362241 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

わたしのブログ

全255件 (255件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 26 >

映画

2019年09月17日
XML
カテゴリ:映画
エルトン・ジョンの自伝映画「ロケットマン」を観てきました。
エルトン・ジョンといえば、ド派手な衣装?!冒頭から悪魔かと
思うような羽付きド派手な衣装に釘ずけでした。

エルトンを演じたタロン・エガートンの熱い演技、吹替なしの唄も圧巻でしたね。
「キングスマン ゴールデンサークル」でエルトンと共演済みということもあり
今回の役が回ってきたのだろうか。似てないけど似てましたね。

エルトン・ジョンも映画の製作総指揮にクレジットされていたので、事実通りなのかと
思いきや観ながら??。エルトン・ジョンの名前の由来はジョンレノンからとったと
いうくだりはいくらエルトンのことをあまり知らない私でもわかりましたよ(-_-;)

アメリカのライブハウスで初のライブ演奏するのですが、体が宙に浮くって・・・w




クイーンのフレディーと同様LGBTがまだまだ世の中で知られていない時代
だったので、生きずらかっただろうなぁと思います。家庭環境もあれは事実なん
でしょうかね?
あまりいい環境ではなくつらい思い出なんでしょうね。特にお父さんとの関係は。
いい友人、お金儲け目当てで近付く人、いろんな人がいますが、バーニー・トーピン
は真の親友ですね。俳優さんはジェイミー・ベル。私一押しの注目の俳優さんです!

まだ上映中なので、是非劇場でご覧になってくださいね。






最終更新日  2019年09月21日 00時42分25秒
コメント(2) | コメントを書く
2019年07月10日
カテゴリ:映画
京都の京福電気鉄道嵐山線を舞台にした映画「嵐電(らんでん)」観てきました。
3組の男女の恋、愛の行方を嵐電のいろんな駅を織り交ぜながらすすんでいくのですが、
ストーリーが想像していたものと違って、え、タヌキ、狐?妖怪??そっち系かい?と
意外な展開で、なんだか摩訶不思議なお話でした。あの世とこの世を結ぶ嵐電。
古の都、京都ならあり得るかも~と納得できるw

監督さんは鈴木卓爾さん。京都造形芸術大学映画学科の准教授だそうで、
学生と一緒に制作をしています。若い学生さんのみずみずしい感性が映画の中
でも生きていると思います。俳優さんも卒業生や現役の学生たちもたくさん
出演しています。




卒業生の大西礼芳さんがひょんなことで映画の撮影所で俳優さんに京都弁指導の
お手伝いをすることになり、セリフを読み合わせているうちにその俳優さんを好きに
なる女性を熱演されてました。
井浦新さんは嵐電にまつわる不思議な話を集めるライターを飄々と演じておられました。


上の学生役の二人も個性的な役を演じてましたが、かなりインパクトがありました。

インパクトがあるといえば、終電後に現れる嵐電に乗っているタヌキと狐の
車掌役の二人も。漫才のような二人のセリフが笑えます。
メイクを落とした素顔はどんなんやろ?ちょっとみたくなりましたw

嵐電はまだ乗ったことがないので、またいつか乗りに行きたいなぁ。

嵐電

http://www.randen-movie.com/






最終更新日  2019年07月11日 00時25分17秒
コメント(6) | コメントを書く
2019年05月16日
カテゴリ:映画
西加奈子さん原作の「まく子
草なぎ剛君が出てるので、観てみようかなあと。



あいかわらず予備知識なく、観たらFSぽい内容で意外でした。

小さな温泉街に住む小5の少年、彗が不思議な魅力を持つ転校生の少女コズエと出会います。
彼女の秘密を知ることで、少しずつ彗自身も大人の世界に入っていく様子が描かれています。

左端がコズエちゃんなんですが、彗と同級生なんだけど大人っぽいでしょ。モデル出身の新音(におん)ちゃんのミステリアスな雰囲気が役柄にはまってました。勿論、主演の彗役の山崎光君も子どもと大人との狭間で揺れ動く少年を上手に演じてます。
で、草なぎ君、ちょっと女性にはだらしないけど子ども思いのええお父さん役良かったですよ。


