000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

VF5R鷹嵐&エルブレイズまとめ

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Freepage List

Comments

ミュウミュウ バッグ@ rbddvxzakxs@gmail.com 突然訪問します失礼しました。あなたのブ…
バーバリー ポロシャツ メンズ@ kmahrimiwp@gmail.com 今日は よろしくお願いしますね^^すごい…
グッチ バッグ@ hxudfmwl@gmail.com こんにちは、またブログ覗かせていただき…
Rあーるunsa@ Re:RD中K後は(02/24) ウルフィングTさん >少し前までエル使い…
さまや@ re:壁コン(6K→壁→RD中K崩れ) 検証お疲れ様ですm(_ _)m ベネとかサラ…

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

まだ登録されていません

Headline News

Rakuten Ranking

2009.11.09
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
Rです。

最近ブレイズを再鍛錬。
バックダッシュでスカルゥゥゥゥゥ!!!!
とか言わないで良いように攻めを掘り下げてみた。

1.直2に磨きをかける
ブレイズの最も強いポイントは直2がかかること。
投げが方向多数あるのも直2が強い理由。

6PK→RD連携

この連携が鬼強い。
どれくらいかというとリオンのコンボ後6P+K+G→P+Gor6PorP
の連携より強い。
確反6PKから強制直2なところ。
6PKは至るところで決まりますからね。

6PK→RD中P+G
相手が横転受身→避け、横転受身→中上段打撃
に対して有効。下段攻撃や空かされる打撃に負けることもあるがまあ強い。

6PK→RD中9K+GKorP
横転受身→打撃
に対して有効。避けられてもあまりリスクがない。

ではこの連携をどう対処するのか?
1.受身を取らない
受身無しには2KP入れ込みの、受身確認後Kを繋ぐ。
ダメージも取れる。受身を取られていたら派生Kと投げで無理やり2拓。
受身後2Pを出せば普通に割れるんですけどねww

2.その場受身
6PK→RD中P+Gを最速で出すとスカってしまいます。
が伸ばせば問題なし。横転受身に対しては入れ込まないとRD中P+Gが効果がないため
受身確認は難しい。
その代わりRD中9K+GKorPの対処が難しくなる。9K+Gが重なってたりすかってたりと
避けを入れ込みにくいのである。

という訳で、その場受身に対しては9K+G系の連携でどうにかなるので
結局キツイ連携にもってけます。

6PKからのRD連携を組み込んだだけで相手はかなり面倒くさいと思うはず。
是非取り入れましょう。

しつこいネ☆42P+Gからの攻め
42P+Gから最速7P+K、ちょい遅らせ7P+K、小ダウン
で相手を嫌な気分にさせていますか?
これをすることで相手は起き蹴りを出せなくなっています。
というのも、最速だろうが遅らせだろうが7P+Kを横転起き蹴りを出すとヒットしてしまうこと
が非常に多いためであります。

つまり、小ダウンも嫌がりつつ7P+Kも嫌がっている場合には相手は
・最速or遅らせ横転起き
・最速起き蹴り(下段起き蹴りだとお互いすかる)
の2択になります。
つまり、7P+Kや小ダウンを出さないで相手の起き上がりを確認し
横転の場合は起き蹴りが出ないと仮定した連携を出すことが出来ます。

42P+G→起き上がりに合わせて打撃と再度42P+Gの2択

これが強い。

これで横転起き蹴りを出すようになってきたら7P+Kに戻ればいいだけです。

とにかく42P+Gからの攻めは覚えておきましょう。


今日はそんな感じで。







Last updated  2009.11.10 00:51:21
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.