310113 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Microsoft Office を使う価格

PR

プロフィール


ymnhana

カレンダー

バックナンバー

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

ぞえぞえ@ Re:期間終了になったOffice 365サービスを更新しないとどうなる?(09/13) ありがとうございました。 スッキリしまし…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全3件 (3件中 1-3件目)

1

Office 2019

2018.10.18
XML
カテゴリ:Office 2019

Office2019 とOffice 365の違いをご紹介します。

Office2019​が登場してから、既存のMicrosoft Office環境から、Office2019に移行すべきかOffice365に移行すべきかで迷っている方は、2つの購入形態の違いから注意すべき点がいくつかあります。





Office2019とは?

Office2019はOffice2016から3年越しの最新バージョンとなり、9月24日から(法人向け)正式リリース!

Office 2019の対応OSは、Windows版がWindows 10のみ、Windows 7とWindows 8が対応外となります。Mac版がMacOS 10.12以降となっています。

Office 2019のサポート期間は、固定ライフサイクルポリシーの例外として扱われ、5年のメインストリームサポートに続く延長サポートは約2年間しか提供されません。

また、Office 2019では従来のMSI形式のインストーラーが提供されません。Office 365で一般的に使われているClick-to-Run形式のインストーラーのみとなります。


Office2019 とOffice365の違い

以下では、Office2019 とOffice365 Soloの違いをまとめました。


一括払いと毎月払い

Office2019は永続ライセンス型で、料金を一括払って購入して永遠に使えます。

Office365 Soloはサブスクリプション型で、月間或いは年間で契約します。契約期間の料金を支払えばいい。

Office2019は2台に、Office 365は無制限にインストールできる

Office2019とOffice365ではインストール台数にも違いがあります。

Office 2019は最大2台のPCにインストールできますが、Office 365 Soloは(10月02日から)無制限にインストールできます。

Office 365 Soloはこの前、2台のPCしかインストールできないでしたが、10月02日からこの台数制限が撤廃され、Office 365個人向けプランは一律に「インストール数は無制限、同時に最大5台のデバイスでサインイン可能」と変更になります。


Officeアプリによる違い

Office 2019では「Word」、「Excel」、「PowerPoint」、「Outlook」、「Access」、「Publisher」、「Project」、「Visio」の8種類のOfficeアプリが提供されますが、このうち「Access」、「Publisher」、「Project」、「Visio」はWindowsのみに含まれます。

Office 2019では「OneNote 2019」が提供されないため、Windows環境ではOneNote for Windows 10(ストアアプリ)版や旧バージョンの「OneNote 2016」を代わりに利用する必要があります。

Office 365 Soloでは、「Word」、「Excel」、「PowerPoint」、「Outlook」、「Access」、「Publisher」、「OneNote」などすべてのOfficeアプリを利用できます。


常に最新機能と常に同じ機能

Office2019で使われる機能が固定されて、新機能の追加などがありません。

これに対して、Office365では常に最新機能が追加され、契約期間中のユーザーは新機能を無料で使えます。

価格による違い

Office 2019のアメリカでの法人向けの価格は2016から10%値上げされました。

日本での個人向けの価格も同様に2016から10%値上げされるとすると以下のようになります。


   価格

Office 365 Solo


Office Professional 2019予想価格



Office Home & Business 2019予想価格


Office Personal 2019予想価格


1年


12,744円


67,491円


39,276円


33,633円


2年


25,488円


67,491円


39,276円


33,633円


3年


38,232円


67,491円


39,276円


33,633円


4年


50,976円


67,491円


39,276円


33,633円


5年


63,720円


67,491円


39,276円


33,633円



Office2019 とOffice365の違いから注意すべき点とは?