減塩・無塩専門店 楽天市場店






最終更新日  2019年05月21日 00時03分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年03月12日
カテゴリ:映画

幼いころに飛行機事故で家族を亡くした木山慎一郎(神木隆之介)は、
仕事一筋に生きてきた。死が近い人が透けて見えることに気付いた彼は、
自らの不思議な力(フォルトナの瞳)に悩む。ある日、慎一郎は明るく率直な
女性・桐生葵(有村架純)と出会い、二人は付き合い始めるが、葵の体が透け
てくる。慎一郎はどうするのか?

「永遠のゼロ」の百田尚樹さんの恋愛小説です。ってこの方結構過激な発言が
いつも物議を読んでますが、こんな恋愛小説を書かれるんですね。知らなかった。
小説と比べるとストーリーを端折っていると書いてましたが、二時間にまとめる
には仕方ないですよね。でもラストが切ないですわ。

奈良県内でもロケをした映画なんですが、どの場所がでてくるのか楽しみにして
いましたが、映画になると実際の場所の雰囲気が違って見えるから不思議ですね。あ、近鉄電車が出てきますよ。

神木隆之介くんは、芸歴20年。かわいい。声に癒されます。
有村架純さんはなんだか私には「ひよっ子」のみね子に見えてしまうw
斉藤由貴、時任三郎、志尊淳、北村有起哉、DAIGOなどわきを固める俳優さんも
いいですね。
それとONE OK ROCKの曲がいい感じです。


余談ですが、



有村架純の透明な誕生日ケーキ。おいしそうw


コジマ楽天市場店






最終更新日  2019年03月20日 13時26分20秒
コメント(2) | コメントを書く
2019年02月06日
カテゴリ:映画
奈良の天理市が舞台となった映画「​二階堂家物語​」
名家の跡継ぎ問題に悩む親子三代を描いた作品です。




エクゼクティブプロデューサーは河瀨直美さん。奈良を舞台に映画を撮って
いる監督さんですね。
今回、NARAtiveという世界で活躍が期待される監督が奈良を舞台に映画を
製作するプロジェクトとしてこの映画が出来ました。
監督はイランの女性監督アイナ・パナハンデ。カンヌ映画祭で賞もとった方で、
家督相続の問題は遠いイランでもあるそうで親しみを感じたそうです。
何の予備知識もなく見ると外国の監督さんが撮った作品だとは思えないほどです。
一人息子を亡くして跡継ぎ問題に直面する主人公辰也役に加藤雅也さん。今、
「まんぷく」で福ちゃんが働いている「パーラー白薔薇」のマスターやってる人ですw
 奈良出身で私と同年代。
その娘、由子役に石橋静河さん。どこかで見たなぁ?とずっと映画見ながら考えて
たら、そうそう「半分青い」で律の奥さん役やってた人です。
祖母ハル役に白川和子さん。歳いかはりましたが、ええ味でてますわ。
社員役に田中要次さん、町田啓太さんも出てはります。

跡継ぎ問題でそれぞれの家族のきずなやご近所さんとも関係が
ギクシャクしてくるんですね。もっと自由に生きていけたらいいけど、家のことを
考えると妥協をせざるを得ないところもわかるし、切ないですね。

私が行った回はなぜか高齢の方が多く、なにやら地元の方たちのようで、
「あー、あれ○○小学校やなぁ」、「議員さんよーけ、出てはるなぁ」とか地元の人
ならではの会話が聞こえてきますw 
私もお知り合いの顔が突然画面にでてきて、びっくりしました(笑)

全国で上映中でございます。






最終更新日  2019年02月09日 01時00分52秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年12月04日
カテゴリ:映画
シリーズ二作目「ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生」
魔法動物学者ニュート・サラマンダーの冒険を描いた前作「ファンタスティックビーストと
魔法使いの旅」の続編。ハリポタの作者J.K.ローリング自ら脚本を担当。


