『梁塵秘抄』 または ”わしふぃーるど”

フリーページ

@憂我なる<J-POP&FOLK>@


━浅川マキの世界『Darkness』


━”狼少年”森田童子


━”飛びます”山崎ハコ


━魂は時に絶叫する!友川かずき


━憂歌団"B級で悪かったな!"


━彼方より聞こえたるもの-林英哲


━劇的なるものをめぐって....美輪明宏


━さよならだけが人生....カルメン・マキ


カルメン・マキLIVE


━【加藤登紀子】


━【金子由香利】


━【ネーネーズ】


━【クミコ】


━【谷川俊太郎】


━【沢知恵】


親爺握手自慢高嶺乃花美女百景X'mas編


【?】


女ディランと呼ばれた女!中山ラビ


木村俊介ライブ ~音象~@幾何楽堂


◎ART<千年の愉楽>◎


━川本喜八郎とイジィ・トルンカの世界


━ヴェルーシュカ 変容(veruschka)


━28歳でこの世を去った男エゴン・シーレ


━バルテュス<Balthus>


━エドワード・ホッパー(Edward Hopper)


━モーリス・ベジャール


━佐伯祐三


━畑中純「まんだら屋の良太」


━畑中純「宮沢賢治の世界」


━奇想と純心の天才!五十嵐大介


━完全版!武満徹の世界


━声のない言葉 村里の猫と二人の女


━『宮沢賢治2006・銀河鉄道の夜』


『幾何楽堂』小坂憲正のDOOR曼荼羅


三遊亭京楽 独演会!


幻想画家の女王Leonor Fini


いい女列伝 伝説の名女優!太地喜和子


滝田ゆう


Satie


ヘンリー・ミラー


ヴァン・ドンゲン


マン・レイ


茂田井武


喜和子RETURNS!


ジャパン・アヴァンギャルド


SAMPLE


喜和子RETURNS 2!


飢餓海峡冬景色


ガブリエル・バンサン


アントニオ・ロペス・ガルシア 


堀江康子in幾何楽堂


幾何楽堂LIVE (夜の部)


