310686 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

Electropicoの音楽三昧日記

SalsaJapan管理人の公私混同なPage

過去日付の日記をアップすることがあります。(1月以内) その場合、トップページでは表示されないことがあります。 日記一覧で"New!"チェックしてみてください。

DJ スケジュール

2009/12/31カウントダウン@原宿クロコダイル!!
January 23, 2010
XML
カテゴリ:Live
初日初回ステージを聞きました。
静と動のバランスもいいし、出し惜しみで焦らされた跡のモントゥーノも絶品。良いステージでした。
ステージは最新作Akokanと前作Zamazu収録曲により構成。冒頭30秒ほどのロベルトの母親によるボーカルを流して開始。
ロベルトは手元を見ることはなく、常にドラムスとのアイコンタクトを絶やさない。今回はドラムス・パーカッションの右、ロベルトから見るとドラムのすぐ後ろに座っていたので、まるでロベルトと自分がアイコンタクトしているような錯覚で、こちらもいろいろ勝手に反応してしまった。特にロベルトが遊びを仕掛けてくる場面は手に汗。また、速い曲でのドラムスとピアノの絡み合いは緊張の連続。ところで、ドラムスが急にロック風パターン(上手く表現できませんが)を入れてくるのが数回あり、ラテンにロック?と気になった。これについてはもう少し確認してみたい。
ピアノはバリバリ弾くこともあるが、それよりも、右手だけで弾いて、左手はずっと中空に踊らせている姿が印象的だった。何か指示を出しているのかとも思ったが、そうではなく、踊っている。
パーカッションはコンガ4本を中心に、ダルブッカ、ボティーハ(?)、フレームドラム等をセッティング。ダルブッカは使ったが、ボティーハは使わずじまい。つまりは他に曲があるということ。2ndステージで使ったのだろうか、気になる。
フロントのハビエルはサックス、フルート、クラリネットを持ち替え。元イラケレの実力者だが派手さよりも落ち着いた美しさが印象に残った。
ところでロベルトのMCでの低く太い声とは違う高く澄んだ歌声にも注目。

今日から3日間、青山のブルーノート東京でのステージはお見逃し無きよう。






Last updated  January 24, 2010 02:16:41 PM
コメント(0) | コメントを書く

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Category

Favorite Blog

20年考え続けた謎… Yosi-danzaさん

★Latin Dance Night★ Lady Mayaさん
39歳の新米ママ ~ま… まり*もと*やまさん
Icon art デュカスさん
Las Chicas Lindisim… LasChicasLindisimasさん

Comments

コメントに書き込みはありません。

Archives

October , 2017
September , 2017
August , 2017
July , 2017
June , 2017

Freepage List


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.