いろんな登場人物が新しく出てきて初めて見る人はややこしいかもしれませんが、ハリポタからのファンや前作観た人は伏線が随所に隠れてて楽しめるかと。

新しい登場人物はニュートのお兄さんや若き日のダンブルドア、ニュートの初恋の人
魔法動物も新しいキャラクター、日本の古来からのあの妖怪?もでてきたりw



ダンブルドアをジュード・ロウが演じてますが、かっこいい。イメージ通りかも。


強大な魔法使いグリンデルバルト役はジョニデ。こういうちょっと訳ありな役ってジョニデは本当に
似合いますね。

魔法動物は見た目がグロテスクに見えますが、実はとてもいい奴が多くて、金属大好きモグラに似た二フラーは今回もええ仕事しまっせ。

で、映画館で見るなら是非3Dや4Dがなおよろしw



アイオープラザ 楽天市場店






最終更新日  2018年12月12日 23時32分45秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年11月22日
カテゴリ:映画
大ヒット中の映画「ボヘミアン・ラブソディ」先週観てきました。
お恥ずかしながらクイーンの曲は洋楽を聞き始めたころに流行っていたので
音楽は体にしみこんでおりますが、彼ら自身のことはあまり知りません。
何の予備知識もない状態で映画を見たのですべてが新鮮、驚き。
あの曲はこういう背景で作られたのかとか、バンド結成のいきさつなども
映画を見て知るってな感じでした。細かいことを言うとたぶん事実と異なる
部分もあるのでしょうが、そこは映画的な事情もありかとw

映画見た日から頭の中が「ボヘミアン・ラブソディ」やクイーンの曲が占拠し
てるやばい状態です。
当時この曲を聴いたとき、なんてすごい曲なんだ!と思ったのを覚えてます。
ロックとオペラの融合、多重録音を駆使してこの曲は出来上がったのですね。
このシーン好きw


メンバー役の俳優さんたちのまたよー似ていること!本物かと錯覚を起こしそうになりました。
身のこなし、歌い方、本当にそっくりでしたね。いまさらながら、ブライアン・メイかっこいい!
でもこの映画は足掛け8年もかかっているとか。監督や俳優が降板してもう完成しないのでは
と言われていたそうです。
劇中の音楽はすべて本家クイーンの音楽を使ってるとか。
最初の20世紀フォックスのオープニング、ファンファーレもブライアンとジョン・テイラーが演奏して
いるって後で知り、びっくりでした。

いろんなことを知るとラストのライブエイドのシーンは超感動です。
実際のライブエイド動画も映画を見た後見ると感動ひとしおです↓







時間があればもう一回映画館で観たいなぁ。

映画HP
http://www.foxmovies-jp.com/bohemianrhapsody/






最終更新日  2018年11月25日 01時24分44秒
コメント(2) | コメントを書く
2018年10月26日
カテゴリ:映画
樹木希林さんの出演した映画観てきました。

rblog-20181026003916-00.jpg

森下典子さんのエッセイ「日日是好日 お茶が教えてくれた15のしあわせ」が原作。

希林さんは茶道の武田先生役。その茶道教室に、母の勧めで通い出した大学生の典子と
従姉妹の美智子が茶道を通して成長していく日々を描いています。

武田先生の発する言葉は奥が深く、希林さん自身の言葉ではないかと思ってしまいます。

典子役は黒木華さん、美智子役を多部未華子さんが演じています。黒木華さんはまだ
デビュー仕立ての頃、「東京オアシス」という映画に出ていて、ちょっと印象に残っ
ていました。その後、大阪出身、京都造形大学卒業と聞いて勝手に親しみを持って密かに
応援していましたw 「花子とアン」出演後、沢山のテレビドラマや映画にもでて、最近
では大河ドラマ「西郷どん」にも出て役者としてめざましく活躍してますね。