高橋竹山


『日本製少年』


福島泰樹


村山槐多


AKIRA


AKIRA オープニングパーティーライブ


AKIRA 祈りプロジェクト 


AKIRA ART


破調 山中節


sansalo


太地喜和子RETURNS!其ノ弐


映画の<伝説的現在形>洋画篇


━ビクトル・エリセ『ミツバチのささやき』


━『ベニスに死す 』


━フランソワ・トリュフォーの世界


━『1900年』


━『ブラザー・サン シスター・ムーン』


━ジョン・カサヴェテスの世界


━『フォロー・ミー』ミア・ファロー


━『バベットの晩餐会』


━『欲望 Blow-Up』


━『ルシアンの青春』


━ジプシー音楽映画『ベンゴ Vengo 』


━『コヤニスカッツィ』


━『ストレンジャー・ザン・パラダイス』


━『トーク・トゥ・ハー』


.━『愛の嵐』から『まぼろし』へ


━『マルキ・ド・サドの演出のもとに・』


━ヴェルナー・ヘルツォークの世界


━『恋するガリア』


━『スモーク』


━アラン・タネール『白い町で』


━『MADREDEUS』


Rene Marie & 宮本貴奈


活動を再開している大西順子


ペンギン・カフェ・オーケストラ


フランソワ・ド・ルーベ


Le Samourai


━ロベール・ブレッソン『やさしい女』


━『灰とダイヤモンド』


トラン・アン・ユン監督作品『夏至』


リチャード・ブルックス


ピロスマニ


アルノー・デプレシャン


エミール・クストリッツァ


ケネス・アンガー


ジャンヌ・モロー


アリエル・ドンバール


パリのめぐり逢い


@憂我なる<MUSIC LIFE> @


━【武満徹の世界】


━【コヤニスカッツィ】フィリップ・グラス


━【セルジュ・ゲンズブール】


━【ペンギン・カフェ・オーケストラ】


━【チェット・ベーカー】


ー【バディ・デフランコ】


━【寺井尚子】


━【木住野佳子】


━【ビル・エヴァンス】


━【スコット・ラファロ】


━【フィリップ・グラス完全版】


━【ザ・ドアーズ】


━【サード・イヤー・バンド】


━【ヴェルヴェット・アンダーグラウンド】


━【ルー・リード】


━【パティ・スミス】


━【ジェームス・テイラー】


━【スティーヴ・ライヒ】


━【つのだたかし】


━【パリ・ミュゼット】


━【秋吉 敏子】


━【加藤登紀子】


━【フランソワーズ・アルディ】


━【タンジェリン・ドリーム】


━【ビル・チャ-ラップ】


━【エディ・ヒギンズ】


━【ジョルジュ・ムスタキ】


━【セルジオ・メンデス】


━親爺握手自慢高嶺乃花美女百景


━【ウテ・レンパー】


━【アンリ・サルヴァドール】


『市川雷蔵』


◇完全版!セルジュ・ゲンズブール◇


ジプシー音楽映画『ベンゴ Vengo 』


ステファン・グラッペリ


Singer & the Song


「トーク・トゥ・ハー」


フィリップ・グラス続編


♪シャーロット・ランプリング♪


グレンダ・ジャクソン


富樫森監督3作品!


『ベニスに死す(1971) 』


サイモン&ガーファンクル


『1999年の夏休み』


中島丈博『おこげ(OKOGE)』


矢崎仁司『三月のライオン』


寺島しのぶ『ヴァイブレータ』


■モーリス・ベジャール■


アンダグランド


フランソワ・トリュフォー


宮本貴奈トリオ


広島


<水源の森コンサート>


加藤登紀子コンサート 8/15


森田童子


「ソイ・アナ......私はアナ」


『ヴェルーシュカ 変容(veruschka)』


佐伯祐三


友川かずき


MACROBIOTICS CAKE 


『1900年』ベルナルド・ベルトルッチ


木住野佳子


憂歌団


親爺握手自慢高嶺乃花美女十景


林英哲


二胡の姜 建華(ジャン・ジェン・ホワ)


ジョン・カサヴェテス


ミア


シャーロット・ランプリング


有元利夫


DAVID HAMILTON


高峰秀子


坂田甚内先生


リチャード・ブルックス


映画の<伝説的現在形>邦画篇


カレンダー

2004年12月03日
XML

『巴里に死す』佐伯祐三併映は!『悲喜劇 佐伯祐三真贋事件』




<郵便配達夫(1928)>

パリのうらぶれた裏町を憑かれたように描き続け、結核とともに狂気の淵に立ち、わずか30歳の若さで逝った天性の画家・佐伯祐三。パリでヴラマンク、ユトリロらの野獣派の巨匠の影響を受けながらも、パリ裏街の店先や広告などを素材に選び、量感あふれる、激情的な作風を確立。ヴラマンクとの邂逅は日本から持ち込んだアカデミスムとの訣別でもあった。
しかし、画家としての純粋さを追及してやまない壮絶な生きざまの裏面に隠された秘密があった?!



堂々内緒で公開!『悲喜劇 佐伯祐三真贋事件』
事実は映画より奇なり~ィ?イメージ画像ですので文章と相関関係はあれど直接の関係はございません。



残念ながら佐伯祐三の絵には、美術史上に残る贋作騒ぎがありました。これは、岩手県で、佐伯祐三の180点もの未発見の絵が出てきたことからこの事件は始まります。これらは、仕上げられた絵ではなく、初期の段階あるいは未完成の絵と見られる油絵でした。佐伯祐三は元来速筆の人で作画が非常に早く、いわゆる素描やデッサン、下絵といったものが今まで少なく不思議がられていましたが、今回がそれにあたる物であったようです。故に、今までの佐伯作品とは全く印象が異なるものであることからの疑義だったようです。(修復して、枠に固定しなければ、たとえ名画であってもゆがんで見えるそうです。)それでも市場に出れば数億円の値がつく天才画家の作品が大量に出現したわけです。
私の好きな「郵便配達人」はこの中の一枚です。



重要な疑惑は、夫より上手かったと言われる米子夫人が佐伯の絵に筆を加えていたのではないかという疑惑です。



【佐伯米子】(さえき・よねこ)

「....米子夫人がこの人の傍で、哀しいまでに美しいことが、心を揺すった。この人は若い画家らしく、無造作に粗末な黒い服を着て疲れた労働者そっくりだが、米子は貴婦人のように絹物の和服に美しい被服を着て、白足袋に草履をはき、左足が少し不自由なためか、黒塗りの杖で左脇を支えて歩いていた。それにエロチックな美がこぼれるようで、往きこうフランス人が目を見張り、必ず振り返って見たものだ。」(芹沢光治良)