Office 2019はMicrosoft Office の最新バージョンとして、当然ながらOffice 2016から様々な機能が強化されています。ただしここで注意が必要なのは、​Office 365​にはすでにそれらの機能が実装されているという点です。

さっき話したように、Office 365は永続ライセンスのOffice 2019と違って継続的に機能が追加されるというメリットがあります。従って、Office 2019にて新しく実装される機能のほとんどは、Office365ではすでに実装されているのです。

そのためOffice 365を契約すればOffice 2019のリリースを待たずとも、Office 2019の新機能をいち早く無料で使えます。

ただし、上の価格表から分かるように、Office 365 Soloの3年目の契約料金がOffice Personal 2019の価格を上回ります。Office 365 Soloを3年間契約する料金で、永続ライセンス型のOffice Personal 2019を購入して永遠に使えます。

こう見ると、Office 2019の方がOffice 365よりお得に感じますね。

悩むことですね。一体、Office 365に移行するか、Office 2019に移行するか?

常に最新機能を使いたいなら、Office 365、
価格面を重視し、Office 2019の機能で十分だと思うなら、Office 2019に移行した方がいいでしょう。







最終更新日  2018.10.19 09:55:13
コメント(0) | コメントを書く
2018.10.10
カテゴリ:Office 2019

Office 2019はついに登場!日本では、2019年1月22日より発売開始。Office 2016からどのような進化を遂げたのか、気になりますよね。

以下は、​Office2019​のアプリケーション、「Word 2019」、「 Excel2019」、「 PowerPoint 2019」で追加された新機能について見ていきましょう。




米Microsoftは09月24日(現地時間)、「Office 2016」の次期版「Office 2019」の提供を開始しました。対応OSはWindows版がWindows 10のみ、Mac版がMacOS 10.12以降となっています。

法人向けのボリュームライセンスは即日より提供開始し、コンシューマ版などは数週間のうちに提供開始する予定。


Word 2019の新機能

翻訳機能

「校閲」タブの「翻訳」を使用して単語、語句、または文を別の言語に翻訳できます。






読み上げ機能

Word で読み上げられる文書を聞くこともできます。読み上げられているテキストは強調表示されます。










デジタルインクでの描画


Word 2019では、注釈の手書き入力、テキストの強調表示、図形のすばやい描画が可能です。

「ファイル」→「オプション」→「リボンのユーザー設定」の順にクリックして、表示されたダイアログ ボックスの右側のボックスで、[描画] チェック ボックスをオンにします。











3Dモデルでクリエイティブに


文書に3D モデルを簡単に挿入し、完全に360度に回転します。読者は、それを回転させることもできます。

「挿入」タブから「3Dモデル」をクリックします。





Excel2019の新機能


AI機能の追加

「AI」(人工知能)はIT業界において今最もホットなキーワードで、各分野で研究が進められ、現在では様々なシーンで力を発揮しています。

たとえば、ある企業名を入力するとExcel2019はそれが企業名であると認識するようになります。さらにExcel2019はAPIを利用してBingにてインターネット検索をし、株価や時価総額などの情報を付加してくれます。

国名を入力すればその国の人口、領土、指導者、経度、都市名などの情報を自動的に取得します。任意の情報を選択することでセル内にその情報が記入されます。


新しい関数とグラフの追加

Excel2019には、主に以下の六つの関数が追加された。

  • CONCAT:この新しい関数は CONCATENATE に似ていますが、より便利になっています。短いため入力が簡単です。しかも、セル参照だけでなく、セル範囲もサポートしています。
  • IFS:この関数では、指定した順に条件がテストされます。テストに合格すると、結果が返されます。どの条件も満たされていない場合は else "catch all" を指定することもできます。 
  • MAXIFS:この関数は、単一または複数の条件を満たす、範囲内の最大数を返します。
  • MINIFS:この関数は MAXIFS に似ていますが、単一または複数の条件を満たす、範囲内の最小数を返します。
  • SWITCH:この関数は、値のリストに対して順に式を評価し、最初に一致する結果を返します。一致する結果がない場合は、"else" が返されます。
  • TEXTJOIN:この関数は複数の範囲のテキストを結合し、各アイテムは指定された区切り記号で区切られています。

Excel2019には、「マップ グラフ」と「じょうごグラフ」が追加されました。

「マップ グラフ」を作成して、地理的領域全体の値を比較したり、分類項目を表示したりできます。国/地域、市町村、郵便番号など、データ内に地理的領域がある場合に使用します。