茶道は習ったことがなく、映画を見て作法とか五感を使って体得するもの、結構奥深いもん
だなぁと勉強になりました。華道も他のスポーツでも頭ではなく体で覚えろとよく言われま
すが、皆通じるものがあるもんですね。

日日是好日という言葉
「毎日が良い(好い)日」と言う意味なのでしょうが、調べてみると

その一瞬一瞬を精一杯生きていく毎日の積み重ね。
その積み重ねがあなたの毎日を好日にしてくれる。

どんな状況であれ、精一杯生きたその日は好日である。

でも毎日を好日にできるかどうかは、自分の心がけ次第なのかと。
やっぱり奥が深い。


HP
https://www.nichinichimovie.jp/


BABU






最終更新日  2018年11月12日 16時18分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年10月24日
カテゴリ:映画
有村架純主演の映画「コーヒーが冷めないうちに」
少し前に観てきました。


rblog-20181020075203-00.jpg

出演者が薬師丸ひろ子さん、石田ゆり子さん、吉田羊さん、松重豊さんなど好きな役者さんが
出てます。
原作本は本屋大賞ノミネート作品だそうで、キャッチフレーズが「4回泣ける」となってますが、
ん~、そんな泣けるかいなw

あるところのある喫茶店のある席にすわると戻りたい過去にもどれるという。ただし現実は
変えられない。
しかもコーヒーがさめないうちに飲み干さないと・・・。

主人公役の有村架純さん、かわいいですね、あまちゃんのころからめんこいなぁとおもってましたが
役柄にぴったりです。
オムニバス形式の映画で

ひろ子さんは松重さんと夫婦役ですが、アルツハイマー病を患っているという設定。こんな役を演じるようになったのかぁ。
この夫婦の話だけで一本映画が作れそうですが、ちょっと重くなりそうで観たくないような観たいような。。

石田ゆり子さんもかなり難しい役どころでしたね。
いくら頑張っても過去は変えられないけど、未来は果たして…

公式HP
http://coffee-movie.jp/intro/index.html






最終更新日  2018年10月24日 17時42分16秒
コメント(6) | コメントを書く
2018年09月19日
カテゴリ:映画
ABBA の歌を青春時代過ごした世代なら、この映画観たらスカッと爽やかハッピーな
気持ちになれる事まちがいなし!


前作は舞台の映画化でしたが、今回は映画オリジナルのストーリー。
前作からのキャストに加え、ドナの若い頃のストーリーも盛り込まれているので
ドナの親友二人、三人の父親たちも若い頃を演じる俳優さんたちが登場します。
若きドナ役、どこかで見たと思ったら「ダウントンアビー」に出てたローズ役の
リリー・ジェームスですね。歌って踊って全然雰囲気が違いました。
ホテルの支配人役、なんとなんとアンディ・ガルシア!「アンタッチャブル」
出ていて、かっこよかったんですよね。(一時彼の映画、いっぱい借りてきて観たけど
覚えてないw)いやいやお年を召されましたが、いまでもカッコいい。そのアンディが
歌って踊るなんて想像も出来ませんでした。
そしてドナの母親でソフィーの祖母役のシェールの登場シーンは圧巻でございました。
画面に出てくるだけで空気ががらりとかわる。
しかもアバの歌を歌うんですから、ゾクゾクとしました。




前作とのつながりは無視してる?とちょっと突っ込みしたなるところもありますが、
その辺りはミュージカルだしま、いいか。とにかくアバの曲が次から次に歌われて
それだけで気持ちもアップします。でも後半ソフィーの子どもの洗礼式のシーンは
泣けるんですよ~。

それから、アバの男性メンバーもチラッと出てきます。全く予想してなかったので
画面を見て驚きました。


私的には映画の中にアバの男性メンバーが出てきてびっくりしました。

シェールのアバの歌はなんだかはまります。
早速このサントラ盤、ダウンロードしましたw


映画裏話
https://www.barks.jp/news/?id=1000159019





リュネメガネコンタクト楽天市場店






最終更新日  2018年10月01日 22時12分46秒
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全255件 (255件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 26 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.