「秀丸(佐伯の幼名)そのままの絵では誰も買って下さらないので私が手をいれておりますのよ。秀丸もそれをのぞんでおりましたし。 あなたもそのことをよくご存知でしょう。秀丸そのままの絵に一寸手をくわえるだけのことですのよ。こつがありますから私、苦労致しましたがのみこみましたのよ。それは見違えるほどになりますから。画づらの絵の具や下地が厚いものにはガッシュというものをつかい画づらをととのへ、また秀丸の絵の具で書き加えますでしょう。すこしもかわりなく、よくなりますのよ。.....秀丸(佐伯の幼名)はほとんど仕上げまで出来なかったのです。.....私が仕上げればすぐに売れる画になりますのよ。すべての絵を手直ししてきちんと画会をしたいのです。...。」
と、画家でもあった米子夫人本人が手紙で自分が加筆したことを何回も書いた手紙があり、この手紙は筆跡鑑定では米子夫人の真筆とされています。要は、売れるように妻の加筆した絵が真作で、米子と別居中に米子に知らせずに日本に送られ、70年以上も放置され、額装も修復されていない汚れた祐三自身の描いた絵が贋作とされているわけです。妻米子の加筆問題が明白となれば今まで佐伯作品として各地の美術館に収められていたものが疑惑品として美術館から画商に返却を求められる可能性があり、画商にとってこれは死活問題となりかねません。



「今日朝、俺は離別を決めました。米子サンに リベツの事 云いました。  
俺のリベツは、俺の画を もっと良くするためです。米子サンから タブローのこと、口出しされないためです。荻須と千代子サンともへだてた 俺の仕事のためです。俺の命のためです。」
(祐三の千代子への置き手紙)

米子と別居し死期の近づいた佐伯祐三は、薩摩治郎八の妻であり、パリ社交界のアイドルであった千代子に恋をします。モンパルナスの同じアパートに住んでいた佐伯は、米子と暮らす三階から二階にある千代子のアトリエへ降りて独自の画風を模索していました。



「荻須の事は心配ないと思います。前にパリに来たころの俺の画に良く似た タブロー描くのは米子サンが描いてはるからやけど心配ないです。荻須は頭のええ男やから、その内はっきりさせるでしょう。
自分のもの 描かねばいかん事に 気が付くやろから、そしたら米子サンに 自分でしらすと思う。それ迄 俺は気がつかん事がいいのです。荻須がええもん描いても、心配しないで下さい。荻須に負けたら、それは仕方ない事と思うています。」

そのころ、米子は弥智子を新居に置いたまま、モンマルトルの荻須高徳のアパートへ行ってしまっており佐伯は幼い智弥子の世話や千代子に頼む事になります。



「郵便配達人」は、佐伯が病身をおしてブールヴアールの二階アトリエに行った時、たまたま郵便を届けに来た、髭の美しい配達夫に出会い、モデルを頼むことができたそうです。この「郵便配達夫」が米子によって絶筆とされていますが、実際は愛する薩摩千代子の肖像画であったようです。



なんと佐伯、米子夫人、薩摩治郎八、千代子夫人、荻須高徳、藤田嗣治などなど、そうそうたる面々の人間模様というか相関が生々しくてスゴイ。佐伯の絵は米子さんが加筆してたとか、不倫じゅずつなぎ状態だったとか、さらに米子が祐三に毒をもっていたとか、稀代の毒婦だなんてワイドショーまがいのネタみたいで、まあびっくりてんこもりです。 w(゚o゚)w
ekkatosanngurasu

「佐伯祐三の生涯は30年と4ヶ月たらずという短いものであり、さらに芸術家としての活動は5年にみたない一瞬の光芒に過ぎなかった。アカデミックなものを放擲してフォーヴィズムへ向かおうとする芸術家の苦闘は、時に闘病しつつ画業にむかい、この短時日に描いた作品数は400点をこえる異様な多作であったものと推定されます。確かに、佐伯祐三の画に対する米子加筆、創作が事実である可能性が高いが、こうした共同作業は佐伯の画業をおとしめるものではないと私は思います。
..........。」

マイ・オークションをごらんください



CAT-O








最終更新日  2004年12月04日 23時07分24秒
コメント(7) | コメントを書く
[ART<千年の愉楽>] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:『巴里に死す』佐伯祐三■後編!『悲喜劇 佐伯祐三真贋事件』■(12/03)   kiriko17 さん
CAT-Oさん、

