281289 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Microsoft Office を使う価格

PR

プロフィール


ymnhana

カレンダー

バックナンバー

2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

ぞえぞえ@ Re:期間終了になったOffice 365サービスを更新しないとどうなる?(09/13) ありがとうございました。 スッキリしまし…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2018.11.29
XML
カテゴリ:office 365

Office365 Home​ではMicrosoft Officeを激安利用できるって本当ですか?

Office365 HomeとはMicrosoft社から海外向けに提供されているサービスですが、日本でも購入して利用できます。

今記事では、Office365 Homeを激安契約する方法をご紹介します。Soloとの違いをもまとめます。




Office365 Home とは?

Microsoft社は、Office365 Homeをサブスクリプション型の個人向けサービスとして2013年から販売されています。

Office365 Homeの基本特徴は:

  • Office2019バージョンのWord、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、Publisher、Accessが利用できる
  • オンラインストレージ「SkyDrive」の容量20GB
  • 毎月60分通話できるSkype通話プランが付帯
  • インストールできる台数が無制限

Office365 Homeは無制限の台数にインストールできる

Office365 Homeは今年10月02日まで、5台のPCあるいはMac、5台のタブレット、5台のスマートフォン、計15台までインストールできるでしたが、

10月2日以降はこの台数制限が撤廃され、一律に「インストール数は無制限、同時に最大5台のデバイスでサインイン可能」と変更になります。

6番目のデバイスにサインインすると、「制限に達しました」と表示されるので、別の使用していないデバイスからサインアウトすればいい。

また、Office 365 Homeでは1つのサブスクリプションライセンスで5人のユーザーが利用可能でしたが、これが6人まで利用可能となります。

Office365 Homeは年間9,900円、月間825円で激安契約できる

Office365 Homeは、日本の公式サイトで販売されていませんが、ネットショップから購入できます。

Microsoft公式サイトでは年額99.99ドルで発売され、約11,000円になります。ネットショップからは年額9,900円で契約でき、月間825円当たります。

Office365 Homeでは1つのサブスクリプションライセンスで6人のユーザーが利用可能。つまり、6人家族の場合、年間9,900円のOffice 365 Homeを契約すれば、全員がOfficeのアプリを利用可能となります。ただし、同時に使えるのは5人まで。

Office365 Home はSoloよりお得

Office365 Home とOffice365 Solo は同じに、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、Publisher、AccessのすべてのOfficeアプリが利用できます。

そして、2つのプランとも個人向けで、無制限の台数にインストールできます。

ただし、Office365 Soloは1つのサブスクリプションライセンスで1人のユーザーしか利用できませんが、

Office365 Homeでは1つのサブスクリプションライセンスで6人のユーザーが利用可能。

Office365 Soloは年間12,744円ですが、Office365 HomeはSoloより(12,744円-9,900円=)2,844円安い。

ということで、機能から見ても価格から見てもOffice365 Homeの方がお得でしょう。







最終更新日  2018.11.29 09:36:08
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.