「じょうごグラフ」では、プロセス内の複数のステージ間で値が表示されます。たとえば、じょうごグラフを使用して、販売パイプラインの各ステージで売上見込み客の数を表示できます。一般的に、値が段階的に減るため、バーがじょうごの形に似ています。


Power BI への発行

「Power BI」とはビジネス・インテリジェンス、組織全体に洞察を届けるビジネス分析ツールのスィートとの事です。

Excel2019では、ローカルに保存されたファイルを Power BI に公開できるようになりました。始める前に、まずファイルをコンピューターに保存します。次に、[ファイル] →[発行] → [Power BI へ発行] をクリックします。アップロード後に、[Power BI に移動] ボタンをクリックすると、Web ブラウザーでファイルを表示できます。

この他に、PowerPivotの更新、取得と変換(Power Query)などの機能もあります。


PowerPoint 2019の新機能


変形切り替え効果

PowerPoint 2019 には、スライド上のアニメーションの動きをスムーズにするために役立つ変形切り替え効果が用意されています。


ズーム機能

PowerPoint でズームを作成すると、プレゼンテーション中に、特定のスライド、セクション、部分間を決定した順序で切り替えることができます。あるスライドから別のスライドへの移動には、ズーム効果が使用されます。


テキスト用蛍光ペン

PowerPoint 2019 で Word と同じテキストの蛍光ペンを使用できるようになりました。異なる蛍光ペンの色を使用して、プレゼンテーション内の特定のテキスト部分を強調表示できます。


SVGアイコン及び3Dモデルの挿入と管理

SVG 画像またはアイコンを Office 図形に変換すると、SVG ファイルを分解し、その個々のパーツを編集できます。

変形画面切り替え効果を使用すれば、3D モデルを簡単に挿入でき、360 度回転させると、3D モデルがプレゼンテーションで生き生きと動き、スライド間で映画のようなアニメーションが作成されます。


まとめ

以上で、「Word 2019」、「 Excel2019」、「 PowerPoint 2019」で追加された主な新機能についてご紹介しました。

Office2016 PremiumやOffice 365ユーザーはOffice2019の新機能を無料で使用できますが、

Office 2016ユーザーは、Office2019の新機能を使用する場合、新規購入する必要があります。







最終更新日  2019.01.16 15:57:19
コメント(0) | コメントを書く
2018.09.26
カテゴリ:Office 2019
米Microsoftは9月24日(現地時間)、​Microsoft Office​の最新版「Office 2019​​」をWindows/Mac向けに正式リリースした。対応OSはWindowsおよびMac。

法人向けのボリュームライセンスは即日より提供され、一般ユーザー向けの販売は、数週間以内に開始されます。



Office 2019ではWord、Excel、PowerPoint、Outlook、Access、Publisher、Project、Visioの8種類のOfficeアプリが提供されますが、このうちAccess、Publisher、Project、VisioはWindowsのみに含まれます。

Office 2019の新機能としては、「Word」では、読字障害を抱えるユーザーのために字幅の調整や読み上げ、読み上げ部分のハイライト(フォーカスモード)を行う「学習ツール」機能を導入した。「Excel」では新しい数式やグラフのサポート。「PowerPoint」ではスライド順序の機能拡大やMorph遷移機能、インク機能での圧力や傾き検知サポートなど。

この他、セキュリティ強化や管理者による管理の合理化など、クラウドに接続しないオンプレミス版ならではの機能も提供されています。

Office 2019のサポートは、5年間のメインストリームサポートと2年間の延長サポートの計7年間が提供されます。

「Office 2019」は原則として“Click-to-Run”形式で提供される。従来のMSI形式のインストーラーで提供されるのは、サーバーアプリケーションのみとなる。Office 2019の対応OSはWindows版がWindows 10のみ、Mac版がMacOS 10.12以降となっています。







最終更新日  2018.10.10 18:20:23
コメント(0) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.