こんばんは。佐伯のコメント、素晴らしいい出来。
絵も鑑賞も、十分楽しめました。膨大な、記事を集めて、このような一冊の本になりそうな、日記をつけられる、貴方の才能にしばしば、感服してしいます。

残念ながら、「パリに死す」を読んでおらず、そのうちにと思っていましたが。芹沢光次郎のパリの留学中に何人かの画家との出会いを読んだことを、思い出しました。

荻須の絵の中に、佐伯の面影をいつも感じていましたが、画家同士の影響のは、その絵を見ていると一目両全ですが、やはり、佐伯の迫力には、程遠いという事です。
ただ、本当に残念なのは、年をとられた佐伯の絵を
見る事が出来ないのです。画家の老成した作品、
自分独自の世界は、50歳過ぎに確立できるようで、

彼の場合、それまでにすべてを使い果たしてしまったような、感じをいつも受けますが、それにしても生きていた証の中で、是だけの迫ってくるような色彩の激しさには、魂の永遠性を感じてしまいます。
ありがとうございました。
(2004年12月04日 23時48分28秒)

 Re[1]:『巴里に死す』佐伯祐三■後編!『悲喜劇 佐伯祐三真贋事件』■(12/03)   CAT-O さん
kiriko17さん
>CAT-Oさん、

>こんばんは。佐伯のコメント、素晴らしいい出来。
>絵も鑑賞も、十分楽しめました。膨大な、記事を集めて、このような一冊の本になりそうな、日記をつけられる、貴方の才能にしばしば、感服してしいます。

>残念ながら、「パリに死す」を読んでおらず、そのうちにと思っていましたが。芹沢光次郎のパリの留学中に何人かの画家との出会いを読んだことを、思い出しました。

>荻須の絵の中に、佐伯の面影をいつも感じていましたが、画家同士の影響のは、その絵を見ていると一目両全ですが、やはり、佐伯の迫力には、程遠いという事です。
>ただ、本当に残念なのは、年をとられた佐伯の絵を
>見る事が出来ないのです。画家の老成した作品、
>自分独自の世界は、50歳過ぎに確立できるようで、

>彼の場合、それまでにすべてを使い果たしてしまったような、感じをいつも受けますが、それにしても生きていた証の中で、是だけの迫ってくるような色彩の激しさには、魂の永遠性を感じてしまいます。
>ありがとうございました。
--
ご無沙汰しております。11月の個展にはお伺いできず申し訳御座いませんでした。
佐伯祐三の画業はこれからという時に亡くなりましたが、おっしゃる通り色彩の激しさに魅了されました。
実は、贋作事件の件は自分でも心苦しいものがありかなりの脚色をせざるを得ませんでした。いつかkiriko17さんのパリのアトリエを訪れたいなと思っております。ご主人様お嬢様にも宜しくお伝えくださいませ。ありがとうございました。 (2004年12月04日 23時58分38秒)

 Re[2]:『巴里に死す』佐伯祐三■後編!『悲喜劇 佐伯祐三真贋事件』■(12/03)   kiriko17 さん
CAT-Oさん

>ご無沙汰しております。11月の個展にはお伺いできず申し訳御座いませんでした。
>佐伯祐三の画業はこれからという時に亡くなりましたが、おっしゃる通り色彩の激しさに魅了されました。
>実は、贋作事件の件は自分でも心苦しいものがありかなりの脚色をせざるを得ませんでした。いつかkiriko17さんのパリのアトリエを訪れたいなと思っております。ご主人様お嬢様にも宜しくお伝えくださいませ。ありがとうございました。
-----
こちらもご無沙汰しています。画家の近くにいると、たくさんの贋作事件、盗作事件、そして、他人の絵を平気で盗んで、展覧するなど、多くの事件を見てきています。
ネットでは、公開できない話です。

もう、この後に及んでは、何も驚く事はないと、覚悟ができていますが、CAT-Oさんには、ぜひとも、主人の仕事を批評して欲しいと思っています。

これって、宣伝に聞こえるかもしれませんが・・・・過去の、日記を見る度に、文化人であり確かな目利きに、お会いする事が、とても少ないからです。
パリに来られる時は、ご一報ください。 (2004年12月05日 00時58分24秒)

 Re:『巴里に死す』佐伯祐三■後編!『悲喜劇 佐伯祐三真贋事件』■(12/03)   SEAL OF CAIN さん
佐伯祐三、すばらしいですね。
贋作の話は、オーソン・ウェルズの『フェイク』を思い出します。
生涯は、モジリアニと似てるかな。

