫かれ、そこにハコちゃんの個性があり時代を越えて共感を呼ぶものがあると思います。



「どこまでも深い沈黙の中でピン・スポットを当てられた一人の少女が、周囲の闇にうごめく大人たちの心の奥底を見すかしたように歌っている。語り部のように、闇の深い沈黙から心を奪いとっていく。
山崎ハコの歌はいつも、みんな他人さと歌っているのだが。」



「流れ酔い唄」   山崎ハコ作詞・作曲 

うちの目にうつるは あんたの嘘だけ
うまいこと言うて心は 別のことを思いよる

それでも責めることは 一つもありゃせん
誰でも弱い嘘つき 弱いほどに罪深い



それでも 顔を見れば 気にかかることばかり
誰でも 同じ強がり もがくほどに傷深い

それでも夜になると あんたが忘れられん
誰でも 弱いうそつき 責めることなどできゃせん
誰でも 弱いうそつき 責めることなどできゃせん




「白い花」作詞・作曲:山崎 ハコ 1975

わたしの目の前の白い花 人目にもつかず咲いてるけれど
幸せそうにほほえんで 香りを漂わせる
できることなら この指で
お前を摘んでしまいたい
あの人の心に 誇らしく
咲いてるお前を

白い花びら はにかんで とてもきれいに見えるわ
お前のように 咲きたかった あの人の心の中に
ひそかに きれいに 咲くがいい
美しい白い花よ
あの人と いっしょに 生きて行け
あの人をなぐさめながら




お前を見つめて 生きて行く 私の気持ち知らないで
私にやさしいほほえみを かえす 白い花
ひそかに きれいに 咲くがいい
ほほえむ 白い花よ
あの人と いつまでも 生きて行け
あの人をなぐさめながら

ひそかに きれいに 咲くがいい
ほほえむ 白い花よ
あの人と いつまでも 生きて行け
あの人をなぐさめながら



■11/30の後編に続く■






最終更新日  2004年12月01日 00時28分11秒
コメント(3) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:歌の源流を求めて...”飛びます”山崎ハコ ■前編■(12/01)   とむて  さん
こんばんは。

「気分を変えて」はヤケになりそうなときに、カラッと開き直らせてくれる鎮静剤で
年に何度か聴くことがあります。

何年か前にNHKのライブでサングラスをかけてニコニコしていた山崎ハコをみて、
びっくりしたけど、笑い顔の良い人だなあと思いました。 (2004年12月01日 22時30分52秒)

 Re[1]:歌の源流を求めて...”飛びます”山崎ハコ ■前編■(12/01)   CAT-O さん
とむて さん
>こんばんは。

>「気分を変えて」はヤケになりそうなときに、カラッと開き直らせてくれる鎮静剤で
>年に何度か聴くことがあります。

>何年か前にNHKのライブでサングラスをかけてニコニコしていた山崎ハコをみて、
>びっくりしたけど、笑い顔の良い人だなあと思いました。
-----
とむてさんに良く似合うハコちゃんかと思います。デビュー当時洋楽一辺倒だった私はハコちゃんだけは隠れるように聴いていたことを告白しちゃいます。あははは!
(2004年12月05日 00時01分08秒)

 コメント&TBありがとうございます。   のんのん さん
はじめまして
東京まったり少年(仮) http://nonno.exblog.jp/  の
のんのんと申します。
TB&コメントどうもです。

いろいろな記事をじっくり読ませてもらいました。
僕の好きな人ばっかりですごく楽しかったです。
この記事のハコちゃん可愛すぎます。
なんか目力のある人ですよね。

他の記事も美輪さんとか人形とか僕の趣味思いっきりど真ん中なのですごく気に入ってしまいました。
ぜひゆっくりといろいろ読ませてもらおうと思ってます。
また遊びにきますね。 (2004年12月22日 23時00分40秒)

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


CAT-O

カテゴリ

コメント新着

 さいとう@ Re:あなたの中学時代に仲の良かった・・・ 中山教子さんを覚えていらっしゃいますか…
 ウェスポーランド 小畠@ 広告掲載を梁塵秘抄様のサイトにお願いできませんか? 梁塵秘抄様 はじめまして! 突然のご連…
 silver1202@ フリーワーク募集 私はやっているフリーワークを紹介しま…
 オリオン@ 贋作は贋作 佐伯祐三、米子の名誉のために、、、、 …
 シャルドネ。@ Re:訃報 高峰秀子さんを偲んで(01/01) 2歳の時に、生まれて初めて体験した映画…

お気に入りブログ

スコットランドの島… New! 白山菊理姫さん

不条理日記 完全版 #2 New! 幻泉館 主人さん

チャンスが来たら・・ New! Judy My Loveさん

イランおよび湾岸の… New! alex99さん

洋梨クリームと塩キ… 夏見還さん


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.