377831 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Dolce Vita

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


emiemil

Calendar

Favorite Blog

雨続きだし・・・ りぃー子さん

高嶋政宏「強制卒業… happy-gaiさん

ピグレットのブログ ピグレット118さん
PRAY FOR DAYS ~ 日… 高原スイさん
paseri部屋 paseri0519さん

Comments

http://buycialisky.com/@ Re:「ヒーローズ」(10/23) wo cialis kaufen erfahrungencialis soft…
http://buycialisky.com/@ Re:ハリー・ポッターの復習(07/01) cialis generic tadalafil best price com…
http://buycialisky.com/@ Re:のだめカンタービレ Lesson 103(02/24) get cialis soft prescriptioncialis and …
http://buycialisky.com/@ Re:「のだめカンタービレ」 Lesson 124(03/25) free sample viagra cialis levitrageneri…
http://buycialisky.com/@ Re:「ピアノの森」15巻(05/24) cialis pronouncedviagra cialis levitra …

Freepage List

Wishlist

2010年01月31日
XML
カテゴリ:ドラマ

 

ペリー来航を受け、幕府は諸藩に江戸湾の警備を命じた。溝渕(ピエール瀧)と共に品川沿岸の警備に駆り出された龍馬(福山雅治)は、浦賀沖に停泊している黒船を見るために陣を抜け出す。浦賀への道中、龍馬は桂(谷原章介)と出会い、二人で黒船を目撃。圧倒的な西洋文明の力を見せつけられた龍馬は、剣術修行を続けることに疑問を抱き始める。龍馬は黒船に対して剣は役に立たないと佐那(貫地谷しほり)に話すが、それは言ってはいけないと彼女にくぎを刺される。そのころ幕府は諸藩に異国への対応について意見を求めていた。土佐では武市(大森南朋)や弥太郎(香川照之)が藩へ意見書を提出。一方、剣術修行を続けるべきか悩む龍馬は、桂を訪ねる。桂も黒船に対して日本が取るべき道を考えていた。そんな中、佐那が龍馬に恋心を抱いていると知った重太郎(渡辺いっけい)は二人を結び付けようとする。

今回は、同じNHK大河「篤姫」のエピソードを全く逆の立場から見るような面白さもありました。 「篤姫」では徳川家定・篤姫側から見た黒船来航を描いていましたが、「龍馬伝」では、庶民たちが黒船をどんな風に迎え入れたかが描かれていました。

 

ペリーの黒船来航って、小学生の社会科でも習うほど有名な、日本の歴史でも一大イベントのひとつですよね。

当時の江戸、いえ日本中の人たちが、どれほど驚いたかがドラマを通じて想像できて面白かったですよ。 
きっと、なんだっけ、いきなり大きな円盤が宇宙から到着してエイリアンが降り立ったような、こんな感じだったのかな???


リチャード・ドレイファス/未知との遭遇[ファイナル・カット版] デラックス・コレ

 

ペリーさんたちご一行はかなーりDemanding(威圧的っていうか命令的)。
私オランダ語は全然わからないんですが、ペリー対江戸幕府側プラスオランダ語通訳(英語話せる人いなかったのね)のシーンは、英語だけはリスニングと字幕の両方で楽しませていただきました。
すっごく命令的な英語だったのですが(「Please」もなくて「Accept the letter!」(手紙を受け取りやがれ(かなり意訳ひよこ))だもんね雫)、まあ、当時、文明国側から見たら鎖国していた小さな島国ジャパンなんて、同レベルとは思ってもらえてなかったわけですね。

(この後で「坂の上の雲」の明治時代の描写を見ると感慨無量かも。。。日本、短期間に頑張ってるもん涙ぽろり

 

 

 

さて、浦和の沖で偶然桂小五郎と出会った龍馬。
二人の目的は同じ・・・黒船をじかに見ること。

岩陰から現れた大きな蒸気船を見て圧倒される二人。
龍馬は目をまん丸にして「うおおおー!」と叫ぶばかり(小五郎さんのほうがクールでしたがやっぱり驚いとりますびっくり)。

 

後日龍馬が小五郎さんを訪ねたとき(二人とも黒船をじかに見て以来、寝ることもできなかた同志・・・)の小五郎さん、先週のホッペグルグル遊び男とは全く別人で超シリアスでございましたピンクハート



長年鎖国、太平な江戸の世でのんびりゆったり暮らしていた日本の武士たちは、黒船来航に慌てて甲冑をそろえたり、昔風の戦法で向かい打とうとしますが、龍馬の言うとおり「剣など役に立たない」大きすぎる相手。

そして日本は、これから激動の時代へと入って行くのですよね。

 

そうそう、ツンデレお佐那ちゃんが可愛い着物を着て龍馬に(お兄ちゃんが大好物の)きんつばをツンデレ風にプレゼントするところがとってもかわいくて。
しかも、兄に「惚れてるのか?」と聞かれて、素直に首をかしげて「わかりません」と言ってる佐那ちゃん、かわいすぎ。
しかも兄ちゃんは男のように育った妹が恋したと知って大はしゃぎどきどきハート。 

渡辺いっけいさんと福山さんのコンビ、「ガリレオ」でもそうでしたがなんだかホンワカしていいですよねひよこ

 

それから、土佐の実家に送った龍馬の手紙(異国の敵を撃ちとる)の内容に家族たちは喜びますが、それを龍馬らしくないとあっさり見抜き、ずばっと思いを言い当てた返事をくれる乙女姉さんは相変わらずカッコイイですね。
人と合わせる必要はない、自分らしく、それが世の中を知ることじゃないの?(意訳)っていう問いかけは、誰にでも通じる素敵なメッセージ。

わしらしい生き方ゆうがは、なんぜよ?

とまたまたモンモン、自問する龍馬。

 

でも、ほんとお話の展開が早いですね。
龍馬はとうとう本音…剣術への疑問を口にしてしまい、道場を追い出されることになってしまったようです。佐那ちゃんが必死で止めようとしてましたが…。

次回では吉田松陰に会うのかな?(予告をちゃんと見られなかったので良くわかりませんが)。

そしていよいよといえば、弥太郎さんも江戸に出てこられそうな感じですよね?

どうなっちゃうんでしょうひよこ

 
【送料無料】感動のあのメロディーは、天才:佐藤直紀!必聴の1枚。 NHK大河ドラマ龍馬伝Vol.1オリジナル・サウンドトラック (CD)/布袋寅泰

 







Last updated  2010年02月01日 21時32分28秒
コメント(0) | コメントを書く
[ドラマ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.