334711 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

わたしのブログ

2013.06.18
XML
カテゴリ:びっくりな話

長男君が作業所に通い始めて3ヶ月ほど過ぎました。

一日の流れも、作業内容にも慣れてきてホッとしていた今日この頃。

毎日がんばって私もお弁当を作り、その日のメニューも点字で打って

お手ふきも入れて持たせています。でもね~、毎日献立考えるのは

大変ですわ。今から考えると学校の給食ってバランスもちゃんと考えてるし、

ありがたかったなぁ。

 

で、この間ふと、家の食卓にお弁当の箸箱があることに気がつきドキリ!

長男君のお弁当にお箸を入れ忘れたぁびっくり下向き矢印

時すでに13時過ぎ。 もうお昼休みも終わり、午後からの作業を

している時間。

まぁ、お箸を借りて食べているだろう・・・でも・・・ちゃんと言えてるかなぁと

思い、

所長さんにメールをしてみました。

そしたら~

すぐに電話があり、平謝り。

やっぱり・・・言えなくて

手で食べたようです・・・と雫雫雫雫雫

まぁ職員さんもなんなんですが、長男君も何とかしないとなぁ。

なかなか自分の思いを伝えられないんですわ。

でも、手が汚れるのがとても嫌いな子なのに、

よー手で食べたなぁ。

よほどおなかがすいてたんやろうなぁ。

これなら緊急災害の時もなんとかたくましく生き延びれるかも。

 







最終更新日  2013.06.19 17:39:31
コメント(4) | コメントを書く
[びっくりな話] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.