(BBSの話になりますが(^^;)) ゴダールも同じお誕生日なんですね! いいですね!
カサヴェテス&ジーナ・ローランズ、楽しみにしてます。(^^) (2004年12月05日 02時08分24秒)

 Re[3]:『巴里に死す』佐伯祐三■後編!『悲喜劇 佐伯祐三真贋事件』■(12/03)   CAT-O さん
kiriko17さん
>CAT-Oさん

>>ご無沙汰しております。11月の個展にはお伺いできず申し訳御座いませんでした。
>>佐伯祐三の画業はこれからという時に亡くなりましたが、おっしゃる通り色彩の激しさに魅了されました。
>>実は、贋作事件の件は自分でも心苦しいものがありかなりの脚色をせざるを得ませんでした。いつかkiriko17さんのパリのアトリエを訪れたいなと思っております。ご主人様お嬢様にも宜しくお伝えくださいませ。ありがとうございました。
>-----
>こちらもご無沙汰しています。画家の近くにいると、たくさんの贋作事件、盗作事件、そして、他人の絵を平気で盗んで、展覧するなど、多くの事件を見てきています。
>ネットでは、公開できない話です。

>もう、この後に及んでは、何も驚く事はないと、覚悟ができていますが、CAT-Oさんには、ぜひとも、主人の仕事を批評して欲しいと思っています。

>これって、宣伝に聞こえるかもしれませんが・・・・過去の、日記を見る度に、文化人であり確かな目利きに、お会いする事が、とても少ないからです。
>パリに来られる時は、ご一報ください。
-----
いやいや赤面するようなお言葉をいただき恐縮です。
私はフランス文化に対する憧憬というか、正しくは劣情ですね..がが強く、フランス人の性的な感性が性に合います。フランス映画や音楽、美術、ファッションでしかフランスという国を知りませんが繚乱する文化には何時までも魅了され続けることと思います。最近またフランス映画が面白くなってきましたね!アルノー・デプレシャンやフランソワ・オゾンがお気に入りです。 (2004年12月07日 00時22分06秒)

 Re[1]:『巴里に死す』佐伯祐三■後編!『悲喜劇 佐伯祐三真贋事件』■(12/03)   CAT-O さん
SEAL OF CAINさん
>佐伯祐三、すばらしいですね。
>贋作の話は、オーソン・ウェルズの『フェイク』を思い出します。
>生涯は、モジリアニと似てるかな。

>(BBSの話になりますが(^^;)) ゴダールも同じお誕生日なんですね! いいですね!
>カサヴェテス&ジーナ・ローランズ、楽しみにしてます。(^^)
-----
もうカサヴェテスはローズマリーの赤ちゃんとか凄い俳優さんとばかりに惚れこんでいたら、凄い監督であった事を知りなかなか観れなくてイライラしてました。LDで発売されてその全貌の一端に触れ続いて輸入ビデオで追っかけアメリカのベルイマンだなと思いましたね!年内にUPしたいっす。
(2004年12月07日 00時31分08秒)

 贋作は贋作   オリオン さん
佐伯祐三、米子の名誉のために、、、、
自由と画布、パリ日記、落合氏の本、武生市資料、中島裁判をすべてよく読んでから、もう一度考えていただければ幸いです。 (2011年12月07日 00時39分51秒)

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


CAT-O

カテゴリ

コメント新着

 さいとう@ Re:あなたの中学時代に仲の良かった・・・ 中山教子さんを覚えていらっしゃいますか…
 ウェスポーランド 小畠@ 広告掲載を梁塵秘抄様のサイトにお願いできませんか? 梁塵秘抄様 はじめまして! 突然のご連…
 silver1202@ フリーワーク募集 私はやっているフリーワークを紹介しま…
 オリオン@ 贋作は贋作 佐伯祐三、米子の名誉のために、、、、 …
 シャルドネ。@ Re:訃報 高峰秀子さんを偲んで(01/01) 2歳の時に、生まれて初めて体験した映画…

お気に入りブログ

家庭教室 New! ジョンリーフッカーさん

「英語の冒険 Adven… New! alex99さん

サッカーナイト New! 幻泉館 主人さん

思いは必ず届く New! Judy My Loveさん

富士山初冠雪と即位… New! 白山菊理姫さん


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.